「旅」カテゴリーアーカイブ

沖縄テーゲー旅4〜赤田風で琉球料理(首里)

DSC06568-2
えて吉さんと沖縄に来た一番の目的は、僕らがブログを始めた頃からの知り合い・「やむやむ」のnanameさんに会うことでした。えて吉さんはnanameさんに過去2回ほど会ったことがあるんですが、僕はまだ。いつか3人で会えたらいいねって言ってたのがやっと叶いそうだったんです。
事前にnanameさんに連絡したら、沖縄に関するものすごい内容のリンクリストを送ってくれました。これ、出版社にガイドブック作成用として売れるんやないかと思ってますが(笑)、とにかくそれくらい面白くて役に立つんです。

DSC06573
nanameさんとお会いするのにどこがいいか考えた結果、そのリストにも入っていた首里の「赤田風」にすることにしました。沖縄らしい雰囲気の中で3人でゆっくり話したい、普段あまり食べる機会がない本物の琉球料理をきちっと味わいたいとの思いがありました。
ところが当日になってnanameさんに急用が出来、やむなくキャンセルとなってしまいました。何年も前から願っていたのでとても残念でしたが、仕方がないこと。いずれそのうちにきっと機会が巡ってくることでしょう。沖縄に来る理由がまた一つ出来たと思っています。

DSC06574
ということで、人数変更の連絡をしたのちお店に到着。ゆいレールの首里駅からそれ程距離はありませんが、フツーの民家があるようなゾーンにぽつりとあるので、辺りが暗くなってからだったらけっこうたどり着くのが難しいかも知れません。
僕らは一番奥の座敷席に通していただき、そこから入口側に向かって撮ったのが上の写真。民家を改造されたのでしょうか、静かで時間がゆったり流れる空間は沖縄にいるんだなという感覚を増幅してくれました。
赤田風のメニューは3段階のコースメニューのみ。今回は真ん中の5800円のコースを事前にお願いしておきました。まずはオリオンビールを飲みながら、さてどんな料理なのか、楽しみ楽しみ。

DSC06585ポーポー:小麦粉をクレープ状に薄く焼き、沖縄の油味噌・アンダンスーを巻いたもの

おかみさんが最初にポンとこれを持ってこられた時は、ウーンと少し唸ってしまいました。というのも、あまりのシンプルさにこれをどう写真に撮ったものかと悩んだから。無地の琉球漆器に真一文字。本当に困りました。迷ったあげく撮り終えた後、手で直接持ってパクリ、ビールをゴクリ。何度も沖縄に来たことがありますが、初めてのポーポー、品のいいアンダンスーでスタート上々です。

DSC06588中味のお吸い物:豚の内臓のカツオ仕立てお吸い物

沖縄の料理をあまり知らない頃は、油ギッシュなものばかりだと思っていました。でもだんだんと本来はそうではないことを知り、沖縄に来た時は伝統的な料理を食べる機会を作るよう意識してきました。中味のお吸い物=中味汁も何度か食べたことがありますが、これは一口いただいてその上品さに驚き。臭みがないのは当然、おもいっきり手間をかけたが故の洗練。見目麗しく、ここまでギリギリにするかなの薄味。一見なんでもないようで、凄みを感じる一椀。

DSC06600
オリオンビールで喉を潤した後は当然泡盛、銘柄は失念。首里にも泡盛メーカーが何軒かあって、この翌日にはすぐ近くの「瑞泉」で工場見学させてもらいました。

DSC06605芋くず(ンムクジ)アンダーギー:芋くず(サツマイモの澱粉を乾燥させたもの)と紅芋の揚げ物

沖縄を代表するスイーツの一つ・サーターアンダーギーのサーターは砂糖、アンダーギーは揚げ物。この芋くずアンダーギーには砂糖はかかっておらず、わずかに塩が使ってあるのかという程度でほとんど素材そのままの味。丸めることなく花を模したような形も面白く、じっくり味わえばそろっと風味が涌き出てくる、そんな感じの一品でした。

DSC06610ミヌダル盛り合わせ:右のミヌダルから時計回りに、ゴーヤー梅酢漬け、田芋唐揚げ

ミヌダルは琉球王朝の時代の宮中料理で、黒ゴマペーストを塗った豚肉の蒸し物。僕が初めてミヌダルを食べたのは、大好きな大阪の沖縄料理屋・てぃーあんだでした。沖縄料理は油ギッシュなものばかりではないと教えてくれた、僕にとっては先生みたいなお店の一つ。現地に行かなくてもちゃんとした沖縄料理が大阪で食べられる、価値あるお店です。

DSC06625昆布(クーブ)イリチー:細切り昆布と豚肉と野菜などを炒め煮したもの

沖縄料理の中でもトップレベルに有名な料理で、個人的にもかなり好きなクーブイリチー。これまでいろんな店で食べてきましたが、ここ赤田風のはそのどれよりも薄味でした。確かえて吉さんが「ここまで(控えめに)するかぁ…」みたいなことをつぶやいていたのを憶えています。昆布とダシの旨味を前に出すためのぎりぎりの味付け。泡盛とすごく合っていました。
料理もさることながら、器でも沖縄を楽しませてくれています。最初は琉球漆器、途中からはやちむん。ぶっちゃけ、ミヌダルもクーブイリチーもハデさのない料理と器ですが(失礼)、それだけに却って、着飾っていないありのままの姿を表現しようという自信みたいなものを感じました。

DSC06634ドゥルワカシー:田芋(ターンム)を煮て潰し、様々な具材を加えて練り上げたもの

初めてドゥルワカシーを食べたのは、今やなき名店・「琉球料理乃山本彩香」。一度だけだったけれど、長年憧れていた店にやっと行けて、その料理・器・しつらいに大きなインパクトを受けました。その中でも最も印象に残ったのがドゥルワカシー。一見なんでもないようでいて実はものすごく手間が掛かっていて、その奥行きの深さに一度でファンになってしまいました。手間が掛かるからでしょうか、あまりお目にかかる機会がなく、ここで出会えたのはとても嬉しかったです。写真がうまく撮れなくて残念だけれど。

DSC06638ミミガーさしみ:豚の耳の和え物風

刺身というよりは、ピーナツ和えのサラダ風でした。これまでの料理と比較して、割りとクッキリした味付けだったと記憶しています。

DSC06641ラフテー:豚肉のかたまりを黒砂糖、醤油、泡盛でじっくり煮たもの

やはりメインディッシュの位置にきたかのラフテーは、見事な煮姿。特に皮から脂身にかけてが艶っぽい。口の中でほろりと崩れるのは当然、さすが元をたどれば宮廷料理の華やかさがありました。料理もさることながら、この器がすごくいい。ちょっとした丼サイズで濃いグレーとつや消しの肌触りがシブく、控えめで料理を引き立てながらも自ら主張するところがとても気に入りました。

DSC06648ジューシー:炊き込みご飯。雑炊系をボロボロ、硬い系をクフアと呼び分けることも。

こちらもこれまでにない薄味。けれどというかそうだからというか、じんわりと優しい素朴なおいしさを感じることが出来ました。縁取りの模様が美しいお茶碗も素敵。

DSC06649+■デザート:マンゴー

ぱっと見の華やかさには欠けますが、かといって素朴さだけでは決してない。なんと表現していいかわかりませんが、まだ僕にはわからない、この先にずっと広がる奥行きのようなものを感じる料理でした。ともあれ、えて吉さんと二人して楽しくもあり学ぶことも多く大満足。出来ることながらnanameさんとご一緒して、色んなことを教えてもらいながら・バカ話をしながら過ごしたかったですが、それはまたの機会を楽しみにすることにしましょう。

DSC06652

{お店データ}
住所:那覇市首里赤田町1-37 電話:098-884-5543
営業時間:18時〜23時 定休日:日曜日


沖縄テーゲー旅3〜歩いた後は花笠食堂でビール(牧志)

DSC06500
沖縄そばを食べた後は、なんとなく牧志方面へぶらぶらと街歩き。上の写真の那覇市民会館を初め、道中面白いものがあちこちにあって飽きませんでした。

DSC06511
ちょっと驚いたのは、こちらの中学校前に掲げられていた同窓会告知。母校でPRすることがそもそ珍しいんですが、当時の顔写真とか愛称とかフルネームとか、その上携帯番号まで堂々と書いてあるとは!ここ以外でもお店の中で2ヶ所ほど同窓会告知を見かけましたが、沖縄の皆さんって同窓会好きなんですかね。

DSC06519
せっかくなので壺屋やちむん通りを通過。えて吉さんも僕も食器好きなんでこの辺りはキケンなんですが、やはりそれぞれ買い物をしてしまいました。まあここに来ること自体が自爆行為なんですけど。

DSC06529
暑い中歩き回ったので、軽くビールでも飲みたいなと牧志市場方向に向かい、途中で見かけたのが金壺(きんつぼ)食堂。朝7時半からあいてる600円で食べ放題の台湾料理店だそうで、夕飯までそれほど時間がなくアテはそれ程必要としていないので今回はパスしました。

DSC06534
で、たどり着いたのが花笠食堂。僕は知らなかったんですが、かなり有名なお店だそうです。これまで沖縄には何度か来ていますが、いわゆる「定食屋」には行ったことがなかったし、都合良くビールセットなんてのもあったので、ここで軽く飲むことで決まり。

DSC06531
観光客も多いせいか、ショーケースの料理見本がかなり充実しています。定食の汁物が「中身汁・イナムルチ・味噌汁・ソーメン汁・沖縄そば」から選べたり、もずくかぜんざいがついてたり、ご飯が「白飯・赤飯・玄米・カレー」から選べたりと自由自在(注:メニューによっては選択肢が限られます)。選択肢に赤飯があるってのがおもしろいなあ。

DSC06535
花笠食堂の看板の「花」の下をくぐり抜けた先にお店があります。

DSC06540
14時過ぎと中途半端な時間帯にもかかわらず、地元客・国内外からの観光客など様々な客層がそこそこいて、ピーク時ならかなりなもんだろうなと思わせるモノがありました。

DSC06539
ビールは撮り忘れましたが、さしみ・ラフティ・ミミガーつきのビールセットA(1000円)。とりあえず飲めれば良かったので、アテはこの程度で充分。ビール追加して2人で2000円いかなかったかなあ。ショーケースの見本通りここの定食はかなりボリュームがありそうで(ここだけじゃないと思うが)、例えば昼ご飯として食べたとしたら、晩ご飯時になってもお腹が空かないんじゃないかと思えるほど。この日はほとんど居酒屋みたいな使い方でしたが、沖縄の定食屋を知るためのいい予習になりました。

(お店データ)
電話:098-866-6085 住所:那覇市牧志3-2-48
営業時間:11時~21時 定休日:お盆・新旧正月


沖縄テーゲー旅2〜まずはすば・月桃(安里)

DSC06460
那覇に着いたのが10時過ぎ。空港からゆいレールに乗って美栄橋駅で下車、ホテルに寄って荷物だけ預けて再びゆいレールで2駅乗って安里(あさと)駅へ。
飛行機の中で、到着したらまずは昼飯に沖縄そば(すば)を食べに行こう、さてどこにしよかと選んだのが安里駅から20分ほど歩いたところにある「月桃」。地図通りに行ったらJAの建物しか見えなくって一瞬焦りましたが、その建物の一角がお店になってるという、讃岐うどん巡りで出くわしそうなパターンでした。

DSC06464
ホテルの近所や国際通りにはめぼしいところがなかったし、以前から行きたいと思ってる首里そばまでは空きっ腹が保ちそうもない。検索してみたら評判良さそうだし、何より「木灰(あく)手打ち」ってところに惹かれました。

ほんのりと黄みを帯びた沖縄そばの麺は、小麦粉100パーセント。コシや風味の決め手になっているのが、木灰を水に浸した上澄みの「灰汁(あく)」や、 炭酸ナトリウム系の天然ソーダを含んだ「かん水」。
(中略)1960年以降、薪の利用が減り、木灰の入手が困難になると、かん水を代用した麺作りが主流となってくる。しかし最近は、昔ながらの木灰を使ったそば作り にこだわる店も登場し、灰汁が生み出す独特の風味を再現している。昔からガジュマルやイタジイ、モクマオウなど堅い木ほどそば作りに適していると言われ、 店の脇にこれらの薪を積み上げている光景も見られる。

DSC06469
店内はカウンター・テーブル・小あがり席ありで、けっこう広め。窓が大きくて明るいので開放感があります。

DSC06466
メニューはそば各種とじゅーしー(炊き込みご飯)のみのシンプルさ。

DSC06468
こちらのお店の特徴は、灰汁を使った生麺を注文後に茹でていること、そしてあっさりダシとこってりダシの2種類のダシがあること。豚骨・かつおぶし・昆布からなる2種のスープの違い、楽しみです。

DSC06476DSC06479
写真を見ただけで一目瞭然、上があっさり下がこってり。あっさりはだしの香りが良く、どストレートな沖縄そばって感じ。こってりはそれほどくどくはなく、博多ラーメンっぽい要素がプラスされた感じで、どちらも品がいいなあという印象でした。だしもおいしかったんだけれど、ちょっとびっくりしたのは麺。沖縄そばの麺って、良くも悪くもボソボソッとしたところが特徴なんだけど、こちらのは今までに経験がないほどつるっとスムースでした。
沖縄そばは茹でてから水洗いせず油をかけることによりさまざまな特徴が生まれるそうですが、こちらでは茹で上がったばかりの麺を使っておられるので、そこんとこどうなってるのか興味津々ではあります。ま、難しいことは抜きにして、あっさりもこってりも大変おいしくいただけて、いい沖縄旅行のスタートを切ることが出来ました。

参考リンク:さとなお.com 「すばの細道(3)灰汁 vs カンスイ」

{お店データ}
電話:098-835-0979 住所:那覇市寄宮3-10-1 JAおきなわ真和志支所 1F
営業時間:11時~18時 定休日:日曜・祝日

DSC06471(オマケ)国際通りのドンツキ辺りに「安里店」もあるそうです。


沖縄テーゲー旅1〜前説

DSC06867
9月の末にえて吉さんと2泊3日で沖縄に行って来ました。双方とも何度も行ったことはある(えて吉さんは住んでたこともある)けれど、一緒に行くのは初めて。かねてからある方にお目にかかるためにいつか一緒に行こうと言ってたのが、ようやく実現したのでした。
2人で行動する時のパターンは、いつも事前計画はほとんどなし。出発前に決めていたのは、飛行機と宿と目的の方との会食の場所だけ。出発当日に関空で落ち合って、さて向こうに着いたらどないしよかってていたらくでした。
ちなみに飛行機は関空〜那覇往復ジェットスターで@14300円、宿は那覇のホテルエアウェイってとこで、シングル素泊まり1泊あたりなんと@3100円! そういや以前高知に行った時も@3000円朝食100円の宿でしたなあw

DSC06545
結果的に、今回の宿は実質本位なら最高レベルでした。安い・ゆいレールの駅や国際通りにも近い・値段の割りに充分きれいで部屋も広い・場所がわかりやすい・静か・無線LAN完備。部屋でまったり過ごすのではなく、快適に眠ることを最優先にリーズナブルさを求めるなら文句なし。今後機会があれば常宿にしたいと思えるほどでした。
レンタカーを借りるかどうしようかと思ってたんですが、おっさん2人で美ら海水族館行ってもしょうがないしw、これまで何度か来ているのでわざわざ遠出してまで行きたいところもないし、車だと飲めないし、ホテルから駅まで近いしということで、ゆいレールの2日間フリー乗車券(1200円)を買うことに(飛行機が到着してから)決定。何も計画がないテーゲー旅にはこの選択は大正解、正確には2日間というか48時間有効だったので、帰りの空港まで使えてほんとにお得でした。1日だけならゆいレールとバス両方乗り放題で1000円ってのもあるそうで、金額が安いこともありがたいけど、自由に動き回れるってとこが最大の魅力ですよね。

旅ネタエントリってあんまり人気ないんですが、めげずにこれから何度かに渡って沖縄エントリをあげていきます。


突然京都へ7〜ハンデルスベーゲン(烏丸北大路)

20140907ハンデルスベーゲン
モタモタしている間に季節外れネタになってしまいましたが、いいお店だったのであげておきます。烏丸北大路近辺をうろついていた時にたまたま見つけたこのお店、なんだろうと思ったら「ハンデルスベーゲン」というアイスクリーム屋さんでした。こんなん知らんぞと思ったら、今んとこ京都限定で、こちらの北王子店と新京極店の2店舗のみだそうです。

20140907ハンデルスベーゲン

ハンデルスベーゲンとは
スウェーデンの首都ストックホルムの郊外にあるお洒落な家が並ぶ通りの名前です。
可愛らしくどこか懐かしい雰囲気のあるこの通りのように、「ハンデルス ベーゲンのアイスクリームを食べたら誰でも子どもの頃のような気持ちに戻れる」
そんな私どもの想いを少しでも感じていただけたらと思い、この名を付けました。

ミルクたっぷりでねっとりしたリッチ系、アイスクリームケースの中には確か8×2列=16種類のフレーバーが並んでいたかと記憶しています。

20140907ハンデルスベーゲン
どんなサイズでも好きなだけフレーバーを選ぶことが出来るそうですが、あんまり色々盛ると訳がわからんようになるので、控えめにしたほうがいいんじゃないでしょうか。左・妻のはマンゴーラズベリーとピスタチオ、右・僕のはミント&チョコレートとピスタチオ、コーンのSサイズで460円。ピスタチオのアイスクリームやジェラートってあんまり見かけないので、あれば大概選ぶことにしています。そして大好きなミント系は何をおいても最優先。こちらのミントアイス、自然な風味でかなりおいしかったです。季節限定なので、いつも食べられないのが残念。
ワッフルやパンケーキもあるのでカフェ使いも可能、お店の内装きれいでスペースに余裕があり、ゆったりくつろぐことが出来ます。

{お店データ}
電話:075-494-0575 住所:京都市北区小山北上総町43-2
営業時間:[平日] 11時~21時[土日祝] 10時~22時 定休日:無休