「旅」カテゴリーアーカイブ

伊勢志摩ウマウマ旅(2)〜「佐藤養殖場」の的矢かき

20150221的矢かき
昼食にうなぎを堪能した後は、一路的矢の「佐藤養殖場」へ。今回伊勢に来た最大の目的・「的矢かき」を買い付けにやってきました。大阪あたりでも食べられないことはないんですが、正真正銘の供給元で生がきを買ってみたい、そしてそれをすぐさま宿へ持ち込んで食べようという魂胆。

20150221的矢かき
かなり以前に「伊勢志摩」って雑誌の懸賞に当選し、的矢にあるかきづくしの民宿に妻とペアで招待していただいたことがあります。それ以降も昼食で2回程この地域へ食べに来た経験あり。ここで買って帰ったこともあったかなあ。

20150221的矢かき
出発前には雨も予想されていましたが、結果的にはいい天気。きらきら輝く的矢湾をバックにした養殖場の奥に、みんなでずんずん進んでいきます。

20150221的矢かき
右側が事務所兼販売所、中央ドンツキがかきの浄化場。大昔に来た時は、確か浄化場の中まで入れくれて、紫外線殺菌された海水を浴びているかきを見せてくれたような記憶があります。今からすればのどかな時代だったんですねえ。

20150221的矢かき
今シーズンはかきの生育が悪いようで、的矢かき感謝祭は中止、佐藤養殖場の通販も一時期休止しており、1月13日から剥き身のみ再開。事務所前のショーケースを見ると、通販でも現地でも価格は同じ、今のところ殻付き生がきを一般人が買えるのは現地のみとなっているようです。

20150221的矢かき
事務所に入って注文すると、すぐさま処理場からかきを持ってきてくれます。購入係のこばやしさんによると「発泡の箱を横のままで運んで下さい」と言われたそうで、うやうやしく両手で持つこの光景はまるで「御かき様」扱い。まあ販売元で1ピース200円強なんですから、丁寧に扱うに越したことはありません。

20150221的矢かき
養殖場から車で宿まで移動して、チェックイン後部屋に入ってすぐに蓋を開けたのがこの状態。部屋のテーブルの上なんで、テレビのリモコンやら宿の説明書きなどごちゃごちゃ置いてありますが、とにかく一刻も早食べたいって状況の表れ。このあと速攻で水着に着替えて宿のジャグジーに飛び込み、プールサイドならぬジャグジーサイドでシェルがきの殻を開け、生がき食べながらビールをグビグビ。うまいっ!贅沢っ!

20150221的矢かき
ジャグジーでくつろいだ後は、宿での夕食。旅館やホテルではなかなか出来ませんが、会社の保養所なので持込可能。よって、半分残しておいたシェル牡蠣を宿の夕食にプラスアルファして楽しむべくムキムキ。15個入りを買ったんですが、買いに行った時にこばやしさん・奥さん・えて吉さん・僕の4人だったのを見てか、あるいはたまたま間違ったのか、1個おまけで16個入っていたので、4人で揉めることなく分け合えて良かったです(笑)

20150221的矢かき, Matoya Oyster
もともと海水の塩分があるので、味付けは不要、というか、いじりすぎるともったいない。ジャグジーサイドではレモンを垂らして2個、ここではレモンとボウモアかけでいただきました。
感想はですねえ、うーん、書けないなあ、書くだけヤボやなあって感じ。ただでさえおいしくて豪勢な保養所の夕食に加えてこれなんだから、文句のあろうはずがありません。とにかく、「旅先ならではの贅沢」の一語に尽きますです、はい。

{佐藤養殖場データ}
住所:三重県志摩市磯部町的矢889 電話:0599-57-2611
定休日:4月~9月、土・日・祝日


伊勢志摩ウマウマ旅(1)〜まずは「膳」でうなぎ

B級的・大阪グルメ!ブログ」・こばやしさんの勤務先が伊勢志摩に保有している保養所に、「こんなの食べたよ」・えて吉さんが何度か同行しているエントリを読んで、これまでうらやましく思っていました。連れて行ってもらいたくても、僕はなかなか土日は休めないので無理。ところが珍しく休めそうな土日が出てきたので、駄目元でこばやしさんに連絡してみたら、とんとん拍子で話が進み、やっとこさこばやしさんご一家+えて吉さんと一緒に一泊二日のウマウマ旅に行くことができました。

20150221膳
これまでの伊勢志摩保養所旅では、初日に津あたりでうなぎを食べてるケースが多いようで、今回もうなぎ好きの僕のために良さげな店をチョイスしてくれていました。三重県度会郡度会町の「」は、県道からちょいと脇道にはずれた川沿いの古民家風のお店。ロケーション的にもけっこうイイ感じなんですが、実はここに至るまでには大変な道のりだったことは後述。

20150221膳
お店の外観はちょっと古めでも、木を多用した店内はまだ新しく、窓からは川が見えてほんわかムード。到着したのは土曜の12時少し前、ほぼ半分くらい席が埋まっていたかと思いますが、程なく満席となりギリギリセーフでした。観光客はやや少なめで地元率高し。僕も伊勢志摩方面で何軒かうなぎを食べたことがあるんですが、あの辺ってうなぎ屋の数が多いように感じます。元々そういう習慣が根づいているのか、好きな人が多いんでしょうかねえ。

20150221膳
丼と重は容れ物が違うだけ、値段の差はうなぎとご飯の量の差、質的には変わらないようです。余り見かけない白焼きが目を惹きます。本来なら白焼きで日本酒をいただきたいところですが、えて吉さんが運転してくれている間は僕も禁酒すると決めているので、ここはグッとこらえました。でも、どっちみちドリンクメニューには日本酒がなかったから飲めなかったんですがね。白焼き置いてて日本酒置いてないのは珍しいんじゃないかなあ。

20150221膳
こちらこばやしさんの奥さんご注文の白焼きセット。大振りうなぎが丸々一匹付いて、この価格(2500円)はお得ですねえ。白焼きも蒲焼きも両方食べたいから、2人ならセットを2種とって半分こするのがいいかもしれません。

20150221膳
こちらえて吉さんのうなぎ丼(月)。結果論ですが、丼・重系を注文するなら、これが一番(コスト面を含めて)バランスが取れてていい選択じゃないかと思います。蒲焼き3切れはそこそこのサイズで身も厚く、余程じゃなければ充分満足できるでしょう。

20150221膳
僕はうな重(上)を選択。特徴としては身が厚くしっかりしている・ご飯全体にタレが絡めてあること。以前食べた伊勢の「さし汐」「喜多や」ではご飯にタレをかけるのと絡めるのを選択出来るようになっていましたが、どうやらこの地域では絡める方が標準のようです。
身は食べ応えがあり、タレも甘すぎることなく、とてもおいしくいただきました。ただ好みとしてはもう少しタレ控えめのほうが好きなので、絡めるのではなくかけるほうをチョイスできればより嬉しかったです。

20150221膳
ところでこのお店、川沿いにあってロケーションがいいんですが、その手前にはかなり急勾配の坂道があります。その上、写真では捉えきれませんでしたが、大きめな車なら切り返しなしでは曲がれないヘアピンカーブもあり、かなりわかりにくい場所なこともあって到着するまでスリル満点です。

20150221膳
ただでさえコワい道なのに、えて吉さんの車のカーナビが農道みたいな狭い道を案内したもんで、我々一行は必要以上の恐怖を味わうことになりました(マジです)。道は細いし狭いし対向車来たらどうしようもないし、草木かきわけバキバキ音がするし、ガケが現れるし。結果的だか意識的だか知りませんが、「酷」道経験豊富なえて吉さんとしても、MAX級だったそうです。讃岐うどん巡りでもけっこう変な道通るけど、これはほとんど「車で藪漕ぎ」状態やったもんなあ。

20150221膳
お店のマッチに載っていた地図がこちら。茶畑がある道(どんな目印やねん)から入り、保育所の角を曲がってガケ沿いに進むのが正解。我々は「林」と書いてるほうから来てしまったので、エライ目にあいました。皆さんどうぞご注意を。それにしても「林・ガケ・竹やぶ・茶畑」なんて書いてる案内地図ってめったに見られませんぞ。

{お店データ}
住所:三重県度会郡度会町長原1314 電話:0596-64-0220
営業時間:11時~15時 16時~18時半
定休日:月曜、毎月最終火曜 (その他、臨時休業あり)


初体験もありしっぽくツアー(2)〜讃岐うどん巡礼2014-5

◎三軒目:岡製麺所

20141219しっぽくツアー
myblackmamaさんが初めてここでしっぽくを食べた時、あまりのうまさに涙を流したという岡製麺所には、僕はこれが4度目。山ん中のキツいカーブの坂道にあるお店には、お昼ちょい前ということもあり続々とお客さんがやってきてました。

20141219しっぽくツアー
テーブルの上には市販の一味・七味以外に、輪切りの唐辛子と手作りの激辛唐辛子が置いてあります。うどん巡りの途中に立ち寄る産直市でも唐辛子をよく見かけるんですが、瀬戸内の気候が栽培に適しているんだそうです。

20141219しっぽくツアー
前の2つに比べてワイルドさを感じるしっぽくは、麺がやや太めで出汁も濃く豆腐も入り。写真を撮った後、卓上の激辛唐辛子を恐る恐る振りかけてみたところ、確かに辛いけれどこりゃうまい。面も具も出汁も力強いから、それに負けないくらいの辛さのほうが合うんですね。今まで僕が食べた中で、やっぱりここのは力強い系しっぽくの雄ですなあ。

◎四軒目:松岡

20141219しっぽくツアー
松岡にはこれで6回目、大根がおいしくなる12月1日から始まって2月末までのしっぽくは3回目。どうでもいいことですが、数年前に替わった現在の暖簾より、以前のシンプルなのれんのほうが松岡らしく感じるなあと今さらながらの感想。

20141219しっぽくツアー
6年前に初めて来た時と比べてメニューは変わらず、値段は20円上がっただけ。他店に比べてよう頑張ってはるなあと。これも今さらながら。

20141219しっぽくツアー
しかーし、僕的には変化を求めて小さな冒険をしました。何かと言えば、うどん巡りを始めて以来いつかやってみたかった「うどん巡りの最中にそば」を初めて実行!(…これがエントリタイトル「初体験もあり」の中味です…)
大したことないやんって思われるかも知れないですが、県外からわざわざうどん食べに来てて、(悪い噂によると)うどんにそば粉混ぜた黒いうどんみたいなそば食べるのってけっこう勇気?要るんですよ。でも地元の方がちょくちょくそば食べてるのも見かけるし、どんなのかすごく興味があったんですよ。愛読してるメタボさんのエントリでこういうのを目にしたのも大きな決め手でした。
  参考:君は松岡の蕎麦を食べた事があるか!:{^L^}が食べたもん
感想としては…「○(マル)」。大いにアリで僕はけっこう好きです、こういうの。一般的なそば屋のそばとは全然違いますが、うどんと比べてどっちがどうというもんではなく、次に松岡に来たらうどんかそばか迷うかも知れない、でも他の店でそば食べてみる気になるかどうかはわからない、ってところでしょうか。

◎五軒目:よしや

20141219しっぽくツアー
しっぽく4杯食べてけっこうお腹は膨らんでいるはずだけど、この日はみんな少し余裕があって〆にもう一杯と言うことで意見がまとまりました。時間が遅くなると選択肢もが狭まる中、時間ぎりぎりながらもう既においしいことはわかりきってる「よしや」を選択。

20141219しっぽくツアー
ここにもしっぽくはあるんだけど、さすがにそれはボリューム的にちょっとキツいってのもあるし、最後は冷たい麺で〆たいって気分でした。

20141219しっぽくツアー
ということで、ここで一番好きなメニュー・ひやかけ。閉店間際といえども、麺がちゃんとしてるのはさすが。そしていつもどおりここのひやかけだしは抜群。ズルズルッと気分良く一気に平らげて、今回のツアー無事終了。やっぱここのひやかけはうまい。

1ヶ月前のうどんツアーのエントリ書いてると、また行きたくなってきました。今年は何回行けるかなあ。


初体験もありしっぽくツアー(1)〜讃岐うどん巡礼2014-5

もう1ヶ月が経ってしまいましたが、myblackmamaさんえて吉さんの3人で行って来たほぼ毎冬恒例のしっぽくツアーネタをあげておきます。

◎一軒目:ぽんぽん

20141219しっぽくツアー
一度閉店しながらも3ヶ月後には新しい店主で再開したそうで、3人とも初訪問。県外者からすると「こんなとこまで誰が食べに来るねん」と思わざるを得ない場所ですが、周辺で働いてらっしゃる皆さんにとってかなり必要度が高い立地のようです。

20141219しっぽくツアー
店内は結構広く、リニューアル間もないこともあるのかピカピカ。朝7時半からの営業なので、僕らが到着した10時半頃には各種天ぷらも揃ってました。すごくそそられたんだけど、今日のテーマはしっぽくなので泣く泣くガマン。

20141219しっぽくツアー
野菜てんこ盛りで肉気はなし?、だしは少し甘めに感じたのでこの後一味を振りかけました。あっさりしてるので冬の間何度も食べても食べ飽きない感じ。この日の一杯目だったこともあり、お腹に染み渡りました。またしっぽく以外のうどんも食べに来たいなあ。

◎二軒目:村上

20141219しっぽくツアー
当初の予定には入っていなかったけれど、そういや前回初めて来た時メニューにしっぽくがあったことをえて吉さんが思い出し、急遽予定変更。煙突がイイ味出してるひなびた雰囲気の外観ですが、実はけっこう都会なゾーンにあるんです。

20141219しっぽくツアー
店の入口を入ってすぐに注文カウンターがあるので、何食べようか考えてる暇はありません。でも今回は初めから決まってるので、迷うことなし。カウンター横のでっかい鍋から、しっぽくの具と出汁を目の前で注いでくれます。

20141219しっぽくツアー
いい意味で、フツーのしっぽく。前回も書いたように「よそ者が地元の方に混ぜてもらって食べさせてもらってる感」とこのフツーさが相まって、余計に香川で食べてる実感が増すような気がしました。もちろんうどんもおいしく、ナイスな予定変更でした。いいなあこの店。


ホテルグランバッハ京都(京都・四条寺町)

DSC07964
今回京都へいったのは、去年4月に開業したばかりの「ホテルグランバッハ京都」が格安で取れたから。阪急河原町から徒歩5分ほどの四条寺町にありながら、入口はちょっと奥まったところにあり静か。1月3日にもかかわらず、ツインが何と約8000円!

DSC07809
出来たばかりだから当然綺麗、ただし、部屋がメチャ狭い。2つのベッドの隙間はほとんどなく、ベッド以外のスペースはほぼなしw 部屋にはトイレとシャワーはあるけれどバスはなく、別フロアの大浴場までパジャマで歩行可能。まあ大きなお風呂はゆったり出来て気持ちよかったし、部屋が狭かろうがこんなに便利な場所で綺麗でこの値段なんだから全く文句はございません。

DSC07969
2階にあるレストランスペースでは、お昼間にソフトドリンクサービスがあったり、夜食にお茶漬け食べ放題サービスがあったり、色々と頑張ってはります。正直なところ、正価だったらちょっとどうかなあとは思いますが、安めでゲットできるなら是非。