「旅」カテゴリーアーカイブ

1泊2日北陸の旅(3)〜メガネとそば「亀蔵」(鯖江市)

DSCF6941
2日目は行ったことがない加賀市をうろつきたかったのですが、そっち方面に向かうとドカ雨に遭いそうだったのでとりあえず南下。石川県から福井県に戻って、今まで通過のみだったメガネの街・鯖江市へ。以前から来てみたかっためがねミュージアムに立ち寄りました。

DSCF6944
自慢にもなりませんが、僕は小学校5年の頃から眼鏡をかけています。必需品でもあり道具でもあり、いい格好言えばファッションアイテムでもあり。福井県内のメーカーが製造した3,000本以上のフレームを展示販売しているアンテナショップは誘惑の固まりで、ものすごく危険な場所でしたが、なんとか誘惑を振り切りました。いいなあと思ったのの値段を見たら13万円だったもんで(@@;) (これだけ飛び抜けて高かった)

DSCF6963
ミュージアム内の至る所にメガネモチーフが散りばめられていて、メガネ好きなら必ず楽しめます。誘惑多いけどおすすめ。



DSCF6924
お昼ご飯はそばを食べたいと思っていたので、検索した結果「亀蔵」へ。お店に着いたのは日曜の13時で順番待ちが何組かあり、たまたま2人席は空いていたのですぐに座れてラッキーでした。

2017-07-02 12.51.082017-07-02 12.51.31

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
メニューの一部。そばは福井県産を自家製粉した完全手打ちの十割。そば以外にもいかにも旨そうな酒のアテが各種揃っています。いい店。


2017-07-02 13.12.09
隣の席の人のを見て思わず注文してしまったかき揚げおろし(1480円)。すごいかき揚げマウンテンの中身は、小海老と貝柱。

DSCF6936
添えられた大根おろし入りのつゆをかけていただきます。卓上に花鰹があるのを食後に気づきましたが、個人的にはなくても一向に構いませんでした。そばはやや太め、十割らしくしっかりぼそぼそ。かき揚げはかき揚げで旨かったんだけど、次回来ることがあったらシンプルにおろしそば系2種で行ってみたいですね。


DSCF6929
妻は冷たいすだちそば(1080円)。柑橘系の酸味とすだちの香りが爽やかで、湿気の多い時期にぴったりな一杯でした。

予備知識なしに選んだ割りには大ヒット。アテで飲んで〆にそばってのが理想ですが、ここに車なしで来ることは難しいから泊まりじゃないと難しいでしょうかねえ。


{お店データ}
住所:福井県鯖江市東鯖江1-1-3 MM6ビル1F
電話:0778-42-8199
営業時間:11時~14時半、17時半~22時
定休日:火曜(祝日を除く)



1泊2日北陸の旅(2)〜宿はホテル八鵬(石川県・白峰温泉)

DSCF6878
今回の宿は、日本百名山の一つ・白山のふもとにある白峰温泉ホテル八鵬。旅行に行くことが決まって、いい温泉があって自然に囲まれていて料理が良さげなところないかなあと色々検索してて、たまたま出くわしました。

DSCF6880
創業以来40年ほど経つこのホテル、5年前に経営権が譲渡され、現在はバリューマネジメントという会社が運営しています。
参考リンク:歴史的建物を再活用!日本の文化を継承する再生ビジネス・バリューマネジメント/読んで分かる「カンブリア宮殿」

2017-07-01 16.24.10
ぶっちゃけ設備は古く、例えばこの内線電話も使用不能のため専用の携帯電話を渡されました。その替わりというか、スタッフは若くて感じが良くて一所懸命、ハードのマイナス面をソフトで補おうという戦略のようです。


晩ご飯

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
周囲にコンビニもないので当然宿ご飯。訳のわからん鮪やイカの刺身などは出てこず地元食材がメイン、それがこの宿を選んだ理由の一つなんですが。写真はニジマスの洗い・地元3店の堅豆腐の刺身・山うどの旨煮・わらびの酢の物。

DSCF6884
炭火が仕込まれた炉端がテーブル代わり。予約時間にちょうどいい塩梅になるよう、ヤマメとニジマス(どちらもデカい)の塩焼きが予め仕込んでありました。

DSCF6894
以降の炭火焼きは自分達のペースに合わせてセルフで。堅豆腐・トウモロコシ・金時草&粟の生麩・里芋・薄揚げ・甘長唐辛子・飛騨牛など色々。

DSCF6896
こちらは今回楽天のプランに付いていた追加のA5ランク飛騨牛。

DSCF6902
これらをこんな具合に網の上に載せたり、周囲の灰に串を突き刺したりして焼いていくわけですが、炭火が元気なのでむっちゃ熱い&暑いでアルコールはビールばっかり飲んでました。山の中なので市街地より涼しいとは言え、真夏だったらちょっとしんどいかも。
とはいえ、最初の魚2匹だけでもけっこう食べごたえがあり、全体的にボリュームは充分過ぎるほど。量だけでなく地元産品中心の食材をシンプルに焼く、時には写真左のチーズでフォンデュ風にとおいしく楽しくいただきました。


DSCF6905
そして〆は、ナメコ入り茶碗蒸しとお澄まし・ご飯。

DSCF6908
デザートはシャーベットとフルーツの盛り合わせ、とにかく暑くてw満腹で大満足。



DSCF6914
話変わって、温泉はホテルの最上階にあり、清掃のための1時間以外はいつでも入浴可能。湯上がりの肌が絹のようにスベスベになる「絹肌の湯」は全国でも希少な「純重曹泉」だそうで、とにかくこれまでに経験した事がないヌルヌル度。チェックインした時に宿の人が「ローションをそのまま温めたような温泉です」とか言ってて、何を大げさなって思ってましたが、本当にその通りでした。



朝ご飯
朝食も地元産品中心で、チマチマと色々。車じゃなければ当然朝風呂後にビール飲みながらってイってるところでしたね。

ハード面さえ少し我慢できれば、食事良し・温泉良し・リーズナブルでおすすめ。残念ながら梅雨の影響で大雨が予想されたため、朝食後早々に宿を発ちましたが、できればもう少しゆっくりしてもう一度温泉に入りたかったです(でも3回入ったけど)。宿の近くの温泉街の街並みや土産物屋も見たかったし、なにより白山の姿を見られなかったのが残念でした。関西からもさほど時間がかからないし、またいつか来ることもあるでしょう。


1泊2日北陸の旅(1)〜まずはトミーへ(福井市)

20170701トミー
久しぶりに土日休みが取れたので、妻と北陸ドライブ旅行に行って来ました。そっち方面に行くなら寄らぬ手はないということで、初日のランチは福井で降りていつものトミーへ(こっちが主目的との噂あり)。妻は2回目、今回は車で行ったので僕は飲めませんでしたが、まあそれはしゃあない。2人なので食べられる品数が限られますが、まずはいきなりもはや説明不要のタンシチュー、ここに来てこれを食べないことなどありえません。
(なお、話の都合で、料理は出てきた順番どおりではありません)


20170701トミー

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
タンシチューは迷わず決まってたんだけど、あとをどうするか出発前にしばらく悩みました。悩んだ結果、今まで食べたことがない不定期メニューの「エビクリームコロッケ」をお願いしてみようかと。で、数日前に「もしできれば」とメールを送ったら、嬉しいことにOKとのお返事。
…で、当日お店のメニューを見てみたら、なんとシェフ特製ランチにエビクリームコロッケが入ってるじゃないですか!マダムによると「たくさん作らないとおいしくならないから」とのことで急遽ランチに組み込んでいただいたそうで(そんなことになるんやないかと少しは思っていましたが)、申し訳ないと思いつつ、とても感激してしまいました。


20170701トミー
シェフ特製ランチはいつもながらレベルが高いオードブルから。スモークサーモン・エビのボイル・鴨のローストなど。妻には遠慮なく赤ワインを飲ってもらいましたが、僕はノンアルコールビールでガマンガマン。


20170701トミー
そしてメインの(左)エビクリームコロッケと(右)ポークのピカタ。どちらもコンビニおにぎりを二回りほど大きくしたくらいのサイズで、けっこうボリュームがあります。前者にはエビの殻から作ったアメリケーヌソース、後者には伝家の宝刀・ドミグラスソースがかかっています。

20170701トミー
エビクリームコロッケの断面。おいしいベシャメルがプリッとコロッとなエビの身を包み込み、カリッとしたコロモとアメリケーヌソースの複合コンビネーション。トミーで何度か食べたセイコガニコロッケに比べると、軽やかでカジュアルな味わいで、また違った魅力があります。しかしこちらも相変わらず手間と技術の集合体ですなあ…

20170701トミー
続いてポークのピカタの断面。ポークカツを始めここの豚肉もおいしいのは経験済みなんだけど、ピカタでよりシンプルにそのおいしさを確認。この価格でこの厚み、そしてやっぱりここのデミグラスソースはすごい。


20170701トミー
シェフ特製ランチにはカップスープが付いていて、その半分を妻から引き継ごうとしたら、なんとカラっぽ。なんでやねんと訊いたら「おいしかったから気がついたら全部飲んでしまってた」との答えorz え〜楽しみにしてたのに〜、ということで、スープのみ追加注文しました。
三代目シェフに伺ったところ、昔ながらの作り方のポタージュをベースに、今の季節はコーンを加えているのだそう。真夏に食べたヴィシソワーズもおいしかったし、今後はスープも是非モノになりそうです。


20170701トミー
ここまででデザートを除き注文した料理は一通り出てきたので、さて追加でもう少し食べようと検討開始。ちょうどこの日(7月1日)から昨年好評だった期間限定・ブラックカレーが復活しており、これ目当てのお客さんがけっこう来店されていました。去年食べておいしかったので、追加はこれにしようかなあと思っていたら…



20170701トミー
いきなりドドーンとこんなのが出てきました。ブロック肉を分厚くカットしたのが3枚、ソースを纏ってサフランライスに寄りかかっています。訊けば、60度の弱火で13時間赤ワインで煮込んだ「ポークの赤ワイン煮込み」とのこと。まずは見た目の迫力にびっくり、食べてみたら豚肉ホロホロ、タンシチューとはひと味違う豚肉の旨味が溶け出したソースがこれまたうまい。

20170701トミー
そして嬉しいことに、「食べ比べてみて下さい」とブラックカレーのルーも添えて下さいました。フルーティーな甘味・ドミグラスソースのコク・スパイシーなカレーの合わせ技。「ちょっとだけ」とか言ってた妻、ポークもカレーもバクバク食べてました。
神戸から福井までわざわざ何度もトミーに来ているのは、もちろんここの料理が素晴らしいからなんだけど、それだけでなく、お店の皆さんのこうした心遣いがありがたいからなんですよね。地元にあったらマジで週2回は来てるよなあ。



20170701トミー
そしてようやくいつも通り彩り美しいデザートで締め。いつもと少し違うのは右上、「越のルビー」という高糖度トマトのコンポートで、トマトの風味を損なわないよう軽ーく手が加えられています。

ドミグラスソースに代表されるクラシックな料理を作り続ける一方、それを活かしたブラックカレーを創り出したり、デザートに野菜を加えるという新しい試みは、(気恥ずかしい表現ですが)立ち止まることなくおいしいものを求める意欲あってのものだと思います。一言で言ってしまえば「料理が好きなんやなあ」ってことなんですが、そこが僕がトミーに惹かれる所以なんだろうと思います。
いつもエントリ書いてて旨かったなあって思い出し、また食べたくなる、その繰り返し。さて、今度はいつ行きましょうかねえ、何を食べましょうかねえ。


淡路島へ日帰りドライブ

DSCF6705-2
久しぶりに妻と休日が一緒だったので、ご希望により淡路島に日帰りドライブしてきました。自宅を出て高速で一気に淡路島を縦断、一番南の淡路島南で降りました。この大鳴門橋を渡って何度もうどん県には行ってますが、ここで降りるのはいつ以来か記憶がないくらい。

DSCF6643
今回の目的を果たすべく、やってきました道の駅うずしお。高速で降りて地道でここへ着く手前で警備員さんに停められたので何事かと思ったら、駐車場が満車なので今いる場所で停めてあとはピストンバスで行って下さいとのこと。10時過ぎたくらいなのにそんなに混んでるのかー。でも到着してみたらこの時点ではそれほどではありませんでした。

DSCF6650
僕ならわかるが妻にしては珍しく「ここのハンバーガーを食べてみたい」とのご希望で、あわじ島バーガー淡路島オニオンキッチンが今回の目的地。日曜は混むので早めに来てみたところ、開店1時間後でこの程度の行列でした。

DSCF6646

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
ここでは、2013年の全国ご当地バーガーグランプリ1位&2位ほか、何種類かのハンバーガーを食べることが出来ます。こちらだけではなく「淡路島バーガー」って島内色々なところでやってるんですね。

DSCF6651
買った後はテラス席へ移動、鳴門海峡と大鳴門橋がみえてお天気も季候も良く、戸外での食事は気持ちがいいです。

DSCF6665
せっかくなので、左・2位のあわじ島オニオングラタンバーガー、右・1位のあわじ島オニオンビーフバーガー。どちらも主役は淡路島産玉ねぎのカツで、前者は淡路島の鶏と牛乳を使ったグラタンソース、後者は甘辛の淡路島牛にトマトソースがプラスされています。主役が玉ねぎカツなのでハンバーガーをイメージすると肩すかしを食らいますが、地元産品尽くしの「ここならでは感」はさすがで、おいしくいただきました。



DSCF6712オニオンバーガー以外何も予定していなかったので、以降は全くの思いつくまま。どんどん人が増えてきた道の駅を後にし、ちょろっとだけ車で走って休暇村南淡路へ。昔から泊まってみたいと思いつつ、来るのは初めてです。

DSCF6708ここへやって来たのは、日帰り温泉やってたことを思い出したから。鳴門海峡を望む露天風呂で最初は3,4人しかいなかったのでゆったりしてたら、13時過ぎて急に人が増えてきました。どうやら昼食付きの日帰りプランのせいでしょうか。今度は出来たら泊まりで来てみたいな。


DSCF6728
その後地道で北上。どこかで道の駅があったら寄ろうと思っていたら、あんまり近すぎるのでパスした福良以降全く遭遇せず、結局は洲本を超えて道の駅・東浦ターミナルパークまで来てしまいました。

DSCF6719
まずは産直市でを物色。15時を過ぎていましたがまだまだ品物は一杯あり、野菜のうちの半分以上は玉ねぎ。先のバーガーといい、ほんとに淡路島は玉ねぎ押しなんやなあと改めて痛感しました。

DSCF6725
玉ねぎ以外のウリ・びわのソフトクリームがあったので、びわオンリーとバニラとのミックスを購入。他ではあまり見かけないので人気があるそうです。

DSCF6726
産直市の後は隣の物産館へ移動、こちらは加工品がメインです。

DSCF6730
淡路のタコ丸一匹をプレスしたタコ姿焼き(1080円)とか

DSCF6737
元気巻(520円)って素朴な巻き寿司も購入、ノンアルコールビールと共におやつ代わりにいただきました。

2017-05-21 15.58.45
ベラのそぼろを載せた「こけら寿司」というのを発見したのでお土産に購入。来客をもてなす時に作られた北淡路の郷土料理だそうですが、手間がかかるので今やあまり見かけないそうです。


DSCF6827
東浦から高速に乗って、淡路サービスエリアでちょっとウロウロしてから帰宅。日帰りドライブとしては楽勝な距離ながら、色々と楽しめた一日でした。今度淡路島に来る時は、あんまり来たことがない西側を走ってみましょうかね。


カンボジア旅行で食べたものなど

今ごろになって2年前の10月に妻と行ったカンボジア旅行の写真が気になってきました。凝り出すとキリがないので、食べ物に関するネタだけいくつか、備忘録としてあげておきます。


201510カンボジア旅行

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
カンボジア旅行といっても、3泊5日でアンコールワットがあるシェムリアップに行っただけ。到着した夜はお手軽に、街の中心部というかダウンタウンの洋風?な飲食店が集まるゾーンをうろうろ、映画「トゥームレイダー」撮影中にアンジェリーナ・ジョリーが通った店もこの「パブ・ストリート」にありました。

201510カンボジア旅行
うろついたあげくなんとなく良さげな気がしたのが「クメール・ファミリー・レストラン」というちょっと恥ずかしい名前の店。長時間飛行機乗った後の夕飯だったので、いきなり冒険するのもしんどかったし雨が降ってたし。

201510カンボジア旅行
一応クメール料理という現地風のお店でしたが、ちょっと食べたくらいでは特長はわかるわけもなく。この後その手の料理を何度か食べて、生姜がよく使われていたのが記憶に残っています。


201510カンボジア旅行
この時泊まったトゥンボレイホテルは中心部から徒歩10分ほど、かなり安めでしたが客室はまあまあ綺麗。日本人客はほとんど見かけず、カンボジア・タイからの宿泊者が多かったです。朝食は何種類かのメニューから選べ、現地っぽいテイストのもいくつかありました。

201510カンボジア旅行
初回試してみてイマイチなら外に食べに行こうかと思ったけれど、そこそこ良かったしホテルの近くに朝食向けな店がなかったので、結局朝食は毎回ここでした。


201510カンボジア旅行
旅行出発前に飛行機とホテルだけのツアーをまず申込み、オプショナルツアーは別途「スケッチトラベル」という現地日系旅行代理店のを利用しました。このお弁当は、そのツアーのランチタイムに出てきたもの。おにぎり・玉子焼き・コロッケ・豚煮付けなど一見日本の料理と変わりないようでいて、実はどれも現地風テイストが加えらたクメール風。団体向けの味気ないレストランに連れて行かれるのがたいがいなのに、おいしかったし面白かったし印象に残っています。


201510カンボジア旅行
ツアーの途中、僕らを追い越そうとした自転車に乗った女性をガイドさんが呼び止め、寸胴に入った何モノかをポケットマネーで買い始めました。

201510カンボジア旅行
ビニール袋に入れた後、ココナツをナイフでガリガリと削り、トッピングとして振りかけてくれます。

201510カンボジア旅行
いまだに正体不明な寸胴の中身は、恐らく赤米を発酵させたもので、アルコール臭はないもののごくわずかな甘味と強い酸味があり、それを生ココナツで和らげたような感じ。ガイドさんによると現地でもめったに見かけないおやつだそうで、珍しいからわざわざ呼び止めてごちそうしてくれたんです。そんなにおいしいものではなかったけれど、珍しいので僕はそれなりの量をいただいてしまいました。


201510カンボジア旅行
ツアー途中で出会ったこれは、東南アジアでちょくちょく見られる例の孵化直前のアヒルの雛入り卵で、カンボジアでは「ポンティアコーン」って名前だそうです。以前から知ってたけど、妻はさすがにムリだろうし、さすがに僕一人でこれはキッツいなあと思い断念。でもいつかトライする日がやって来るでしょう。


201510カンボジア旅行
この日のツアーは午前中で終了。街に戻って解散すると、ガイドさんが「実はあなた方のホテルは私の自宅のすぐそば。妻も帰ってくるのでうちの家で食事をしないか」と誘ってくれました。後で聞いたら、「例の赤米を珍しがって食べてくれたのが嬉しかった」ってこともあったそうで。

201510カンボジア旅行
自宅に行く前に、炭焼きグリル屋に寄っておかずを購入。

201510カンボジア旅行
4本に分かれたフォークみたいな金具に挟まれ、魚が真っ白に塩をまぶされて炭火の上でグルグル回っています。

201510カンボジア旅行
ホテルの僕らの部屋から見えるくらい近くのガイドさんの自宅に案内されると、程なく別の会社でガイドをしている奥さんも帰宅。ちゃっちゃと食事の用意をしてくれている間に、ビールで乾杯。

201510カンボジア旅行
身をパカッと二つに割ると、エラのあたりに香草のようなモノが詰め込まれていました。

201510カンボジア旅行
身を取り外し、奥さん作成の2種類のソース(辛い系・ハーブ系)を好みでつけていただきます。お2人とも現地の方ですが、職業柄日本語が話せるので色々と会話も弾み、貴重な体験をさせていただきました。


201510カンボジア旅行
せっかくの旅先なのでちょっとは贅沢な雰囲気も味わおうということで、最終日にはシェムリアップのラッフルズホテルへ。…といってもランチを食べにいっただけですが。

201510カンボジア旅行
カンボジアテイストなど全くないでっかいハンバーガーをゆったりがっつり。これはこれでいいもんです。


201510カンボジア旅行
10月初めでも昼間はかなり暑く、遺跡巡りの際には飲み物や服装など暑さ対策が必須の上、けっこうな距離を歩きます。仕事の関係で海外旅行に行くとなるとこの時期のアジアになることが多く、たいがいは雨季なのでこれまでにもこの時期特有のスコールは何度か経験しています。

201510カンボジア旅行
でも今回経験したのは桁違い。タッチの差でトゥクトゥクと呼ばれる乗り物を捕まえられたから良かったものの、そこから一気にものすごい雨が降り出し、道路は一気に冠水。タイヤが半分くらい水に浸かるくらいになっても、現地の皆さんは平然とバイクや車や自転車で走ってるわ、屋台は平然と営業を続けてるわで、強烈な光景でした(上の写真はかなり水が引いてからのものです)。それ以来、僕はこのスコールがトラウマになって、「旅道具は雨に耐えられるものでないと!」とこだわる羽目になってしまったのですが…

以上、とりとめのない内容になってしまいましたが、改めて当時を思い出すことができて自分自身が楽しめました。国内でも国外でもとにかく旅は大好きとはいえ、やっぱり海外はギャップが大きいだけ刺激が強くて面白いですねえ。