「旅」カテゴリーアーカイブ

久々の東京〜「赤ひょうたん」直系 Lista②でディナー(東京・新中野)

NAKAMEGURO JEWEL DOME 2016(Tokyo,JAPAN)
昨年12月、妻と一緒に久々に東京に行って来ました。一番の目的は娘に会うこと。その他いくつか目的はあったものの、比較的ゆったりと2泊3日を過ごしてきました。
(写真はNAKAMEGURO JEWEL DOME 2016)


DSC01815
その他目的のうちの一つが、こちら「Lista②」でのディナー。おととしの夏のランチに行っただけで今回2回目なのに、既に常連気分。その理由は、こちらのお店がかつて神戸にあった「赤ひょうたん」の創業者の一人の血を受け継ぐ方で、 僕の昔のエントリにコメントをいただいたことがきっかけで、いまだに色々とやり取りさせていただいているからなんです。
 参考リンク
  *旧foodish 赤ひょうたんカテゴリ
  *現foodish 赤ひょうたんカテゴリ

事前に一人5000円のコースをお願いし、当日予約時間に行ってみたら、通されたテーブルにはオーラを感じるご婦人がお一人。当日の体調次第とうかがっていた、赤ひょうたん創業者の奥様でもある、現Lista②オーナーのお母様が同席していただいていました。
僕はお母様の話は色々伺っていたので初対面とはいえ最初から和み状態。妻には「ひょっとしたらレジェンド同席」って話は事前に伝えていなかったので当初面食らっていましたが、彼女も赤ひょうたんファンゆえ、すぐに馴染んでくれました(ハズ)。


DSC01817
挨拶もそこそこにディナースタート。今回はおまかせコースなんだけど、一つだけ事前に「仙鳳趾の牡蛎を入れておいて下さい」とお願いしておいたら、いきなり岩牡蠣みたいにでっかい生が2個出てきてびっくり!ほんの数滴レモンを搾ってちゅるん、めっちゃクリアで甘くてクリーミーでお菓子みたい。これまで何度か食べたことがある仙鳳趾のうち、初回のと今回のが群を抜くうまさでした。(これ、他のお店だったらいくらになるんだろう…)


DSC01821
続いて、贅沢にもその仙鳳趾産牡蛎を使ったオーブン焼。ものすごくもったいない気分だけど、火を通すとまた別の旨味が活性化、ウマくないわけがない。
「(卸屋さんに)でっかいの入れといてよ〜」と頼んでおいてくれたシェフに「この牡蛎で牡蛎フライすることなんてあるんですか」って訊いたら「オレが喰いたいときはそうしてるよ(ニヤッ)」とのご回答。ううっ〜 (゜Д゜)


DSC01823
続いて、果物とゴルゴンゾーラのサラダ。果物の自然な甘味とゴルゴンゾーラの塩気の相性良し、アテになるサラダ。ちなみに今回は料理に合わせていろんなワインを出していただきました。


DSC01827
続いて、オニオングラタンスープ。久しぶりやなあ〜これ好きなんだけど、なかなか見かけないんですよ。久しぶりってことはあるにしても、このオニグラはとてもおいしかった。ベースとなるスープがちゃんとしてるからなんでしょうねえ。生牡蛎は別格として、今回はこれが一番印象に残る一品かも。


DSC01836
先のオニグラもこの「えぞ鹿ロースのポワレ 赤ワイン風味」も、他に選択肢はあったんですが、話がはずんでいたこともあってまるっきりお店におまかせでした。前菜が海系だったのでメインはジビエを選んでくれたようで、北海道との繋がりが強いこの店ならではの素材。変に軽くなくどっしりしていて、赤ワイングビグビ、鹿肉食べる機会なんてあんまりないので嬉しかったです。


DSC01838
お腹に余裕があればパスタご用意しますとのことだったので、もちろんいきますとものペペロンチーニ。シンプルでごまかしなしのド直球。


DSC01843
デザートその1は(多分)カラメル風味のジェラート。

DSC01845
その2はフルーツコンポート載せプリンだったか。


2016-12-16 21.39.03
途中から娘も参加、おいしくて量もたっぷりな料理をワインと共にいただきながら、レジェンドから赤ひょうたん創世記のお話を伺ったり当時の写真を見せていただいたりというレアでリッチなひとときでした。例えば、上の写真は赤ひょうたん創立10周年記念モンブラン製万年筆。赤ひょうたん始めた頃は、そもそもレタスなんて入手できなかったなんてエピソードにびっくり。そしておみやげには、なんと赤ひょうたんで実際に使われていたメニューを頂戴しました!(家の食器棚の下敷きにされていたそうですw) 出来ることならレコーダーかなんかで記録しておくべきだったかなあとちょっと後悔していますが、以前からお目にかかりたいと思っていた願いが叶っただけでも充分です。

しかしLista②。色々と気を使っていただいたとはいえ、すごいぞいいぞ。僕が東京在住だったらしょっちゅう行って「こんなん食べさせて〜」と無理な注文してるに違いありません。(まだ2回しか行ってないけど)



青春18きっぷで多治見へ日帰り旅/前編(岐阜県多治見市)

日帰りで福井・敦賀に行った翌々日、今度は妻と二人で多治見まで日帰りで行ってきました。我ながらようやりますわ〜 以下、写真多めの文章短めで。

20170108多治見
二人とも多治見は初めて。さすが焼き物で有名なだけあって、改札の真正面にはでっかい陶壁がウエルカム。

20170108多治見
駅周辺をサラッとロケハンして、目的地へのバスの発車時刻を確認したら、とにもかくにも昼ご飯をいただくことにしました。

20170108多治見
事前に調べたら多治見は鰻が名物だそうで、でも時間がなかったこともありご当地グルメ・たじみそ焼きそばをいただくことに。ちなみに「うながっぱ」は多治見市のマスコットキャラクターです。

20170108多治見
長時間電車で座りっぱなしだった体をほぐすべくまずはビールでプハー、程なく出てきたのはしょうゆ焼きそば。

20170108多治見
続いてこっちがたじみそ焼きそば。ぱっと見では上の写真のと変わりませんが、定義としては①ピリ辛味噌を使用した焼きそば ②半熟たまごがのって味噌と絡めていただけること、ってことだそうです。そういや味噌味の焼きそばって経験なかったけれど、日常的にこの味付けはアリやなあって思いました。さすが、いいお皿使ってはりますね。


20170108多治見
ビールと駅そばでエネルギーを注入できたので、事前に調べておいた駅前のバス停から目的地に向かいます。


20170108多治見
目的地は、多治見に行こうというきっかけになった「多治見市モザイクタイルミュージアム」。昨年6月にオープンしたばかり、タイルの原料を掘り出す採土場をモチーフにしたミュージアムそのものが、まず手始めにワクワク感を呼び起こしてくれます。

20170108多治見
20170108多治見
20170108多治見
実際に使われていたモザイクタイルのコレクションやら、タイルの製造工程やら、アーティスティックな展示やら。どれもカラフルで、かつ日常生活にも近くて、とても楽しいミュージアムです。

20170108多治見
予め予約して、モザイクタイルを作る体験もやってきました。見るだけでなく、自分で作ってみることが出来るってのは、興味が増してくるし身近に感じることが出来ていいですね。出来上がったタイルシートは、今我が家で鍋敷きとして活躍してくれています。

20170108多治見
ショップで販売されていたモザイクタイルのシンクは40,000円。もちろんこんな高いものばかりじゃなく量り売りとかもあり、この金魚も一つのタイルピースとして販売されていました。性別年齢関係なく楽しめて、こりゃいいところです。

ミュージアムを後にし、タクシーで「市之倉さかづき美術館」へ。ここは撮影禁止だったんですが、目に毒なものがいっぱい展示されていました。杯だと値段がそんなに高くないので、物欲がむくむく湧いてしまうんですよねえ。


20170108多治見
続いて徒歩で「幸兵衛窯」へ。一例として、この六代加藤卓男さん(人間国宝)作ラスター彩など見応え充分、しかも撮影可とは太っ腹。

20170108多治見
作品だけでなく、古陶磁資料館の建物そのものも興味深いんですよねえ。全然時間が足らなくて、予定していたバスより一本あとのに乗ることになりました。(ちなみに1時間に一本…)


青春18きっぷで福井から敦賀へ移動してまるさん屋(敦賀駅前)

DSC01953
前エントリのとおり、青春18きっぷで福井のトミーで大満足のランチのあと、福井には何度か来ているし、お腹一杯でしばらくは何も食べる気がしないので、福井駅で買い物をした後は別行動のだいこんさんを除く4名は鈍行で敦賀へ移動。ラーメンを食べに行くこばやしさん以外のラクサさん・えて吉さん・僕の3名は、前回同様駅前のまるさん屋でちょいと飲ることにしました。


DSC01954

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
ワンパターンも何かなあと思ったので駅から少し足を伸ばして新たな店を探したものの、そもそも選択肢が少ない上に中途半端な時間だったのでこれはと思う候補には出会えず。その点こちらの店なら昼から夜まで通し営業だし、前回の経験でいいのはわかってます。平日14時だとさすがに貸し切り状態、前回は夏・今回は冬なのでお勧めが様変わりしているから、何食べようかと新たに好奇心が湧いてきます。


まるさん屋
今回は写真をミスっているので、あくまで記録用としてあげておきます。
セイコガニは脚に包丁が入ってなかったので身を出しにくかったです。地元ではこれで当然なんでしょうか。若狭トラフグのてっぴ・ナマコは日本酒にバッチリ。中右はいわしの煮付けでしたっけ(訂正:ハタハタでした)。下左は若狭トラフグの唐揚げ。下右はかぶら寿司。
どれもおいしかったんだけど、特に良かったのはかぶら寿司。珍しかったしいかにも北陸って感じ、冬場のものだそうなので今度いつ出会えるかわかりませんが、見かけたら是非注文したいです。

トミーで洋食を堪能して、ここで和食を楽しんで、青春18きっぷ様々です。でもせっかくの冬の北陸、できれば泊まりがけで来たいもんですねえ。


青春18きっぷで冬のトミーツアー(福井市)

冬の青春18きっぷを使って、今年も大好きなレストラン・福井のトミーに日帰りで行って来ました。メンバーはラクサさん・だいこんさん・こばやしさんえて吉さんと僕の総勢5名。今回は全員リピーターなので、事前にきいた要望をお店に伝え、レギュラーメニューとは違う料理もお願いしておきました。
色々考えすぎて今回は写真の出来がいまいちなんですが、恥ずかしながらそのまま載せていきます。

20170106トミー
京阪神から青春18きっぷで福井に行こうとすると電車が限られてしまい、開店直後着かランチタイムの終わり頃かになってしまいます。せっかく遠くまで行くんだから当然前者を選択、まだ開店の看板が掛かる前からどかどか入店。事前にお願いしていた以外の料理をみんなで決めて、待つことしばしで一品目登場。

20170106トミー
11月初めの解禁時期から約2ヶ月間限定、トミー冬の名物・セイコガニコロッケ1人1個ずつでスタート。神戸在住にもかかわらず、僕は今回で3回目という我ながらアホちゃうかと思う常連度です。

20170106トミー
サクッと切って断面写真を撮ろうと思ったら、初回2回目に比べて明らかにぱっと見で赤っぽい。うーむと思いつつ食べてみたところ…、口の中がカニ風味でビッグバン!
殻から取ったフォンで伸ばしたベシャメルソースにカニ身・内子・外子・ミソがたっぷり使われているから、もともとカニ風味が濃厚なんだけど、今回はその膨張度合いが半端ない。このコロッケ1個にナンボほどカニ使ってんねんって凝縮度で、あまりのすごさにちょっと呆れてしまうほどでした。シェフに訊いたところ、今シーズンはこれでもう終わりなので、ええい!とばかりに大量投入したんだとか。一パイ分の身をせせり出すだけでも大変なのに、なんと贅沢で手間がかかった一品。これ1個食べられただけでも、わざわざ遠出してきた甲斐があったと思いましたねえ。


20170106トミー
冬の限定品に続いては、ここに来たらはずすわけにはいかない通年看板メニューのビーフシチューをば。これを食べるなら重めの赤ワインでさらに旨さをブースト。天然記念物級の漆黒ドミグラスソースが相変わらず溜まらん旨さです。

20170106トミー
人数が揃うと色々食べられるので、ビーフに続いてタンシチューもフルサイズをみんなでわけわけ、いつ食べても完璧にうまい。ここのシチューを何とかちゃんと撮りたいと毎回試行錯誤してるんですが、今回も考えすぎて失敗してしまいました…くそ〜何度でもトライしてやる!


20170106トミー
お次はレギュラーメニューにはない料理。前回事前にもしできればとお願いしてて、狙い通りめっちゃうまかったトミーオリジナル「ポークベロア」を、こばやしさんからのリクエストにお応えして。

20170106トミー
トンカツの豚肉に牛タン入りベシャメルを塗りつけて衣をつけ、揚げてドミグラスソースをが添えられています。ソースが全体にかけられていないのは、衣のサクッと感を楽しむために加え、ベシャメル側に味が加わりすぎない配慮でしょうか。僕はこれが2回目ですが、やっぱり好きですねえこれ。たまに小さめサイズが週替わりランチに出るときがあるんですが、近くに住んでたら週2回くらい通ってしまいそうです。


20170106トミー
続いては、「何かカキの料理を」との事前リクエストで作ってくれた、カキベーコン巻のパン粉焼きをトマトソースで、付け合わせにはバジル風味のニョッキ。シンプルにカキフライでは物足りないだろうとの気遣いが感じられ、改めてカキとベーコンの相性っていいなあと思いました。


20170106トミー
そしてブレブレ写真で申し訳ありませんが、初めてのトミーサラダ。野菜だけでなくローストビーフやサーモンなどもマヨネーズ系のドレッシングであえられており、酒のアテにもなるリッチなサラダでした。


20170106トミー
オーダーした料理を食べ尽くした頃、お店で販売しているおせち料理をお裾分けしていただきました。市松模様のは、チェダーチーズとハムを棒状にカットしたものにコンソメジュレを抱かせてパイ包みにしたテリーヌ状のもの。そして、器に入っているのは意表を突いてタコワサ。面白いですねえ、こういうのが出てくるのは。
こばやしさんに「来年はトミーのおせちにしたらどうですかw」って言われたけど、それはなんぼなんでもねえ。パックになったのなら送ってもらうことも出来るらしいけど、やっぱりフレッシュなの食べたいし、それだと取りに来ないといけないし。


20170106トミー
甘いモノもいけるラクサさんと僕は〆にデザート盛り合わせ。デザートにしろオードブルにしろ、その場でオーダーしてもこの手の盛り合わせがちゃんと出てくるのが、当たり前なようですごいなあといつも思います。

京阪神から福井まで安価に来ようとするなら、やはり青春18きっぷが一番。トミーに来る度に、春・夏・冬と年3回しか?チャンスがないのが歯がゆく感じられます。数を重ねる度に、ああこれもまた食べたいって料理が増えるばかりでほんとに困りもの。なんとかもっと通える手はないもんですかねえ…


バンコク旅行記(2)〜ビクトリーモニュメント駅近くでクイッティアオ・ルアとルークチン

P9100541
ホテルにチェックインした後、最寄り駅のビクトリーモニュメント駅を確認しに行ったら、そろそろ夕ご飯時になりました。今回のバンコク旅行での情報源の一つ・バンコクグルメパップを旅行出発前にチェックした時に、駅近くにタイ風わんこそば・クイッティアオ・ルアの店があるのが記憶にあったので、ようわからんがとにかく行ってみることにしました。

P9100563
「クイッティアオ」は中国からタイに渡ってきた麺料理、「ルア」は舟の意味で、運河でクイッティアオを売っていたのが始まりだそうです。この写真は食後に撮ったものですが、付近には運河がありクイッティアオ・ルアの店が複数ありました。タイの字はさっぱりわからんので自信なかったんだけど、後で調べてこの店が僕らが入った店で合ってたことが判明しました。

P9100546
どこも似たようなモンやろと適当に選んだこの店に入ったら、ご覧のような雰囲気。観光客っぽい人はあまり見かけず、何が書いてあるのかどう注文するのかさっぱりわかりません。バンコクに来て初めての食事に、ようこんなワケ分からん店選ぶわと我ながら呆れました。

P9100544
字も言葉もわからなくても、システムはだいたいわかっていました。まずテーブルに運ばれてきた見本を参考に麺を選びます。

P9100548
続いて、スープ+具を選択。一杯の量は2,3口で食べられる程度なので、一度に複数杯オーダーしたり、麺やスープの組み合わせを変えたのを注文するのもあり。
帰国後このメニューを手がかりにネットで検索してみたら、こちらのブログに行き当たり店名がクイッティアオルアパヤック ก๋วยเตี๋ยวเรือป๋ายักษ์ อนุเสาวรีย์ชัยสมรภูมิ だと判明しました。
※参考サイト:タイと語学と日々の暮らし-言葉の力 บล็อกที่ฮิโรมิ  Hiromi’s Blog

P9100547
こちらはトッピングメニューでしょうね。英語の説明書きも書いてありますが、アバウトな内容しかわからないのでもともとあまり吟味するつもりもなく、適当に麺とスープを選んで少しずつ指差し注文しました。

P9100545
テーブルにはナムプラー・唐辛子付けの酢・粉末唐辛子・砂糖の調味料セットが置いてあり、これを好きなように加えるスタイル。

P9100551
一杯目、多分豚の血が入ったスープだとわかっていましたが、あえて妻には説明せずw 幸い旅先での食べ物には許容範囲が広いので、何の問題もなくずるずるっといただきました。血の臭いとか全然しなかったなあ。

P9100553
これも同種で具が違い、どっちかがポークでどっちかがビーフ。

P9100556
ここからは幅広のフォーみたいな麺に替えました。この麺、二人ともけっこう気に入りました。この真っ赤なスープは確か酸っぱかったんじゃないかと。豆腐を紅麹に漬けて発酵させた紅腐乳を使っているそうです。

P9100559
粉唐辛子・ピーナツ・ライムなどが入った少しスパイシーなスープで、トムヤムと呼ばれるそうです。そんなに辛くなかったけど、観光客丸出しだったから手加減してくれたのかも。初日からなかなかおいしく、刺激あるスタートが切れました、
※参考サイト:激旨!タイ食堂・クイッティアオ20杯食べてペプシコーラをゲットせよ!


P9100581
店を出てぷらぷら歩いていると、もうちょっとなんかつまみたい気分にぴったりな屋台を発見。特別ここが気に入ったわけでもなく、街中の至る所に昼夜問わずこの手の屋台を見かけました。

P9100576
ここで売っているのはルークチンという、肉や魚介類をすり身にして揚げたり焼いたりしたもの。そのまま食べる他、麺類や鍋の具材にするってところは日本の練り物と同様ですが、おばちゃん一人でやってるこんな屋台でもかなり種類が豊富です。

P9100578
何が入ってるのかわからないけど適当に2,3個選んで指差したら、おばちゃんがバスバスッと切ってビニール袋に串と一緒にあったかいのを入れてくれました。歩きながら串で刺したのをパクッと。こりゃ小腹が空いたときの虫押さえに便利ですね。できればビールと一緒に食べたかったな。