「神戸」カテゴリーアーカイブ

あまりお正月らしくありませんが

大晦日も元旦も仕事だったので、個人的には2日からがお正月って感じでした。この日は妻と映画を観に行って、あんまり重すぎるものは食べたくないというご要望(僕は中華でもビフカツでも良かったんだけど)により、イタリアンならオッケーということでサクッと三宮のサイゼリヤに入りました。
 

201901サイゼリヤ
赤ワインの500mlデカンタ(399円)を頼んで、フレッシュチーズとトマトのサラダ(299円)・ミラノサラミ(299円)・季節限定魚介クリームソースのトロフィエ(399円)・柔らか青豆の温サラダ(199円)をアテにグビグビと。いつもながら安いですなあ。トロフィエというのは笛や杖に似た螺旋型のショートパスタだそうで、初めて知りました。
 

IMG_9003
デザートは、プリンとこれまた季節限定のメリンガータ(メレンゲを使ったアイスケーキ)というお菓子の盛り合わせ(399円)。どっちもおいしかったです。
 

IMG_9007
その後は生田神社まで行って初詣。19時頃で食事どきだったせいか、適度な混み具合でゆっくりお参りできました。人出が多すぎるのも面倒だし、少なすぎるとなんか寂しいですもんね。
 

IMG_9012
そして毎年恒例の清荒神名物・鹿野のたこやき。これを食べないと新年を迎えた気がしないんですよ。
 
昨日はお昼は友人達と豆乃畑に行って、夜は家族でてっちり。お陰で体重はエラいことになっておりますが、まあこの後ちょっとずつ控えめにして戻していかんとしゃあないですな。
 


あけましておめでとうございます

DSC05275

あけましておめでとうございます。
本年も変わらずマイペースでやっていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

DSC05281
今年のおせちも5年連続で。神戸酒心館「さかばやし」さんのでした。やっぱりおせちは和風がいいし、冷凍じゃなくてそれなりの値段でおいしいのとなると、なかなかこれに替わるものが無いんですよねえ。まあすごく気に入っているので他のに替えるつもり必要もないんですけど。大晦日に引き取りに行って、いただくのはこれから。僕は所用があるので、夜になってからかなあ。
 

【壱の重】紅白蒲鉾/田作り/海老芝煮/合鴨燻製/鮭の昆布巻き/数の子/酢ごぼう/鰹胡桃/柚子伊達巻き/干し柿鳴門/竹の子土佐煮/どんこ椎茸/婦木農場の小芋煮/絹さや/松笠慈姑オランダ煮/梅人参/いくら醤油漬け/龍皮巻き
【弐の重〜兵庫五国の重】サゴシ酢〆(摂津)/明石蛸旨煮(播磨)/彩り紅ずわい蟹(但馬)/焼穴子有馬煮(播磨)/鮑旨煮 蓮根オランダ煮(淡路)/丹波栗きんとん(丹波)/帆立と占地(しめじ)の吟醸合え(摂津)/黒毛和牛ロースト(但馬)/明石鯛酒塩焼き・アオリイカ黄身焼き(淡路)/黒豆煮(丹波)/鰆の酒幽庵焼(播磨)/鶯宿梅の蜜煮(摂津)
 


ちょい飲み手帖でパーラークニヲ(神戸・元町)

IMG_8631
今回の「パーラークニヲ」、元町のエビアン金時食堂の間にあってよく通るところなので、以前からなんか面白い店やなあと気になっていました。でもオサレーな感じなので、まさかおっさん一人では入れないし。
 

IMG_8633

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

と思ってたら、なんと今回のちょい飲み手帖に掲載されました。え、ここって飲めるんと?と思ったら、ビール・ハイボール・チューハイなんかもあるそうな。

IMG_8636
いくらちょい飲み手帖に載っているとはいえ、やはりおっさん一人では入りにくい。そこで、例の京都在住時々神戸に帰ってくる友人(彼もちょい飲み手帖を持っている)を誘って、おっさん二人で行ってみることにしました。二人なら多少恥ずかしさは薄れるんとちゃうか、でも周りから見たら場違いさは倍増以上でしょうなあ(爆)
 

IMG_8637
恐る恐る入ってみると、どうやら1階は雑貨屋さんのみで、声をかけても誰も出てこず。なかなか面白い品ぞろいなのはいいけど、ええんかいなこんな不用心で。しょうがないので階段で2階へ上がってみると…
 

IMG_8644
そこには予想を超えるオッサンには似合わないスペースが広がっていました。市松模様の床がレトロでモダン、調度にももちろん色々こだわりが感じられ、そこここに飾られたオブジェがいい感じでアートしてます。似合わんのは承知ながら、個人的にはこういう空間好きやなあ。
 

IMG_8643
ちょい飲み手帖のドリンクは、3種のビールから1種類をチョイス。

IMG_8657
そしてそれにこちらオリジナル・ビターなココアビスケットクラッシュが載っかった2トーンチーズケーキがつくという組み合わせ。多くの飲み助にとっては「えー、ケーキでビール!!」って感じでしょうが(僕も多少)、甘さ控えめでけっこうかっちりしたチーズケーキだったので、重みのあるビールとの組み合わせはそんなに変じゃなかったですよ。
 

IMG_8660
お店の人にメニューを見せて下さいとお願いしたら、タブロイド判の新聞みたいなのを持ってきてくれました。面白いですねえ、こういうところも。できればスイーツでビールっちゅうのは遠慮したいので、喫茶orアテとアルコールのどっちかはっきりさせて是非また来てみたいです。近くの森谷商店のメンチカツ/コロッケ・トアロードデリカテッセンのソーセージ・和田岬メゾン・ムラタのパンなど、メイドイン神戸の材料を使っておられるところも好印象。なんか知らんけどここ気に入りました。オッサンじゃなかったらもっと行きやすいのになあ。

こういうお店と出会えるのが、ちょい飲み手帖の面白さの一つでしょうなあ。

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通1-7-2 ニューもとビル 1・2F
電話:050-5338-3145
営業時間:7時半(土日は9時)〜L.O.21時
定休日:不定休
 


ちょい飲み手帖でさけやしろ(神戸・三宮)

2016-11-16 20.42.30
ちょい飲み手帖活動の一軒目がイマイチだったので、何度か来たことがある「さけやしろ」にハシゴすることにしました。(写真は以前の使い回しです)
 

IMG_8948

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

普段でもお値打ちな1200円の立ち飲みセットが、ちょい飲み手帖で1000円とさらにお得に。
 

IMG_8939
あまり飲んだ記憶がなかった白鷹を選んだら、燗でもいけますよとのことでお願いしたら、嬉しいことにちゃんとした錫のちろりで出してくれました。

IMG_8943
アテは鯖の燻製・クリームチーズの酒盗載せ・お造りは鮪とぶり(一切れ食べていまい増した)。これに好物の粕汁がついてくるという豪華なラインナップ。自分で選べるおちょこに注いで、ちびちび飲るのが心地いいです。
 

IMG_8950
当然一杯だけで足りるわけもなく、次は何を飲もうかなあ。立ち飲みスペース限定の500円メニューはお酒もアテもけっこうバラエティに富んでいて、立ち飲みセットじゃなくても充分楽しめます。
 

IMG_8953
選んだのは恥ずかしながら全く知らなかった丹波篠山の「鳳鳴」。なんかしらんがこれかなり好みやなあおいしいなあと思ってたんですが、この直汲み無濾過生原酒 純米吟醸ってけっこういいやつですやん。お店の方も篠山に行ったら必ずここのお酒を買うと言うてはりました。僕もちゃんと憶えとこうっと。
やっぱり日本酒っておいしいですねえ。糖質制限しなくていいならもっと飲みたいなあ…
 


丸亀製麺で満福かに玉あんかけうどん

IMG_8879
けっこう高いなあと思っていたのに、スマホアプリの50円引きクーポンに釣られてやって来ましたさんプラザ地下の丸亀製麺。お昼時だとめちゃ混むだろうから14時前に行ったら、並ばずサクッとありつけました。
 

IMG_8881
注文して丼に入ったうどんのみを受け取り、レジの手前でアンをドバッとかけてくれるという流れで、これがディフォルトにおろし生姜だけを載せた状態。仕上げのかに味噌ダレはイマイチ目だたないものの、三つ葉の緑が効いてて見た目も麗しいです。
 

IMG_8885
まずはそのままでいただいてみました。ここんところ濃厚なカニ風味に慣れ親しんでいるのでw、正直なところカニカニ度はそれほど感じず。でもなんちゅうか料理としてちゃんとおいしいです。食べ進むうちにジアスターゼが効いてきてトロみが弱まるので、出来れば早めにズズッといきたいところ。途中からネギや天かすを足して変化させて楽しんでみましたが、理想としては三つ葉・生姜多めがベストかなと思いました。50円引きでも並690円は丸亀製麺としてはかなり高めなので、個人的にはとりあえず一度食べたら充分かなあ。