「神戸」カテゴリーアーカイブ

さくっと「いち」(神戸・JR兵庫駅南側)

IMG_1293
ブログネタは溜まっているのですが、なかなか書く時間がありません。そんなわけで?昨日行った「立ち呑み厨房いち」ネタをサクッと。
 

IMG_1281
普段は京都在住の友人が急に神戸に帰ってきていると連絡があったもんで、別の店から移動して落ち合いました。二軒目ゆえ飲み物は軽くガリチューハイ(360円)で。プレーンチューハイに甘酢漬けショウガがドカッと入ってます。
 

IMG_1283
海老好き友人のためにサクサク衣揚げ(320円)は、いつ食べてもおいしい定番。
 

IMG_1285
海老連発でシンガポール風チリペッパー炒め(390円)。暑くなってくるとこういうのがいいですなあ。
 

IMG_1291
麺類は敢えて大好きな「台湾ミンチと焦がしラー油の混ぜそば黄味のっけ」ではなく、中華カレー牛肉焼きそば(390円)。辛さはそれほどではなく、スパイス効いてて野菜たっぷりでした。

二軒目だったので、注文数は圧倒的に少なめ。おいしかったけど「もっと食べたかった欲」が湧いてしまったので、近々再訪せねば。

 

圓記(ユンキー)二度目(神戸・元町)

IMG_1001
初めて行ってめっちゃ気に入った圓記
◎関連エントリ:もっと早く来れば良かった「圓記(ユンキー)」・前編 そしてその後編
まだまだ未食のものが一杯あったので、今度は姉・兄と一緒に行ってきました。
 

圓記
まず初めは僕がここで既に食べたことがあるもので、海老餃子(600円)・海老入り香港焼売(600円)・「もち豚のスペアリブ豆豉蒸し」(1200円)。これらについては上記関連エントリをご覧下さい。
 

以降は前回食べられなかったものばかりガンガンイってみました。

IMG_0971
まずは前回メニューを見落としていた、一日限定10食・香港式皮付きパリパリチャーシュー(1500円)。注文した時にもう売り切れって言われたらどうしようかと心配してたんですが、あって良かった〜
こんがり焼き色のついた皮の下に赤身と脂身が層をなしており、見惚れてしまうほどの魅惑的なルックス。サイコロ状のチャーシューを噛んでみると、まずはパリッとサクッとクリスピーな皮の食感と香ばしさ、続いて脂の旨味がやって来て、後を追って良質の豚肉のいい香りとドーンとした食感、噛むほどに次々と旨味がやって来ます。できることなら、いつまでも噛み続けていたい〜
僕が皮付きチャーシューを好きなもんで、かなりしつこい表現ですが、ほんとにこれはうまかった。個人的にはこれだけ食べに来てもいいと思えるくらい、むっちゃ良かったです。
 

IMG_0980
といってもまだ始まったばかり。どんどん行きますよーでチャーシュー饅頭(480円)は、甘めのチャーシュー入りお馴染みの一品。これは2個でしたが、頼めば個数は増やしてもらえます。

IMG_0978
特に期待せずに注文した春巻き(600円)は、フツーに見えるのになんか知らんが皮も中身もええやん。

IMG_0985
こちらはキノコ入り海老の餅餃子(600円)。なんで餅って字が入るのかよくわからなかったけど、こちらの店としては標準的なレベルのおいしさ。(ほめてるんです)

IMG_0988
威水角=ハムスイコー=香港式ピロシキ(600円)は、中身もだけどそれを包んでいるお餅がカリッともちっとしてて、いい意味で大きく予想を裏切られました。

IMG_0991
湯気でピンボケの写真でスミマセン、こちらは蓮の葉で包んだちまき(700円)。注文してから蒸すので20分ほどかかって出てきました。蓮の葉のいい香りが移った薄味糯米ご飯が極上、豪華ではないけど素朴においしい。元々台湾ちまき(バーツァン)とかも好きなこともあるけど、今回食べた中では先のチャーシューに並ぶお気に入りでした。

IMG_0994
デザートその1・蓮の実餡入り胡麻団子(600円)は、揚げたてアツアツ・胡麻香ばしく・カリッと甘い。

IMG_0997
デザートその2・マンゴープリンタピオカ入りマンゴーミルク掛け(750円)。前回食べたマンゴープリンに比べて何でもありって感じで、見た目も食感もゴージャスでリッチ。プルンとしたプリンにタピオカプリっと感がプラスされて、楽しさおいしさ倍増でした。

神戸で飲茶の店は何軒か行ったけれど、今のところ個人的にここはトップクラスです。といいつつ何軒か未訪の飲茶課題店があるので、近々そっちも行ってみなければ。
 

「春吉」であれやこれや(神戸・新開地)

IMG_1107

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

この日も妻と湊川に映画を観に行った後、そうやここがあったと、以前ちょい飲み手帖で行った「春吉」に。
 

IMG_1105
当然ビール飲んで、まずは豚玉(600円)。ここの生地はやや柔らかめで、初めて来た妻は店も入りやすい雰囲気だったこともあり、気に入ったようです。
 

IMG_1103
続いてすじモダン(1000円)に油かすを追加(250円)。ちょっと値は張ったけど、かりかりの油かすが旨味とカリカリ食感をプラスしてくれて、この組み合わせは大正解でした。モダン焼って地域や店によって色んなタイプがありますが、神戸だとフツーにソースで味付けした焼そばを、クレープ状に焼いたコナでサンドイッチ状にするタイプが主流だと思います。今にして思えば、ここのは上面の皮?が薄いのか、そもそもないように見えますね。
 

IMG_1111
仕上げはタコの焼そば(800円)、大振りのタコがゴロゴロ。神戸ではお好み焼屋のネタでタコは定番なんだけど、大阪であんまり見かけないのは不思議やなあといつも思います。

妻とお好み焼屋に行くと、たいがい上記3つの注文に自然になってしまいます。これが何十年の年月の末たどり着いた最適解なんでしょうねえ。
 

家族そろってペルドマーニでディナー(神戸・北野)

R0001602
GWのこと。家族そろってディナーへ行くことになり、ここんとこ中華が続いていたので久しぶりにペルドマーニを提案したところ、全員大歓迎。

R0001609
北野に移転する前、大開駅の近くにあった時は家族でちょくちょく行ってたんだけど、妻と僕は北野に移転してから二度目、娘達なんかなんとこれが初めて。気にはなってるんだけど、離れてしまうとついついご無沙汰になってしまいます。

R0001626
娘達が小学生の頃から知ってるシェフは「大きなりましたねえ〜」と言ってたけど、シェフんとこの娘さんも大きくなってるやんw ま、お互いみな元気そうでなにより。
 

R0001612

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

この日のメニュー。癖のあるフォントみたいな筆跡は相変わらず。この字みたらペルドマに来たなあって思います。
 

R0001613
飲み物は泡をボトルで頼んで、まずはオードブルの盛り合わせ。田舎風オムレツ・ワカサギのエスカベッシュ・ブリ白子燻製サラダ・じゃがいもとゴルゴンゾーラのオーブン焼・蒸し鶏バルサミコ・川津海老マリネ・レバーのパテ(だったと思う)、相変わらずどれも手間暇かかってます。以前からの定番だと記憶している田舎風オムレツやら、手前の蓮根を使った一品(蒸し鶏バルサミコ?)が特に記憶に残っています。(メニュー説明はiPhoneで録音しとくのがいいかもですなあ)
 

R0001620
この日の明石直送の魚はウマヅラ・ヒラメ・オコゼ・アブラメなどで、どれにしようかと思っていたらシェフがバットに入れて見せに来てくれました。写真撮りかけたら、見栄えがいいようにとわざとらしくブロッコリーが加えられていますw

R0001623
で、出来上がったのがこちら舌平目の貝柱ムース巻。黒くて個性の強いお皿にも負けない迫力あるルックスです。

R0001625
断面はこんなの。話弾んでたし細かいことはあんまり覚えてないんだけど、とにかくおいしかったのには間違いないです。
 

R0001629
そして、個人的にこの日もっともインパクトがあった料理である、ピチというかなり太めなパスタのイカスミバージョンを、丹波イノシシのラグーソースで和えたもの。力強いラグーソースと味濃いイカスミ(ノーマルも選べた)パスタが、バランスを崩すことなくがっぷり四つって感じで、ヘヴィ級の味わいでした。この凝り方、ペルドマさんらしくて好き。
 

R0001636
肉々しかったパスタに続き、黒毛和牛イチボのロース 洋わさびのソース。焼けた牛肉の良い香り、噛みしめるほどに出てくる赤身の旨味はむしろさっぱりした感じ。シンプルにまとめてはります。
 

R0001640
締めくくりのデザートは、イチゴのミルフィーユ・オペラ・洋梨とカラメルのシブースト・ティラミスを選択。ここはデザートまで手が込んでておいしいんですよ〜

記憶があいまいなので、もしシェフがこれ見たら間違いを指摘されまくられるかも知れんなあ。まあそれはともかく、相変わらずの凝り凝り料理を家族みんなで久しぶりに楽しめたのが何より。何年ぶりかで来ても「よう一人でここまでするわ」と思わざるを得ません。ひねっても破綻することなく、どれもこれも計算通りきっちりバランスが取れてるのはさすが。やっぱりいいなあペルドマーニは。近くにあったらとか今さら言わず、もっと通わねば。
 

駆け足で「丸萬」(神戸・湊川)

IMG_0910
この日は妻とパルシネマしんこうえんで二本立て映画を観に行ってました。見終わったあとお腹が空いていたので、ほぼ真向かいの丸萬へ行くことに。調べてみたら3年ぶりって、そんなに行ってなかったっけなあ。
 

IMG_0912
お店に入ったのが20時半頃で、「21時前でオーダーストップですけどいいですか」とお店の人に言われたけれど、もちろん承諾。食べたいものどんどんイっとかねばということで、まずはビール(大瓶580円)とポテサラ(300円)頼んで続いて若竹煮(500円)。今シーズンは割りと色んなところで若竹煮にありついているような気がします。
 

IMG_0914
お造りはまったりした旨味の鯛昆布じめ(800円)。白身の昆布じめって好きなんです。
 

IMG_0915
いかにも僕が注文しそうだけど、妻リクエストのチキンカツ(500円)。これ正解。ここは焼鳥も各種やってるので、チキンカツも安くておいしいんです。
 

IMG_0917
そして〆のご飯もの穴子箱寿司(500円)は、もちろん注文してから作ってくれます。ここんとこしばらくちゃんとした穴子箱寿司食べたかったので、嬉しかった〜

以上、在店時間30分弱の駆け足でしたが、満足度高し。とはいえ今度はゆっくりしたいです。