「寿司」カテゴリーアーカイブ

くら寿司でアレを

2017-11-13 15.00.57
軽く昼ご飯を食べたあとふらふら散歩してたら喉が乾いてきたので、ちょい飲み出来るところを探していたらくら寿司に遭遇。ちょうどいいわと入ってメニューを眺めていたら、まだ食べたことがなかった「シャリカレーパン」に目がいってしまいました。寿司屋に入っていきなりというのはナニかなと思ったものの、寿司屋じゃないと思えばまあいいやと言うことで。

2017-11-13 15.01.50
シャリカレーってくらいなんで、ご飯も入ってるんですね。無造作に食べたらそうとは気づかないくらいちゃんとカレーパンしてました。でもわざわざ寿司屋でこれ注文する人ってどれくらいいるんかなあ。
 
2017-11-13 15.11.44
順番がおかしいとのご意見もございましょうが、揚げ物繋がりでエビ天を。揚げたてで100円なんだからビールのアテとして充分リーズナブル。
 
2017-11-13 15.23.52
エビ天まででお勘定しようとも思ったんですが、お寿司を食べないのもなあという気がしたもんで、時間をさかのぼるかのように僕的回転寿司での定番・マグロユッケで〆。

生ビールは税込みで500円、シャリカレーパンは150円、その他は100円(税別)なので、合計で878円。ちょっと喉をうるおすには手軽でちょうどいい選択でした。(でもやっぱり順番逆やろ〜)
 
 


今年も人間ドック明けに「豆乃畑」(新神戸オリエンタルアベニュー)

2017-09-21 11.45.44
去年はエントリしませんでしたが、人間ドックに付いてたクーポンで3年連続、新神戸オリエンタルアベニュー内の「豆乃畑新神戸店」に行ってきました。

2017-09-21 11.49.06
詳細はおととしのエントリをご参照いただくとして、こちらは豆を原料とした料理を初めとするヘルシー指向のバイキングレストラン。新神戸以外にも各地に支店があり、曜日・時間帯・年齢によって値段が変わってきます。

2017-09-21 12.08.56
豆腐料理だけでも各種ある上に、ひじきとか切り干し大根とか、お惣菜っぽいものが多いんです。

2017-09-21 12.04.55
主菜は野菜天ぷら・麻婆豆腐・唐揚げ・回鍋肉などのほか、季節メニューもあり。

2017-09-21 12.07.50
デンプン系は、うどん・ちらし寿司の他、焼きそばやカレーなど

2017-09-21 12.04.44
果物・生野菜・デザートも種類豊富で、至れり尽くせり。唯一、意識的にでしょうが肉類の影が薄いです。

2017-09-21 11.57.15
この日の第一ラウンドは、てんこ盛りの野菜サラダに、豆腐・わかめ・ネギたっぷりの味噌汁、各種豆腐とお惣菜色々。

2017-09-21 12.10.50
第二ラウンドは、鶏唐揚げ・野菜天ぷら・こんにゃくステーキ・秋刀魚の南蛮漬けに、ちらし寿司。心なしか味が濃いめに感じましたが、総じておいしくいただきました。仕上げにソフトクリームとコーヒーをいただいて完了、お腹パンパン。

ランチの大人料金は1505円(税別・ドリンクバー含む)なのでファミレスランチよりは高めですが、がっつりイったら充分元が取れると思います。でもそれだったらヘルシー志向の意味がないかなあ。


1泊2日で祇園祭(1)〜宵山の昼食は「いづう」で

DSCF6965
ちょうど1年前、何かの拍子に「来年の祇園祭(前祭)は宵々山・宵山・山鉾巡行が土日祝やん!」と気づきました。僕はかなり前に宵山に行ったことがあるけれど、妻は未経験。週末なら都合がつきそうだし、どうせなら泊まりがけでと思って検索してみたら、2人で1泊1万円の宿が見つかったので取り急ぎ予約。仕事の都合も何とかついて、1年越しの計画が実現しました。

DSCF6967-2
7月16日日曜日・宵山の日のお昼頃、四条河原町に到着。烏丸方向にかけて混雑しているのはわかっていたので、とりあえず祇園方向に逃げました。見慣れた街並みもあちこち祇園祭モードで、特別な日の空気感がありあり。

DSCF7021-2
それでなくても京都の夏は暑い・日曜に加えてお祭りだから人だらけ・いつ凄まじい豪雨がやって来るかわからない、なんてことは覚悟の上。それでもやっぱりあづい〜・人多い〜・どこで昼ご飯食べられるんやろ〜

DSCF6970
人混みを避けようととりあえず四条通から北方向へ逃げたら、お、「いづう」があるじゃないですか。創業以来200数十年、言わずと知れた鯖姿寿司が名物の超老舗。僕は何度か行ったことがあるけど久しぶり、妻は初めてってことで、とりあえずトライとガラリ戸を開けてみました。

DSCF6979
幸い先客は2組ほどで、入り口で待たせてもらうことにしました。超有名なのにそんなに混んでないなあと思いきや、このあと続々とお客さんがやって来て待つなら外でだったので、あきらめる方々多数。たまたまタイミング良くてラッキーでした。

DSCF6972

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

メニューは鯖姿寿司以外に、季節ものも含めて色々。ランチにしては贅沢な気もしますが、それなりの寿司屋で食べることを思えば、トータルでみて充分価値ある内容だと思います。

DSCF6984
お店はそれ程広くなく、席数も少なめ。でも、相席をさせず一人客でもゆったりと味わえるところが老舗の余裕というか気遣い。外は暑くて騒がしくても、ここはほっと心静まる空間です。

2017-07-16 13.18.47
席について程なく現れた、京寿司盛り合わせの姿が美しい。玉子と海老・鱧の焼き身・小鯛の箱寿司は、工芸品のように巧みで端正、器もそれに負けじと華やぎがあります。

2017-07-16 13.19.01
反対側には太巻きと鯖姿寿司。ぱっと見ではそれ程ボリュームはありませんが、食べてみればそれぞれの凝りよう・深さ・絶妙な味のバランスが感じられて、この一皿で充分完結しています。めっちゃ久しぶりだけど、こんなに旨かったのかなあ、特に酢飯がめちゃうま。

DSCF6996
暑かったのでビールが欲しかったんだけど、置いてないのでお茶だけにするつもりでした。でも余りの旨さに、これはお酒なしはもったいないと冷酒をオーダー。酢飯だけでも充分アテになります。

2017-07-16 13.19.08
続いては、まるで箱庭のような京ちらし寿司。錦糸玉子の上に散りばめられた、海老・鯛・いか・きくらげ・木の芽の色合いが美しい。

2017-07-16 13.19.56
基本となる酢飯が美味しいので何食べても美味しいんだけど、驚いたのは錦糸玉子の細さ。単に見た目だけではなく、口に入れた時の綿のようなふんわり感が、ネタや酢飯に独特の食感をプラスしてくれます。ううむ、なんちゅうか、よく考えられているというか巧妙というか、さすが京都は深い。

DSCF7001
超有名店ゆえあまりにベタな選択かなあと思いつつの入店でしたが、久しぶりに食べてみてこんなにもおいしかったのかと、恥ずかしながら再認識。ベタでもなんでもいい、また来たいと強く思いました。一皿一皿にどれだけのものが詰まっていることか、あな恐ろしや。(そりゃそうどす、うわべだけでは200年以上は続きまへんえ〜)

{お店データ}
住所:京都市東山区八坂新地清本町367
電話:075-561-0751
営業時間:[月〜土]11時~23時 [日・祝]~22時
定休日:火曜 (祝日を除く)


ちらし寿司が食べたくて「一心」(神戸・新開地)

2017-07-06 12.44.55
僕の頭の中には常に「食べたい物リスト」があって、食べるまでクリアされずどんどん貯まっていきます。その中の一つ・ちらし寿司という課題をやっつけるため、2年ちょい振りに新開地の「一心」にやってきました。デパートの持ち帰りとかでは食べてるかも知れないけど、ちゃんとした寿司屋でのちらし寿司はその時以来かも知れません。

2017-07-06 12.46.24-2

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

見覚えのあるメニューは、2年前と同じで価格据え置きとはありがたや。お昼時はお寿司に赤だしが付くサービスも変わらず。これ以外にも店内の黒板には色々なネタ・アテが書かれており、昼間でも飲んでる方が多数見受けられました。まあ事情さえ許せば飲みたくなって当然ですわな。

2017-07-06 13.06.32
ここの上ちらしも食べたことがあるけど、ノーマルちらしでもご覧の通り充分な内容。質のいいネタがあれこれいっぱい載っかっているので、作るのに手間がかかるでしょうから、注文するならピーク時をずらした方がいいかもしれません。
出来上がるまではお茶をいただき、食べ始めたら芋焼酎ロックを注文。このちらしならご飯ものでも充分アテになります。これで1000円はリーズナブルですなあ。

2017-07-06 13.26.19
一杯目の芋ロックが空になってもう少し飲みたかったのでお替わり、アテに鰯のきずしをお願いしました。ごく軽い〆加減の柔らかな身を、生姜醤油で。糖質制限のため控えているので、日本酒を我慢したのがちょっと残念でした。

おかげさまで課題を一つクリアし、梅雨の合間の晴れの休日をのんびりと過ごすことができました。今度はお寿司をいただきに来たいものです。


京都でハシゴ・その1〜もみじ(四条木屋町)

20170510京都もみじ
ご無沙汰している同級生に会いがてら、京都で昼間っからハシゴしてきました。いつもと同じ店ばかりでは面白くないので事前に調べた結果、ヒットしたのが「もみじ」。12時開店・四条木屋町北側すぐと便利な立地・リーズナブルでメニュー豊富。なんぼ立ち飲みでもこんなにいい場所でなんでこんな価格でやっていけるのかと半信半疑でしたが、ネット上の感想も良さげだったので、ここからスタートしてみることにしました。

20170510京都もみじ
入店したのは13時半ごろ、さすがに平日の真っ昼間なので先客パラパラ。ぱっと見では特に魚介類が充実してそうな様子です。

20170510京都もみじ

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

20170510京都もみじ
スタンダードなアテにもちょっとひねりが加えられていて、これはどんなんだろうと興味が沸いてきます。

20170510京都もみじ
まずは春キャベツとほうれん草の白和え(180円)、胡麻がきいてて野菜たっぷり、リーズナブルでおいしい。白和えとか卯の花とか好きなんです。

20170510京都もみじ
腹減りモードの友人は、アテよりメシ。まずは海鮮太巻(ハーフ600円?)をがっついておりました。

20170510京都もみじ
アテモードの僕は、加茂茄子揚げだし(230円)を。特にひねりは無いけれど、手がかかっていていいですなあ。

20170510京都もみじ
続いてもずくとじゅんさいの酢の物(260円)。海のものと沼のものとの組み合わせ、どちらもつるっとしててこれも好物。いいですわ、この店。

20170510京都もみじ
まだ食べ足りない友人は、手巻き寿司3種をオーダー。巻き寿司は一本120円〜200円・種類豊富で、この日の19時からは1000円で2時間手巻き寿司巻放題イベントが予定されていました。

20170510京都もみじ
写真を撮ってなかった串もの・揚げ物・一品メニューから、友人オーダーの焼鳥6種。一本120円〜150円でボリュームあり。

20170510京都もみじ
ポテサラ(280円)もぬかりなし。ややクリーミータイプでした。

20170510京都もみじ
相変わらず友人はメニューを指差し「ここからここまで」と焼きとん5種。こちらも一本150円ほどでボリュームありました。(しかし良く喰う奴だ)

おいしい・安い・立地がいい・メニュー豊富・昼から夜まで通し営業。これで流行らないわけがありません。評判通りのいいお店、京都での定番が一軒増えました。

{お店データ}
住所:京都市中京区鍋屋町225
電話:075-241-6256
営業時間:12時~23時
定休日:不定休

◎2軒目
2017-05-10 15.18.57
それなりに食べて飲んで満足したので周囲を散策、ここまで立ちっぱなしだったので一休みということで、おっさん2人鍵善良房くずきり。2人とも甘辛両刀だからこその選択です。さすが平日でもよう流行ってはるにもかかわらず、急かされてる感がなくゆったり談笑できるのがさすが老舗。くずきりちゅるん、黒蜜まったりでおいしいよ。