一泊二日名古屋の旅(3)3軒目はディープに「どて焼き五條」

20161007名古屋
大須からスタートして伏見へ北上、そこからさらに徒歩で北上して桜通りを越え、ちょっと西に曲がったところが三軒目の「どて焼き五條」。後で地図を見てみたら名古屋駅からそう遠くはない位置なのに、僕的にはこれまで一度も来たことがないゾーンでした。大通りから外れたシブい外観で、店から漏れている明かりが呑兵衛を引き寄せているかのよう。

20161007名古屋
店内は調理場を挟んでカウンターが二列、それぞれの列には別々の引き戸から入ります。僕らがお店に入ったのが18時半ごろで、ぎりぎりセーフ。カウンター内は料理がご主人、サービスがおかみさんともう一人女性。こちらのおかみさんはコワいとの説もあり、まあ確かに少しそういう部分もありましたがそれもまた一興w

20161007名古屋
まずはサービス品のとん焼き・きも焼き(各80円)、串かつ(80円)・ねぎまかつ(110円)となんやら、キュウリの昆布漬け(250円)、つくね(150円)。お店の雰囲気同様に価格も昭和、どれも安くておいしい。

20161007名古屋
なんこつなんぞもいただきながら周囲をあちこちと観察。僕が座っていた位置はカウンターの一番端っこで、斜め前すぐのところで愛想のいい大将が忙しそうに料理されていました。

20161007名古屋
席に着いたときから気になっていたのが、僕の真横にあったこの鍋。洋食屋さんのデミグラスソースを連想させる、赤黒い出汁というかタレというかのこの味噌おでん、こんな色のは見たことがありません。

20161007名古屋
味噌系初めは玉子。色だけみたらどんだけ濃い味やねんって思ってましたが、見た目ほどではなく、少し苦みがある八丁味噌風味のいいお味。酒のアテにも良かったですが、これをご飯の上に載っけてタレを混ぜて潰して食べたらさぞやおいしいだろうなあ。

20161007名古屋
串カツも味噌味で頼んでみました。揚げたてをおでん鍋にドブンとつけて、ソース味もいいですが味噌味もいいですねえ。味噌だらけで飽きるかと思いきや、全然飽きなかったです。

20161007名古屋
初めの頃におでんの豆腐をオーダーしたら、おかみさんが「ないよ!」って言ってたんですが、しばらくして他のお客さんのオーダーが通っていたので追加分が仕上がったんだろうということで相乗り。やっぱりこういうあっさりしたものと、深くて濃い味噌味って合いますねえ。

焼き物揚げ物味噌おでん、どれも安くておいしかったです。ここまで濃い味噌おでんは関西ではなかなかお目にかかれないだろうから、わざわざ名古屋までやってきた甲斐があったなあと思いました。

{お店データ}
住所:名古屋市西区那古野1-37-28
電話:052-565-0739
営業時間:17時~22時
定休日:日・祝

【オマケ】
20161007名古屋
五條のおかみさんのお兄さんがやってらっしゃるらしい「五條名驛」もあるよと、だいこんさんが案内してくれました。こっちのほうが名古屋駅から近く、何軒か面白そうな店が並んでいたのでいつかまた来てみたいです。
(しかし、ほんまにだいこんさんはよう知ってるなあ)

【ちなみに】
3軒行ったけどなんかもの足らなくて、この後名古屋駅裏でテキトーに2軒行きました…

20161007名古屋
20161007名古屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です