三宮一貫楼でスゴいのに遭遇(神戸・三宮)

20160924三宮一貫楼

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

先日妻と三宮で映画を見た後、久しぶりに三宮一貫楼に行きたいというリクエストにお応えしました。豚まんの持ち帰りはしょっちゅうだけど、そういや店で食べるのって久しぶりなような気もします。食べたい物色々あるけどどれにしよっかなあ。

20160924三宮一貫楼
まず初めは、ほぼ迷わずにオーダーした揚げワンタン。野菜あんかけ(720円)と甘酢あん添え(600円)の2種ある中、この日は後者。バリバリした食感と紅生姜がアクセントになった甘酢がビールに合うんですよね。

…、で、2品目は何にするか注文時にけっこう迷いました。焼めし・豚肉入り玉子めし・エビ入り玉子めし・肉めし・焼そば・揚げそばの6種のうちから2種選べるハーフ&ハーフもいいし、久しぶりに酢豚食べてみたいような気もしたし、〆にはやっぱり豚まん食べたいような気もしてたし。
どうしようかなあと思っていたら、レギュラーメニューに載ってない別メニューの「ピリ辛プレート」(1200円)ってのを妻が見つけてきて、「色々盛り合わせてあるしこれでええんちゃう?」ってことで食べたことないし即決定。
そして、揚げワンタン食べてる途中で運ばれてきたそれは…

20160924三宮一貫楼
第一印象は、「で、でかいっ!」。揚げワンタンと写真の大きさは同じでも、スケール的にはこっちのほうが1.5倍くらい。直径30cmほどもあるこんな大皿で出てくるとは思いもよりませんでした。
ピリ辛プレートってネーミングながら、辛いのは手前の「よだれ鶏」だけってのはご愛敬ですが、そんなのはどうでもよろし。そこから反時計回りに、海老マヨネーズ(ちゃんとした?大きさ)・青菜炒め・鶏唐揚げ/焼豚(いずれも1ピースずつながらたっぷりサイズ)・ポテサラ&トマトで、中央の目玉焼きの下には白ご飯と超充実。(※内容はその時々で変わるそうです)
もともと大衆中華なお店ですが、それにしてもこの内容で1200円はちょっとおかしくないかいと思ってしまうような豪華さ、かつこれを僕一人で食べるのは相当しんどいであろうボリューム。もちろん一貫楼、どの料理もはずすことなく妻と一緒においしく完食しましたが、オーダー2品だけに留めといて良かった〜

このボリュームとお得感は写真ではなかなか伝わりません。是非お店で注文して確かめて下さい。超オススメ!


「三宮一貫楼でスゴいのに遭遇(神戸・三宮)」への2件のフィードバック

  1. この夏に2度食べました>ピリ辛プレート
    1度目はビールに春巻きと豚まん1個の後に頼んで、大きさにびっくり。結局ご飯は1/3ほど残してしまいました。
    2度目はこれまたビール、春巻きと一緒にたのんで、ご飯少なめって行ったのですが通常と変わらずご飯少し残してしまいました。
    しかし、このいろいろと種類があってこのお値段はお得です。

    1. こ〜らさん>
      すごいですね、豚まんの後にこれですか!
      僕のはけっこうご飯は少なめに思いましたが、それにしてもボリュームたっぷりですごくお得ですよねえ、これ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.