ついつい来てしまう高田屋京店(神戸・新開地)

20160704高田屋京店

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

またこの店かと思われても仕方がありません。でも根本的に好きだし、安くておいしくて品数豊富で、昼から夜まで通し営業だし一人でもグループでもオッケーだし。ワンパターンはいかんなと思いつつ、某平日の昼過ぎにまたまた行ってしまいました。

20160704高田屋京店
上の写真は高田屋京店のメニュー表紙。おでん鍋の前におかみさんと今はなきご主人のお2人が並んだ、ほのぼのあったかいタッチで描かれたいいイラストです。どなたが描かれたんですかねえ、ひょっとして常連さんですかねえ。

20160704高田屋京店
ここんとこ糖質に気を使っているので、ビールと日本酒は出来るだけ控えています。よってハイボール(350円)を選択、アテはここしばらくご無沙汰だったきずし(350円)。漬かり加減が浅めのがあればと思ったんだけど、しっかり目しかありませんでした。まっ、いいか。

20160704高田屋京店
ノーマルの唐揚げにしようかと思いつつ、なんとなく手羽先唐揚げ(250円)。ビールが欲しくなってもハイボールでガマンするのだ。

20160704高田屋京店
毎回おでんは最低どれか一つ食べたくなります。ここのロールキャベツ(でっかい!250円)はノーマルではケチャップ系のタレがかかってくるのですが。今回はタレなしでシンプルにイってみました。サイズがデカいので、野菜の煮物的な感じでキャベツをたくさん採れるのもいい。

20160704高田屋京店
〆は、ここんとこお気に入りのおでんそば(150円)にすじ(220円)を追加。飲んだ後、〆にちょっと汁ッ気が欲しい・ラーメン食べたいって欲求に応えてくれる、酒飲みの要望から生まれた絶妙メニュー。他のお客さん2,3組も注文してはりました。

ハイボールお替わりして全部で2000円ちょっと、満足度高し。一人昼酒もいいけれど、今度はグループで来てみたいなあ。


「ついつい来てしまう高田屋京店(神戸・新開地)」への2件のフィードバック

  1. 私はハイボールに飽きたので、最近は最初から芋焼酎のロックです。
    20度以上のアルコールは胃で吸収されないので、ゆっくり酔うそうですよ。
    私が居酒屋をするなら、絶対に糖質0亜ビールを置くのにな~。

    1. おがちゃん>
      まだハイボールが飽きるところまでいってないので、後半は焼酎ロックに切り替えてます。
      「居酒屋おがちゃん」、はよオープンしてください!w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.