第一樓でコースランチ(神戸・花時計西)

20160522第一楼
身内の法事があり、故人にちなんだ店を選んで欲しいということで、ごくたまに行ってた第一楼のことが思い浮かびました。でもここって高級店でけっこうな値段するし、ランチとはいえ日曜なので予算的に厳しいかなあと思いつつ、サイト見たら「ご要望等に合わせさせて頂けますのでぜひお問合せ下さい」と書いてあったので相談したら、税サ込1人5000円でやってもらうことになりました。

単価安めなので13時に予約。店に着いたらさすがのエントランス、その後3階の個室に案内されました。

20160522第一楼

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

席についてまもなく、前菜盛り合わせがドドーンと登場。中央に海老ポテトサラダ、その周囲にはトマト・ピータン・蒸し鶏・魚の天ぷら・カニ身生姜和え・クラゲの酢の物・酢豚・冷製海鮮の和え物、パセリの下にあるのは燻製玉子でしたかね。総勢7名が一卓で収まったため、前菜も一皿に全部盛り。盛り合わせ密度が高いのでけっこう見栄えがします。

20160522第一楼
子供の頃はピータンが食べられず、クラゲも味がしないしなんであんなもん食べるんやろう思ってました。でも今やどっちも大好き。中華料理のコースでは、今やむしろこの前菜が一番の楽しみになっています。
それぞれ前菜の王道メニューであっても、先入観を抜きにして、どれもさすが第一楼と思わせるおいしさ。個人的には、特に蒸し鶏・酢豚・海鮮和え物が良かったです。

20160522第一楼
続いて大きなボウルで海老入りフカヒレ上湯スープが運ばれてきて、各自にサーブされます。スムースなフカヒレ、そして上湯の品の良さが印象的。フカヒレスープがおいしいと思ったの、久しぶりやったなあ。

20160522第一楼
続いて大海老のケチャップソース炒めは、甘すぎることなく海老がブリッ、サイズ的にもリッチな大きさでした。

20160522第一楼
揚げ物は、春巻きと鶏唐揚げ。春巻きは玉子っぽい皮の風味が良く、中身は干し海老がいいアクセントになっています。特に皮がうまい。

20160522第一楼
季節の海鮮炒めは、イカ・海老・ブロッコリー・フクロタケ(だと思う)、品の良い上湯ベースであっさりしゃっきり。

20160522第一楼
デザートはポテトの飴炊き。関東の方は「え〜、中華のデザートに大学芋食べるの〜?!」って驚かれる方もいるようですが、少なくとも神戸・大阪では当たり前。大学芋とは少し違って、表面がバリッとしてるんですよ。
 *参考サイト:つれづれなるままの独り言…:「大学芋VS中華ポテト」 あれこれ~☆
芋類が苦手なうちの兄がこのポテトを何故か気に入ったらしく、他の人の分まで食べてました。これまでのポテトと何が違ってたんでしょうねえ。

通常コースより安めにしてもらったのでどうかなあと心配してたんですが、結果的には全然問題ありませんでした。帰ってから調べてみたら、品数が少なくなってるだけで料理はそのままの感じ。参加者にも大好評で、さすがは老舗、選んで良かったです。
僕自身はここで食べるのは数十年ぶり(前回いつだか憶えてない)なので、以前がどうだったのか憶えてるはずもないのですが、とにかくオーソドックスな宴会中華でこんなにおいしいと思ったのはいつ以来だろ、ってくらいでした。月並みな表現ながら、品がいいというか質が高いというかきっちりしてるというか。もっと上のコースも食べてみたい、でもなかなか難しい、それならアラカルトもあるからせめて前菜だけでも、なんてことをこのエントリ書きながらモヤモヤ考えています。あー、また食べてみたいなあ。

{お店データ}
住所:神戸市中央区江戸町94
電話:078-331-0031
営業時間:平日/11半~15時、17時~21時 土日祝/11時半~21時
定休日:12月30日、1月1,2日(12/31はおせち料理のみ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.