「後編」タグアーカイブ

第7回アホほどカキを食べる宴会(後編)

R0003654

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

前編」に続いての後編は、牡蠣料理のご紹介。
まず何はともあれ生牡蠣。色々な食べ方ができるようえて吉さんがレモン・ケチャップ・塩などを用意してくれていましたが、僕はそのままとお気に入りの食べ方・ボウモアのちょいがけで。生牡蠣の殻を開けるのって結構好きなので、自分の以外にも5、6個は開けましたよ。(と、ちょっとはやってるアピール)
 

R0003665
こちらはえて吉さん作・牡蠣と春雨のオイスターソース炒め。牡蠣とオイスターソースのスープをたっぷり吸った春雨と、パクチーがよく合ってます。
 

R0003678
続いて、一昨年に続き2回目参加・佳景の女将さん作「神戸の製麺所・同興楼の中華蒸し麺を使った牡蠣とネギの焼そば」。ここの麺、イカリスーパーなんかでも扱ってますが。基本的にプロ用で麵自体がすごくうまいんですよ。なので、手をかけ過ぎることなくシンプルが一番。牡蠣とネギは当然相性良く、うまかったなあ。
 

牡蠣宴会5jpg
こばやしさん作「別館牡丹園風牡蠣のお好み焼」は毎年恒例。何度食べてもおいしいので、これからもずっとこの会で作り続けていただきたいですw
 

牡蠣宴会6
去年初めて作っておいしかった牡蠣の春巻きを、今年も*あきこ*さんと僕で2種作りました。上は牡蠣・セロリ・だいこんさん作ベーコンの具、下は牡蠣・大葉・チーズ。中身を色々アレンジできるし、ヒョイっとつまめるのでアテにもなるしおかずにもなるし、なかなかいいですよ。
 

牡蠣宴会7
大事な用事と重なって欠席のはずだったmyblackmamaさんが、用事が済んだら参加したくてたまらず、わざわざ着替えの服を買ってまで遅れて参入してくれました。強いこだわりを持っておられる牡蠣フライは、当然ウマウマ。
 

牡蠣料理は以上全6種。めっちゃ量があったはずだったのに、こんだけやったかなあと思ってしまうのは、それぞれに贅沢に使ってるからでしょうか。通算8時間ほどえて吉さん宅にいたので、途中で夕寝してしまいましたw 今年の新作になるはずだった「牡蠣のフィデウア」は来年に持ち越し。惰性でやり続けるのは良くないので、楽しんで、なおかつ積極的にやれる限りは毎年続けて行きたいなと思っています。
 

外さない店「ペルドマーニ」でイタリアン堪能宴会/後編(神戸・北野)

⭐️このエントリは「外さない店「ペルドマーニ」でイタリアン堪能宴会/前編(神戸・北野)」の続きです。
 

R0002368

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

ここにきて、やっとこさこの日のメニューのご紹介。魚料理はメニューがなくシェフとの相談、前菜は盛り合わせ以外にも色々あります。前編で出てきたカルパッチョのサラダは前菜として記載されていますね。基本的に肉料理やパスタはここから選ぶことになりますが、可能な限りアレンジもしてくれます。さてどないしよか。
 

R0002391
続いての料理を選んで赤ワインの検討。ご存知の通り僕はワインは全然わからんので、myblackmamaさんご夫妻にほぼおまかせです。
 

R0002395
写真ピンボケですんませんが、選ばれたのはアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ・カピテル・デ・ロアリ前回来た時にもこれを飲んでたってことはちゃんと覚えてませんでした(^◇^;) (すんごくおいしかったことは覚えてたんだけどなあ)
 ◎参考サイト:イタリア最高級ワイン 「アマローネ」とは?/メディアロケット
 

R0002393
パスタが食べたいということで、次なる料理は「リングイネ 活けワタリガニのトマトソース」。料理名そのまんま、それがすごくおいしいのは、ベースのリングイネとトマトソースがしっかりしているからでしょう。なんだかんだやらなくても「これでどやねん!」みたいな潔さを感じました。これ、個人的にはこの日の一番。
 

R0002403
赤ワイン2本目は、ロッカ・グイッチャルダ・キャンティクラシコ・リゼルヴァ・バローネ・リカーゾリ。到底名前は覚えられないし、噛まずに読める自信もなしw
 

R0002398
続いては、前回僕が食べてたのを見て美味しそうだったのでとリクエストがあった「栗とゴルゴンゾーラのリゾット」に、今回は丹波黒枝豆(だったと思う)入り。濃厚で・深く・アテになり、旬を感じさせてくれるリゾット。
 

R0002401
料理のトリは、「ポルチーヌ茸とモッツアレラチーズを詰めた仔牛のロースト」。うーん、やっぱり凝り性やなあ、なんかじわっとうまいなあ。
 

R0002386
ここまでで大満足の満腹だったけれど、甘いものもOKなメンバーはドルチェタイムに突入。さて何にしましょうかねえ。(これも全部シェフが作ってます)

ペルドマドルチェ
(左上)紅はるかとモカのシブースト(右上)ティラミス(左下)柿のパンナコッタ/巨峰のスパークリングワインゼリー/ココアのビスキュイとガナッシュのケーキ(右下)柿/シブースト/洋梨のタルト。

写真と文章でこの日の充実度がどれくらい伝わるかわかりませんが、食べたいものを食べ・飲みたいものを飲み(入るものならまだ食べたかったけれど)、この内容で一人当たりの会費は約8500円。一度の食事代としてはけっこうな金額かもしれません。でも飲み食いした内容からすればめっちゃリーズナブル。初めて行くなら、まずはランチに行ってみてください。ペルドマーニの魅力がきっと分かっていただけるはずです。
マダム&シェフ、美味しい料理とワインをどうもありがとう、ごちそうさまでした!
 

もっと早く来れば良かった「圓記(ユンキー)」・後編(神戸・元町)

IMG_9616
で、後編は単品編。実際には前エントリのセットに混ざって出てきました。
 

IMG_9621

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

メニューケースが光って見にくいですが、こちらが単品メニュー。これをみるだけでここの飲茶レベルの高さがうかがい知れるラインナップで、どれにしようか迷いまくり。それぞれ最低注文個数以上なら何個でも注文出来るのもありがたいです。
 

IMG_9651
食べ終わった頃にこんなメニューを見落としていたことが発覚。次回は絶対オーダーします!
 

IMG_9641
まずは、コースにも一つ入っていたは「干し貝柱とほうれん草の蒸し餃子」(600円)。皮から透けて見える中身の色合いが美しい。

IMG_9644
仕事が細かいですねえ〜 周りを見渡すとほとんどの方がセットメニューなんだけど、単品メニューはあらかじめ作ってるのか、注文訊いてから作っているのかどっちなんでしょうかね。
 

IMG_9654
続いて「海老入り香港式焼売」(600円)。ブリッブリッの食感で旨味濃厚。旨かったです。これ。
 

IMG_9636
そして、あれば注文必須とネット上で書かれていた「もち豚のスペアリブ豆豉蒸し」(1200円)。柔らかくなった部分をまず食べ、その後骨のにくっついている部分を囓り取って食べる楽しさ、豆豉が効いたソースがおいしくて、ご飯かマントウが欲しかったです。あ、もちろん?ビールは飲んでましたよ。
 

IMG_9670
デザートはマンゴープリン(550円)。充分立派なサイズでむっちりプルプル、マンゴー味が充満してて見事に締めを飾ってくれました。
 

IMG_9682
飲茶が好きなもんで神戸でもいくつか行きましたが、相違点はあれども今はなき老香港酒家を継ぐお気に入りがやっと見つかったって感じです。というか、なんでもっと早く来なかったんか…
お昼時なら前エントリのセットメニューが圧倒的にお得ですが、3000円・4000円のコースもお得っぽい。でも出来るならお仕着せメニューではなくメニューから好きなものを選んで色々楽しみたいので、ある程度人数揃って行くのが理想的かと思います。
 

「KOBE CINEMA PORT フェス」チケットで飲み食い歩き・後編(神戸・湊川/新開地)

2018-09-22 13.23.31
稲荷市場から新開地・湊川公園・荒田公園近くのロケハンとだいぶ歩いたお陰でようやくお腹もこなれてきたので、この日3軒目の湊川にあるCOZY COFFEEへ。

2018-09-22 13.30.07
ここではフェスの共通チケット1枚でコーヒーとチュロス3本のセットが出てきます。チュロスは作り置きだと思っていたら、揚げたてアツアツ。休憩がてら3人でゆったりダベらせてもらいました。
 

2018-09-22 15.24.10
そしてラストの4軒目は、妻の強い要望により新開地のボートピア内にあるレストラン・ピア。諸事情により僕は経験あるけど、ボートレースの舟券売場は妻も友人も初めてなんでキョロキョロしてました。

2018-09-22 15.28.55
ここでは一般では800円のタンポポセット(オムカレー・サラダ・ソフトドリンク)が、共通チケット1枚=500円でいただけるんです。さすがに一人一つずつは多かったので、妻と僕は1つを半分こしましたが。

2018-09-22 15.30.41
ご飯の上のプレーンオムレツを開いた図。トロトロでないとこうできないので、当然焼きたてが載っかっています。これで500円は価値ありましたねえ。
レストラン内を見渡すと、舟券購入の間に食事をしている人以外に、どう見てもここで食事をしてダベるのが目的だろうと思われるおばちゃん集団がいてはりました。通し営業だしピーク時を外せば混んでないし、ゆっくり粘れてなるほどこういう使い方もあるんやなあと思いました。

レストラン・ピア内ではアルコール類を売ってなかったので、すぐ近くにある冨月でアテは申し訳程度にしてちょい飲みで〆。この日の万歩計は14,000步、よく歩いて食べて飲んでしゃべった一日でした。
 

青春18きっぷで浜松日帰り一人旅(後編)〜小ネタ集

2018-09-03 12.40.37
この日目覚めてからまだ天丼しか食べてなかったとは言え、さすがに連発で何か食べる気にもならず、散歩がてら駅の北側ゾーンをうろついてみました。あとで調べたら有楽街とか肴町あたりのようで、飲み屋が多く昼間はそれ程賑わいを感じませんでした。そんな中、ちょっとオーラを感じる店が目に入ったもんで寄ってみたら、あの「夜のお菓子・うなぎパイ」で有名な春華堂の本店でした。うなぎパイは当然知ってるけど、店名知らなかったなあ。もちろんお土産に買って帰りましたよ。
 

2018-09-03 13.04.40
その後駅の南側に移動して、本来なら天丼のあと昼飲みに来ようと思ってたのに直前で定休日だと判明した「いりかま」をロケハン。残炎やなあ、ええ店っぽかったのになあ〜
 

2018-09-03 13.22.27
昼間開いてる店が少なく月曜定休が多いようで、開いてる店がそもそも少なく、適当に入った店でせっかくなので浜松餃子とチューハイ。茹でもやしを添えるのが定番なんでしょうかね。ま、なんちゅうか可もなく不可もなく。
 

2018-09-03 14.03.42
その後駅の北側に戻って、線路沿いにずんずん東へ。

2018-09-03 14.42.06
行ってみたかったのは、浜松市楽器博物館。浜松と言われて思い浮かぶのは、一にうなぎ二に楽器。ヤマハ・河合・ローランドなど、著名楽器メーカーが集まっているんです。

2018-09-03 14.43.022018-09-03 14.44.102018-09-03 14.44.58
弦・打・管など色々、世界各国・古いものから新しいものまで幅広く揃えて展示されています。試奏コーナーもあり、ちょっとお琴を弾いてみたり。一番面白かったのは、ピアノの構造(弦を弾く仕組み)を断面模型で歴史を追って展示してあるコーナーかなあ。(ちなみに僕はピアノは猫踏んじゃったしか弾けません)

2018-09-03 14.47.24
電子楽器も色々揃っています。こちらは一世を風靡したフェンダー・ローズ。これで思い出すのはデイブ・グルーシンとかジョー・サンプルとか。

2018-09-03 14.48.19
こちらはムーグ・シンセサイザー。これで思い出すのは、キース・エマーソンとリック・ウエイクマン。つまみが多いのだけを見ても単純に「おっ、スゲッ!」と思ったものでした。
(すんません、古くて)
 

2018-09-03 22.16.36
帰り時間が遅くなると台風の影響が心配なので、余裕を持って帰路に。浜松まで来てうなぎを食べない手はないのでどこかで持ち帰ろうとは思ってましたが、結局駅ナカにあった浜名湖養魚漁業協同組合直営店でちょっと上等な「直虎」といううなぎ弁当を購入。値段をちゃんと記録してないんですが、2500円前後だったと思います。

2018-09-03 22.17.10
家に帰って妻と半分こ。浜松では関東風と関西風と両方あるそうで、こちらは前者。温めずにそのまま食べたせいか、柔らか過ぎることがなく妙に脂が多すぎることもなく、期待以上のおいしさでした。この価格とボリュームなら値打ちものじゃないでしょうか。
こういうのを食べると、持ち帰りじゃなくてお店で食べたくなります。今度浜松に行ったら鰻屋のハシゴしたいなあ。