「店」タグアーカイブ

外さない店「ペルドマーニ」のランチをテイクアウト(神戸・北野)

95387038_1849918425139039_7914918728393818112_n
神戸 北野のイタリアン・外さない店「ペルドマーニ」オードブル盛り合わせテイクアウトに続き、ランチをテイクアウトしてみました。内容は上記の通りで、この日のパスタは、ホタルイカ・アンチョビ・ミツバのスパゲティ/ペンネ自家製ベーコンとキャベツのアラビアータ/挽肉と白葱のスパゲティパルミジャーノ風味/茄子のトマトソースのスパゲティ/タリアテッレ鹿と猪のラグーソース(+400円)の5種類からのチョイス。
完成状態のパスタだとおいしく食べられる賞味期限は「5分」しかないので、ソースとパスタは別にしてもらい、自宅でパスタを茹でて仕上げることにしました。
 

IMG_7108
まずこちらがオードブルの盛り合わせ(一人前)。左上から時計回りにかぼちゃとリコッタチーズのサラダ/田舎風オムレツ/キビナゴのエスカベッシュ/タコとジャガイモのトマト煮/サワラ白子薫製サラダ、別途生姜/パジリコ2種のパン付き。妻の分と二人前買ったからこの量の倍あったわけで、こんなのあったら飲まないはずがない。お昼過ぎにお店に取りに行って食べ始めたのは夕方頃からだったし、当然ワインを開けました。
 

IMG_7110
で、パスタその1は、ホタルイカ・アンチョビ・ミツバのスパゲティ。スパゲティを茹で、別途温めていたソースに投入、「水分とオイル分が乳化したタイミングがベスト」とのアドバイスでしたがそれが難しい。手早くお皿に盛って、仕上げにミツバを散らしてできあがり。
「オイル系のロングパスタは、プロでも一番難しい」とのことでしたが、それでも出来上がりを時間経ってから食べるよりは(ヘタッピでも)自宅で仕上げたほうがはるかにいいはず。個性が強いホタルイカ・アンチョビコンビに負けないミツバとの組み合わせが面白いパスタでした。
 

IMG_7118
パスタその2は、ペンネ自家製ベーコンとキャベツのアラビアータ。こっちは茹でたペンネにソースを絡めるだけって感じだったので、先のスパゲティよりも気楽に作れました。ブリっとしたペンネがおいしく、やっぱりトマト系のソースっていい。2人前なら1つは必ずチョイスしたいところです。

ソースとパスタを別に持ち帰るなら、どれが作りやすいかシェフに訊いてみるのもいいかも。どちらのパスタもとてもおいしくいただきましたが、やはりちゃんとお店で食べたいなあと言うのが正直なところでした。テイクアウトメニューとしては、この前菜5種とパンとパスタで1000円は超お得。自分で仕上げるのは難しい場合もあるけど勉強になるし、また買いに行ってみようかなあ。
 

外さない店「ペルドマーニ」のオードブル盛り合わせをテイクアウト(神戸・北野)

DSC03459
神戸 北野のイタリアン・外さない店「ペルドマーニ」もコロナウイルスに負けじと、テイクアウトで頑張ってはります。娘がオードブル盛り合わせをおごってくれ、我が家で妻を含め3人で宴会しようということになりました。

本題に入る前にちょっと前説。

  • 今回の盛り合わせは、店曰く「2〜3名様用」3000円の品
  • 敢えて僕からお店には何の連絡もせず、娘も知ってるけど特に何も言わずなので、多分特別な配慮はないはず(それで本望、でもわかってるかも)
  • ちょっとしたアクシデントで食べる前に盛りつけが崩れてしまったので、一所懸命修正しましたw

 
以上の前提で、下記ご覧下さい、
 

 

IMG_6830

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

シェフのことはある程度わかっているので、フツーのものは出してこんやろとは思っていましたが、さすがにこれは驚きました。プレートのサイズは44cm×32cm、僕の顔2つ分くらいはあるんじゃないでしょうかw そこに料理が12種。参加できなかった下の娘に画像を送ると「ほとんどおせちやん!」って返事が返ってきましたが、まさにそんな感じ。こんなもん、2人で食べられるわけないし、オードブルと呼ぶには充実しすぎで、メイン料理なんて要りません。いやほんまにやってくれますわ。

以下、それぞれの料理をご紹介します。
 

IMG_6832
(右上から時計回りに)地鶏インヴォルティーニ・きびなごのエスカベッシュ・フルーツトマトのカプレーゼ・かぼちゃとリコッタチーズ

IMG_6833
(右中央)生ハムといちご(左下)フォアグラテリーヌ ラスク添え・田舎風オムレツ・(少しだけしか写ってませんが)自家製鹿ハム

IMG_6835
(左から時計回りに)サワラ白子燻製・タコのカルパッチョ・ローストビーフ・川津エビとキノコ

どうっすか?もう飲みたくて溜まらないんじゃないですか?
この盛り合わせと別に、近所のパン屋さん・レコルトのバゲットとサラダを用意して、ワイン1本半飲みました。いやもうどれもおいしくてどれがどうって言えないんだけど、敢えて言うなら特に良かったのは、地鶏インヴォルティーニ・フォワグラテリーヌ・サワラ白子燻製・タコのマリネですかね。
各料理とも主な素材を名乗ってるだけで、実際にはもっと手が込んでいます。例えばタコのマリネは、紅芯大根で色味・歯応え・かすかな苦みをプラスするなど相変わらずどれも凝り凝りで、シェフは一体何時から仕込んでるんやろかと毎度毎度訊きたくなります。量的にはこれを4人でも充分楽しめるんじゃないでしょうか。

とにかく、この量と内容で3000円はお得過ぎる!

 

IMG_6846
オードブル盛り合わせとは別に、デザート3種も娘が買ってきてくれました。こちらもサイズがデカく、3人でワケワケして堪能。むっちゃくちゃ満足度高かったです。
 

ペルドマ持ち帰りメニュー
今回の3000円盛り合わせ以外に5000円のもあります。上の写真がアラカルトのテイクアウトメニューですが(ランチメニューは前菜5種盛り合わせ・本日のパスタ・自家製パンで1000円など)、相談すればお好みに合わせて色々やってくれるはずです。

家でおとなしくしてるばかりでは、気分も沈みがちになってしまいますよね。たまには家族でとびきりおいしいもの食べて、ぱーっと気晴らししましょう!

*「こんなの食べたよ」のえて吉さんもこの盛り合わせをテイクアウト、ブログエントリされています。
 神戸三宮のイタリアン「ペルドマーニ」のオードブルのお持ち帰りは値打ちあり!!

{お店データ} ※平常時の情報です
住所:神戸市中央区中山手通1-24-4
電話:078-231-0454
営業時間:11時半~13時半 17時半~21時半
不定休
 

外さない店「ペルドマーニ」でイタリアン堪能宴会/後編(神戸・北野)

⭐️このエントリは「外さない店「ペルドマーニ」でイタリアン堪能宴会/前編(神戸・北野)」の続きです。
 

R0002368

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

ここにきて、やっとこさこの日のメニューのご紹介。魚料理はメニューがなくシェフとの相談、前菜は盛り合わせ以外にも色々あります。前編で出てきたカルパッチョのサラダは前菜として記載されていますね。基本的に肉料理やパスタはここから選ぶことになりますが、可能な限りアレンジもしてくれます。さてどないしよか。
 

R0002391
続いての料理を選んで赤ワインの検討。ご存知の通り僕はワインは全然わからんので、myblackmamaさんご夫妻にほぼおまかせです。
 

R0002395
写真ピンボケですんませんが、選ばれたのはアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ・カピテル・デ・ロアリ前回来た時にもこれを飲んでたってことはちゃんと覚えてませんでした(^◇^;) (すんごくおいしかったことは覚えてたんだけどなあ)
 ◎参考サイト:イタリア最高級ワイン 「アマローネ」とは?/メディアロケット
 

R0002393
パスタが食べたいということで、次なる料理は「リングイネ 活けワタリガニのトマトソース」。料理名そのまんま、それがすごくおいしいのは、ベースのリングイネとトマトソースがしっかりしているからでしょう。なんだかんだやらなくても「これでどやねん!」みたいな潔さを感じました。これ、個人的にはこの日の一番。
 

R0002403
赤ワイン2本目は、ロッカ・グイッチャルダ・キャンティクラシコ・リゼルヴァ・バローネ・リカーゾリ。到底名前は覚えられないし、噛まずに読める自信もなしw
 

R0002398
続いては、前回僕が食べてたのを見て美味しそうだったのでとリクエストがあった「栗とゴルゴンゾーラのリゾット」に、今回は丹波黒枝豆(だったと思う)入り。濃厚で・深く・アテになり、旬を感じさせてくれるリゾット。
 

R0002401
料理のトリは、「ポルチーヌ茸とモッツアレラチーズを詰めた仔牛のロースト」。うーん、やっぱり凝り性やなあ、なんかじわっとうまいなあ。
 

R0002386
ここまでで大満足の満腹だったけれど、甘いものもOKなメンバーはドルチェタイムに突入。さて何にしましょうかねえ。(これも全部シェフが作ってます)

ペルドマドルチェ
(左上)紅はるかとモカのシブースト(右上)ティラミス(左下)柿のパンナコッタ/巨峰のスパークリングワインゼリー/ココアのビスキュイとガナッシュのケーキ(右下)柿/シブースト/洋梨のタルト。

写真と文章でこの日の充実度がどれくらい伝わるかわかりませんが、食べたいものを食べ・飲みたいものを飲み(入るものならまだ食べたかったけれど)、この内容で一人当たりの会費は約8500円。一度の食事代としてはけっこうな金額かもしれません。でも飲み食いした内容からすればめっちゃリーズナブル。初めて行くなら、まずはランチに行ってみてください。ペルドマーニの魅力がきっと分かっていただけるはずです。
マダム&シェフ、美味しい料理とワインをどうもありがとう、ごちそうさまでした!
 

外さない店「ペルドマーニ」でイタリアン堪能宴会/前編(神戸・北野)

R0002363
14年も前からお気に入りのイタリアン・ペルドマーニ。以前からこの店のエントリを見てたいつもの飲み喰い仲間から「一度行ってみたい」との話があり、それなら希望者を募って宴会をやってみようということになりました。出席者はラクサさん・myblackmamaさんご夫妻・しげるさん・えて吉さん・ish夫妻の計7名。これだけ揃ったら料理もワインも思う存分いただけるので、めちゃ楽しみです。
 

R0002369
お店に着いて僕はカンパリソーダなどいただきながらとメニュー検討。全員揃うまでは時間が掛かるので、盛り付けに手間がかかる前菜の8種盛り合わせ(1人前1500円)だけは4人分を先にお願いすることにしました。
 

R0002374
人数が揃ってきたので、ドリンクをスパークリングワインにチェンジ。お任せしたらポルタ・レオーネ・プロセッコ・トレヴィーゾ・ミレジマート・ブリュットっちゅうのを出してくれました。結果的に一本では足りず、ボトルごとお代わりすることに。
 

R0002371

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

いよいよ料理がスタート(写真は2人前)。盛り合わせの中身は、田舎風オムレツ・海老とジャガイモのジェノベーゼ・ハリイカの墨煮・蒸し鶏とごぼう・鮭白子の燻製サラダ・キビナゴのエスカベッシュ・かぼちゃとリコッタチーズ・サバと焼き茄子のマリネ。
料理としては8種盛りなんだけど、当たり前ながら1種に複数の素材を使ってるし、調理法も様々。あんまり多過ぎるとこれだけで終わってしまうから4人前に抑えときましたが、この一皿だけでものすごくいろんな要素が詰め込まれているので、そりゃあボトル2本は空きますわなあ。僕はこの盛り合わせを何度か経験してますが、シェフの凝り症加減がよく表れていて、初めての方なら驚かれるんじゃあないでしょうか。
 

IMG_4096
続いて魚料理の検討。お店のメニューに載ってる料理もありますが、こちらにはイタリアンなのに生簀があって、そこから魚を選んで調理法を相談するなんてこともできるんです。シェフと奥さんだけでやってる店で、ようそんなことするわと以前から思ってるんだけど…

R0002381
料理を決めたらワインの選択。どんな感じがいいかシェフに伝えたら、それっぽいのを何本か見繕ってくれて、各々説明してくれます。値段もその時に教えてくれるので心配ご無用。
 

R0002382
選んだ白は、辛口のカンティーナ・トラミン・ソーヴィニョン
 

R0002377
生簀料理その1は、「カワハギのカルパッチョと紅芯大根のサラダ」。選んだカワハギをこのシェフが単純にカルパッチョで出すはずもなく、前菜風に色鮮やかなサラダ仕立てにするとは。サーブされた時に思わずホォーっと声が出てしまう見事なルックスと軽やかな美味しさに、ワインが進む進む。
 

R0002384
続く生簀料理その2は、対照的にやや重厚な雰囲気で「オコゼのフリット・フルーツトマトとバジリコのソース」。オコゼ以外にも万願寺とうがらしやレンコンも添えられており、先の料理とは一転してワイルドかつ重みのある味わい。この生簀スタイル、選んだ素材がどんな風に料理されて出てくるのか、出てくるまでわからないのが面白いですねえ。
 

R0002388
続いて、リクエストにより前菜メニューに載ってた「活けワタリガニと生うにの冷製カッペリーニ・青海苔のジュレ添え」。ここの冷製パスタ、美味しいんですよ。手間が掛かってるから一口でパクッと食べるには勿体無いと思いつつ、食べてみたらやっぱりこれは一口で食べるのがいい、小さくとも渾然一体となったうまさ。またもやワインが進んでしまうじゃないですか〜

飲んで食べて美味しく楽しく宴会は進み、ここいらで折り返し地点。以降は後編へ続きます。
 

やはり外さない店・ペルドマーニ(神戸・北野町)

IMG_3104
友人2人と一緒に三宮で飲み食いすることになり、検討の結果「ペルドマーニ」に行くことにしました。こちらのお店を紹介したい気持ちもあったし、飲み食い欲が強いメンバーでもここなら絶対外さない自信があったもんでね。
 

IMG_3106

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

メニュー以外にも水槽内の魚介他、ここに載ってない料理もあるので、どんなのを食べたいかシェフに相談するのが一番です。
 

IMG_3107
とにもかくにもまずは前菜の盛り合わせ(8種1500円)を2人前で。シェフが丁寧に説明してくれたんだけど、メモれず。やっぱり録音しとかんといけませんなあ。メニューの前菜のところに書いてあるもの以外にも、オムレツやらかぼちゃやら様々で、例によってどれも凝りまくり。初訪問の友人達もとても気に入ってくれたようで、このオードブルだけで白ワインが2本近く空いたと記憶しています。
 

IMG_3110
魚料理は、どんな素材をどう食べるかをシェフに相談してからで、アクアバッツァにしてもらいました(なんの魚だったか記録なし)。自家製パンもいただいて(生姜風味が特に旨し)、スープもきっちりいただきました。
 

IMG_3112
白赤2本ずつ飲んだワインのうちの一本、ちょっと珍しい形のボトルでした。ワインを選ぶ際もシェフが親切に相談に乗ってくれ、候補を何本か選んで説明してくれた後、値段もちゃんと教えてくれるので安心です。(まあ当然といえばそれまでなんですが)
 

IMG_3114
最初の前菜がかなり充実していたので、肉料理はとらずに希望により冷製パスタを。選んだのはトマトとアボカドのスパゲティ。久しぶりにここの冷製パスタ食べたけど、やっぱり旨いなあ。この日はまだ暑かったので、冷たいのと温かいのと両方あってラッキーでした。
 

IMG_3116
もう一品何にしようか検討の結果リゾットをということになり、相談の結果、メニューに載ってない栗とゴルゴンゾーラのリゾット。重めの赤ワインにも全く負けずいいアテになってくれました。美味かったなこれ。
 

IMG_3118
締めのデザートもいつも通り隙なし。最後の最後まで凝り凝りに凝って楽しませてくれます。

久しぶりの友人たちとの飲み会だったので話に花が咲き、いつも以上に料理内容の説明がいい加減ですがお許しを。
もともとここは外さないと思ったから選んだので当たり前っちゃあ当たり前なんですが、やっぱりペルドマーニは外しませんなあ。最近は頻繁に行けてないにしても、大開駅近くにあった頃からのおつきあい、例のイタリアンなおせちのことを訊いたらもちろん今年もやるとのこと。昔はうちも買ってたんだけど、家族の人数が減ったのであの強烈な3段重は無理なんすよね…