「大正区」タグアーカイブ

三度目の「さのや」(大阪・大正区)

20170913さのや
様子見の一度目本腰を入れての二度目に続き、えて吉さんと一緒に「さのや」に行ってきました。前回のお造り盛り合わせが素晴らしく種類が多くて他のものがあまり食べられなかったので、今回はそれをガマンしてできるだけ品数を多くイってみるように心がけました。

20170913さのや

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

20人ほど入れば満員の立ち呑みにしてはメニュー数が多く、しかも激安。どれをオーダーしようか本当にいつも悩みます。

20170913さのや
まず初めにポテサラ(100円)。 量が少なめとはいえ、具の種類も多くこの値段で価値あり。

20170913さのや
前回の造り盛り合せにも少し入っていましたが、珍しい鯨のさえずりを今回は単品で。おでん屋なんかでたまにあってもめっちゃとられる高級品が、量控えめながらなんと350円。ねっとり濃厚な脂の旨味が超美味!これすごかったわ〜

20170913さのや
前回の刺身の盛り合わせが凄いボリュームだったので、今回は意識的に魚系よりも肉系メニューが多めです。ねぎまを塩で(@120円)2本。ここの焼鳥、ネタが良くってサイズがデカいんです。

20170913さのや
と言いつつ魚系ももちろんで、平鰺造り(350円)。

20170913さのや
ひね鶏炙りおろしポン酢(280円)は、薬味もたっぷり載せ。

20170913さのや
ちょっとした野菜の煮物が欲しかったので、なす海老獅子唐湯葉炊き合わせ(280円)。だしがおいしいです。

20170913さのや
大根葉炒めたん(100円)を頼んだら、いい意味で予想に反してじゃこがたっぷり。水気を残さずからっと仕上げられており、濃いめのお酒によく合います。

20170913さのや
牛ハラミ(だったと思う)炙りをタレでは350円。僕は3回目で初めての牛モノでしたが、やっぱりこれもネタがいい。

20170913さのや
玉ひも生姜煮(200円)。最初はビール飲んでて、僕は泡盛、えて吉さんは日本酒にスイッチしたんだけど、こういうのはやっぱり日本酒が似合いますね。

20170913さのや
茹でカリフラワー(200円)。これもそうだったんですが、こちらのお店ではすぐ出せる料理は少なく、できるだけ調理してから出すことを心がけておられるようです。これも茹で立てでほんのり暖か、香りがいい。

20170913さのや
ちょっと乱雑な写真ですが、料理のサイズ感の参考になると思います。玉ひも・炊き合わせ・カリフラワーが写っています。

20170913さのや
左は多分つなぎ(塩160円)、右はつくね(塩180円)。

20170913さのや
つくねはタレも。ここの料理、どれもうまいんですが、これなんてまさに焼鳥専門店顔負け。どないなっとうねん。

20170913さのや
そして〆には、なんとハンバーグと目玉焼き(350円)をチョイス。つくねと被るし最後にしては濃いんですけど、どうしても気になってたもんで。いい感じのこぶりなサイズで、ちゃんと洋食してました。選んで正解。

20170913さのや
もうほんとにね、何食べてもおいしいし安いし雰囲気いいし、いうことありません。めっちゃ贅沢言うならもう少し行きやすければありがたいんだけど、そしたらこんな値段では無理だろうしますます混むだろうしなあ…


本腰入れて「さのや」へ(大阪・大正区)

2017-07-13 16.00.57
さのや」のことはこばやしさんのエントリえて吉さんも知っていたので、前回の様子見に続いて本腰入れて二人で行ってみることにしました。満員で入れなかったらいやなので、開店時刻の16時少し前に行ってみたら、まだシャッターは閉まったままで中からの物音も聞こえず。定休日を確認していたもののあまりに気配がないので電話してみたら、「ちゃんとあけますよ〜」とのことで一安心、ほぼ16時ジャストにシャッターが上がっていました。前回は真っ暗であたりの様子がわからなかったのですが、こんなんやったんやなあと。

さのやネタ
前回はカウンターの端っこだったのでわからないことが多かったのですが、今回は一番乗りだったのでネタケース前。メニューを見つつどんなものがあるのかじっくりチェックできます。

2017-07-13 16.03.51

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

20人で満員の立ち飲みでこの品揃え・この価格。定番ものからこれなんやろ的なものまでどれにしようか迷いまくります。

2017-07-13 18.40.07
ドリンク類も安いっすねえ〜

2017-07-13 16.04.36
お造りの種類が豊富だったので、盛り合わせをお願い出来ますかと聞いたらOKとのお返事。出来上がりまで時間がかかるので、まずはビールとポテサラ(100円!)で喉をうるおします。※あとピン写真ですみません。

2017-07-13 16.11.49
続いてうなぎの白和え。さっきのポテサラもそうですが、こんなのが200円で出てくるとはほんとに驚き。白和えだけでも充分おいしいのに、それに加えてけっこうちゃんとしたうなぎまで入ってるんですからねえ。

すごいよなあとか言いながら途中で泡盛にチェンジしてえて吉さんとグイグイ飲んでたら、お造り盛り合わせが出来上がってきてさらに驚愕、なんじゃこれ。

2017-07-13 16.22.52
メニューから拾うと、本まぐろ・ハマチ・きめじまぐろ・剣先イカ・貝柱・たこ・サザエ(肝焼きつき)・ハモ梅肉・鯛肝ポン酢なんだけど、それ以外に赤貝とか鯨(これが特に旨かった)とか。種類が多いだけでなく、ぱっと見だけでネタがいいのがわかるこの輝きよう。

2017-07-13 16.26.32
上の盛り合わせに天使の海老も頭は揚げて添えてくれて、この盛り合わせが2人前で1700円!!(@_@) なんかおかしいんとちゃうか〜

もちろんどれもおいしかったし、以降も同様なので、写真多め・文章少なめでバンバン紹介します。

2017-07-13 16.38.40
冬瓜とオクラと豚(200円)。冬瓜の煮たのって、おいしいですね。

2017-07-13 17.19.47
ハモ冷製茶碗蒸し(200円)。だし旨し、中にハモの身がゴロンと入ってました。手間がかかってますなあ。

2017-07-13 17.25.21
季節もの同志の組み合わせ、空豆のウニ挟み揚げ(200円)。

2017-07-13 17.39.45
蒸し豚キムチ(300円)、量もたっぷり。

2017-07-13 18.15.43
エビチリ(280円)はサラダ添えであっさりと。

以上、4時から2時間半ほどかけての食べまくり飲みまくりでした。どれもはずれなし、というかかなりおいしい、そしてものすごく安い。敢えてこの立地を選んだのかどうかわかりませんが、こんなわかりにくい場所でも17時を過ぎた頃からどんどんお客さんが入ってきて、みるみるうちに満員になっていくのもこりゃ当然かと。
安くておいしくて品揃え豊富な立ち呑みが近年増えてて、僕も何軒か行ったことがありますが、ここはトップクラスです。身近で対抗出来るのは近所の「いち」くらいしか思いつかないなあ。「いち」が近所にあってありがたいんだけど、「さのや」も近所に欲しいと言ったら贅沢すぎって怒られますかねえw


「さのや」へ様子見に(大阪・大正区)

20170518さのや
この日はバスに乗ってラーメンを食べに行ってたんですが、その帰りに「途中の停留所で降りたら以前こばやしさんがアゲてたさのやに行けるやんか」とふと気づきました。ここのところえらく人気だそうで、めっちゃ狭い立ち飲みだから入れるかどうかわからなかったけど、最悪場所確認だけでもと思い最寄りの停留所で下車。ほんまにこんなところに立ち飲みなんてあるんかいなと不安になるくらい暗い道路を歩いて行くと、かなり先に小さな灯りが見えて来だし、たどりついたらそこが「さのや」でした。しかしよくもまあこんなに人気(ひとけ)の無いところで店を開こうと思ったもんですなあ。

20170518さのや
ガラリ戸を開くと、店内は満員盛況。こりゃあかんかと思ったら、お店の人もお客さんも気を使って詰めてくれて、カウンターの一番奥に滑り込むことが出来ました。一番奥でメニューが見えにくかったので、テケトーにポテサラないか訊いてみたら、この日はコールスローでそれが100円。それでハイボール飲りながら次に頼んだのが、もろこし天280円。サクッと揚がった衣に包まれたトウモロコシは甘味たっぷり。お供の塩も凝ったものが添えられており、これでこの価格とは噂に聞いてたとおりでした。

20170518さのや
焼鳥が食べたかったので、ねぎま(120円)とお店の人に勧められたつなぎ(160円)を。1本ずつの注文は申し訳なかったかなあと思いましたが、出てきたののサイズを見てこれで正解、2本ずつだったらもうこの日はお仕舞いにせざるを得なくなったに違いないボリュームでした。ネタが新鮮なのかどちらもブリっとしてて、初めて食べるつなぎもとても気に入りました。

20170518さのや
ハイボールから泡盛ロック(残波350円)にチェンジして、茹でホワイトアスパラ(180円)。やっすいなあ〜 この価格でも盛りつけに気配りが感じられるのがうれしいです。

20170518さのや
最後にちょっとだけデンプン質が欲しくてナポリタン(180円)。こういう安くてちょっとだけのサイズがあるとありがたいんです。

ラーメン食べたあとに一人で来たのでそれほど食べられなかったんだけど(ウソつけ)、立地といい出てくる料理といい、ほんとに驚きのお店でした。こんな店が近くにあったら、他のとこに行く気ぃせんようになるやん…

で、この2ヶ月後に今度はえて吉さんと再訪したので、連続でエントリします。

{お店データ}
電話:090-9274-7663
住所:大阪市大正区小林西2-15-35
営業時間:16時~22時
定休日:月・火