三度目の「さのや」(大阪・大正区)

20170913さのや
様子見の一度目本腰を入れての二度目に続き、えて吉さんと一緒に「さのや」に行ってきました。前回のお造り盛り合わせが素晴らしく種類が多くて他のものがあまり食べられなかったので、今回はそれをガマンしてできるだけ品数を多くイってみるように心がけました。

20170913さのや

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

20人ほど入れば満員の立ち呑みにしてはメニュー数が多く、しかも激安。どれをオーダーしようか本当にいつも悩みます。

20170913さのや
まず初めにポテサラ(100円)。 量が少なめとはいえ、具の種類も多くこの値段で価値あり。

20170913さのや
前回の造り盛り合せにも少し入っていましたが、珍しい鯨のさえずりを今回は単品で。おでん屋なんかでたまにあってもめっちゃとられる高級品が、量控えめながらなんと350円。ねっとり濃厚な脂の旨味が超美味!これすごかったわ〜

20170913さのや
前回の刺身の盛り合わせが凄いボリュームだったので、今回は意識的に魚系よりも肉系メニューが多めです。ねぎまを塩で(@120円)2本。ここの焼鳥、ネタが良くってサイズがデカいんです。

20170913さのや
と言いつつ魚系ももちろんで、平鰺造り(350円)。

20170913さのや
ひね鶏炙りおろしポン酢(280円)は、薬味もたっぷり載せ。

20170913さのや
ちょっとした野菜の煮物が欲しかったので、なす海老獅子唐湯葉炊き合わせ(280円)。だしがおいしいです。

20170913さのや
大根葉炒めたん(100円)を頼んだら、いい意味で予想に反してじゃこがたっぷり。水気を残さずからっと仕上げられており、濃いめのお酒によく合います。

20170913さのや
牛ハラミ(だったと思う)炙りをタレでは350円。僕は3回目で初めての牛モノでしたが、やっぱりこれもネタがいい。

20170913さのや
玉ひも生姜煮(200円)。最初はビール飲んでて、僕は泡盛、えて吉さんは日本酒にスイッチしたんだけど、こういうのはやっぱり日本酒が似合いますね。

20170913さのや
茹でカリフラワー(200円)。これもそうだったんですが、こちらのお店ではすぐ出せる料理は少なく、できるだけ調理してから出すことを心がけておられるようです。これも茹で立てでほんのり暖か、香りがいい。

20170913さのや
ちょっと乱雑な写真ですが、料理のサイズ感の参考になると思います。玉ひも・炊き合わせ・カリフラワーが写っています。

20170913さのや
左は多分つなぎ(塩160円)、右はつくね(塩180円)。

20170913さのや
つくねはタレも。ここの料理、どれもうまいんですが、これなんてまさに焼鳥専門店顔負け。どないなっとうねん。

20170913さのや
そして〆には、なんとハンバーグと目玉焼き(350円)をチョイス。つくねと被るし最後にしては濃いんですけど、どうしても気になってたもんで。いい感じのこぶりなサイズで、ちゃんと洋食してました。選んで正解。

20170913さのや
もうほんとにね、何食べてもおいしいし安いし雰囲気いいし、いうことありません。めっちゃ贅沢言うならもう少し行きやすければありがたいんだけど、そしたらこんな値段では無理だろうしますます混むだろうしなあ…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.