「ワイン」カテゴリーアーカイブ

スタンドアップ トリウオ (神戸・三宮)

IMG_3942
ついつい行き慣れた店ばかりになってしまうので(特に昼飲みは)、前から気になっていた未訪店に行ってみることにしました。

IMG_3945
何店舗かある「トリウオ」系のお店はずっと気になっていながら、このスタンドアップ トリウオが初めて。ここの場合、もうちょっと開店時間が早いと個人的には昼飲みに行きやすいんですけどねえ。

IMG_3943

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

店頭メニューを見ると、お酒の種類も多いしアテもなかなか魅力的。

IMG_3946
細い階段を上がって

IMG_3947
2階にお店の入り口があります。

IMG_3950
アテメニューのみを改めて。店内はカウンター席以外にテーブル1卓ありで、全て立ち飲みです。(そりゃそうだろう)

IMG_3953
先客さん、その後入ってきたお客さんともそれなりなお年頃の方がおられたのは、ちょっと意外。平日の16時ごろだったのもあるんでしょうかね。
 

IMG_3948
飲み物はスパークリングワイン(390円)を選択。のちに同じのをお代わりしました。

IMG_3956
しばし待って出てきたタパスの盛合せが秀逸。大人のポテサラ(バルサミコ酢系ソース?)・鶏ハム・かぼちゃのバニラ煮・スパニッシュオムレツ・うずら卵・プチトマトのピクルスと、多彩で量もたっぷり・いずれも美味しくてこれで650円とは素晴らしい。ちょい飲みには十分すぎるほどで、ワイン2杯程度では飲み足らない気分でした。
その他メニューも良さげなので、2、3人で来てこの盛合せとそれ以外もちょこちょこってのが理想的です。もっと早く来りゃ良かったなあ。

{お店データ}
住所:神戸市中央区三宮町2-5-6 三宮NKビル 2F
電話:078-321-0090
営業時間:【平日】15時~22時半【土日祝】11:00~22時半
定休日:不定休
 

おがちゃんと(控えめに)ハシゴ(2)〜プティソムリエ・毎日喫茶(神戸・新長田)

◎2軒目:プティワインソムリエ

IMG_3192
2軒目の心当たりがあるかとおがちゃんに聞いたところ、特に無いと言うので僕が以前行ったことがある店に行ってみたら、なんか様子が変わっていました。

IMG_3194
以前は「ワインも飲めるが買える店」(マイソムリエ)だったのが、「ワインも買えるが飲める店」(プティワインソムリエ)に変貌、女性店主さんはそのまま。
 

IMG_3197
テーブル席もありましたが、店主さんが面白そうな方だったのでカウンター席へ。表に看板が出ていたグラスワイン付きおまかせプレートをお願いしました。

IMG_3201
色々載っかったプレート、ソーセージは茹で立て、角切りのローストポーク(紅茶豚)は自家製。色々楽しく話しながら飲んでたら、グラス一杯じゃ当然足りません。

IMG_3206
ランチもやってはるそうで、食べ放題のバゲットはなんと和田岬のメゾン・ムラタのを使用。ちゃんと押さえるところを押さえてると言うか、店の方針転換などなかなかしたたかさも感じます。

IMG_3204
希望を伝えて選んでもらい、赤ワインをもう一杯。

IMG_3210
最近おがちゃんが凝ってることもあって、自家製カレーを注文。添えられているのはメゾンムラタのバゲット。スパイスの香りが豊かなカレーでした。

IMG_3209
おがちゃんは日本酒にチェンジしてから、お土産用にワインを一杯買ってました。
先客は1組だけだったけど、ワインもアテもおいしく手軽なせいか、色んな年齢層のお客さんがやって来られます。こんな感じのお店は神戸の西の方でないんとちゃうかなあと話していたら、店主さんが「近隣に競合店ナシです!」って笑ってはりました。
 

IMG_3213
希望を伝えて選んでもらい、僕は赤ワインをもう一杯。

IMG_3220
それなりにお腹は膨らんできたので、チーズの盛り合わせをアテにちびちび飲りながら、さらに色んな話で盛り上がります。

IMG_3226
で、その話に出てきたarbois vin jaune(アルボワ・ヴァン・ジョーヌ)。ヴァン・ジョーヌ=黄色いワインってことで、結構レアものだそうです。黄色いワインといっても黄味が強い白ワインで、かなり辛めで個性的な味わい。説明なしに飲んだらワインとは思わなかったでしょうね。ソムリエのテスト問題に出てきたりもするそうで、なかなか貴重な体験をさせてもらえました。

{お店データ}
住所:神戸市長田区腕塚町6-1-31 アスタくにづか2番館南棟104
電話:078-612-1210
営業時間:12時~23時(日曜は19時まで)
定休日:月・木

ぼちぼち閉店時間が近づいてきたのでお邪魔することにし、近所で飲めるところがないか試しに店主に訊いてみたところ、面白そうなお店を教えてくれました。
 

◎3軒目:毎日喫茶

IMG_3229
アーケードを南に抜けて西に数メートル、「MAINICHI」と看板が出ているだけでなんの店だかさっぱり分かりません。
 

IMG_3231
扉を開けると、壁には各種お酒とCDがいっぱい。人見知り激しげなマスターがリクエストに応えて音楽(主としてロック系?)を流してくれます。お店の片付けが終わったプティワインソムリエの店主さんも合流、3人でまたしても話に花が咲き、危うく終電を逃すところでした(^_^;) こんな時間にこんな所でこんな店があるとは思わなかった〜教えてもらえて良かった〜

{お店データ} 詳細不明
 

おがちゃんとのハシゴ、今回は控えめに3軒だけでしたが、なかなか内容濃く充実していました。テケトーに行ってもなんとかなるもんですなあ。
 

3年ぶり4度目のカンバッシー(大阪・天神橋)

IMG_2997
昨年末に自分で旗振り役をしながら急用で参加できなかった、スペイン料理のカンバッシーでの宴会をしようと再び旗を振ったところ、*あきこ*さん・えて吉さん・LAKSAさん・myblackmamaさん・しげるさんと僕との6名が集まることになりました。
 

IMG_2999

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

前回行ったのが3年も前とは思わなかったなあ。ここの料理はボリュームがあるし他で食べられないものだらけなので、人数が多いほうがより楽しめるんです。

IMG_3002

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

こちらがレギュラーメニュー。これ以外に黒板メニューも色々あるので迷うところ。まずはタパスの盛り合わせを頼んで、それをアテに飲みながら次を検討するのが毎回のパターンです。
 

IMG_3008
まずはシードルをお願いしたら、マダムが突き出しを持ってきてくれました。地中海マジョルカ島の名物で本来は豚のひき肉で作る腸詰め・ソブラサーダのかつおバージョン。ペースト状で旨味が深く、ちょろっとだけで充分飲める。最初からこんなん出てきたらこの先どうなることか。
 

IMG_3018
「まずは」どころじゃないタパスの盛り合わせ、これだけで充分満足できそう。ジャガイモのアリオリソース/うずら卵のサフランソース煮/インゲンのスペインオムレツ/手羽先のアドボ(漬け焼き)/かぼちゃのオーブン焼/キノコの炒め物/豚肉のチョコレート(カカオ?)煮。
どれも旨くて早速ワインを注文したのは言うまでもなく。特に印象的だったのは、真ん中の豚肉のチョコレート(カカオ?)煮で、なんでか知らんが僕は当初チョコレート味がわからなかったんです。なんたるバカ舌と恥ずかしかったんだけど、ソースをパンに付けてみたらわかりました。なんでやったんやろ。
 

カンバッシーワイン1
この日飲んだワインその1は白で2本。大体の感じをいうとシェフやマダム(カタルーニャ出身)が候補を3本くらい持ってきてくれて、どんな味か・値段はいくらかなど親切に説明してくれます。そういえば今回からスペイン人の女の子がフロアに入ってました。
 

IMG_3010
で、タパス以降何を食べるか検討の結果、今まで食べたモノの中でリピートしたいのもあったんだけど、初物尽くしでいこうということに。マダムに席まで来てもらって「黒板メニューここからここまで」(右側全部)と注文、人数に会わせて増量してもらうことにしました。
 

IMG_3023
初めに出てきた「山羊のチーズとソブラサーダのオーブン焼き・トマトのジャム」がいきなり強烈。かつおじゃなくて豚肉のソブラサーダをじゃがいもに載せて焼き、その上にマダムの出身地近くで作ってる山羊のチーズとトマトのジャムをさらに載せたものでした。
もうね、これね、ものすごく旨いとしかいいようがない。けっこうクセがある(といって食べにくくはない)山羊のチーズと、旨味しっかりのソブラサーダ、そこにお供させたトマトジャムの甘味酸味の組み合わせが抜群。個人的にはこれが今回の一等賞でした(ほかのももちろんおいしいんだけど)。
 

カンバッシーワイン2
この日飲んだワインその2は赤で2本。右側のMARIA GANXAは現地の言い伝えで、「イタズラする子を連れ去る魔女」なんだとか。飲み過ぎたらあかんよ〜ってことか。
 

IMG_3025
こちらパタタブラバスは揚げたパタタ=ポテトの上にピリ辛ソースをかけたスペイン定番料理だそうです。今回のソースにはイカのわたも使われており、ワインが進む進む。
 

IMG_3028
お次はジャンボマッシュルームのオーブン焼き。マッシュルームというか、かなりでかい椎茸みたいな感じ。
 

IMG_3036
ラス前は鯛のオーブン焼き。ロメスコソース煮ってのもありましたが、こちらを選びました。

IMG_3040
鯛も旨いがそのエキスを吸った野菜類がまた旨い。白インゲンがいいですなあ。
 

IMG_3041
〆はカタルーニャキノコとお肉のパエリャ。定番のパエーリャは魚介類の旨味、こちらは肉とキノコの旨味。どっちもいいしパスタを使ったフィデウアも食べたいけど、全部は無理だしなあ。
 

IMG_3011
お腹一杯になっても、デザートは別腹の人なんです。

IMG_3049
デザート食べない人もいたし、バレンシア地方のドリンク・オルチャタってドリンクにチョコアイスを載せたクバニートを選んだ人もいたり。こちらはバスク地方の濃厚なチーズケーキにチョコミントのアイスクリーム添え。まったりみっちりしたチーズケーキに、フレッシュなミントが感じられるアイスクリームが超好みでした。

相変わらず何食べても飲んでも旨いし、マダムもシェフもいい人だし、ほんとにカンバッシーは最高です。料理食べててもこのエントリ書いてても、ものすごくスペインに行ってみたくなりました。いつか絶対に行くぞ!
 
 ◎参考リンク:スペイン料理定番リスト/旅スペイン.コム
 

紅白ルクア大阪店で昼飲み(大阪・梅田)

IMG_2491
妻と梅田で映画を見た後、平日の中途半端な時間だったら大丈夫だろうと紅白ルクア大阪店に行ってみたところ、そんな時間でも何人か待ち列がありましたが10分ほどで席につくことができました。平日なのに相変わらずすごいな。
 

IMG_2470

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

食べ物メニューの数々。ルクアの紅白以外にも、今はなきHEPファイブの店とかホワイティうめだの店とか何度か行ったことがあるんだけど、写真が撮りにくい状況だったりして、ブログネタにはできてませんでした。
 

IMG_2459

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

IMG_2458
ありがたいことに、平日だとボトルワインが20%オフ。お手軽なワインもあるけど、20%オフならちょっといいのを選んでもいいかって思ってしまいます。
 

IMG_2473
ということで、元値3500円・スペインのスパークリングロゼDAMIAを選択。紅白デビューの妻のために、看板メニューのフレンチおでん・大根ポルチーニ茸クリームソース掛け(180円)でスタート。大根もだけど、ソースがおいしいんですよね、これ。バゲット頼んできれいさっぱりいただきました。
 

IMG_2477
フレンチおでん続きで、冷やしトマト一個のコンソメジュレ(340円)。いわゆる冷製の一種かと思いきや、これが一種のおでんという解釈が面白いですねえ。
 

IMG_2481
妻リクエストのモンゴイカ 三種類の豆ペースト レモンの香り(290円)。凝ってますねえ〜夏らしいですねえ〜面白いですねえ〜豆ペーストだけで充分飲めますねえ〜
 

IMG_2484
ガッツリ肉が喰いたくて、仔羊のヘルシーステーキブルーチーズ風味(730円)。仔羊とブルーチーズがロゼに合ってて、ポテトたっぷりで食べ応えもあり、これは値打ちものでした。
 

IMG_2487
〆は、かぼちゃのリゾットフォアグラソテーのせ(890円)。料理名聞くとすごく高そうなメニューに思えるけど、とてもリーズナブル。色合いも美しく「ちゃんとした料理食った感」もあって、満足度の高い一皿でした。

この他にも食べてみたいメニューがいっぱいで、できたら4人ぐらいで来たいんだけど4人用テーブル席って確かなかったはず。色々食べるなら回数重ねるしかないわけで、でもいつも混んでるからなあ、これだけおいしくてリーズナブルだからしょうがないんだけど。

(お店データ}
住所:大阪市北区梅田3-1-3 ルクア 大阪 B2F
電話:06-6341-5089
営業時間:11時〜~24時
定休日:不定休(ルクア大阪に準ずる)
 

青春18きっぷで夏のトミーツアー(福井市)

R0002082
この夏二度目の青春18きっぷの旅は、恒例となった福井のレストラン・トミーへのツアーでした。今回の参加メンバーは、Wakkyさんご夫妻・*あきこ*さん・こばやしさん・しげるさん・だいこんさんと僕の総勢7名。参加者たくさんなので色々食べられて嬉しいぞ。
長いお盆休みの方ならば最終日に当たる日曜でしたが、意外に電車は混んでなくてダイヤも正常、さくっと福井まで到着しました。福井駅からは最近の定番である100円のコミュニティバスを利用。いつもの青色ではなく黄色だったのは、車両メンテナンス中なんやろかとWakkyさんと話してましたw
 

R0002084
最寄り駅について炎天下しばらく歩いてサクッと到着。今回は事前に特にオーダーはしてなかったので、その場でみんなの意見を聞いて注文することにしていました。で、入口手前のメニューを見たら、週替わりランチだったかにエビクリームコロッケがあったらしく、でも売り切れだと。え〜、レアメニューだからあるの知ってたら予約してたのに〜 (…といいながら、僕は過去二度食べてるんですがね)
 

R0002088
なにはともあれビールで乾杯、オードブル盛り合わせ(この日はスモークサーモン・いくら・中トロ・ホタテのエスカベッシュ・各種チーズ)をお願いしてメニュー検討に入ります。マダムに訊いたら、エビクリームコロッケはちゃんと取り置きしておいてくれたのがわかって、良かった良かった。
当たり前のようにいつも食べてますが、ここのオードブルはやっぱりすごい。今回はドレッシングが特においしく感じました。
 

R0002090
人数が多いので、白・赤とワインを順にお願いしようと思ったら、スパークリングワインを勧められました。

R0002110
これ、樽ごとイタリアから日本に運ばれて来た代物で。樽から直接注ぐのでフレッシュだし、希望の量だけサーブ出来るんだそうです。もちろんきっちり冷えていてスパッと辛口。色々と進化してるんですなあ。
 

R0002093
やって来ましたエビクリームコロッケ。野菜の盛りつけが美しい。全部で5個だったので、とりあえず一人当たり半個ずついただきます。

R0002095
こちらのクリームコロッケはこれまでタン・エビ・セイコガニといただきましたが、基本的にベシャメルがおいしくて、加えて今回だったらエビから取った旨味が封じ込められています。そこに大粒良質のエビがゴロゴロ入ってるんだからうまくて当然、技と手間の固まりです。今回これを食べられるとは思っていなかったので、とてもラッキーでした。
 

R0002098
ここのスープもおいしいので、一人一杯ずつお願いしました。今回はかぼちゃベースやったっけ。
 

R0002103
そして、ここに来たら外せないタンシチューとビーフシチュー。いつ見ても黒い・何度食べてもおいしい・他にはない・とにかくすごい。このデミグラスソースと出会ってからまだ4年しか経ってないのかあ、その間わざわざ福井くんだりまで(失礼)何度来たんやろかなあとか思ってしまいますが、全く悔いなし。近くに住んでたら最低でも週3回はこの店に通っていると思います。
 

R0002106
お次はシンプルにポークカツ。初めてここのポークカツを食べた時、そんなに期待してなかったのに見事に裏切られたことをよく憶えています。これが970円とはなあ…そういや赤ワインも飲んだはずなのに写真撮ってなかった…
 

R0002113
〆のご飯ものは、僕の独断でハヤシライス。ここのドミグラスソースを使った炒めタイプで、牛肉たっぷり・玉ねぎシャキシャキ。一般的なハヤシライスのイメージとは違うので好みが分かれるかも知れませんが、僕にとってはこれこそハヤシライスなんです。これを食べるためだけにでも福井に来たいくらい大好き。
 

トミーデザート
〆のデザートは、すべて自家製定番のババロア・プリン・シフォンケーキ・ベイクドチーズケーキに加えて…
 

R0002118
なんと、季節のデザートとしてマンゴープリン・マンゴーシャーベット載せが登場!これはここで初めて食べました。僕は甘い物もオッケーなんで、嬉しい〆でした。

このところ少人数で来ることが続いていたので、久々に色々食べられたのが良かったです。毎回同じような感想になってしまいますが、ほんまに何食べてもおいしい。これだけリピートしてるとレギュラーメニューはほぼ制覇、残るはポークチャップ・サカナフライ・ステーキくらいなんだけど、次回はどうしましょうかねえ。(と、今から悩む)