「ワイン」カテゴリーアーカイブ

3泊4日沖縄の旅(7)〜牧志せんべろゾーンの「肉バル透(トオル)」(那覇)

このゾーンに来た本来の目的はせんべろではなく、実は肉。沖縄では飲んだ後の〆にステーキを食べる習慣があるくらいなんで、国際通りにも観光客目当てのステーキ屋があちこちにあります。でもそんなところではなく、市場近くのこのゾーンなら(せんべろでなくても)安くていい店があるに違いないと探していたら、良さげな店に出くわしました。
 

R0001539R0001484
雑然とした雰囲気の中にあって、店からはみ出したテーブル席とその奥にはバーカウンターが見えて、ややオシャレ系な「肉バル透」。個人的には外観はあまり気にしてないんだけど、なんとなくピピッとくるもんがあったんです。
 

R0001520

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

店頭の立て看板を見ると、値段はリーズナブルっぽい。あぐー使ってて手作りってのもいい。

R0001518
元々は斜め向かいの肉屋さん・丸高ミートの一角で飲食もやってたのを、こちらの店に拡大したそうです。どうやら丸高ミートはお父様のお店で、店主の透さんは息子さん、もう一人の女性もご家族っぽく、肉屋直営で同族経営となれば、アタリの匂いがプンプン漂ってくるじゃないですか。
 

R0001485

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

さすが肉屋直営、メニューの9割方が肉メニューです。一番高いのでも一品1800円とお手頃。
R0001486
バルっちゅうくらいなので、ドリンク類も豊富。ウイスキーの種類が多いしカクテルもあるし、ハブ酒まで揃ってます。
 

R0001506
最初に生ビール飲んで、食べるのは肉だらけのつもりだったので、チマチマオーダーするのではなく一番安い赤ワインフルボトル(2200円)をイっときました。結果的にこれで正解。
 

R0001502
肉喰う気満満だったので、迷うことなく一発目に一番高いメニュー・もとぶ牛ステーキ(イチボ)1800円でスタート、これを見てこの店がアタリであることを確信。

R0001504のコピー
120gなのでサイズはそれほどではありませんが、丁寧にカットされた断面から見える焼き色がそそるそそる。すり下ろされたわさびも好感度アップ。塩胡椒されたのにわさびをちょびっと載せて食べてみると、噛み心地は柔らかではあるけれど少しサクッと、香りよく肉汁甘〜い。やっぱり見た目通りかなり上質です。妻と二人であっという間に平らげたのは言うまでもなく、この肉質でこの価格は超お買い得、さすが直営。
 

R0001511
続いてのあぐーハンバーグ(700円)は、直径はそれほどではないけれど厚みがあってコロッとしたタイプ。カットしてみても油はそれほど流れ出さず、僕の好きなみっちり詰まったタイプでした(アグーほぼ100%?)。洋食屋さんじゃないのでどこまでソースに手がかかっているのかわからないものの、みっちりしたハンバーグとのマッチングも良かったです。
 

R0001530R0001532
こちらはベーコン巻(2個350円)。中は鶏ミンチで、上に載ってるのはチーズと刻んだピクルスだったっけ。あっさりな鶏ミンチとベーコンを合体させ、リーズナブルでおいしいアテになっています。
 

R0001536
こちらは黒板メニューにあった牛ヒレ串(2本600円)。思ってよりでっかくて食べ応えがあったので、名物のあぐージャンボ焼売までたどりつけませんでした…

どのメニューもおいしくてリーズナブルで(何度も書くけど)さすが肉屋直営。素材がいいだけでなくちゃんと調理されてて、かなりレベルが高いです。黒板メニューもあるし、とにかくまだまだ食べたいものだらけで、那覇じゃなかったら喜楽に行けるのになあ、また行きたいなあ、でもせんべろも行きたいしなあ、となったらまた沖縄に行くしかありませんな!

※このゾーン、国際通りに近い割りには今のところまだ観光客が少なそうです。どうぞお早めに。

{お店データ}
住所:沖縄県那覇市松尾2-11-16
電話:098-863-2087
営業時間:18時~23時
定休日:不定休

なんと5月29日で閉店「ほるもんBarおかだ」(大阪・大正)

 
先日このツイートを見てぶっ飛びました。あの「ほるもんBarおかだ」が閉店してしまうとは!
 

IMG_0843
とにもかくにもまず行ってみました。まだそれほど閉店情報が伝わってないせいか、店内は至ってフツー。まずはギネス(600円)とホルモン串(一本140円)で。
 

IMG_0844
知人を待つ間にブロッコリーのナムル(250円)で時間調整。ここは野菜メニューもおいしいんですよねえ。
 

IMG_0846
知人が追っかけ到着してきたので、赤ワインにチェンジ。僕好みのしっかりめの赤、ワインには全然詳しくないんですが、最近何故かシラーと縁があります。
 

IMG_0848
この日は特別いいタンが入ったとのことで、ちょっと贅沢してタン刺し(1250円)。サクッとした食感はイメージ通り、噛むほどに溢れる旨味は予想外。これすごかったなあ、
 

IMG_0853
そして続いてのほるもん屋のオードブル5種盛り(900円)がこれまたすごかった。プレートの上から右回りに、ミックスホルモンのちゃんちゃん焼・和牛レバーのコンフィバゲット添え・ゴーヤーのナムル・(多分)白菜キムチ、そして真ん中はタケノコ(大動脈)と筍の木の芽和え。それぞれ手間がかかってるアテを、これだけバラエティ豊かにリーズナブルにいただけるのは貴重。
 

IMG_0854
そして〆はハラミカツサンド(1500円)。いつもあるとは限らないし、あっても数量限定のこのメニュー、何故か僕は遭遇率が高く運良くこの日も出会えました。もうなんともすごいとしか言いようがありません…

しばらく来てなかったのでそのうち来ようとずっと思っていました。それが残すところもう1ヶ月弱でお別れになってしまうとは…
何度も何度も思いますが、行きたいと思う店には行きたい時に行っとかんといけません。このハラミカツサンドに出会えるのも今回限りかも。いずれにせよ、閉店までにまた来るつもりです。
 

今年も青春18きっぷで冬のトミーツアー(福井市)

IMG_8691
この数年恒例になっている冬のトミーツアーに今年も行って来ました。メンバーは*あきこさん*・だいこんさん・こばやしさん・しげるさん・えて吉さんと僕の総勢6名。今年の夏のツアーから青春18きっぷを各自で手配してもらっているので自由がきくようになり、だいこんさんは前日入り・しげるさんとえて吉さんは福井の後金沢まで脚を伸ばして一泊されていました。福井駅からはこれも恒例となった100円バスに乗ってトミーに向かいます。
 

IMG_8693
この時期、天候が悪くなると電車のダイヤが乱れるのが心配だったのですが、無事予定どおり到着。三宮あたりからでも乗換1回だけで福井まで来れるんだからすごいもんですなあ。
 

DSC05189
お店の皆さんにご挨拶して、席についてとりあえずはおまかせでオードブルの盛り合わせを。出てきたのは定番のスモークサーモン・鴨の燻製に加えて、なんともものすごい中トロ、そして小さなイカのミミの甘辛煮が載っかったママカリのエスカベッシュ。ママカリは岡山のものってイメージなんですが、福井でもたくさん採れるそうです。どれもおいしかったんですが、特に中トロは「なんやねんこれは!」というような代物で、メンバーの皆さんも驚いてはりました。出だしからすごいもん食べさせてくれます。
 

DSC05192
いつもワインは赤をお願いするところ、今回は人数が多いこともあり、まずは白でスタートしその後赤にチェンジすることに。このワイン、個人的にはとても好みでした。
 

DSC05196
続いて、以前お願いして印象に残っていたオニオングラタンスープを、各自少なめで一つずつ。手間がかかるので事前にお願いしておいた甲斐がありました。やっぱりこれいいなあ。
 

DSC05198
そしてツアーの目的であるセイコガニコロッケが登場。セイコガニが解禁される時期のうち、11月の半ばから12月の末頃までしか味わえないこちらのスペシャリテのうちの一つです。

IMG_8702
カットすると、カニの身・内子・外子がみっちり。カニミソやらカニ殻から取ったフォンもたっぷり使われており、ソースはアメリケーヌとまさにカニだらけというかカニ以上にカニ。自分でセ(イ)コガニを剥いたことがあるならおわかりの通り、これ一個作るのにどれだけ手間がかかることか。今回で僕は5度目ですが、食べる度に感心し濃厚な旨味にドップリ飲み込まれてしまいます。今回は白ワインが格別に合ってたような気がするなあ。
 

DSC05201
以降はそれぞれのリクエストにお応えしてということで、こちらはbyエビフライ好きの小林さん。でっかくてブリッブリッのが2尾、もちろん頭もしっぽも全部いただきましたよ。何気に添えてあるタルタルソースも真っ当においしい。
 

DSC05211
これは誰のリクエストってこともなく、ここに来たら外せないビーフ&タンシチューの相盛り。唯一無二のドミグラスソースが黒光りし、相変わらずの旨さ。これが相変わらずってのは、本当にすごいことで稀なことなんだけどなあ。
 

DSC05215
続いてのリクエストは、未食のポークチャップをドミグラスソースで。トミーのポークカツが安くておいしいのでこれも食べてみようってことだったんですが、肉質の良さをストレートに感じることが出来ました。
 

DSC05219
そしてたまたま週替わりメニューだったタンのクリームコロッケ、売り切れ前のを、2個だけ確保しておいてくれました。人数が多いと色々食べられて嬉しいなあ。
それにしてもここの付け合わせのじゃがいも、なんでこんなにおいしいんだろ。今度シェフに訊いてみよっと。
 

DSC05226
〆のデザートは、盛り合わせ以外に僕リクエストでチーズケースを。プリンもチーズケーキもどっちも食べられて良かった〜

さすが6人ともなればかなりな品数食べることができて、いつも以上に満足度が高かったです。この他にもマル秘の一品やお酒が出たりして、いやほんとにそれはそれは凄かったのでした(^^)

で、いつもなら今度はいつ来れるんだろう、春の青春18きっぷのころかなあなんて書くんだけど、今回はそうではありません。なんとアホなことに、この翌週また妻と来たのでした!(近日公開)
 

晩秋の長野旅行(2)〜目的地は「タベルナロッサーナ」(長野市・権堂町)

DSC03018
いつごろどうして繋がったのか記憶にないのですが、Twitterで知り合ったkeiさんがちょくちょくツイートするお店の料理があまりにおいしそうで、いつか行ってみたいと思っていた願いがやっと今回叶いました。目的地は「タベルナロッサーナ」。事前にわかっていたのは住所や営業時間などの他、レストランではなくワインバー・完全予約制・初回予約時は店主(愛想なしw)に電話する必要あり、などごくわずか。一緒に行ったえて吉さんなんてほとんど何も知らずに僕に連れて行かれたようなもんで、ほぼ丸腰のままkeiさん経由で予約をお願いしたのでした。
 

IMG_8265
オープンして2年、それ以前にも長野市内やら東京都内でお店をやってらっしゃったことは知っていました。店内はカウンター8席と奥のテーブル席。店主お一人でやってらっしゃるので、自ずとカウンターがメインになります。後になって異例だとわかったのですが、僕らは料理もワインもまるっきりお任せにしたので、何が出てくるのか・値段はいくらなのか何もわからないまま。でもこれまでのkeiさんとのやりとりで絶対にアタリだと確信していました。事前にこちらからお伝えしていたのは、二人とも好き嫌いはなし・ワインは好きだが全く詳しくない、この2点のみ。こんなのでここに来ても良かったんでしょうか(爆)
 

DSC03019
まず手始めに泡でもいきますかということで、カウンターのグラスに注がれたのが…

DSC03020
Ri-Fol Ezio Cerruti  以下同様に、詳細を僕に訊いても「おいしかった」としか答えられませんので悪しからず。
 

IMG_8258

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

で、出て参りました、keiさんのツイートで何度も見てきたオードブルの盛り合わせ。中身は日替わりで、なおかつヘビーユーザーと初心者では内容が違うのだそうです(ヘビーユーザーに同じものを食べさせないため)。店主が説明してくれたものの、種類は多いし手が込んでいるので全く憶えられない。帰ってきてからこのままではブログネタにしにくいなあと困っていたら、なんとkeiさんが事細かに料理内容を送ってくれました!親切ぅ〜
以下、送っていただいた内容を元に引用させていただきます。

まずは前菜。手前六時から左回りで。
・鱸のマリネ、自家製アリッサ入りアリオリソース。鱸には細かなエシャロットを纏わせ、上にイタリアンパセリを。
・水蛸の燻製。生の水蛸をさっと炙ったあと軽い燻製にし、粗めの黒胡椒がりがり、小川さん(オリーブオイルのインポーターで店主の古い友人)とこのオリーブオイルをかけ回して。
・鶏白レバーのヴェネト風煮込み。マルサラ酒というデザートワインとして使われる甘口のワインと多種のハーブでこっくり煮たもの。水は一滴も使いません。
・柿のススカイ。甘くて辛くて酸っぱいカリブ料理で本来はマンゴーで作りますが、とろり甘い晩秋の柔らかい柿で。辛みは八幡屋礒五郎さんの一番辛いバードアイ。
・蕪のブロード煮、ゴルゴンゾーラのソースをたっぷりかけて。
・パプリカのペぺロナータ。タイムを効かせた、皿の中の色味のバランスであり箸休め的ほっこり惣菜です。
・鰆のカルピオーネ。強い目に揚げた鰆をたっぷりの香味野菜と甘酢に漬けて。
・真ん中にあるのが、大根のインド風カクテキ。長野市の採れたて甘い大根を、マンゴーのアチャール(野菜や果物で作るスパイスたっぷりのインドのお漬物)で漬けたもの。
・インド風カクテキの右下に丸い濃い色の物体が見えますが、店主はすでに忘却の彼方に。黒アワビ茸のマリネか、茄子の赤ワイン煮かと。。。

どうっすか?こんなの憶えられるわけないでしょ?w お店ではここまで詳しい説明はなかったので、余計に解説がありがたいです。料理の品数は多いしバラエティ豊富だし、とにかくどれもこれもウマいとしか言いようがない。ボリュームもけっこうあるので、この一皿でワイン5、6杯くらいイケてしまいそうなほどの強力さに、やはりわざわざ来て良かったと痛感。特に印象に残ったのはどれかと問われたら、強いて言えば蕪ですかねえ。レバーもカクテキも良かったなあ。
 

長野
空いたグラスをカウンターに置くと新たなワインを出してくれるシステムになっていて、上のオードブルに続きこの後出てくる料理に合わせて次々といろんなワインが出てきます。
Les Bouillons/Nicolas Bertin/Angiolino Maule Sassaia/Camillo Donati Ovidio/Talo Negroamaro Cantine San Marzano/Talo Salice Salentino San Marzano/Barbera D’alba Vacca
あんなに凝ったオードブルが出てきても、あくまでこちらの主役はワイン。無理せずとも自然に次から次へとグラスが空になっていくんですよ。なんやかんやと色々よう飲みましたねえ〜
 

IMG_8260
オードブルに続いての料理もお任せ。食べ具合・飲み具合を見ながら店主が次々と出してくれます。

北イタリア、アルトアディジェの郷土料理「トローテ インブルー」の穴子版。
店主がさばいた穴子の内臓を洗うときから白ワインを使い、ハーブと白ワイン・ヴィネガーを加えてオーブンでゆっくり煮込みます。仕上げはアクセントに実山椒の塩漬けとパルメザンチーズを。穴子の脂気と薄い酸味で白ワインがすすむ皿。

穴子好きなのでしょっちゅう食べてますが、こういう食べ方は初めてで新鮮でした。
 

DSC03042

ヤリイカのイカ墨煮。あらかじめ作ったイカ墨ソースで、クスクスを中に忍ばせたヤリイカを煮たもの。

この辺から白から赤ワインにシフト。イカ墨ソース自体がうまい上に、イカへの火の入り加減がバッチリ、柔らかくてイカっぽさ豊か。
 

IMG_8267

鴨のロースト、カルヴァドスと紅玉の林檎ジュースのソースで。日本酒の「しずく取り」のように、林檎の自重だけで落ちた雫を集めた贅沢な林檎ジュースを使用。鴨のガラや筋でとったフォンと、シェリーヴィネガーを煮詰め、林檎ジュースとカルヴァドスを足してソースに。付け合わせは、紫芋のオーブン焼き。

IMG_8269
フルーツ系のソースと鴨の組み合わせはやはり鉄板。加えて皮も身も火の通し加減が絶妙、写真を見るだけでもゴクリと喉が鳴ります。「料理も出すワインバー」とはなんとご謙遜な表現でしょうか。
 

IMG_8271

ドルチェはゴルゴンゾーラと幾つかのドライフルーツのパウンドケーキ&濃厚チョコレートケーキに、たっぷりラムを使った栗の渋皮煮に、伝説のグラッパ職人レーヴィのグラッパを入れた生クリーム載せ。

DSC03051
ドルチェに合わせてピノー・デ・シャラント(Pineau des Charentes)。ブドウ果汁にコニャックをブレンドして熟成させた甘い味のワインのようなものだそうで。〆にチョコレート系のケーキ、好きなんですよ〜

総括すると、(基本的に)店主一人でワインの仕入や管理から料理に至るまで、ここまでやるのはただただすごいなあとしかいいようがありません。詳細に感想を書くのなんて無理、ワインも料理もそこまでのものとはわかってない僕なんかが飲んだり食べたりしていいのか。…なんてことはしょっちゅうなので、まあいつもどおり楽しくおいしく飲み食いできて良かったなあとしか思ってないんですけどね。

以下補足。

  • 初回は必ず電話で予約が必要、2回目以降はもっと簡単でいいそうです。
  • 初回はいきなりお任せではなく、ワインや食べ物の好みを伝える必要あり。僕らみたいな丸投げはレアケース。
  • 本来はオードブルとおまかせワイン2杯がベースで、それがなんと3000円!(なんかおかしいんとちゃいますか…) 以降、好みでワイン・食べ物を追加していくことができます。

わざわざ長野まで足を運んで来た甲斐がありました。残念ながらkeiさんにお目にかかることは出来ませんでしたが、またいつかどこかでお話しできる日が来ることでしょう。丁寧な解説、本当にありがとうございました。もちろん店主にも感謝、是非また再訪したいなあ。
しかし毎度ながら思うのですが。地方に行けば行ったでいろんな店があるもんですなあ。これだから旅はやめられません。生涯旅人希望。

{お店データ}
電話:080-1168-5734
住所:長野市鶴賀権堂町2337
営業時間:[水~土] 19時~25時 [日・祝] 14時~20時
(完全予約制)
定休日:月・火
 

東京一人旅(6)〜旅の〆はLista/リスタ②で(東京・新中野)

2018-06-20 12.30.32
最終3日目の朝は宿でゆっくりし、遅めのランチタイムに新中野のリスタ②へ。去年の冬以来で通算三度目なのにすでに常連気分で、東京に来たら必ず寄りたいお店になったのも、「赤ひょうたん」が取り持つ縁。雨模様だったので、写真に傘が写ってしまったけど、まあこれはこれでいいか。
 

2018-06-20 12.35.53
シェフとマダムにご挨拶して、何はともあれ泡。他のお客さんもいらっしゃるので、とりあえずおとなし〜くちびちび飲みながらメニュー検討開始。
 

2018-06-20 12.33.15

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

新中野の青梅街道からちょっと路地を入った立地で、この内容のランチが1000円とはひいき目なしですごくリーズナブルだと思います。基本イタリアンのお店なのに、若布とかニラとか使ってるのが面白い。
 

2018-06-20 12.40.16
まずは前菜・具だくさんの野菜サラダはほんとに具だくさん。野菜サラダの上になんだかんだ載っかっている具で、充分お酒のアテにもあります。トマトソースっぽいのはカポナータ、これが特に旨かったです。
 

2018-06-20 12.51.162018-06-20 13.00.45
最初の泡だけで足りるわけもなく、おまかせで赤ワインをお願いしました。昼間っから飲めていい気分〜
 

2018-06-20 13.14.07
そしてパスタは、旬のニラと豚バラ 黒胡椒パルミジャーノ リガトーニ(ペンネを太くしたようなショートパスタ)。シンプルに素材をぐわっと盛り合わせただけといえばそれまでなんだけど、具材の組み合わせと加減が達者なんですよねえ(生意気言ってスミマセン)。ニラがいいアクセントになってて、面白い一皿でした。
 

2018-06-20 14.28.08
別途食後のデザートをいただく頃には、ランチタイムの営業時間は終了。他のお客さんがいなくなってからシェフもマダムも僕のテーブルに座って、なんだかんだと積もる?話を色々おしゃべり。結局お店には2時間くらいいたかなあ。おっとりしたマダムはもちろん、一見強面に見えるシェフも実はすごく面白い方。もし僕が東京在住なら、しょっちゅうここに来てると思います。

これにて東京エントリは終了。一人旅とは思えないほど、いろんなものを食べていろんな人に会えた2泊3日でした。東京に住みたいとは思わないけれど、年に2,3回遊びに来られるのがベストなんだけどなあ。