「酒」カテゴリーアーカイブ

「糀とわたし。」(大阪・旭区清水)

IMG_1534
いつもあちこち一緒に飲み食いしているこばやしさんの奥様・ゆっきーさんには僕も何度かお目にかかったことがあります。そのゆっきーさんが以前から念願だった店をオープンされたということで、*あきこさん*・えて吉さんの3人でそのお店「糀とわたし。」に伺ってきました。場所は大阪メトロ今里線の清水駅から徒歩5分ほど。生まれて初めて降りる駅で全く土地勘ありませんでしたが、駅から行きやすい場所なので迷うことなくあっさり着くことができました。

IMG_1537
お店のサイトから引用すると

住宅街にひっそりと佇むそのお店は、糀の魅力にとりつかれた店主のつくる「魔法の糀調味料」を使ったお酒にあうお料理とおいしい日本酒に出会えるまさに隠れ家!!完全禁煙の店内で靴を脱いで日ごろの疲れをゆっくりと癒してくださいね

というのがコンセプト。

一度先に行ったえて吉さんのブログでお店について詳しく書かれているので、そちらを先に読んでいただいたほうがどんなお店なのかわかりやすいと思います。
こんなの食べたよ:知り合いが新規開店した禁煙居酒屋「糀とわたし。」@旭区清水
 

IMG_1541

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

お店のメニューは、希少な豚を使った各種料理や店主が本場四川に行くほどハマっている麻婆豆腐などの看板料理ほか色々。当然日本酒も各種揃っています。

IMG_1548
こちらは清酒と日本酒の相性表。料理の素材や味付けと、清酒の味わい・温度との関係について解説されています。
 

IMG_1560
スタートはいきなり迫力ある、希少豚を使った低温調理ハム・燻製・ローストの贅沢肉盛り(1380円)。黒のシックなお皿の上に載っかった3種の豚料理と、人参ドレッシングかかかった色鮮やかな野菜のルックスが、ドーンとストレートに訴えてきます。同じ豚ながら3種それぞれの味わい、どれもおいしかったけど、敢えてどれか一つと言われたら僕は低温調理ハムですかねえ。人参ドレッシングも良かったです。
 

IMG_1562
こちらは日替わりメニューのしめ鯖(480円)。浅めに漬かっていて見た目も美しい〜(どうぞ写真をクリックしてアップでご覧下さい)
 

IMG_1564
こちらも日替わりメニューで、豚バラネギ塩糀ダレ(580円)。豚料理は2つ目ですが、まだまだいけます。
 

IMG_1569
そしてこちらも看板メニューの一つ、鉄板麻婆豆腐(880円+辛さ1アップ50円)がバチバチと音を出しながら登場、1アップで僕でもラクラクな辛さでしたが、辛さだけではない奥深い味わいはさすがのこだわり。これ、もうちょっと辛いのでお替わりしたかったなあ。
 

IMG_1571
続いても鉄板メニューで、長芋と味噌のとろとろグラタン(680円)。麻婆とは全く別系統の優しい味でモードチェンジ。
 

IMG_1574
再び豚料理に戻って、肉好きのための極厚とんぺい焼(1280円)。とんぺい食べるの久しぶり、肉厚でウマ〜

IMG_1575
かかってるソースは大阪の地ソース・ヒシ梅のタマリソース。名前は聞いたことがあるけど、食べるのも見るのも初めてでした。
 

IMG_1578
最初はビールだったけど、せっかくなので日本酒をお願いしました。こちらは岡山県倉敷市児島の「ことのわ 特別純米無ろ過生原酒直汲み」。児島の名産品・デニム製のラベルが使用されています。

IMG_1552
それぞれのお酒にこのような説明書きがメニューに書かれています。味わいの説明・おすすめの温度・爽〜甘/軽〜重/澄〜香の指標など、選ぶ際の参考になるよう色々書いてくれてて親切。
 

IMG_1581
ちょいとしたアテが欲しくて、酒盗クリームチーズ(480円)。

IMG_1582IMG_1584
〆のココナツチキンカレー(680円)にはらっきょ付き。僕はらっきょ好きなもんで、単品でもお願いしました。

3人にゆっきーさんも交え、色々話しながら楽しくおいしくたくさん飲み食いできました。僕は地理的になかなか行きづらいのでしょっちゅう伺うのは難しいかも知れませんが、食べ逃したメニューやらリピートしたいメニューやらもあるし、是非また伺いたいです。

{お店データ}
住所:大阪市旭区清水4-12-5
営業時間:平日17時〜22時 土曜14時〜22時 日祝14時〜20時
定休日:木曜・第3日曜・その他臨時休業あり

※この場所で料理教室もなさっています。すごくタフ!
 

さくっと「いち」(神戸・JR兵庫駅南側)

IMG_1293
ブログネタは溜まっているのですが、なかなか書く時間がありません。そんなわけで?昨日行った「立ち呑み厨房いち」ネタをサクッと。
 

IMG_1281
普段は京都在住の友人が急に神戸に帰ってきていると連絡があったもんで、別の店から移動して落ち合いました。二軒目ゆえ飲み物は軽くガリチューハイ(360円)で。プレーンチューハイに甘酢漬けショウガがドカッと入ってます。
 

IMG_1283
海老好き友人のためにサクサク衣揚げ(320円)は、いつ食べてもおいしい定番。
 

IMG_1285
海老連発でシンガポール風チリペッパー炒め(390円)。暑くなってくるとこういうのがいいですなあ。
 

IMG_1291
麺類は敢えて大好きな「台湾ミンチと焦がしラー油の混ぜそば黄味のっけ」ではなく、中華カレー牛肉焼きそば(390円)。辛さはそれほどではなく、スパイス効いてて野菜たっぷりでした。

二軒目だったので、注文数は圧倒的に少なめ。おいしかったけど「もっと食べたかった欲」が湧いてしまったので、近々再訪せねば。

 

3泊4日沖縄の旅(7)〜牧志せんべろゾーンの「肉バル透(トオル)」(那覇)

このゾーンに来た本来の目的はせんべろではなく、実は肉。沖縄では飲んだ後の〆にステーキを食べる習慣があるくらいなんで、国際通りにも観光客目当てのステーキ屋があちこちにあります。でもそんなところではなく、市場近くのこのゾーンなら(せんべろでなくても)安くていい店があるに違いないと探していたら、良さげな店に出くわしました。
 

R0001539R0001484
雑然とした雰囲気の中にあって、店からはみ出したテーブル席とその奥にはバーカウンターが見えて、ややオシャレ系な「肉バル透」。個人的には外観はあまり気にしてないんだけど、なんとなくピピッとくるもんがあったんです。
 

R0001520

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

店頭の立て看板を見ると、値段はリーズナブルっぽい。あぐー使ってて手作りってのもいい。

R0001518
元々は斜め向かいの肉屋さん・丸高ミートの一角で飲食もやってたのを、こちらの店に拡大したそうです。どうやら丸高ミートはお父様のお店で、店主の透さんは息子さん、もう一人の女性もご家族っぽく、肉屋直営で同族経営となれば、アタリの匂いがプンプン漂ってくるじゃないですか。
 

R0001485

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

さすが肉屋直営、メニューの9割方が肉メニューです。一番高いのでも一品1800円とお手頃。
R0001486
バルっちゅうくらいなので、ドリンク類も豊富。ウイスキーの種類が多いしカクテルもあるし、ハブ酒まで揃ってます。
 

R0001506
最初に生ビール飲んで、食べるのは肉だらけのつもりだったので、チマチマオーダーするのではなく一番安い赤ワインフルボトル(2200円)をイっときました。結果的にこれで正解。
 

R0001502
肉喰う気満満だったので、迷うことなく一発目に一番高いメニュー・もとぶ牛ステーキ(イチボ)1800円でスタート、これを見てこの店がアタリであることを確信。

R0001504のコピー
120gなのでサイズはそれほどではありませんが、丁寧にカットされた断面から見える焼き色がそそるそそる。すり下ろされたわさびも好感度アップ。塩胡椒されたのにわさびをちょびっと載せて食べてみると、噛み心地は柔らかではあるけれど少しサクッと、香りよく肉汁甘〜い。やっぱり見た目通りかなり上質です。妻と二人であっという間に平らげたのは言うまでもなく、この肉質でこの価格は超お買い得、さすが直営。
 

R0001511
続いてのあぐーハンバーグ(700円)は、直径はそれほどではないけれど厚みがあってコロッとしたタイプ。カットしてみても油はそれほど流れ出さず、僕の好きなみっちり詰まったタイプでした(アグーほぼ100%?)。洋食屋さんじゃないのでどこまでソースに手がかかっているのかわからないものの、みっちりしたハンバーグとのマッチングも良かったです。
 

R0001530R0001532
こちらはベーコン巻(2個350円)。中は鶏ミンチで、上に載ってるのはチーズと刻んだピクルスだったっけ。あっさりな鶏ミンチとベーコンを合体させ、リーズナブルでおいしいアテになっています。
 

R0001536
こちらは黒板メニューにあった牛ヒレ串(2本600円)。思ってよりでっかくて食べ応えがあったので、名物のあぐージャンボ焼売までたどりつけませんでした…

どのメニューもおいしくてリーズナブルで(何度も書くけど)さすが肉屋直営。素材がいいだけでなくちゃんと調理されてて、かなりレベルが高いです。黒板メニューもあるし、とにかくまだまだ食べたいものだらけで、那覇じゃなかったら喜楽に行けるのになあ、また行きたいなあ、でもせんべろも行きたいしなあ、となったらまた沖縄に行くしかありませんな!

※このゾーン、国際通りに近い割りには今のところまだ観光客が少なそうです。どうぞお早めに。

{お店データ}
住所:沖縄県那覇市松尾2-11-16
電話:098-863-2087
営業時間:18時~23時
定休日:不定休

なんと5月29日で閉店「ほるもんBarおかだ」(大阪・大正)

 
先日このツイートを見てぶっ飛びました。あの「ほるもんBarおかだ」が閉店してしまうとは!
 

IMG_0843
とにもかくにもまず行ってみました。まだそれほど閉店情報が伝わってないせいか、店内は至ってフツー。まずはギネス(600円)とホルモン串(一本140円)で。
 

IMG_0844
知人を待つ間にブロッコリーのナムル(250円)で時間調整。ここは野菜メニューもおいしいんですよねえ。
 

IMG_0846
知人が追っかけ到着してきたので、赤ワインにチェンジ。僕好みのしっかりめの赤、ワインには全然詳しくないんですが、最近何故かシラーと縁があります。
 

IMG_0848
この日は特別いいタンが入ったとのことで、ちょっと贅沢してタン刺し(1250円)。サクッとした食感はイメージ通り、噛むほどに溢れる旨味は予想外。これすごかったなあ、
 

IMG_0853
そして続いてのほるもん屋のオードブル5種盛り(900円)がこれまたすごかった。プレートの上から右回りに、ミックスホルモンのちゃんちゃん焼・和牛レバーのコンフィバゲット添え・ゴーヤーのナムル・(多分)白菜キムチ、そして真ん中はタケノコ(大動脈)と筍の木の芽和え。それぞれ手間がかかってるアテを、これだけバラエティ豊かにリーズナブルにいただけるのは貴重。
 

IMG_0854
そして〆はハラミカツサンド(1500円)。いつもあるとは限らないし、あっても数量限定のこのメニュー、何故か僕は遭遇率が高く運良くこの日も出会えました。もうなんともすごいとしか言いようがありません…

しばらく来てなかったのでそのうち来ようとずっと思っていました。それが残すところもう1ヶ月弱でお別れになってしまうとは…
何度も何度も思いますが、行きたいと思う店には行きたい時に行っとかんといけません。このハラミカツサンドに出会えるのも今回限りかも。いずれにせよ、閉店までにまた来るつもりです。
 

東京テケトー旅(2)〜ロケハンの結果「あのじ」で(五反田)

初日の夜は娘と合流することになっていたのですが、場所も時間もちゃんと決めていませんでした。で、昼間に初めて五反田をウロウロしていたら、けっこうな繁華街だということが判明。娘宅にも今回の僕らの宿にも便利なこともあり、このへんでええやんということになりました。
 

IMG_0176
一旦宿にチェックインしてから改めて早めに五反田に戻り、駅周辺をロケハン。いくつか良さげな店をピックアップした中から「あのじ」を選んでみました。
 

R0000581

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

店内はカウンター席とテーブル席があり、(多分)ご夫婦二人でやってらっしゃる様子でこぢんまり。一人飲み・少人数グループ・女性オンリーなど、様々気軽に使えそうな感じです。
 

R0000559R0000560
日本酒・焼酎・泡盛など酒類の種類豊富。けっこう良さげ(高め)なのが多いので、がんがん飲むよりじっくり楽しむ系な飲み方のほうが良さそうです。
 

R0000553
紙製のランチョンマットに書かれた絵は、手書きなんでしょうかねえ。イカ・桜・豚?がなかなか味のあるタッチで描かれていました。
 

五反田
まずは瓶ビールからスタート、ホタルイカは付きだし。ポテサラは500円でボリュームたっぷり。蓮根の天ぷら(500円)は堅くて噛み応えがあって素材良し。らっきょう(350円)は自家製、だし巻き玉子(500円)に甘味が入ってないと妻は驚いていましたがこれはこれであり、さといも土佐煮(480円)は糸かつおたっぷり。
どれもお手頃価格でていねいに作られており、予備知識なしで飛び込んで大正解でした。
 

R0000574
続いて、娘リクエストの馬タン(1000円)。いつの間にか馬肉好きになってたとは知らんかった〜
馬刺しは何度か食べたことがあるけれど、タンの、それも刺身は初めて。堅くもなく臭みもなく、サクッとした噛み応えで甘味があって旨かったですねえ。
 

R0000577
これも娘リクエストの穴子天(1200円)、穴子好きは前からなのは知ってました。中骨もカラッと揚げられていて丁寧。今回は頼みませんでしたが、お造り系も色々と揃えてはります。
 

R0000580
ビールからスタートして、僕は焼酎・妻は日本酒・娘はハイボールとそれぞれ好きなように楽しんでいたところ、最後に妻が珍しく豆腐よう(400円)を注文。これが予想外の上物で3人ともめちゃ気に入り、締めを飾る大ヒットでした。どの料理もおいしかったとはいえ、こんなのに出会えるとはなあ。わからんもんです。

おいしくてコストパフォーマンスが良くて気軽にお店に入れて、お酒の種類も豊富。お昼時はランチもやっているそうで、これはいいお店に当たりました。五反田に来る機会があれば今度はお造りをいただきたいですねえ。

{お店データ}
住所:東京都品川区東五反田1-24-16
電話:03-5791-1888
営業時間:11時半~13時半、17時半~23時
定休日:土日祝