「中華」カテゴリーアーカイブ

またもや施家菜でランチ(神戸・ハンター坂)

20150827施家菜
先日ランチコースを食べておいしかったもので、またもや妻と一緒にやって来ました「施家菜」。

20150827施家菜
今回は前回みたいに昼間っから豪勢なおまかせコースではなく、ランチセットをいただきました。妻はCの香港式飲茶セット、僕は最初の写真のメニューボードに出ていた同価格のスペシャルランチをイってみることにしました。

20150827施家菜
まずはセットメニュー以外に皮蛋単品をオーダーして、ビールをゴクリ。メニューに出てなかったけど食べたかったので頼んだらこういう感じで出してくれました。皮蛋、好きなんです。

20150827施家菜
香港式飲茶セットからご紹介しましょう。「特選前菜四品盛り」は左から順に蒸し鶏・野菜の湯葉巻き揚げ・ナスミンチ添え・大根餅。量はそれ程ではなくても、それぞれ手が込んでいて密度が濃い一皿、盛りつけもしゃれています。

20150827施家菜
続いて香港式点心三種盛りは、海老シュウマイ・牛肉シュウマイ・豚肉と海老(多分)のシュウマイ。後者二つは定番のようですが、やはり牛肉シュウマイはかなり「肉喰った感」があります。

20150827施家菜
お粥はしっかり目の味付けで、海老・豚肉・レタスがお粥の中に沈んでいます。もう少し薄めの味付けで量多めならよりいいかも。

20150827施家菜
続いてはスペシャルランチで、まずはスイートチリソース・醤油・ショウガタレが運ばれてきます。

20150827施家菜
あっさり味の、冬瓜とキノコのスープ。このスープはなんなんだろ、素朴でじんわり来て、見た目地味だけどむしろメインより印象的でした。

20150827施家菜
そしてメインのチキンライスは、当然しっとりしてて、品のいい香り豊か。ちょこっとタレも使ってみましたが、結局はほとんど何もつけずにそのままでいただいてしまいました。それほどいい香りだったってことで。

20150827施家菜
セットにデザートは含まれていなかったので、単品で杏仁豆腐を追加。トッピングの配色がカワイイ。前回同様、香りがはっきり効いてて好みでした。

がっつりワシワシ食べたいのではなく、ゆったりと少しリッチに過ごしたい気分だったので(僕の誕生でした)、いいお店を選択したと自己満足。ランチセットは少しずつ色々食べられていいんだけど、もう少しドカッと食べたい!と要求不満気味になるのは欲が深いというもんでしょうねえ。


紅葉園で昼飲み(神戸・サンプラザ)

20150817紅葉園
昼からなんかちょっと食べてビール飲みたい気分の休日、この日はサンプラザ地下のごちゃごちゃしたゾーンのどこかへ行ってみたくてウロウロしていたところ、以前から知ってたけど未訪な「紅葉園」に入ってみてみることにしました。

20150817紅葉園
店内はテーブル席何卓かとカウンター席でこぢんまり。ランチパスポートを使ってるお客さんがチラホラいるようですな。

20150817紅葉園
20150817紅葉園

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

お店の入り口に書いてあるように、こちらは中国東北地方系の料理がメインのようですが、餃子の種類が多い以外はあんまり東北系な感じはしませんなあ。それにしてもここんとこと中華とか餃子食べてる回数が多いと自分でも思います。夏の暑さのせいだろか。

20150817紅葉園
メニューを検討してると、今の気分にちょうどいいセットを発見しました。東北系なら水餃子を頼んでみたいところだけれど、初めてなので焼餃子でまっいいか。

20150817紅葉園
オーダーしたら、早速ビールと冷や奴を持ってきてくれました。冷や奴のサイズが結構大きく、なんか知らんが醤油もうまくてうれしい。このアテだけでけっこう飲んでしまいました。

20150817紅葉園
程なく焼餃子登場。タレは各自で作るのではなく餃子と一緒に運ばれてきて、これがけっこうピリッと辛目。餃子の皮は薄めパリッとではなく、やや厚めのもっちり系で皮そのものがうまい。もう少し皮をカリッと焼いててくれてたらより良かったですが、三宮界隈に何店かある神戸餃子系とは違った「皮重視系」もこれまたいいんじゃないでしょうか。焼もいいけど、水や蒸しだとどんなのか試してみたいなあ。

{お店データ}
電話:078-321-3828
住所:神戸市中央区三宮町1-8-1 さんプラザ地下1階
営業時間:11時半~16時 17時~22時 無休


アレが食べたくて紅宝石(神戸・トアウエスト)

20150825紅宝石
昭和56(1981)年創業、2代目シェフもいらっしゃる「紅(こう)宝石」には、これまでほんの数度しか来たことがありません。神戸には中華のお店が一杯あるので、人それぞれの馴染み以外にはなかなか何度も行けないんですよね。この日はあるものが食べたくって検索してみたら、ここのそれが面白そうに思えたので超久しぶりにやってきました。

20150825紅宝石

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

昔からメディアへの露出なども多く、知る人ぞ知る名店。かといってお高いメニューばかりでなく、ランチメニューを初めとして、気軽なのも豊富にあります。

20150825紅宝石
20150825紅宝石
店内メニューにもこれこの通り、それ程気合いを入れなくてもオッケーなものもずらり。もちろんこれ以外にも、写真を撮るのが大変なくらいメニューのページはまだまだありました。全部撮ってアげたら読むのが大変だろうなあ。

20150825紅宝石
入り口近くは各種席数のテーブルが何卓か、写真左手のお店の奥にも、宴会可能な円卓席があります。紅宝石とはルビーのことだそうで、店内は赤を基調とした調度で揃えられています。おめでたい色だからってのもあるんでしょうかね。

20150825紅宝石
この日食べたかったのは「冷麺」(864円)。冷麺で検索すると韓国風のがいっぱいヒットして、この日食べたかった中華風のはなかなか引っかかって来ませんでした。神戸では「冷やし中華」って言葉はほとんど使わないですからねえ。
一見具だくさんのいわゆる中華風冷麺に見えますが、変わってるのは酸っぱくないこと。鶏ガラベースかなんかのごく薄塩味のつゆがかかってて、具は海老・焼豚・錦糸玉子・胡瓜・トマト。麺は細めでもプチッと噛み切れるタイプで、好みでした。焼豚もつゆもあっさり目なので、超さっぱり。酢が入ってないので何だかもの足らない気もしますが、これはこれでありだし、猛暑の時期に食欲がない方には特に合ってるかも知れません。でも僕は夏バテ知らずなんで、そんなことに関係なくおいしくいただきましたがね。

{お店データ}
住所:神戸市中央区下山手通3-5-9 電話:078-331-6162
営業時間:11時半~14時 17時~21時 定休日:火曜


酢豚モードで噂の「餃子の王将」へ(神戸・御影)

20150815御影王将
予定外に仕事の終わりが遅くなってしまい腹ペコで家まで保たんのが確定な上、突然「酢豚食べたいモード」に入ってしまった某日、帰り道のどこで食べようかと思案してたら、そうや、他店とはひと味違うと噂の「餃子の王将御影店」に寄ってみようと思いつきました。

20150815御影王将
土曜の夜とは言え、21時近くの店内はほぼ満員、かつ持ち帰り待ちの列が絶えずで商売繁盛。一人だったので当然カウンター席へ座ったところ、事前情報どおり隣との距離があまりなく窮屈。かつ、椅子が動かないよう固定されているのでちょっと食べにくかったっす。せめて前後だけでも動ければなあ。

20150815御影王将
当然飲みモードだったので定食類はパスして、単品酢豚で迷いなし。王将だから当たり前と言えばそれまでですが、酢豚単品540円はやっぱり安いなあ。あと、珍しくも僕の好きな豚天があるのも嬉しい。今度来たらそれにしようっと。

20150815御影王将
ビール飲みながら待ってると、待望の酢豚登場。写真の一番上の方に見えるとおり、キュウリが入ってるのが珍しい。それ以外はなんちゅうか(悪い意味ではなく)フツーの酢豚、ただしコストパフォーマンス高いです。突然の酢豚モードを540円で癒してくれてありがたや。

20150815御影王将
王将に来たなら餃子を食わねばなりません。こっちを先に食べたかったんだけどあとで出てきたのがちょっと残念でしたが、これはうまかった。バリッといい感じの堅さに皮が焼けていて、アンもなんか知らんが他店よりいいような気がする。こちらの店では神戸らしく味噌ダレがあるので、それにラー油を足していただきましたが、回りの皆さんは酢醤油ラー油使用率が高いようでした。

隣のお客さんが食べていた炒飯が旨そうだったので思わず追加しかけましたが、時間が時間なのでなんとかガマンしました。次回は餃子・豚天・炒飯に、もちろんビールと行きたいところですな。(食べ過ぎ?)

{お店データ}
住所:神戸市東灘区御影中町1-13-8 電話:078-854-0682
営業時間:11時半~22時 定休日火曜


「いち」で相変わらず(神戸・JR兵庫駅南)

DSC00106

相変わらずではありますが、我が家全員大ファンなご近所中華+α・立呑厨房「いち」に妻と行ってきたので、記録としてサクッとあげておきます。(この写真は以前撮ったのを使い回し)

20140812いち

(こちらの写真も使い回し)まずはメニューにあれば注文率ほぼ100%、サクサク衣のエビ天(320円)でビールを。ぷりっとしたエビはもちろんのこと、さくとプワッとな中華風天ぷら衣が絶妙です。衣だけでももっと食べたいくらい。

20150808いち
さっぱり系の野菜ものが欲しかったので、夏らしく水ナスのネギ塩ポン酢カルパッチョ(290円)。中華がメインのお店とは言え、それ以外のものもなんだかんだ色々楽しませてくれます。

20150808いち
妻リクエストの油淋鶏(330円)。なんか知らんが彼女はこの店に限らず油淋鶏オーダー率高いような気がするなあ。

20150808いち
ポテサラ(260円)。こんな全くフツーのアテもあります。これはこれでうまい。

20150808いち
エビ天以上に、ここではこれを頼まずにはいられない本格四川麻婆豆腐(320円)。これまで何度も書いてますが、麻で辣で熱々でとにかくウマいウマい。本来は辛いのが苦手な妻も何故かここのは大好きで、辛くてしびれるこの本格派がこの値段なんだからほんとに有り難いというかなんちゅうか。一度ご飯にかけて食べたいと思いつつ、まだ果たせていません。

20150808いち
レギュラーメニューがおいしいもんでいつ来てもついついワンパターンになりがちなのを打破すべく、ほんとは〆にねぎチャーハン食べたかった気持ちを、唐辛子中華風焼そば(290円)に注ぎました。店内メニューによると麻婆豆腐が激辛でこれが辛辛なんだけど、こっちのほうが辛かったような気がするなあ。

ビールから初めて途中からはハイボールにスイッチ、量的には2人でこれならけっこう多めだと思います。いつもながらどれも安くておいしくって大満足、でも食べたいものが他にもあってある意味欲求不満。カウンターと2,3人用のテーブル数卓しかないのでなかなか難しいだろうけど、いつか大人数で行って色んなものバンバンオーダーしまくりたいなあってずっと思ってます。実現するには貸し切りしかないかなあ。