「中華」カテゴリーアーカイブ

初めての「ギョウザ専門店・悦記」(神戸・三宮)

20151115悦記
自主的休肝日2日間の後、仕事終わって翌日から休日の夜、とにもかくにも体が欲していたのは餃子とビールでした(よくあるパターン)。いくつか候補が思い浮かぶ中、ずっと前から幾度となく前は通ってるのに何故かご縁がなかった「悦記」をチョイス。JR三宮西側の高架下にあるのに看板の店名下に「南京町」と書いてあるのは、そちらに本店があるからでしょう。

20151115悦記
店内はこぢんまりとしていて女性一人で切り盛り、ギョウザ専門店と名乗ってはいても、その他の料理もあります。とはいえ凝ったメニューはなくごく一般的なものだけですが、店内の雰囲気同様日常的にサクッと中華を食べたい時にいいかも。

20151115悦記
すぐ近くにミンミンがあるし、周辺には低価格な立ち呑み・居酒屋・寿司屋などがひしめき合うゾーンゆえ、こちらも同様に懐に優しいのが嬉しいです。

20151115悦記
ビールは瓶ビール派なんだけど、安さに惹かれて生中+焼餃子2人前で850円のAセットをオーダー。1人前7個なのと羽根つきなので、見た目けっこうボリュームあります。

20151115悦記
餃子は皮薄め・あっさり・ややソフト。調味料各種ある中、せっかくなので神戸らしく味噌ダレでいただきましたが、このタレもややシャバめ(それが悪いというのではないです)。この日の気分はサクッと餃子食べて2軒目にハシゴしたい気分だったので、ちょうどいい感じでした。餃子の好みとしては、もうちょっとパリッとしてたほうが好みかな。
隣に座ってた中国系のおねーさんが、スリムなのにむっちゃ色々食べてたのが印象的でした。餃子もいいけど、豚足とか担々麺とか旨そう。他のお客さんがオーダーしてた炒飯も素朴に良さげだったし、次回は餃子以外でイってみましょうかね。

※神戸サウナが入ってるビルに、支店として「満満」を営業しているとの情報アリ。

{お店データ}
住所:神戸市中央区北長狭通1-31-17 17(東)号北側
定休日:木曜


単なる餃子屋ではない「餃子屋 社領」(神戸・三宮)

20151030餃子屋 社領
しんどい仕事帰り、大好きな赤萬に寄って帰ろうとしたらタッチの差で閉店。すでに餃子モードだったので、しょうがないと言っちゃあ失礼ですが、そういやこの辺りに餃子の看板を見かけたことがあったなと記憶を辿ると、ちょい西側の路地を入ったところにすぐ見つかったのが「餃子屋 社領」。これまで遠目に提灯を見た程度だったんですが、近くで見たらかなりな仮設感。店の正面向いてオープンエアーで調理してて、ほぼ屋台感覚なのがおもろいなあ。

20151030餃子屋 社領
店外では一押しで餃子をアピールしつつ、お店に入ればその他メニューも豊富。メニューの全部を撮れなかったのですが、例えばこちらのブログを参考にしていただければその豊富さと安さがお分かり頂けるはず。ラフな建物の造りにふさわしく?リーズナブルな値段設定が嬉しいです。

20151030餃子屋 社領
卓上の調味料は唐揚げ用の塩・ラー油・にんにく醤油・味噌。味噌は神戸でよくある餃子用の緩めの白味噌タイプかと思いきや、固め・辛目のにんにく味噌系(小皿にちょっとついてるのがそれです)。焼き餃子食べる時に酢醤油ラー油に加えてというより、別用途でしたな、これは。

20151030餃子屋 社領
何はともあれ餃子。水餃子も気にはなってたけれど、すでに焼餃子(1人前5個300円)モードに入ってたので2人前とビール。立派な羽根つきですが、個人的には羽根は不要なんです。アンたっぷり充実、値段に比してボリュームたっぷりで美味いしお得感満載で、これはお値打ち。焼きもいいけれど、次回は是非とも水を食べてみたいものです。

20151030餃子屋 社領
餃子だけで済ますのもちょっと物足らなかったので、唐揚げ3個(350円)を追加。えびせん付いて中身もコロモもソフトな感じ、予想通り1ピースが結構なサイズ。周りを見渡しても注文率が高いようで、そりゃこれなら人気あって当然って感じです。

1人前あたりの量が多いので、ありがたくも一人ではあまり種類が食べられまん。次回は是非とも人数集めて色々食べてみたいものです。候補としては、水餃子・蒸し鶏・上海焼きそば・チャーハン・台湾風卵焼きetc,etc・・・

{お店データ}
住所:神戸市中央区北長狭通2-3-4
電話:090-9275-8957
営業時間:18時~24時(日祝23時)
定休日:月曜日(祝日の場合は営業・翌日休み)


京都で中華ランチ〜ぎをん森幸(京都・岡崎南/祇園東)

20150921森幸
もう1ヶ月ほど前になりますが、シルバーウイーク中に妻と京都へ展覧会を見に行きました。めっちゃ混むのがわかっているので早めに自宅を出発し急いで美術館に向かった甲斐あって、それほど並ばずに済みました。どんどん人がやって来る岡崎ゾーンをあとにし、さて昼ご飯。河原町に出ても混んでるだろうから、春に京都で泊まった時に前を通りかかって気になっていた「ぎをん森幸(もりこう)」に行ってみることにしました。

20150921森幸
店名に「ぎをん」ってついてますが、八坂神社より北側で東大路より東側。岡崎と祇園の中間あたりで大通りからもはずれており、お店の前を白川が流れる穴場チックな立地。シルバーウイークまっただ中のお昼時であってもあたりに観光客の姿は見かけず、並ばず入れて作戦成功。

20150921森幸
お店に入ってみて、おしゃれな調度にちょっとびっくり。壁一面に描かれた孔雀の壁画はどこかで見たタッチだなと思ったら、春に泊まった「京都トラベラーズイン」と同じく木村英輝さんの作品でした。関空にもこの方の作品があるんですね。この写真を見るとけっこう格式高そうなお店に思えるかも知れませんが、実際の店内の雰囲気は至って庶民的。フロアのおねーさんも元気よくオーダー通してて、気持ちいいくらいでした。

20150921森幸
お昼ご飯3種のうち日替わりランチは平日のみなので、初めてのお店ってこともあるし1000円のお弁当にしようかと思っていたら、中華好きの妻が「どうせだったらミニコース(税込2200円)にしよう」と言い出したもんで、これ幸いと採用。まず出てきたのはぱっと見で春巻きかと思いきや「もやしの湯葉巻き」で、おっ、なんかちょっと変わったもんだすなって感じでスタートしました。

20150921森幸
続いて「山芋と卵白のとろみスープ」。かなり淡泊な味付けなんだけど、ベースとなるスープそのものがおいしいし、いい器使ってるなあってことで、一気に期待感上昇。

20150921森幸
続いての「小海老の板春雨包み蒸し」で当たりを確信、どうっすか、このルックス。タレの海に浮かぶ透き通った物体、それらをびしっと引き締める濃いグリーンの器。小海老と板春雨、薄味のタレとのマッチングよし。ビール飲みながらのランチでしたが、これは紹興酒が欲しくなってきました。

20150921森幸
「若鶏ときのこの炒め」にはアンがからまっており、舞茸のシャクシャク感ととろみの対照的な食感が楽しい。鶏も良かったけど、この料理の主役は舞茸ですな。

20150921森幸
ここまではスタンダードな料理はなかったのに、ここでいきなりド定番な「酢豚」。これは僕の好みでしたねえ。揚げ加減やや深めな豚肉にからまるアンが、しつこくない程度に濃く酢にコクがあって甘味控えめ。久しぶりに旨い酢豚を食べたなあという気分でした。

20150921森幸
仕上げは炒飯なんだけど、蓮の葉に包まれて出てきます。こちらは開いたところ。恐らくは、炒めてから包んでおいて蒸せばサーブできるので扱いやすいって面もあるのではないかと想像しますが、シンプルな塩味炒飯に蓮の葉の香りが移って高級感あって、これは面白いアイデア。達者ですなあ。

20150921森幸
デザートの前に、コース外の一品を追加。他のお客さんが食べてた天ぷら盛り合わせがおいしそうだったもんで、えび天を。ややぷっくりしたコロモに花椒塩をチョイつけて、困った、ビールが足りません。

20150921森幸
そしてデザートはタピオカ入りココナッツミルクでフィニッシュ。一品一品の盛りはそう多くはないけれど、品数豊富でランチとして量的に充分満足できるものでした(海老天追加したけど)。どの料理もけっこう薄味ながら、足りない感は全然なし。重さがなく軽快にスイスイ入っていく感じで、これで2200円はとてもお値打ちだと思います。いやあ、これはいいお店だわ。

20150921森幸

ランチ以外のアラカルトメニュー、夜のコースメニューも興味津々。上の写真にマウスを乗せると矢印が出てくるので、クリックしてその他メニューもご覧下さい。広東料理がメインですが、若鶏の朝天辣椒炒めなんちゅう辛そうなのもあり。座敷席もあるし、多人数で是非とも再訪してみたいものです。

しかし毎度ながら京都っちゅうのは恐ろしいところですなあ。和食はもとより、洋食だって中華だってラーメンだってなんだって、すごいところがゴロゴロあんねんもんなあ…

{お店データ}
住所:京都市東山区白川筋知恩院橋上ル西側556
電話:075-531-8000
営業時間:11時半~13時半、17時~21時
定休日:水曜(祝日の場合は営業)


またもや施家菜でランチ(神戸・ハンター坂)

20150827施家菜
先日ランチコースを食べておいしかったもので、またもや妻と一緒にやって来ました「施家菜」。

20150827施家菜
今回は前回みたいに昼間っから豪勢なおまかせコースではなく、ランチセットをいただきました。妻はCの香港式飲茶セット、僕は最初の写真のメニューボードに出ていた同価格のスペシャルランチをイってみることにしました。

20150827施家菜
まずはセットメニュー以外に皮蛋単品をオーダーして、ビールをゴクリ。メニューに出てなかったけど食べたかったので頼んだらこういう感じで出してくれました。皮蛋、好きなんです。

20150827施家菜
香港式飲茶セットからご紹介しましょう。「特選前菜四品盛り」は左から順に蒸し鶏・野菜の湯葉巻き揚げ・ナスミンチ添え・大根餅。量はそれ程ではなくても、それぞれ手が込んでいて密度が濃い一皿、盛りつけもしゃれています。

20150827施家菜
続いて香港式点心三種盛りは、海老シュウマイ・牛肉シュウマイ・豚肉と海老(多分)のシュウマイ。後者二つは定番のようですが、やはり牛肉シュウマイはかなり「肉喰った感」があります。

20150827施家菜
お粥はしっかり目の味付けで、海老・豚肉・レタスがお粥の中に沈んでいます。もう少し薄めの味付けで量多めならよりいいかも。

20150827施家菜
続いてはスペシャルランチで、まずはスイートチリソース・醤油・ショウガタレが運ばれてきます。

20150827施家菜
あっさり味の、冬瓜とキノコのスープ。このスープはなんなんだろ、素朴でじんわり来て、見た目地味だけどむしろメインより印象的でした。

20150827施家菜
そしてメインのチキンライスは、当然しっとりしてて、品のいい香り豊か。ちょこっとタレも使ってみましたが、結局はほとんど何もつけずにそのままでいただいてしまいました。それほどいい香りだったってことで。

20150827施家菜
セットにデザートは含まれていなかったので、単品で杏仁豆腐を追加。トッピングの配色がカワイイ。前回同様、香りがはっきり効いてて好みでした。

がっつりワシワシ食べたいのではなく、ゆったりと少しリッチに過ごしたい気分だったので(僕の誕生でした)、いいお店を選択したと自己満足。ランチセットは少しずつ色々食べられていいんだけど、もう少しドカッと食べたい!と要求不満気味になるのは欲が深いというもんでしょうねえ。


紅葉園で昼飲み(神戸・サンプラザ)

20150817紅葉園
昼からなんかちょっと食べてビール飲みたい気分の休日、この日はサンプラザ地下のごちゃごちゃしたゾーンのどこかへ行ってみたくてウロウロしていたところ、以前から知ってたけど未訪な「紅葉園」に入ってみてみることにしました。

20150817紅葉園
店内はテーブル席何卓かとカウンター席でこぢんまり。ランチパスポートを使ってるお客さんがチラホラいるようですな。

20150817紅葉園
20150817紅葉園

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

お店の入り口に書いてあるように、こちらは中国東北地方系の料理がメインのようですが、餃子の種類が多い以外はあんまり東北系な感じはしませんなあ。それにしてもここんとこと中華とか餃子食べてる回数が多いと自分でも思います。夏の暑さのせいだろか。

20150817紅葉園
メニューを検討してると、今の気分にちょうどいいセットを発見しました。東北系なら水餃子を頼んでみたいところだけれど、初めてなので焼餃子でまっいいか。

20150817紅葉園
オーダーしたら、早速ビールと冷や奴を持ってきてくれました。冷や奴のサイズが結構大きく、なんか知らんが醤油もうまくてうれしい。このアテだけでけっこう飲んでしまいました。

20150817紅葉園
程なく焼餃子登場。タレは各自で作るのではなく餃子と一緒に運ばれてきて、これがけっこうピリッと辛目。餃子の皮は薄めパリッとではなく、やや厚めのもっちり系で皮そのものがうまい。もう少し皮をカリッと焼いててくれてたらより良かったですが、三宮界隈に何店かある神戸餃子系とは違った「皮重視系」もこれまたいいんじゃないでしょうか。焼もいいけど、水や蒸しだとどんなのか試してみたいなあ。

{お店データ}
電話:078-321-3828
住所:神戸市中央区三宮町1-8-1 さんプラザ地下1階
営業時間:11時半~16時 17時~22時 無休