「中華」カテゴリーアーカイブ

沖縄テーゲー旅7〜これはめっけもの「琉球ぱおず」(首里)

コザからバスに乗って那覇のホテルに戻り、一旦部屋で汗を流したあとは、ゆいレール2日間フリー乗車券を有効に使って、昨夜晩ご飯を食べた首里に向かうことにしました。

DSC06730
その目的は、事前にえて吉さんとゆるーく計画していた泡盛工場の見学。泡盛は沖縄県各地で造られており、その中でも首里では3ヶ所で見学が実施されているんです。その中から瑞泉をチョイス。えて吉さんも僕も初めての経験、工場内の写真撮影は出来ませんでしたが、泡盛の製造方法・楽しみ方・ちょこっと試飲などさせていただいて、とても有意義な時間でした。

DSC06765
見学が終わったのが15時過ぎ。首里の街をうろついているうちに先ほど試飲した泡盛が引き金になって、この日の夕飯には大ネタが控えているものの、その前にちょこっとビールでも飲みたいよなということになりました。でも、都合良く立ち飲みなんてあるわけもなく、ホテル近くまで戻らなしゃあないかとゆいレールの駅近くまで戻ってみると、前日も認識していた「琉球ぱおず」に遭遇。

DSC06766
店頭メニューを見てみると、こんな真っ昼間にも関わらず点心をアテに泡盛やビールを飲ませてくれるじゃあーりませんか。こりゃなんという酒の神様のご配慮、ここで呑んで行けとおっしゃってるに違いありません。

DSC06757
お店に入ってみると、女性一人客でも全然オッケーな感じのこぎれいな喫茶店風。都合がいいことに、飲茶とドリンクのセットメニューがあったので、3種の餃子・3種の揚げ物と泡盛のセットを1つずつお願いすることにしました。

DSC06752
5種の内から選んだ餃子3種は、確かゴーヤー・もずく・島唐辛子だったかと(他にイカ墨・キャロットあり)。最初にこれが出てきた時に、自然な色味と丁寧な包み方におっと思いました。食べてみると皮もっちりでおいしい。正直なところ全然期待してなかったんですが(失礼)。こりゃアタリじゃないかと思い始めました。

DSC06747-2
揚げ物3種は、海鮮リゾットとチーズが入ったライスボール・パリパリ春巻き・カレーパフ。うーん、やっぱりアタリだこの店は。3種それぞれすごくおいしかったんだけど、特に良かったのがカレーパフ。細かく丁寧に細工された月餅の皮みたいな生地にサクッとかぶりつくと、香ばしいスパイスの香りがホワ〜ン。揚げたてアツアツで生地とのバランスも良く、ちょっと驚くくらいのおいしさでした。カレーのことは詳しくわかりませんが、テケトーな有りものではこんな香りは出ないのではないでしょうか。

DSC06760
大ネタ晩ご飯が控えていたにも関わらず、小籠包(450円)を追加。こちらもきっちり作られていて本格的な味。いや〜素晴らしいですねえ、後のことを考えなければ、このままどんどん追加注文したい気分でした。それ程大きなお店ではないのに、デザート含め料理の種類は30種類以上あるのも魅力的。

DSC06758
写真を見ればお分かりいただけるように、どれも作り方が丁寧で、気持ちがこもっているのが伝わってきます。食後ご主人と話したところ、脱サラして料理学校に行った後ホテルで修行し、独立されたとのこと。余程いい環境で一生懸命勉強されたんだろうなあと思うと同時に、ご本人の誠実な人柄が表れている気がしました。それに加えてなんというかなあ、料理を作るセンスみたいなものを感じましたね。(生意気言ってスミマセン)
次回来るなら、色々食べられるコースを是非ともイってみたい。中華料理に恵まれている神戸に住んでいても、これはちょっとうらやましいと思えるお店でした。

{お店データ}
住所:那覇市首里鳥堀町1-46-2 電話:098-943-7950
営業時間:[火~土] 11時半~14時半 17時~22時 [日] 11時半~17時 定休日:月曜


ある日の「いち」(神戸・兵庫駅南)

先日、妻とちょこっと行こかということになり、希望を聞いたら立呑厨房いちとのこと。最近このパターンが多いんだけど、安いしおいしいし全く異存なしなので、即決となりました。

20141018いち
まずはジューシーな蒸し鶏ねぎ油(320円)から。以下全ての写真に共通してるんですが、実はどれもけっこうボリュームあるんです。一人だったらこの一品だけでチューハイ(でもなんでもいい)2杯は軽いって感じですね。

20141018いち
カツオ中華ポン酢サラダ(380円)。厚みがあるカツオの切り身がどーんと乗っかって、野菜の量もたっぷり。

20141018いち
カキフライ4個(490円)。僕はこれが今シーズン初めてのカキ(&カキフライ)でした。粒が大きくジュースたっぷり。ここのカキのサクサク衣揚げもうまいんよなあとか、またカキ宴会したいなあとか、もう今年から「いくた」のカキフライは食べられないんやなあとか、いろんなことが頭をよぎりました。

20141018いち
ふわふわ玉子とトマトのピリ辛あんかけ(390円)。お皿のサイズ、けっこうデカいです。玉子とトマトの組み合わせっていいですよね。ピリ辛ソースがマッチしていて、ちょっとご飯が欲しくなりました。

20141018いち
他のお客さんが食べてるのを見てうちもマネさせてもらった、蒸し青梗菜と豆腐・豚ロース温シャブよだれソース(390円)。にんにく・生姜・ごまなどが入ったピリ辛よだれソースがかかってます。それなりに手が込んでてこの値段でこのボリュームでこの旨さ!

いつも同じモノばっかりオーダーするのもナニなので、大好きな麻婆豆腐の代わりに四川黒唐辛子ラーメン(380円)で〆ました。写真ピンぼけで載せられないのが残念。
妻の「ほんとにここは何を食べてもハズレがないね」って感想にハゲしく同意!うちの家族全員が「いち」の大ファン、家の近くにこんなお店があってほんとに恵まれてると思います。

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区西柳原町8-14 営業時間:17時~24時 定休日:日曜


一貫楼で一服(神戸・三宮)

image
なんとなく昼ご飯を食べそびれたまま三宮をうろついていたら、突如唐揚げが食べたくなってきました。中途半端な時間で選択肢も限られる中、ミュンヘンだとちょっとヘヴィだしなあと思って一貫楼に来てみたら、うまい具合に唐揚げ(小)550円ってのがあるじゃないですか。
もちろんビールもオーダーしてプハ〜。この後豚まん一個食べたのも言うまでもなく。


突然京都へ1〜楽仙楼(京都・四条烏丸)

20140906楽仙楼
前日に急遽京都に行くことになり、取り急ぎ宿と晩ご飯どころだけは予約して出発。お昼前に家を出たので河原町辺りに着くのは14時前、この時間だったらお腹も空いているだろうし駅から近いところで昼食にしたい。さてどうしようと道中考えて、ふと思い出したのが「楽仙楼」。ここだったら阪急の烏丸の駅を降りて地上に出たら徒歩1分だし、前から行きたいと思っていたので条件的にドンピシャでした。

20140906楽仙楼
外観ちょっと怪しげな雰囲気で、店内はカウンター席10席・テーブル席20席ほどあって、そこそこ収容可能。ハルピン出身のオーナーが水餃子のおいしさを伝えたいと、20年ほど前にスタートしたお店だそうです。

20140906楽仙楼 20140906楽仙楼
(写真クリックで、より大きなサイズで見られるflickrにジャンプします)

現在は「中国北方料理と手作り水餃子の店」ってのがキャッチフレーズらしいですが、左の土日祝メニューを見た限りでは、全ての定食に水餃子が付いてくる以外は特にフツー。でもセロリ入り水餃子なんてあるところはちらっと違いが見られますね。

20140906楽仙楼
こちら妻オーダーの「鶏肉とカシューナッツのピリ辛炒め定食」。1200円とまあまあの値段はしますが、メイン以外に水餃子・唐揚げ・シュウマイ・玉子スープ・ザーサイ・春雨サラダと色々付いてきて、けっこうなボリューム。ピリ辛って書いてても大したことないだろうと思っていたら、けっこうな辛さでご飯ワシワシ系でした。

20140906楽仙楼20140906楽仙楼
僕は店内に別途張り出されていた「シングルセット」に目があった瞬間即決。生ビール・水餃子5個・唐揚げ2個・おまかせ冷菜3種(この日はザーサイ・春雨サラダ・じゃがいも細切りサラダ)で1500円、このメニューだけでビール飲みながら色々楽しめて、なかなかの充実度です。
水餃子は、皮がやや厚めでぽってりした感じ。スルッとお腹の中に入っていくので、5個くらいだとすぐになくなってしまいます。定食やセットで色々食べるのもいいけど、次回は水餃子単品をもっとたくさん、満足いくまで食べたいですね。焼餃子はどこでもあるけど、水餃子が食べられるお店って少ないもんなあ。

{お店データ}
電話:075-351-4900 住所:京都市下京区東洞院通四条下ル元悪王子町37
営業時間:11時半~14時半 17時半~23時 定休日:月曜夜休(祝日の場合営業)