「中華」カテゴリーアーカイブ

大好きな赤萬へ(神戸・三宮)

2018-06-12 15.22.44
このところなんだかんだでタイミングが合わなかった、大好きな赤萬三宮店に久々に行って来ました。いくつか気づいたいつもと違う点は

  • 若めの男の子(跡継ぎ?)と長年いるおばちゃんは見かけず。
  • その代わり初めて見る女性が。
  • ラジオが新しいのに変わっていた。

その他は変わらず、いつもどおりおいしい餃子でした〜
 


東京帰りに唐子へ寄り道(神戸・三宮)

2泊3日の東京旅行から、昨夜帰ってきました。1年半ぶりだったもんで、会いたい人にたくさん会って、色々飲み食いしてきました。それらについてはまた後日に。
 

2018-06-20 20.04.10
昨夜神戸空港に着陸してポートライナーで三宮についたら、ここんとこ行きたいと思い続けていた唐子のことを思い出し、ダメ元で行ってみたら席があったのでちょっと寄り道してしまいました。
 

2018-06-20 19.52.06
無事神戸空港に着いたと妻に連絡しておいたのですが、帰ってくるのが遅いから多分こんなことやないかと思っていたと言われ、バレバレ。先日一緒に行った時は定休日でダメだったので、ちょっと申し訳ないなとは思ってたんですよ。
 

2018-06-20 19.57.23
数週間前から水餃子を食べたいと思ってたんです。これで2人前(一人前350円)。ここは焼きもおいしいんだけど、どっちか選べと言われたら僕は水。ここしばらくの念願が叶うと同時に、神戸に帰ってきたなあと実感しました。今度は水餃子だけでなく、もっと色々食べたいです。
 


廣東DINING TAKU(神戸・六甲道)

2018-04-17 20.11.29
この日はご縁があって、家族で六甲道の「廣東DINING TAKU」へ。シェフは名店での経験を経て独立したスゴ腕。
 

2018-04-17 19.26.09

(エントリ内の写真は全て大きくなります)

お店はさほど広くはありませんが、点心・お粥・炒飯・焼そばなどから北京ダックまでレパートリーが広いです。コース料理も3000円から10000円まで色々。

2018-04-17 19.03.15
黒板メニューも充実。ミスジ肉とか鮑とかフカヒレ姿煮とか上海蟹とか。食べたいものだらけで何にしようかなあ。
 

2018-04-17 18.51.50
スタートの一品は、いきなりの海老のカダイフマンゴーソース(1500円)。カダイフとは何かと言えば、トルコ発祥の素麺みたいなもんで、パン粉の代わりに使ったりします。カダイフで包まれてパリッと揚げられた海老と、フルーティーなソースの組み合わせがおいしい〜
 

2018-04-17 19.06.01
続いて小振りの竹の容器で、一人前ずつフカヒレスープを。定番ながら鉄板メニューですなあ。
 

2018-04-17 19.22.01
お次は、スペアリブの北京風甘酢ソース(1600円)。雑に言うならほぼ酢豚、でもそんな単純なもんじゃない。意識的にややしっかり目に揚げられた豚肉が量的にもガッツリきて、しっかりした甘酢ソースがお似合いでした。個人的にはこの日の一番。
 

2018-04-17 19.37.08
メニュー見た時からきっと家族の誰かが注文するだろうなあと思っていた、おこげの海鮮あんかけ(2000円)。テーブル上でアンをかけてくれてジョワ〜ッって音まで楽しませてくれる、お馴染みの演出付き。濃いめ味付けな料理の後ではありましたが、淡泊ながらちゃんとした旨味のアンと、適度にアンを吸ったおこげの食感が相変わらず楽しい一品でした。
 

2018-04-17 19.54.30
おこげを食べたのでもうそれでしめようかとも思いつつ、どうしても食べてみたかった桜海老炒飯(1200円)もイってしまいました。桜海老の香ばしい香りが春を感じさせてくれて、結果、イって正解。やっぱり最後は炒飯か麺で〆たい派なもんで。
 

2018-04-17 20.02.20
〆は杏仁豆腐。あの独特の香りが嫌って言う方もいますが、僕は好きやなあ。

めっちゃ単純な感想ですが、どれもおいしかったです。その満足感の一方、食べられなかった数々の料理がどんなのだったろうかという欲求不満的なものもあり。初めての方ならお得な3000円ミニコースをとりあえずイってみるのがいいんじゃないでしょうか。

{お店データ}
住所:神戸市灘区桜口町5-3-3
電話:078-811-2600
営業時間:11時半0~14時半 17時~22時
定休日:木曜
 


友人に「いち」を紹介(神戸・JR兵庫駅南側)

2018-03-26 17.29.19
京都在住ながらしばらく地元に帰ってきている友人に神戸の店を紹介するシリーズ」の第2弾として、大好きな「立ち呑み厨房いち」に連れて行きました。
 

2018-03-26 17.32.262018-03-26 17.35.31
今回もワンコインセットからスタート、アテは枝豆・油淋鶏・えびマヨ。友人はこれで500円に驚くと同時に、「ここの生ビールうまい」とその後ガンガンお替わりしていました。
 

いち
おつまみパクチーサラダ(280円)・海老とトロトロ玉子のチリソース(320円)・麻婆豆腐(290円)・水餃子四川ソース(290円)と怒濤の注文。友人もよく食べるし、単価が安いので2人いるとどんどんオーダーできます。
 

2018-03-26 18.20.33
ひね鶏の胸一枚網焼き(320円)は、ボリュームたっぷりで噛むほどに鶏のおいしい肉汁が湧いてくるジューシーさ。ひね鶏って好きなんです。
 

2018-03-26 17.57.58
で、この日の一番・豚足の四川揚げネギフレークがけ(290円)。素揚げした豚足にかかってる特製ピリ辛フレークがすごくよくって、豚足との組合せが抜群でした。友人にたくさん食べられてしまったけど、喜んでくれたんだからまあいいか。
 

2018-03-26 18.50.12
で、〆はこれも大好きな台湾ミンチと焦がしラー油の油そば(390円)。結果的に辛目の料理を多めに注文しましたが、辛さに弱い友人は当初警戒してたもののそれ程でもないことがわかり、食べまくってくれました。

他にも食べて欲しい(食べてみたい)ものがあったんだけど、さすがにもう無理。また日を改めて来ましょうかね。
 


神戸元町別館牡丹園でサクッと

2018-03-29 11.20.40
この日は午前中に神戸駅近くで用事を済ませ、昼からの出社の前にどこかで昼ご飯を食べるつもりでした。ところが予め頭にあった店に振られ、その後も2軒ほど都合が合わず、結局元町まで流れてきてしまったので、「もうこうなったら別館牡丹園じゃっ!」という気分になってしまいました。
 

2018-03-29 11.25.41
この後仕事なのでビールを飲むわけにはいかないけれど、席に着くなりメニューも見ず「焼そば、堅いほう」とオーダー。ここで焼そばを注文する時、いつも堅いほうにするか柔らかいほうにするか迷うのに、この日は珍しく即決でした。

2018-03-29 11.25.57
このノーマルの焼そばが1000円で、もう200円足せばいろんな具が乗ってる五目焼きそばにできるんだけど、そっちだと飲みたくなるし、こっちのほうが野菜をたっぷり採れるのがこの日選んだ決め手。最初は何もつけずにそのままで、追って辛子をつけたり酢を足したりと、麺が徐々に柔らかくなってくるのと合わせて変化を楽しみました。なんだかいつも以上にボリュームあったような気もして、これだけで満腹の大満足。でもやっぱりビール欲しかったなあ。