「中華」カテゴリーアーカイブ

第6回アホほどカキを食べる宴会

R0000071
毎年恒例・えて吉さんが朝から兵庫県の坂越まで殻付き・剥き身のカキをアホほど買い出しに行ってくれて、それをえて吉さん宅に集まって食べる「アホほどカキを食べる宴会」が先日ありました。もう6年目になるんですなあ。今回は時期遅め、メンバーはえて吉さんほか、*あきこ*さん・ラクサさん・しげるさん・こばやしさん・だいこんさん・僕の大人7名に子供3名。上の写真の殻付きは買ったうちのごく一部で、総量は前年並みときいています。(その迫力は前年のエントリをご参照下さい)
 

R0000068
到着してすぐまずはビール飲んで、生牡蛎とスパークリングワイン。必ずしも粒が大きいのが好きでもないんだけど、今年のカキは出来がいいですねえ。そのままで、あるいはレモンを少しだけ搾って、それだけで充分。あ、ボウモアかけて食べるの忘れてた。
 

2019カキ宴会1

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

まずはカキ料理以外から。左上/僕の自宅近くのレコルトさんで買ってきたバゲットと、だいこんさん作・レーズンやらなんやら入ってて色々手をかけたクリームチーズと、じゃことミックスナッツ入りのガールックオイル(すんません、詳細憶えてなくて)。右上/えて吉さんが出してくれたアテ、僕は食べ逃しました。なおペンチは牡蛎の殻を開ける際に使用するためで、食べられません。左下/こばやしさん持ち込みの海苔の天ぷら。右下/えて吉さん作の蒸し鶏。
 

R0000077
こちらはだいこんさん作・鶏チャーシュー。だいこんさんはいつも家で作ってきたものをいくつか持ってきてくれるんですが、一見フツーに見えても実はどれも手間がかかっていて、お店でも出せそうなレベルなのがすごいです。
 

R0000078
続いてはえて吉さん作・手羽元の煮物で、安定のおいしさ。買い出しでパクチーが安かったそうで、気を使わず山盛りでいただきました。あとでこれのスープにフォーを加えて、〆にはフォー・ガーとしていただきました。(写真なし)
 

R0000094
こちらは*あきこ*さん作・明太入りだし巻き。聞くところによると自宅で何個か玉子を割ってしまい、必然的に玉子料理になったそうで。味付け上品で断面もきれいです。
 

2019カキ宴会2
そして、この宴会での準レギュラーメニューである、こばやしさんがクリスマス用に作るビーフシチュー(今回はタン)。冷凍しておいたのを持ってきていただくんですが、大の洋食好きなもんでいつも楽しみにしてるんですよ。。こばやしさんとこのブログにレシピが載っているので、如何に手がかかっているかを是非ご覧下さい。(フツーこんなことする気になる人はめったにいないと思います…)。
もちろんお皿に残ったソースはパンでぬぐって、残さずいただきました。
 

2019カキ宴会3
こちらはラクサさん持ち込みのチーズ2種。いつもお店で「一番臭いヤツ」と指定して買ってきてくれてるんだけど、今回はメンバーのみんながそんなに臭くないなあって感想。悪い意味じゃなく、まあなんちゅうか狙った路線ではないけれどこれはこれで食べやすくてええやんって感じでした。
 

R0000085
以下はカキ料理を。今回は事前に何を作ろうってやり取りがなく、直前にパタパタって決まった感じでした。そういや生ガキ食べ始めてしばらくして、レンジでチンしただけのも食べました(写真なし)。これはこれで熱で旨味が活性化して良かったですねえ。
 

R0000089
えてきちさん作・エビチリならぬカキチリ。残念ながら食べそこねました…なんとなくどんなんだったかイメージ出来るだけに(はずれてるかもしれんけど)、食べたかったなあ…
 

R0000091
続いて、恥ずかしながら僕作のカキのガーリックバター炒め。皆さん料理上手ばかりなので今までなかなかやりにくかったんだけど、今回はなんだかちょっとやる気になってしまいました。カキには軽く小麦粉を振っておいて、刻みニンニクとバターを熱したフライパンに投入。両面ちょっと焦げ目がつく程度に焼いて刻みパセリ振って出来上がり。だいこんさん作のベーコンを入れ忘れたのが残念だけど、割りとイメージどおりに出来ました。
 

R0000093
こちらは前日に僕がリクエストしてこばやしさんが作ってくれた、別館牡丹園式「煎生蠔」・広東風牡蠣のお好み焼。これもここ数年この宴会での定番メニューで、相変わらずのめちゃウマ。こういうのが出てくるから僕なんかが料理するのをためらってしまうんですよねえ。
 

R0000098
今までやったことのない料理を作ろうって事前にやり取りして、僕がこのレシピ見かけたもんでカキの春巻を提案。言い出しっぺなので作らざるをえなくなり、*あきこ*さんに手伝ってもらって当日ぶっつけでやってみました。

2019カキ宴会4
初めてということもあり、中身は色々変えてみました。上から順に「カキ・大葉・スライスチーズ」「カキ・セロリの葉・だいこんさん作ベーコン」「カキ・セロリの茎と葉・ベーコン・チーズをみじん切りにしたの」。カキの旨味が強いので他の素材を合わせても全く負けておらず、それぞれ個性があってどれもおいしかったです。
中身を色々変えられるってのはけっこう楽しいので、焼売とかワンタンとかでもいけるかもしれません。春巻きの巻き方とか切り方を*あきこ*さんに教えてもらえたのも個人的には収穫でした。

結局今回は王道のカキフライを作らず終い。来年はあのカキフライ名人に是非とも参加していただきたいものです。今回も相変わらずおいしくて楽しい会で、わざわざ遠くまで買い出しに行ってくれた上に場所も提供してくれたえて吉さんに毎度ながら感謝。
 


もっと早く来れば良かった「圓記(ユンキー)」・後編(神戸・元町)

IMG_9616
で、後編は単品編。実際には前エントリのセットに混ざって出てきました。
 

IMG_9621

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

メニューケースが光って見にくいですが、こちらが単品メニュー。これをみるだけでここの飲茶レベルの高さがうかがい知れるラインナップで、どれにしようか迷いまくり。それぞれ最低注文個数以上なら何個でも注文出来るのもありがたいです。
 

IMG_9651
食べ終わった頃にこんなメニューを見落としていたことが発覚。次回は絶対オーダーします!
 

IMG_9641
まずは、コースにも一つ入っていたは「干し貝柱とほうれん草の蒸し餃子」(600円)。皮から透けて見える中身の色合いが美しい。

IMG_9644
仕事が細かいですねえ〜 周りを見渡すとほとんどの方がセットメニューなんだけど、単品メニューはあらかじめ作ってるのか、注文訊いてから作っているのかどっちなんでしょうかね。
 

IMG_9654
続いて「海老入り香港式焼売」(600円)。ブリッブリッの食感で旨味濃厚。旨かったです。これ。
 

IMG_9636
そして、あれば注文必須とネット上で書かれていた「もち豚のスペアリブ豆豉蒸し」(1200円)。柔らかくなった部分をまず食べ、その後骨のにくっついている部分を囓り取って食べる楽しさ、豆豉が効いたソースがおいしくて、ご飯かマントウが欲しかったです。あ、もちろん?ビールは飲んでましたよ。
 

IMG_9670
デザートはマンゴープリン(550円)。充分立派なサイズでむっちりプルプル、マンゴー味が充満してて見事に締めを飾ってくれました。
 

IMG_9682
飲茶が好きなもんで神戸でもいくつか行きましたが、相違点はあれども今はなき老香港酒家を継ぐお気に入りがやっと見つかったって感じです。というか、なんでもっと早く来なかったんか…
お昼時なら前エントリのセットメニューが圧倒的にお得ですが、3000円・4000円のコースもお得っぽい。でも出来るならお仕着せメニューではなくメニューから好きなものを選んで色々楽しみたいので、ある程度人数揃って行くのが理想的かと思います。
 


もっと早く来れば良かった「圓記(ユンキー)」・前編(神戸・元町)

IMG_9616
オープンしてすぐからマークしていたのに、もう4年も経ってたとは。飲茶で評判の「圓記(ユンキー)」に初めて行って来ました。このなんとも素っ気ない外観がいかにも「らしい」雰囲気を漂わせています。
 

IMG_9646
外観同様質素な店内は25席とこぢんまり。平日13時過ぎに妻と伺うと、この時間でも満員。テーブルを片付けてくれて席に着くことが出来ました。
 

IMG_9618
ランチタイムはこちらのセットメニューがあります。事前に調べてみたらけっこうボリュームありそうだし、妻と同じもの頼んでも面白くないので、セット一つに単品を追加することにしました。
(今回のエントリはセット編、次回は単品編です)
 

IMG_9623
注文して速攻で出てきたお粥は、やや小振りな器で出てきました。あんまりなみなみだと他が食べられなくなるので、このくらいが適量。具はネギと揚げワンタンだけかと思いきや…

IMG_9634
底のほうから混ぜてみると、皮蛋・干し貝柱・モツなどが表れてきてうれしや。淡泊ながら奥深いスープの大変おいしいお粥でした。中華のお粥が好きなので、これ丼一杯でもかなり満足度高そうです。
 

IMG_9628
上海風焼そばは、見た目濃くて味が濃そうだけど実はそうでもなくて、ほんのり甘味のある中国醤油味。いい意味でちょっとばさついた感じの細麺がいい感じです。けっこうボリュームたっぷりなので、小食な人ならここまででけっこうお腹に応えるかも知れません。
 

IMG_9638
しかし、お楽しみはこれから。蒸し物点心は干し貝柱とほうれん草の蒸し餃子・海老餃子。出だしから評判どおりこの店いいなと思っていたけれど、これ食べてめちゃ気に入りました。レベル高い〜
 

IMG_9630
点心もう一品は、お箸でホロロホロと簡単に崩れる大根餅。そんなに大根餅の経験値高くないけど、今まで食べた中でトップクラスでした。
 

IMG_9643
コースの〆のデザートは、香港式エッグタルト。「香港で売っているエッグタルトには、表面に焦げ目がなくてタルト生地を使用した “香港タイプ”と、表面に焦げ目を付けてパイ生地を使用した “マカオタイプ”のエッグタルトの2種類」あって、去年香港・マカオ旅行に行った時にしょっちゅう食べてました。どれも個性あっておいしかったなあ。
 
てことで、これで900円!ボリュームたっぷりだし本場チックでどれもレベル高くておいしい。そりゃあ人気あるはずですわなの、すごくお値打ちのランチセットでした。
でもこれ以外に単品メニューでもおいしそうなものが一杯あります。それがどんなのか、次のエントリに続きます。
 
{お店データ}
住所:神戸市中央区下山手通3-4-5
電話:078-325-1696
営業時間:11時半~15時 16時半~21時
定休日:火曜
 


初めての「香港食館」は期待以上(神戸・兵庫県庁東側)

IMG_9412
ず〜っと前から行きたかったのに何故だか縁がなかった「香港食館」。急に思い出したもんで、一人で行っても良かったんだけど、京都在住で時々神戸に帰ってくる友人と一緒に行ってきました。
 

IMG_9443
店頭にでーんと置いてある焼豚他の焼き物が、いいプレゼンテーションしてますねえ。

僕はあらかじめ予習していたけれど、友人の為もあり店頭のランチメニューを再度確認。
 

IMG_9415

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

IMG_9416
IMG_9413
どうせビールを飲むつもりだったので、お得そうな生ビールセットに即決。僕は前菜3種・点心3種・揚げ物2種・香港風焼そばのAセット、友人は前菜3種・XO醤野菜炒め・麻婆豆腐・香港風焼そばのBセットを選びました。
 

01
表メニューには書いてませんでしたが、どのメニューを選んでも中華粥が食べ放題。こればっかり食べてると他が入らなくなるので実際には最後に回したところ、ほぼ無くなっててジャーの底のを何とかすくい取りました。煮詰まってたのか割りとしっかりした味付けながら、いい出汁(鶏ガラと貝柱?)出てました。
 

IMG_9418
最初はA,B共通の前菜3種。腸詰め・焼豚・蒸し鶏・クラゲと何故か4種で、これが一人一皿ずつ。値段が値段なのでちょろっと出てくるのかと思いきや、思った以上の量に二人とも「ほー」。どれも真っ当なおいしさで、特に店頭にぶら下がってた焼豚がきっちり焼き上げられていて、かなりなレベルでした。
 

02
続いてBセットのXO醤野菜炒め・麻婆豆腐。どちらも二人で取り分けて楽しめる量で、色々食べられてありがたい。麻婆豆腐は土鍋に入ってグツグツ登場、辛味もしっかり効いてて友人は汗だくになってました。
 

03
こちらはAセットの点心3種(海老餃子/フカヒレ餃子/豚肉シュウマイ)・揚げ物2種(揚げ餅餃子・春巻)を二人で適当にシェア。なんでここに来たかったかといえばこの手の点心類を食べたかったからで、充分その欲求に応えてくれました、というか他の点心をもっと食べたかったなあ。
 

IMG_9442
〆の上海風焼そばはこれが一人分で、フツーサイズの8掛けといったところでしょうか。セットのビールだけでは足るはずもなくお替わりしていたので、この焼そばと最初に出てきたお粥少しを食べ終わったらほぼ満腹。飛び抜けて旨いと言うこともないけれどどれもハズレがなく、この内容このボリュームにこの価格なら大満足。さすが評判がいいだけのことはあるなあと思いました。
 

IMG_9435

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

その他単品・コースも色々あり。変わってなければ土日のみの380円モーニング飲茶もやってるはず。繁華街の中心部からはちょっと離れた場所にあるせいか、ゆる〜い雰囲気なのも魅力です。次回は今度こそ飲茶攻めまくってみようかな。

{お店データ}
住所:神戸市中央区下山手通4-6-6
電話:078-392-8802
営業時間:
8時半〜10時半(土日のみ)/11時半〜14時半/17時半〜22時
定休日:月曜(月曜が祝日の場合、翌日)
 


妻と餃子の王将へ(神戸・兵庫駅北)

IMG_9403
この日はなんか知らんが料理をする気分にならなかったので、妻と一緒に自宅近くの餃子の王将へ。久しぶりに行ったら店員さんのメンバーが替わっていて、若い人が入っていました。移動なのか辞めたのかたまたまなのか。
 

IMG_9408
二人で餃子二人前頼むと後があんまり食べられなくなるのは学習済み。焼き手が以前と同じなのかどうかはわかりませんでしたが、以前と変わりがないような気がしました。
 

IMG_9409
妻リクエストによりカニ玉(450円)。思ってたよりボリュームがあり、その上アンは必要以上にたっぷりw ふわとろでおいしかったです。
 

IMG_9406
僕リクエストにより揚そば(580円)頼んだら、これまた破壊的なボリュームでびっくり、こんなにデカかったっけ。3品頼んで様子見て、なんなら追加しようかと思ってたのですがとんでもなかったです。
後から来たお客さんが、揚そばと餃子にてんこ盛りのご飯食べてて、とてもじゃないがアレは無理やなあと思いました。やっぱり王将は色々とすごいや。