「中華」カテゴリーアーカイブ

家族揃って小小心縁(神戸・元町)

IMG_9022
家族のスケジュールがなんとか揃ったので、南京町の福建・広東料理「小小心縁(シャオシャオシンエン)」に行ってきました。
 

IMG_9041
かなり以前、鯉川筋だったかトアロードの上の方にあった時に数度行ったことがあるけれど、南京町に移転してきてからは僕は初めて。何かと賑やかしいメインの通りからはちょっとはずれていて、落ち着いた雰囲気があります。

IMG_9055
移転してからもうそれなりの年数が経っているはずなのに、店内は改装したてのように綺麗。高級店に見えるのに、ランチは1000円アンダーだし夜はコースなら一人3000円からで、今回は4000円のコースをお願いしました。
 

IMG_9039
まず前菜は、クラゲ・焼豚・蒸し鶏・ピータン・酢れんこん・海老・セロリ。中華の前菜で酢れんこんはちょっと珍しいかな。どれもおいしかったけど、太めのクラゲが特に好みでした。
 

IMG_9042
スープは福建岩海苔入りフカヒレ。お正月以降ちょっと胃が疲れ気味だったので、淡泊なスープとフカヒレの食感が嬉しかったです。
 

小小1
季節野菜と海鮮の炒め物は、野菜シャクシャク・海老プリッとイカ柔らかく。揚げ物盛り合わせは春巻き・カキ・なす。薄めでカリッとしたコロモで特にカキがうまし。
 

IMG_9053
肉料理はスペアリブの福建紅麹風味煮込み。紅麹はくせもなくやさしい風味で、スペアリブはホロホロ。
 

IMG_9056
福建式海鮮のお好み焼は、期待通り嬉しいことにカキ入り、表面カリッと中ふんわりにカキが抜群にマッチしてます。別館牡丹園のとかこばやしさん作のとか何度か食べたことあるけど、やっぱりこれはいいなあ。
 

小小2
自家製飲茶点心は、これもまた嬉しいことに小籠包。スープたっぷりウマウマ。最後の鮭とキャベツのチャーハンでもうお腹一杯の大満足。
 

IMG_9064
別腹のデザートはマンゴープリンか仙草ゼリーの選択で、僕は前者をいただきましたが、甘さ控えめでボリュームもたっぷりでした。

ぶっちゃけ、今の南京町メインストリートは行きたいと思う店がどんどんなくなってしまい、観光客向けには盛り上がっていても地元民としてはなんだかなあと思うばかり。そんな中、今回のコースは質も量もコストパフォーマンスがよく、あのゾーンに残る今や貴重ないい店だなあと思いました。今度ランチも行ってみようっと。

{お店データ}
住所:神戸市中央区栄町通1-2-26
電話:078-321-3434
営業時間:11時半~15時 17時~22時
定休日:水曜(祝日は営業)
 


久しぶりに妻と「いち」(神戸・JR兵庫駅南側)

IMG_7777
妻と一緒に某新店にお試しで行ってはみたけれど、イマイチな感じ。「場所を替えるならご無沙汰だし『いち』に行きたい」とのご要望で、そりゃいい提案やということで即移動しました。
 

IMG_7779
うまい具合に空席あり。さて何にしようかな。

IMG_7781
お、メニューにチャーハン系が復活してるやないの。
 

IMG_7783
何はともあれまずは麻婆豆腐(290円)。ワンパターンと言われようと、やはりここでこれは外せません。
 

IMG_7786
続いてピータン(290円)。白身の透明度良くねっとり。いいピータンです。
 

IMG_7788
妻オーダーの油淋鶏(330円)。この価格でこのボリューム、幸せ。
 

IMG_7790
一軒目で少し飲み食いしていたので、いつもよりは早めな〆で、初めて見るメニュー・ブラックチャーハン(330円)。メニューにコク旨と書いてありましたが、正にその通り。マスターにきいたら中国醤油やらなんやら数種類での味付けだそうで、いつものシンプルなチャーハンとはまた違ったおいしさでした。こういうのに出会うと次来た時にどうするか迷うんですよねえ。

久しぶりだったけど、やっぱり「いち」はいいです。幸いにも家から近いんだから、もっと通えよなあと自分でも思います。
 


上海家庭料理 七福屋(京都・神宮丸太町)

2018-09-28 12.18.00
京都の岡崎あたりの美術館にちょくちょく行っているので、その近辺でランチってことがよくあります。何軒かブログネタに上げているし新規も色々探しているのですが、今回の「七福屋」も少し前から狙っていたお店でした。
 

2018-09-28 11.46.26
丸太町通り側に黄色い看板が出ていて、そこから路地をちょっと入ったところがお店。隣のジャズスポット「YAMATOYA」って、何十年か前に行ったことあるかも。
 

2018-09-28 11.49.31
派手さがなくフツーの家っぽい店内はカウンター席と小上がりがあり、友人と二人だった僕らは小上がり席を案内されました。
 

2018-09-28 11.49.59
ランチメニューはこんな感じで、目新しいものは無くいかにも「家庭料理」って感じ。夜メニューも高級食材を使わず、リーズナブルな構成でコースがお得なようです。

2018-09-28 11.50.35
近代美術館から歩いてきて腹ペコだったし喉が乾いていたので、当然の如くランチでビールしましたよ。
 

2018-09-28 11.57.34
こちらは友人が選んだ海老入り五目野菜の旨煮セットで、ご飯・玉子スープ・お漬け物付き750円。正直なところ派手さには欠けますが、毎日食べても飽きない系で野菜たっぷり&安いので、常連さんには人気があるに違いありません。
 

2018-09-28 11.54.53
僕が選んだのは、豚肉細切りと高菜のあんかけ汁麺(780円)。

2018-09-28 11.55.33
麺類とご飯系を一緒に食べるのはあまり好きではないし、このあとハシゴで飲みに行くことになるだろうから単品にしました。味付けは高菜の塩気がベースの薄味で、あっさりズルズルいけてします。麺の量もたっぷりめだったので。これにご飯系をつけてたらお腹パンパンになってたでしょうね。

この2品だけで判断するのは早計なんでしょうが、ハレの中華というよりは日常的に気軽に通うお店のような感じです(もちろん悪い意味でなく)。京都の中華といえば餃子の王将が圧倒的に有名ですが、それ以外にもいろんな中華料理のお店があって奥が深いんですよね。もっと他にも行ってみたいけど、中華以外に食べたい物も一杯あるからホンマに困ってしまうんやなあ。

{お店データ}
住所:京都市左京区聖護院山王町25-11
電話:075-771-3833
営業時間:11時半~15時 17時~22時
定休日:水曜
 


邯鄲小吃館で出張中華三昧(大阪・駒川商店街)

2018-08-30 18.55.34
以前「龍麺坊」って店で腕を振るっていた出張中華料理?の大将が、大阪の駒川商店街の倉庫でお店をやっているということで、前回同様*あきこ*さん・LAKSAさん・だいこんさん・えて吉さんと僕の5人で行って来ました。あまり僕は事情がわかってないのですが、大将は以前住之江で「邯鄲小吃館(ハンダンショウチュカン)」という店をやっていて、今は駒川商店街近くのこの場所でやってはるとのこと。店名看板はなく、以前の建物使用者?の「有美堂」の表示のまま。わかってなかったらここが飲食店とは誰も思わないでしょう。
 

2018-08-30 19.54.08
店内は飾りっ気一切なし。写真右側には小上がりがあり、ベニヤ板貼ったみたいな壁で仮設感バリバリ。こういうのあかんわ〜って方もいるでしょうが、僕はこの手のワケわからなさがけっこう好きなんです。
 

2018-08-30 20.54.36
びっくりしたのは調理器具で、なんとカセットコンロとフツーの家庭用のフライパンを使ってはるんです。大将曰く、出張料理人だから火と鍋さえあれば大丈夫とのこと。すごいなあ。
 

ハンダン
今回の料理は一人3000円のおまかせ(ドリンクは別途)。予め用意されていた涼(冷)菜は、ミズダコわさび風味・枝豆・鯛刺身のピリ辛和え・いちじく・セロリと湯葉の和え物・茹でたコブクロとネギの和え物で、これだけでもかなりなボリュームと多彩さです。
 

2018-08-30 19.20.15
炒め物は中国家庭料理の定番の一つ・トマトと玉子の炒め物からスタート。これ、僕もちょくちょく作るんですが、好きなんですよ。
 

2018-08-30 19.22.31
続いて、牛すじとじゃがいものカレー煮。肉じゃがみたいだしカレーみたいだし。
 

2018-08-30 19.34.33
そしてドカーンとスペアリブのオイスターソース煮。以前来た時も笑ってしまいそうなほどの骨付きの煮豚が出てきましたが、これも相当なものでしたねえ。
 

2018-08-30 19.45.12
個人的にはこれがこの日の一番・炒め肉とネギの干し豆腐巻。運ばれてきた時は小麦粉で作った皮かと思いきや、よく見ると干し豆腐。濃いめの味付けの肉とちょっとツンとくるネギとの組み合わせがよく、とても気に入りました。
 

2018-08-30 19.57.47
ぶどうが出てきたのでデザートかと思ったら、ぶどうソースの海老の炒め物でした。ここまでの料理の流れとはちょっと違っていて新鮮。
 

2018-08-30 20.23.57
そして〆は皮から手作りの水餃子(ひょっとして羊肉?)。中身ももちろんですが、皮がモチモチで旨かったですねえ。
 

以上、全部で12品。お店に入る前からその怪しさにワクワク、入ってからもその雑然さ?を楽しむことができ、安くて量もたっぷりで旨い料理の数々が味わえて、ほんとにすごい&オモロイ店でした。ここの大将、只者やないなあとつくづく思います。

参考サイト:メシ通/ホントは秘密にしておきたい「倉庫中華」で脂っこい中国料理のイメージが完全に覆された
 

{お店データ}
住所:大阪市東住吉区中野1-15-28
※それ以外はあまり定かではありません…
 


いただきものの寿桃「撈麺(ロウミン)」


飲み食い仲間の*あきこさん*から、香港土産のインスタント袋麺をいただきました。オモテ面には「寿桃」「撈」としか書いてないのでようわからんかったんですが、えて吉さんのエントリによると「撈麺(ローメン、ロウミン)」という香港スタイルの和え麺だそうで、寿桃っちゅうのはメーカー名のようですな。
 


写真を撮り忘れたんですが、中身は麺二玉と和えソースが二袋。妻もいたし一玉残すのもナニなので、一挙に作ってしまいました。作り方は超簡単、3分茹でて湯切りしてソースを加えて和えるだけ。見た目重視ならボウルで和えてお皿に移したほうがいいんですが、ソースを残すのがもったいないのでそのままでネギだけ足しました。(見た目バッチくてすみません)
XO醤風味のソースってことで、袋の写真のような海老の存在はなかったけど、味はかなりな海老風味を感じました。ソースの味も良かったんですが、根本的に麺がおいしい。細めでちょっと香ばしさがあってゴワッとしてて、3分間茹でただけとは思えませんでした。この麺だったら和えようが炒めようがどうしたっておいしいだろうなあ。*あきこさん*に感謝!

 参考エントリ:食いしん坊猫 ~私の大切な香港のお気に入りたち~
        (●^o^●)寿桃牌インスタント麺の宝庫~♪