「中華」カテゴリーアーカイブ

春陽軒でおやつタイム(神戸・新開地)

IMG_0944
ここんとこ新開地率がちょっと高くなっております。この日もちょっと小腹が空いたので、僕の好きな神戸の豚饅ベスト3のうちの一つ・春陽軒でちょっくらおやつタイム。
 

IMG_0947
持って帰って食べてもおいしいんだけど、やはりお店で蒸したてを食べると生地のおいしさが違います。ここの豚饅はアンに濃いめの味がついているので、個人的にはソースや醤油はなしで、ここ特製のピリ辛味噌をちょっとつけていただきます。これがビールに合うんよなあ。家用にも持ち帰って今は冷凍庫に入っているので、これで当分はいつでも食べられます。
 

めっちゃ久しぶりなMARUI(神戸・新開地)


妻と2人、連休中21時過ぎの新開地。ちょっと小腹が空いていたので、軽めになんかいっときたい。
となったら、MARUIしか思い浮かびませんでした。
 


ブログ調べてみたら3年半ぶり。そんなに来てなかったのか、エントリし忘れてたのか。
 


まずは餃子(450円)。尖ったところがなく軽快でまぁるい感じ。ここの料理は何食べてもそんなイメージがあります。
 


そして食べたかったぜこのワンタン麺(950円)。ワンタン麺と言いつつワンタンが見えてませんが、海苔とねぎの下に隠れてました。引っ張り出してから写真撮れば良かったな。
チャーシューもメンマもたっぷり、細くてしゅっとした麺に、柔らかくて自然な甘みがあるクリアなスープ。なんちゅうかなあ、すごく真っ当なおいしさと言えばいいんでしょうか。何年ぶりかで来ても、当たり前のようにやっぱり変わらず旨いってすごいなあといつも思います。
 

3泊4日沖縄の旅(1)〜瀬長島ウミカジテラス/ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城

R0001009
神戸空港発/沖縄3泊4日/ホテルはダブルツリーbyヒルトン那覇首里城・朝食3回・夕食1回付き/レンタカー付きで1人3万円ぽっきりとなれば、こりゃあいっとかなあかんやろ!ということで、先日妻と行って来ました。
 

IMG_0413
那覇についてレンタカーの手続きをしていたら、カウンターの正面にイニエスタのユニホームが。沖縄キャンプの時のものなんでしょう、グッズなのか本人着用したものなのかはわからず。
 

R0001025
神戸空港で軽食を食べただけだったので、夕食までに軽めにお腹に入れたかったこともあり、特にこだわりなくレンタカー屋近くの瀬長島ウミカジテラスというところに来てみました。

R0001035

R0001039
島といっても道路で繋がっているので簡単に来られます。海に面した島の斜面に、段々畑のように色んなショップが並んでいる商業施設とでもいいましょうか。

R0001046

R0001030
インバウンド狙いな面も多々ありますが、沖縄っぽいユルさは当然あるしおしゃれっぽいので、まあこういうのもたまにはいいか。

IMG_0437

R0001052
軽めにしておきたかったので、こちら「きじむなぁ」さんでタコライス(680円)を注文。

R0001053

R0001061
店の前のテラスで夕日を眺めながら、お上品な量のwタコライスいただくのもまた良き哉。この後運転しないといけなかったので、ビールが飲めなかったの残念でした。
 

R0001075
その後、2016年7月にリニューアルされたダブルツリーbyヒルトン那覇首里城にチェックイン。リニューアル前のホテル日航那覇グランドキャッスルには以前家族で2度泊まったことがあるのですが、ここ好きなんです。

R0001084
室内はさすがに大きくイメチェンしており、以前に比べてきれいでオシャレ。ここに3泊泊まれてこの価格とはほんとにありがたや。
 

R0001091
ツアーについてる夕食1回は3泊中のいずれの日でもOK、初日にカードを切ることにし、和洋中のうち中国料理「舜天」を選びました。

IMG_0460

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

セットされているコースは、スープ(島豆腐・クコ・白キクラゲ)/点心(カニ焼売・黒豚焼売)/イカの粟国塩炒め/牛肉と季節野菜のオイスターソース炒め/チャーシュー入り炒飯/デザート(フルーツ・サーターアンダーギー・杏仁豆腐)。
取り皿など器がちゃんとあっためられ、炒め物を取り分けしやすいよう盛りつけがシンメトリックになっていたりと、細かい気遣いがそこここに。ツアーにセットされているテケトーな夕食ではなく、全体的にあっさり目の味付けでとてもおいしくいただくことができました。

初日はここまで。
 

超久しぶりに妻と「いち」(神戸・JR兵庫駅南側)

IMG_0770
少し前に娘達が行った時「今年になってまだお父さん来てないね」とマスターに言われたのでw、妻と「立ち呑み厨房いち」に行って来ました。まあ言われたからではなくてずっと行きたいと思ってたからなんだけど、去年の10月以来なのかー。
 

IMG_0754IMG_0755

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

相変わらずホワイトボード2枚にぎっしりなこの日のメニュー。新しいのも気になるし定番はやっぱり外しがたいし。
 

IMG_0756IMG_0757
開店即飛び込みだったので、まずはワンコインセットを。生ビールと枝豆に、日替わり一品の油淋鶏と冷や奴で500円。ビシッとピリ辛なタレが旨し。
 

IMG_0758
僕が選ぶと僕好みに片寄ってしまうので、メニュー選択はほとんど妻に任せました。春らしく、竹の子と新玉ねぎのサクサク衣揚げ(290円)。ここのふわっとサクッとな衣がおいしいので、何を天ぷらしにしてもおいしい。
 

IMG_0760
こちらは海老のシンガポール風チリペッパー炒め(390円)。相変わらず立ち飲みとは思えないレベルの高さで、この辺りからハイボールにチェンジ。
 

IMG_0764
台湾ミンチ中華オムレツ(390円)は中身トロトロ。ぽってりとボリュームもあって、麻辣にちょっとしびれた舌をやさしく一休みさせてくれます。
 

IMG_0766
再び辛いのに戻って、激辛四川麻婆豆腐(320円)。定番ばかりじゃいかんと思いながら、やはりこれは外せません。しかし、うちの妻も昔は辛いの全然ダメだったのに、自らこれを注文するまでになったんやもんなあ。
 

IMG_0769
〆のデンプン質は、海老ミソ炒飯(380円)。いつもの炒飯をベースに、仕上げに海老ミソをプラス。海老ミソのコクはそれほど濃くなく、適度に控えめ(訂正:ちゃんと主張してました)。ただし海老ミソの香りが豊かにプワ〜ンと漂ってきます。ベースとなるぱらりと仕上がったいつもの炒飯の香ばしさに海老ミソ風味が重なり合って、レンゲで口に運ぶ度に、大げさに言えばちょっとした高貴ささえ感じてしまいました。さすが、スゴ腕!

マスターと話をしてて面白かったんですが、新しいメニューをどうして作るのか訊いたら、ほとんどは意外にもネット検索。店をやってると食べ歩く暇もないので、検索して面白そうと思ったものを元に自分の頭の中でアレンジして作っていってるそうです。もちろん基本があるからできるんだけど、それをここまで自分のものにできるのは、やっぱりすごいなあ。
 

 

(追記)

IMG_0860
その数日後にまた行ってしまいました… 以下簡単に。
 

IMG_0864
メニューには載ってなかったエビ天を。300円前後かなあ。

IMG_0866
汁なし水餃子(290円)は皮むっちりプルンで、麻辣ダレがうまい。

IMG_0869
前回食べたかったけど見送った台湾ミンチと焦がしラー油の油そば黄味載っけ(390円)。とにかくこれは名作としか言いようなし。

IMG_0873
そして〆は海老ミソ炒飯(380円)をリピート。

あー、やっぱりおいしい〜
 

「群愛茶餐廳」で飲茶三昧(神戸・南京町)

R0000161-3
久しぶりに家族四人が揃い、義母も誘って五人で食事に行くことになりました。条件はランチタイム・予約可・それなりの店、ということで思いついたのが群愛茶餐廳(ぐんあいツァツァンティン)。前から狙っていたのである程度人数が揃っていて色々食べられるのは好都合、初めて行く店だけど群愛系なら大丈夫だろうと即決しました。
 

R0000172
お店に入ってみると、モダンで若々しい雰囲気。「茶餐廳」とは、

香港、マカオ、広東省などの都市でとてもポピュラーな、喫茶や食事ができる飲食店のこと。日本語では「チャサンチョウ」と読み、広東語では「ツァツァンティン」と読みます。

ということで、中華風カフェみたいな路線を目指しておられるようですね。
 

R0000182

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

今回は注文しませんでしたが、こちらが11時半から14時までのランチメニュー。手軽にあんかけご飯もいいけど、やっぱり飲茶グルメランチのほうに惹かれます。
 

R0000174

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

こちらはお粥・麺類・単品・ドリンク・デザートのメニュー。レタス包みとかフカヒレスープなど飲茶系じゃないのも楽しめます。
 

R0000173
…けどやっぱり今回の目的は点心系。1セット5種類の盛り合わせを人数分注文する手もあったけれど、訊いてみたら単品メニューの個数は希望通りにできるとのことだったので、好きなのを選んでそれぞれ5個ずつにしてもらうことにしました。
 

R0000180
こちらにはレギュラー以外のメニューもいくつかあり、どれにしようかかなり悩みました。
以下、写真多めで食べたもの全部をご紹介します。
 

R0000188
まず初めにピータンと豚肉のお粥(950円)をワケワケ。まずはお粥で胃を温めておきます。

R0000189
この海老入り胡麻付き春巻き、胡麻香ばしく皮クリスピーで海老の香りがホワン。これ食べて、あ、ここはアタリと実感しました。

R0000192
続いて点心の物差しとなるエビ入り蒸し餃子は、半透明で綺麗なヒダの皮に包まれた中身がコロンコロンのプリプリ〜

R0000193
続いてのフカヒレ餃子は中身のおいしさもさることながら、包み方の技術の高さ(=おいしい)に目を奪われます。

R0000196
そして特製焼売は、複雑・多様で濃い旨味のかたまり。個人的には今回はこれが一番印象に残りました。

R0000199
ちょいとお漬け物などもいただいて

R0000201
大根餅はほろっととろっと優しく自然な甘味。

R0000202
皮を破かないように注意しながらアツアツの小籠包をいただき、

R0000205
ドーンとスペアリブの豆豉蒸しで締めくくり。

カスタードままん
デザートはその名の通り流れるカスタード饅頭をいただきました。
 

R0000168
去年何年ぶりかで香港に行った(旅行記まだかけてません)のがきっかけになったのか、このところ飲茶欲が旺盛になり神戸でいくつか行きましたが、以前から目をつけていたとおりここはかなり気に入りました。個人的に欲を言うならば、もうちょっと癖があるというか変わったものがあってくれればもっと面白いなという気もします。
通し営業なので使い勝手がよく、一人でも全然オッケーな雰囲気。どれもとても食べやすく大概の方に合いそうなので、まずは飲茶グルメランチを試してみるってのはどうでしょうかね。

{お店データ}
住所:神戸市中央区栄町通2-6-6
電話:078-381-8675
営業時間:11時半~22時
定休日:火曜