「点心」カテゴリーアーカイブ

いい店見つけた「祥龍」(神戸・元町)

IMG_4475
特段あてもなく元町界隈を妻とフラついていたら、元町郵便局の西側でこの店に遭遇。思わず「こんな店あったっけ?」と(小声で)叫んでしまいました。それもそのはず、この「祥龍」は11月16日にオープンしたばかりの新店。
 

IMG_4451
店内はカウンター席10席のみ、中国から来日して2ヶ月の女将一人で店を仕切っておられます。中国で日本語を勉強されていたし、ご主人がすでに神戸で別の仕事をされているので、難しい話以外は日本語で会話可能。偉いなあ、僕はこんにちはとさようならとありがとうくらいしか言えないもんなあ。
 

IMG_4444

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

メニューを見るとトップにラムの串焼きがあったり干し豆腐を使ったメニューがあったりで、女将は中国東北地方のご出身。訊けば、ほとんどのものは自分で仕込んでおられるのだそうです。

IMG_4455
お昼の定食もあるし、通し営業なので昼飲みも可能。できれば紹興酒を置いといて欲しいなあって、向こうではあんまり飲まないとも聞きますが。
 

祥龍1
料理を注文して出来上がるまでに、おまけを出してくれました。上は炒りピーナッツ・下はキムチで、どちらもお手製。

IMG_4453
ハルピンの本格ソーセージ(小500円)も同じくお手製。この手の中華風ソーセージは何度か食べたことがありますが、いい意味で刻み方が粗めで塩が効いてて、アテに最適。
 

IMG_4460
メニューを見た時からこれは美味しそうと思っていた水餃子(6個480円)は、やはり予想的中の大当たり。女将によると焼き餃子の皮は出来合い・中身はお手製だけれど、この水餃子は皮も中身もお手製。一粒が大きくぽってりしていて、皮もちもち・アンぶりぶりでシューシー。アンの旨味がしっかりしているので、何もつけずにこのままで充分おいしい。日本ではあまり食べる機会がないけれど、ちゃんと作った水餃子はやっぱりいいなあと再認識させられました。個人的には日生の「山東水餃大王」(もう6年も食べてないのかっ⁉︎)以来の大正解水餃子で、これに出会えただけでこの店に来て良かったなと思いました。
 

IMG_4467
続いて中国東北地方定番・干し豆腐炒め(790円)は、硬めのきしめんを使った焼きしめんのような感触。

IMG_4469
豚まんを注文したら品切れで、勧められるままに焼小籠包(3個1セット・値段不明)を。スープたっぷりのこちらももちろんお手製。

IMG_4472
酢豚を注文しようとしたらかなり時間がかかるらしく、それよりは時間がかからない茄子の四川風炒め(890円)で〆。最初はビール飲んで途中で麦焼酎にチェンジして大満足。

正直なところ炒め物は僕らにとっては塩味が強めで、ご飯が欲しくなりました。寒い地方の料理だから味付け濃いめになるのかなあ。まあこれはこれで現地っぽいと受け止めるとして、とにかく水餃子は是非もの。今回振られた酢豚も気になるし、焼き餃子も豚まんも食べてみたい。こりゃあなかなか面白い店ができました。

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通1-9-8
電話:080-5789-7999
営業時間:10時~24時
定休日:無休
 

楽関記でディナー(神戸・元町)

IMG_3358
一度ランチで来てすごく気に入った楽関記に、今度は夜に伺うことができました。こちらのお店、外からだと1階のカウンター席しか見えないんだけど、実は地下にテーブル席が20席もあるので、ちょっとした宴会なんかもできるんです。
 

IMG_3361
今回は4人分の席だけを予約したら、地下のテーブル席に案内されました。暗めの室内にテーブル付近だけ照明が当てられていい雰囲気。他のテーブルも満席で、この日は結構年齢層若目に感じました。まずはビールと、前回食べて気に入った生搾菜(大・950円)をつまみにしつつ、メニュー検討。生搾菜、ちょっとでか過ぎたかも(^_^;)
 

IMG_3359-2

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

僕だけは夜も2度目で、前回他のテーブルに出ていた前菜盛り合わせ(1人前1380円〜)が良さそうだったので、これだけは最初から注文しようと決めていました。店のメニューのダイジェスト版盛り合わせとでもいいましょうか、上の写真が1人前で、4人でこれを2人前取りました。
下段左から右に・干し豆腐と豆もやしと春雨と香菜の和え物/キクラゲとクコの実の冷製/生搾菜(注:ダブるのを承知で先に単品を頼みました)、中段左から右に・皮蛋/クラゲの酢の物(だったっけ)/ミル貝湯引きネギ油ソース/腸詰、上段左から右に・鹵水(ろすい)叉焼/鹵水牛腱(スネ肉)/むし鶏。
鹵水(ろすい)料理というのはこの店のウリのひとつで、ここで初めて知りました。
◎参考リンク:鹵水/上海のお昼ご飯!

とにかく素材色々・あっさりしたものからしっかりしたものまでバラエティに富んでいて、これだけでも十分楽しめるし飲める飲める。
 

IMG_3365
前菜盛り合わせでワイワイやっているうちに、この店のもう一つのウリ・小籠包が登場。5個680円のところ、人数に合わせて8個にしてもらいました。皮を破かないようにレンゲに運んで、中のスープをちょっといただいてカプッ。2個目はちょっと黒酢を足してカプッ。やっぱり小籠包は楽しいなあ、おいしいなあ。
 

IMG_3368
一品料理としては椎茸のシュウマイを選択、こちらも3個540円のところ4個にしてもらいました。ジュースをたっぷり含んだ分厚い椎茸がシュウマイの旨みをブーストしてて、大きめとはいえ1個でも十分な存在感でした。
 

IMG_3366
〆には麺の美味しさが際立つ葱油伴麺(ネギ油そば)太麺(780円)を分け合って、お腹ポンポコリンの大満足。

ディナーなら、初回はやはり前菜盛り合わせでいろんなものを試してみるのが正解でしょう。下手すりゃそれだけで終わってしまう可能性もあるけど、そっから傾向をつかんで次は何にしようかなあと考えるのがよし。僕は通算で3度来ていますが、次回は未食の鹵肉飯や鹵水料理のいくつかや上海蟹なんぞをぜひイってみたいもんです。やっぱここはいい店だわ。
 

圓記(ユンキー)二度目(神戸・元町)

IMG_1001
初めて行ってめっちゃ気に入った圓記
◎関連エントリ:もっと早く来れば良かった「圓記(ユンキー)」・前編 そしてその後編
まだまだ未食のものが一杯あったので、今度は姉・兄と一緒に行ってきました。
 

圓記
まず初めは僕がここで既に食べたことがあるもので、海老餃子(600円)・海老入り香港焼売(600円)・「もち豚のスペアリブ豆豉蒸し」(1200円)。これらについては上記関連エントリをご覧下さい。
 

以降は前回食べられなかったものばかりガンガンイってみました。

IMG_0971
まずは前回メニューを見落としていた、一日限定10食・香港式皮付きパリパリチャーシュー(1500円)。注文した時にもう売り切れって言われたらどうしようかと心配してたんですが、あって良かった〜
こんがり焼き色のついた皮の下に赤身と脂身が層をなしており、見惚れてしまうほどの魅惑的なルックス。サイコロ状のチャーシューを噛んでみると、まずはパリッとサクッとクリスピーな皮の食感と香ばしさ、続いて脂の旨味がやって来て、後を追って良質の豚肉のいい香りとドーンとした食感、噛むほどに次々と旨味がやって来ます。できることなら、いつまでも噛み続けていたい〜
僕が皮付きチャーシューを好きなもんで、かなりしつこい表現ですが、ほんとにこれはうまかった。個人的にはこれだけ食べに来てもいいと思えるくらい、むっちゃ良かったです。
 

IMG_0980
といってもまだ始まったばかり。どんどん行きますよーでチャーシュー饅頭(480円)は、甘めのチャーシュー入りお馴染みの一品。これは2個でしたが、頼めば個数は増やしてもらえます。

IMG_0978
特に期待せずに注文した春巻き(600円)は、フツーに見えるのになんか知らんが皮も中身もええやん。

IMG_0985
こちらはキノコ入り海老の餅餃子(600円)。なんで餅って字が入るのかよくわからなかったけど、こちらの店としては標準的なレベルのおいしさ。(ほめてるんです)

IMG_0988
威水角=ハムスイコー=香港式ピロシキ(600円)は、中身もだけどそれを包んでいるお餅がカリッともちっとしてて、いい意味で大きく予想を裏切られました。

IMG_0991
湯気でピンボケの写真でスミマセン、こちらは蓮の葉で包んだちまき(700円)。注文してから蒸すので20分ほどかかって出てきました。蓮の葉のいい香りが移った薄味糯米ご飯が極上、豪華ではないけど素朴においしい。元々台湾ちまき(バーツァン)とかも好きなこともあるけど、今回食べた中では先のチャーシューに並ぶお気に入りでした。

IMG_0994
デザートその1・蓮の実餡入り胡麻団子(600円)は、揚げたてアツアツ・胡麻香ばしく・カリッと甘い。

IMG_0997
デザートその2・マンゴープリンタピオカ入りマンゴーミルク掛け(750円)。前回食べたマンゴープリンに比べて何でもありって感じで、見た目も食感もゴージャスでリッチ。プルンとしたプリンにタピオカプリっと感がプラスされて、楽しさおいしさ倍増でした。

神戸で飲茶の店は何軒か行ったけれど、今のところ個人的にここはトップクラスです。といいつつ何軒か未訪の飲茶課題店があるので、近々そっちも行ってみなければ。
 

「群愛茶餐廳」で飲茶三昧(神戸・南京町)

R0000161-3
久しぶりに家族四人が揃い、義母も誘って五人で食事に行くことになりました。条件はランチタイム・予約可・それなりの店、ということで思いついたのが群愛茶餐廳(ぐんあいツァツァンティン)。前から狙っていたのである程度人数が揃っていて色々食べられるのは好都合、初めて行く店だけど群愛系なら大丈夫だろうと即決しました。
 

R0000172
お店に入ってみると、モダンで若々しい雰囲気。「茶餐廳」とは、

香港、マカオ、広東省などの都市でとてもポピュラーな、喫茶や食事ができる飲食店のこと。日本語では「チャサンチョウ」と読み、広東語では「ツァツァンティン」と読みます。

ということで、中華風カフェみたいな路線を目指しておられるようですね。
 

R0000182

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

今回は注文しませんでしたが、こちらが11時半から14時までのランチメニュー。手軽にあんかけご飯もいいけど、やっぱり飲茶グルメランチのほうに惹かれます。
 

R0000174

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

こちらはお粥・麺類・単品・ドリンク・デザートのメニュー。レタス包みとかフカヒレスープなど飲茶系じゃないのも楽しめます。
 

R0000173
…けどやっぱり今回の目的は点心系。1セット5種類の盛り合わせを人数分注文する手もあったけれど、訊いてみたら単品メニューの個数は希望通りにできるとのことだったので、好きなのを選んでそれぞれ5個ずつにしてもらうことにしました。
 

R0000180
こちらにはレギュラー以外のメニューもいくつかあり、どれにしようかかなり悩みました。
以下、写真多めで食べたもの全部をご紹介します。
 

R0000188
まず初めにピータンと豚肉のお粥(950円)をワケワケ。まずはお粥で胃を温めておきます。

R0000189
この海老入り胡麻付き春巻き、胡麻香ばしく皮クリスピーで海老の香りがホワン。これ食べて、あ、ここはアタリと実感しました。

R0000192
続いて点心の物差しとなるエビ入り蒸し餃子は、半透明で綺麗なヒダの皮に包まれた中身がコロンコロンのプリプリ〜

R0000193
続いてのフカヒレ餃子は中身のおいしさもさることながら、包み方の技術の高さ(=おいしい)に目を奪われます。

R0000196
そして特製焼売は、複雑・多様で濃い旨味のかたまり。個人的には今回はこれが一番印象に残りました。

R0000199
ちょいとお漬け物などもいただいて

R0000201
大根餅はほろっととろっと優しく自然な甘味。

R0000202
皮を破かないように注意しながらアツアツの小籠包をいただき、

R0000205
ドーンとスペアリブの豆豉蒸しで締めくくり。

カスタードままん
デザートはその名の通り流れるカスタード饅頭をいただきました。
 

R0000168
去年何年ぶりかで香港に行った(旅行記まだかけてません)のがきっかけになったのか、このところ飲茶欲が旺盛になり神戸でいくつか行きましたが、以前から目をつけていたとおりここはかなり気に入りました。個人的に欲を言うならば、もうちょっと癖があるというか変わったものがあってくれればもっと面白いなという気もします。
通し営業なので使い勝手がよく、一人でも全然オッケーな雰囲気。どれもとても食べやすく大概の方に合いそうなので、まずは飲茶グルメランチを試してみるってのはどうでしょうかね。

{お店データ}
住所:神戸市中央区栄町通2-6-6
電話:078-381-8675
営業時間:11時半~22時
定休日:火曜
 

もっと早く来れば良かった「圓記(ユンキー)」・後編(神戸・元町)

IMG_9616
で、後編は単品編。実際には前エントリのセットに混ざって出てきました。
 

IMG_9621

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

メニューケースが光って見にくいですが、こちらが単品メニュー。これをみるだけでここの飲茶レベルの高さがうかがい知れるラインナップで、どれにしようか迷いまくり。それぞれ最低注文個数以上なら何個でも注文出来るのもありがたいです。
 

IMG_9651
食べ終わった頃にこんなメニューを見落としていたことが発覚。次回は絶対オーダーします!
 

IMG_9641
まずは、コースにも一つ入っていたは「干し貝柱とほうれん草の蒸し餃子」(600円)。皮から透けて見える中身の色合いが美しい。

IMG_9644
仕事が細かいですねえ〜 周りを見渡すとほとんどの方がセットメニューなんだけど、単品メニューはあらかじめ作ってるのか、注文訊いてから作っているのかどっちなんでしょうかね。
 

IMG_9654
続いて「海老入り香港式焼売」(600円)。ブリッブリッの食感で旨味濃厚。旨かったです。これ。
 

IMG_9636
そして、あれば注文必須とネット上で書かれていた「もち豚のスペアリブ豆豉蒸し」(1200円)。柔らかくなった部分をまず食べ、その後骨のにくっついている部分を囓り取って食べる楽しさ、豆豉が効いたソースがおいしくて、ご飯かマントウが欲しかったです。あ、もちろん?ビールは飲んでましたよ。
 

IMG_9670
デザートはマンゴープリン(550円)。充分立派なサイズでむっちりプルプル、マンゴー味が充満してて見事に締めを飾ってくれました。
 

IMG_9682
飲茶が好きなもんで神戸でもいくつか行きましたが、相違点はあれども今はなき老香港酒家を継ぐお気に入りがやっと見つかったって感じです。というか、なんでもっと早く来なかったんか…
お昼時なら前エントリのセットメニューが圧倒的にお得ですが、3000円・4000円のコースもお得っぽい。でも出来るならお仕着せメニューではなくメニューから好きなものを選んで色々楽しみたいので、ある程度人数揃って行くのが理想的かと思います。