「点心」カテゴリーアーカイブ

二度目の「祥龍」(神戸・元町)

IMG_5313
赤萬」の餃子が食べたかったんだけど、三宮・元町とも定休日だったので、そういやあそこがあったなと思い出し、「祥龍」に向かいました。(ヒドイ写真やなあ…)
 

IMG_5318

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

前回行った時はオープンしてまだ1ヶ月足らず、時間が経って店内メニューもメニューブックも以前より見栄え良くなっていました。
 

IMG_5319
なにはともあれビールと水餃子(480円)。黒酢をちょっとつけて、皮つるんとモチモチ・アンたっぷり、やっぱりここのはうめえ〜 水餃子って焼きに比べてやってる店があんまりないのだけど、好きなんです。
 

IMG_5322
今回が2回目ですとかなんだかんだ女将さんと話していたら、味見にと干し豆腐のピリ辛和えを出してくれました。こちらのお店は中国東北地方の料理がメインなんだけど、これとかキムチは韓国風でも女将さんの好みだからメニューに加えてるんだそうです。これ、辛味はそれ程でもなくお酒のあてにぴったりで、レギュラーサイズ以外にハーフサイズもあればいいのではと提案しておきました。
 

IMG_5323
前回食べられなかった焼餃子(350円)は、水餃子とは別仕様で、こちらも皮からお手製。女将さんの好みで野菜少なめ肉たっぷりなので、食べ応えがあります。この手の焼餃子はちょっと珍しいかも。なお前回に引き続き、この日も豚まんはなし。どんなのか気になるなあ。
 

IMG_5330
前回食べられなかったラムの串焼き(一本150円・3本から)を水餃子を食べた後に注文しようとしたら、炭火?を用意する都合で17時以降でないとできないと。その後なんだかんだ飲み食いしてたら頃合いの時間になり、他のお客さんが注文したついでに僕もお願いしました。
クミンが効いたチリパウダーがかかってて、臭みは一切感じられず柔らかくて適度に肉汁あり。3本なんてあっちゅう間になくなってしまいました。強いて言うならもうちょっと獣臭さが残ってても良いんやないかと思ったほどで、この時はハイボール飲んでたんだけど、もっと強めの酒とか重めの赤ワインがあればなお良かったです。これ、是非もの。

休みもほとんど取らず通し営業で頑張ってはるのはありがたいけれど、ちょっと心配。馴染みのお客さんも増えてきてるようなので、無理せずマイペースでやっていっていただきたいものです。
 

ちょっとだけえべっさんに(神戸・JR兵庫駅)

IMG_5252
夕方に台北から帰ってきたところなんですが、明日あさっては仕事で行けないので、ちょこっとだけ柳原のえべっさんにお参りしてきました。
お参りの後はお楽しみの屋台もの。中でも荒神さんのたこ焼きと神戸ワンタンの2つを食べないと、僕は年が明けた気がしないんです。前者は1月2日にクリア、そして後者を今日クリア。
 

IMG_5244
確か去年はギリギリ閉店で食べられなかったので、2年ぶり。台湾から帰ってきた日にワンタンっちゅうのもどうかなあとは思ったんだけど、やっぱりこれはこれで久しぶりの味。やっと僕の2020年が明けました。
 

台北に来ています


今朝関空を出発し、木曜まで台北に来ています。出発前に軽く食べただけなのでかなり腹ぺこで、ホテルにチェックイン後とりあえず何か食べようとホテルの前に出ていた点心っぽい屋台に並びました。


美人の奥さんは予め作っておいた皮を伸ばすのと接客。ご主人は専ら調理役。並んでいるうちに気づいたのですが、タネは二種あって、野菜系は奥さんが伸ばした皮で包み、肉系は伸ばさずご主人がテケトーに手で広げて包んでる様子。


皮伸ばしたて・包みたて・蒸したてを袋に入れてくれて、好みでタレ類を袋に直接入れて立食い。アツアツであるからとはいえ、アンも皮もメチャウマ!


見てる限りではこっちのほうが人気有りげなニラまん(でした)も、メチャウマ!
出だしからこんなに美味しくてどうする台湾、宿の近くだから毎日でも食べられるぞ、これは!
 

いい店見つけた「祥龍」(神戸・元町)

IMG_4475
特段あてもなく元町界隈を妻とフラついていたら、元町郵便局の西側でこの店に遭遇。思わず「こんな店あったっけ?」と(小声で)叫んでしまいました。それもそのはず、この「祥龍」は11月16日にオープンしたばかりの新店。
 

IMG_4451
店内はカウンター席10席のみ、中国から来日して2ヶ月の女将一人で店を仕切っておられます。中国で日本語を勉強されていたし、ご主人がすでに神戸で別の仕事をされているので、難しい話以外は日本語で会話可能。偉いなあ、僕はこんにちはとさようならとありがとうくらいしか言えないもんなあ。
 

IMG_4444

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

メニューを見るとトップにラムの串焼きがあったり干し豆腐を使ったメニューがあったりで、女将は中国東北地方のご出身。訊けば、ほとんどのものは自分で仕込んでおられるのだそうです。

IMG_4455
お昼の定食もあるし、通し営業なので昼飲みも可能。できれば紹興酒を置いといて欲しいなあって、向こうではあんまり飲まないとも聞きますが。
 

祥龍1
料理を注文して出来上がるまでに、おまけを出してくれました。上は炒りピーナッツ・下はキムチで、どちらもお手製。

IMG_4453
ハルピンの本格ソーセージ(小500円)も同じくお手製。この手の中華風ソーセージは何度か食べたことがありますが、いい意味で刻み方が粗めで塩が効いてて、アテに最適。
 

IMG_4460
メニューを見た時からこれは美味しそうと思っていた水餃子(6個480円)は、やはり予想的中の大当たり。女将によると焼き餃子の皮は出来合い・中身はお手製だけれど、この水餃子は皮も中身もお手製。一粒が大きくぽってりしていて、皮もちもち・アンぶりぶりでシューシー。アンの旨味がしっかりしているので、何もつけずにこのままで充分おいしい。日本ではあまり食べる機会がないけれど、ちゃんと作った水餃子はやっぱりいいなあと再認識させられました。個人的には日生の「山東水餃大王」(もう6年も食べてないのかっ⁉︎)以来の大正解水餃子で、これに出会えただけでこの店に来て良かったなと思いました。
 

IMG_4467
続いて中国東北地方定番・干し豆腐炒め(790円)は、硬めのきしめんを使った焼きしめんのような感触。

IMG_4469
豚まんを注文したら品切れで、勧められるままに焼小籠包(3個1セット・値段不明)を。スープたっぷりのこちらももちろんお手製。

IMG_4472
酢豚を注文しようとしたらかなり時間がかかるらしく、それよりは時間がかからない茄子の四川風炒め(890円)で〆。最初はビール飲んで途中で麦焼酎にチェンジして大満足。

正直なところ炒め物は僕らにとっては塩味が強めで、ご飯が欲しくなりました。寒い地方の料理だから味付け濃いめになるのかなあ。まあこれはこれで現地っぽいと受け止めるとして、とにかく水餃子は是非もの。今回振られた酢豚も気になるし、焼き餃子も豚まんも食べてみたい。こりゃあなかなか面白い店ができました。

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通1-9-8
電話:080-5789-7999
営業時間:10時~24時
定休日:無休
 

楽関記でディナー(神戸・元町)

IMG_3358
一度ランチで来てすごく気に入った楽関記に、今度は夜に伺うことができました。こちらのお店、外からだと1階のカウンター席しか見えないんだけど、実は地下にテーブル席が20席もあるので、ちょっとした宴会なんかもできるんです。
 

IMG_3361
今回は4人分の席だけを予約したら、地下のテーブル席に案内されました。暗めの室内にテーブル付近だけ照明が当てられていい雰囲気。他のテーブルも満席で、この日は結構年齢層若目に感じました。まずはビールと、前回食べて気に入った生搾菜(大・950円)をつまみにしつつ、メニュー検討。生搾菜、ちょっとでか過ぎたかも(^_^;)
 

IMG_3359-2

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

僕だけは夜も2度目で、前回他のテーブルに出ていた前菜盛り合わせ(1人前1380円〜)が良さそうだったので、これだけは最初から注文しようと決めていました。店のメニューのダイジェスト版盛り合わせとでもいいましょうか、上の写真が1人前で、4人でこれを2人前取りました。
下段左から右に・干し豆腐と豆もやしと春雨と香菜の和え物/キクラゲとクコの実の冷製/生搾菜(注:ダブるのを承知で先に単品を頼みました)、中段左から右に・皮蛋/クラゲの酢の物(だったっけ)/ミル貝湯引きネギ油ソース/腸詰、上段左から右に・鹵水(ろすい)叉焼/鹵水牛腱(スネ肉)/むし鶏。
鹵水(ろすい)料理というのはこの店のウリのひとつで、ここで初めて知りました。
◎参考リンク:鹵水/上海のお昼ご飯!

とにかく素材色々・あっさりしたものからしっかりしたものまでバラエティに富んでいて、これだけでも十分楽しめるし飲める飲める。
 

IMG_3365
前菜盛り合わせでワイワイやっているうちに、この店のもう一つのウリ・小籠包が登場。5個680円のところ、人数に合わせて8個にしてもらいました。皮を破かないようにレンゲに運んで、中のスープをちょっといただいてカプッ。2個目はちょっと黒酢を足してカプッ。やっぱり小籠包は楽しいなあ、おいしいなあ。
 

IMG_3368
一品料理としては椎茸のシュウマイを選択、こちらも3個540円のところ4個にしてもらいました。ジュースをたっぷり含んだ分厚い椎茸がシュウマイの旨みをブーストしてて、大きめとはいえ1個でも十分な存在感でした。
 

IMG_3366
〆には麺の美味しさが際立つ葱油伴麺(ネギ油そば)太麺(780円)を分け合って、お腹ポンポコリンの大満足。

ディナーなら、初回はやはり前菜盛り合わせでいろんなものを試してみるのが正解でしょう。下手すりゃそれだけで終わってしまう可能性もあるけど、そっから傾向をつかんで次は何にしようかなあと考えるのがよし。僕は通算で3度来ていますが、次回は未食の鹵肉飯や鹵水料理のいくつかや上海蟹なんぞをぜひイってみたいもんです。やっぱここはいい店だわ。