「フレンチ」カテゴリーアーカイブ

ANAクラウンプラザホテル神戸でグランシェフチャリティーランチ(新神戸駅)

GWに家族でランチに行くことになり希望をつのったところ「景色がいいところ」とのリクエスト。「おいしければいい」主義な我が家にしては意外なりクエストに面食らいつつ、なんだかんだ調べてみたら、おっ、これって面白そうってのに行き当たりました。
結論を先に書いておきますが、この企画、めっちゃお得です。

screenshot_01
それがこちら「神戸6ホテルグランシェフチャリティーランチ」。

KOBEホテル6社会は、2017年3月1日(水)~5月7日(日)の68日間にわたり、「あしなが育英会」 を通して親を亡くした子どもたちを支援するチャリティー企画「グランシェフ チャリティーランチ」を開催いたします。
第16回目を迎える今回は、「神戸開港 150 年」を記念して“世界の文化が花開く神戸の美味”をテーマに、KOBEホテル 6 社会加盟ホテルの6人の総料理長が、地元食材を取り入れたり、港町らしい食文化 を思わせるエッセンスを加えたりするなど、趣向を凝らした特別ランチをご用意いたします。 なお、本チャリティーランチでは、全売上金額からサービス料分の 10%を「あしなが育英会」に寄付し、 親を亡くした子どもたちのケア活動に役立てていただきます。

DSC02187
KOBEホテル6社会は、ANAクラウンプラザホテル神戸・オリエンタルホテル・神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ・神戸 ポートピアホテル・神戸メリケンパークオリエンタルホテル・ホテルオークラ神戸。今回の企画は、それぞれのホテルで3,000円コースなら前菜・スープ・メイン1品(魚または肉料理)・デザート・パン・コーヒーまたは紅茶、4,500円コースならメインが魚料理と肉料理の2品で、ランチを提供しようとするもの。リーフレットを見て悩んだ結果、唯一山側に位置するANAクラウンプラザホテル神戸の36階にあるレストラン&バー「Level 36」を選んでみました。


DSC02125
まずはパンが3種(写真は4人前)。オリーブやらトマトやら使って頑張ってくれてますが、そこまでやらんでもバゲットでもええんやないかと思うくらいの力の入りようです。


DSC02131
前菜が出てきて、ますますその力の入り方にびっくり。これで一人前(以下同様)、盛りつけがアーティスティック。

DSC02132
「パンチェッタを纏ったバナナのソテーに小海老を添えて マイクロハーブとラディッシュ、サフランクリームチーズとレモネードドレッシングとともに」
肉類と果物の組み合わせがダメって方もいますが、僕はオッケー。お皿に点々と散りばめられている黄色いサフランクリームチーズが特によく合っていました。


DSC02135
続いてスープ:「グリーンピースのスープ 竹炭ウエハースに鶉玉子と糸唐辛子をのせて」
何だかわからない甘味が加えられていたので、竹炭ウエハースを崩し糸唐辛子とともにスープに混ぜていただきました。面白かったけど、これは甘味がない方が良かったかな。


DSC02156
メインはお肉料理を選択:「神戸ビーフのラビオリ、アーティーチョークとクリームチーズのピューレ、神戸ワインソース そら豆、ベビーにんじん、エシャロットのロースト、シイタケを散りばめて」
ラビオリの中身がすね肉(多分)をホロホロに煮込んだものが入っていました。がっつり肉気ってわけじゃなくても、手間がかかっていて満足度高し。


DSC02164-2
〆のデザート:「コーヒー風味のスポンジ、マスカルポーネクリーム、フランジェリコアイスクリーム チョコレートクランブル 温かいエスプレッソをかけて」
手の込んだアフォガートスタイルでボリュームもたっぷり。街中で食べたらこれだけでも軽く1000円オーバーするでしょうね。


DSC02182
最後にコーヒーか紅茶が選べて、これで3000円(税サ別)。眺望もいいしゆったりくつろげるし、かなりのヒットでした。6ホテルとも同価格・同コース構成だから、競争意識が働くってこともあるのでしょうか、とにかく手のかかり具合が半端じゃなくって、いい意味で目でも味わえるコース内容でした。
残念なことにこのコースをいただけるのもあと一週間。もっと早く知ってりゃ他のホテルにも行ってたんだけどなあ。とにかくまだ間に合います、GWに行けそうなら是非おすすめします!




展覧会後にヴェルジュでランチ(京都・二条川端)

20160709verjus京都
先日、妻と一緒に京都市美術館のダリ展へ。圧倒的に花より団子人間ですが、たまにはこういうとこにも行くんです。ここで2時間、その後すぐ近所の細見美術館へ若冲展とハシゴしたら、すでにお昼の2時を過ぎていてお腹ペコペコでした。


20160709verjus京都
土曜日だったので繁華街に出る気もせず、さりとてこの時間では休憩時間に入ってるお店も多いはず。とにかくどこか良さげなところはないかと鴨川方向に進んでみたら、こちらヴェルジュ(Verjus)に遭遇しました。


20160709verjus京都

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
店頭メニューを見てみたら、洋食っぽいラインナップで値段もお手頃。なんとなくいい感じがしたのと、ぶっちゃけ何より腹ペコだったのでとにかく早く食べたかったこともありこの店に即決。


20160709verjus京都
お店に入ってみたら小洒落た内装で、あ、これはアタリと直感。後で調べてみたらVerjusとはフランス語でワインビネガーのことだそうで、ランチはお手軽に洋食っぽいけれど基本的にはフレンチのお店のようです。


20160709verjus京都
まずはヴィシソワーズ(400円)を。蒸し暑い中を歩いてきたので、冷たさがありがたや。(でもコストパフォーマンスとしては、ちょっともの足らないかな)


20160709verjus京都
妻の選んだ日替わりランチ(サラダ、パンorライス付き)は、鶏モモ肉グリル・野菜とポークのトマト煮。モモ肉の焼き目がおいしそう、野菜とポークも彩りよく、これで820円はとてもお得で満足度高し。


20160709verjus京都
僕は珍しいことに煮込みハンバーグ(サラダ、パンorライス付き・1030円)。ふっくら・たっぷりしたハンバーグでソースもうまし。お腹減ってたのであっという間に平らげてしまい細かいことは憶えてないんですが、このソースだったらシチュー系もいいんじゃないでしょうか。これも日替わりも、どちらの料理も丁寧に手をかけておられるなという印象でした。

岡崎あたりにはちょくちょく来るのですが、特に休みの日には人が一杯なので、ちょっとそのゾーンをはずしたところでいくつかお店のストックをもっておきたいところ。飛び込みで入ったにしてはあたりなこのお店、仲間入り決定です。


{お店データ}
電話:075-771-2672
住所:京都市左京区二条通川端東入ル難波町218
営業時間:12時~14時半 18時~22時
定休日:水曜


【オマケ】
20160709verjus京都
ヴェルジュにたどり着く前に通りかかったハンバーガーショップ・58DINERもかなり良さげ。満員で入れなかったので、次回以降のお楽しみに取っておくことにしましょう。


本場さながら?!「ブラッスリー・ロバボン」(神戸・元町)

20160108ロバボン
イタリアンに比べて、フレンチの手頃なお店ってなかなかないような気がします。少し前にたまたまこちらブラッスリー・ロバボン(BRASSERIE L’OBABON)のことを知り、こりゃあいい店に違いないとピンと来るものがありました。店構えやら店頭のメニューをちらっと見ただけで、(行ったこともないくせに)フランスの香りが豊かに漂ってくるような気がしたからです。


20160108ロバボン
元町通りと南京町の間の路地を、大丸側から少し入ったところにある目立たぬ立地。ビルに貼り付いたかのような細長い形状の店内に入ると、(またもや行ったことないくせに)きっとパリのカフェとかビストロってこんな感じなんだろうと思わせる、洒落てて気軽で明るい雰囲気ムンムンでした。
平日昼間ということもあり、僕以外のお客さんは全員女性というある意味居心地の悪い状況でしたが、そういう気恥ずかしさを感じさせないフロア担当のプロフェッショナルなサービスが快適。後で調べてみたところやはりこの超カッコいい男性がオーナーで、フランス滞在歴もあるとか。めっちゃモテるやろなあ。


20160108ロバボン
デジュネ(ランチ)のメインは4種(週末は値段が変わる?)で、いずれもお替わり可なバゲットと黒板下部のワンドリンク付き。けっこうリーズナブルな価格にもかかわらず、ドリンク選択肢にキールとワインがあるのが素晴らしい。オプションとして+650円で前菜かデザート、+450円でスープをつけることも可能なので、食欲と予算次第でけっこう豊富なバリエーションからチョイスできます。前菜にもデザートにも興味があったんだけど、ランチのみでどんなもんか知りたかったので、我慢して本日の肉料理・豚肉のバロティーヌだけでイってみることにしました。(バロティーヌってどんな料理か全然わかってなかったのですが)


20160108ロバボン
当然の如く選んだワインをいただきながら、料理の登場待ち。昼間っから料理とパン付きでワイン飲むなんて(しかも980円で)、居酒屋で昼酒するのとは全く違う世界ですなあ。お店の居心地もいいし、こりゃかなりゴキゲンです〜


20160108ロバボン
…となーんも考えずにフワフワした気分でいたら、いきなりドカ〜ンと運ばれてきました、これが初めてのバロティーヌ。いやびっくりしましたねえ、まずそのデカさ・厚さ・シンプルで迫力ある盛りつけ。ワイン・バゲット付き980円でこんなもの出てきていいのか?!


20160108ロバボン
引いた写真も見ていただきましょう。カゴに入ったバゲットやワイングラスと比べていただければ、この料理の迫力が少しはおわかりいただけるはず。バゲット(おいしかった)はけっこう分厚く切ったのが3ピース入っており、結局は追加せず。どうやら初めから多めに入れてくれていたような気がします。


20160108ロバボン
同じ料理を選んだ隣の席の女性が「切り株みたい〜」とおっしゃってましたが、バロティーヌとは「肉に詰めものをして筒状に丸め、煮た料理」だそうで。下に敷かれているマッシュポテト、粒マスタードのソースとブラックペパーを適度に合わせていただくと、口の中に豚肉のダイナミックな旨味が溢れます。コチャコチャ小細工なしのドスーンと野太い美味しさ、とでもいいましょうか、赤ワインを選んでて大正解というか、選んでなかったら絶対追加してたでしょうなあ。(元々赤ワイン選んでても追加してしまいましたが…)


20160108ロバボン

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
この日はまだ松の内ということで、希望者には書き初めサービス?をやっており、こういう遊び心も茶目っ気があって楽しい〜 夜メニューは上の写真かこちらをご参考下さい。
お店の雰囲気はいいわ・サービスは洒落てるわ・ランチはお得で安くておいしいわの、三拍子揃ってる超素敵なこの店、オープンしてすでに3年半経つのにどうして今まで来なかったのか、ちと後悔。「神戸で手軽なフレンチ」カテゴリで、ようやくいいお店に出会えたんだから、昼なと夜なと、これからは積極的にリピートしていくつもりです。


{お店データ}
電話:078-381-6469
住所:神戸市中央区元町通1-4-12
営業時間:11時~23時 
※ランチは11時半〜15時、ディナーは月〜金18時〜、土日祝17時〜
 15時からディナータイムまではカフェタイム
定休日:不定休


SOLDES/ソルド(大阪・天満)

20150519SOLDES
えて吉さんに協力していただき、週初めにちょいと遠出してものすごくいい経験をしてきたんですが、その件はまた改めて。で、大阪に戻ってきたその夜、**あきこ**さんも加わって天満で飲むことになり、色々探索した結果、以前から気になってた天満駅南側すぐの「SOLDES」に行ってみることにしました。メニュー見てまずはこれいっとこかと選んだ前菜盛り合わせが大当たり。えて吉さんが会計係だったのでようわからんのですが、メニュー通りだと8種で1600円から10%引き、これだけでも相当飲めます。この中でも特に右下のパテがおいしく、この後単品で追加注文しました。


20150519SOLDES

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)
メニューはこんなの。赤丸20%、緑丸10%オフ商品は日によって変わるそうで、店名のSOLDES=バーゲンはそういうことなのか、とこのエントリ書き始めてからわかった次第。


20150519SOLDES
メニュー見てたら気になった「カメ」って部位の牛炭火焼きを追加。説明ちゃんときいてなかったんですが、モモの一部のようです(もも→しんたま→まるかめ)。サシは入っておらず、ざくっとした歯応えの赤身。塩をちょこっとつけて噛みしめると旨味が沸いてきます。本来はついてないフライドガーリックをリクエストしてこれを添えたら旨さ倍増、食べ応えありましたねえ。
この後別の店にハシゴしたので今回はこの程度でしたが、メニュー豊富なのでもっと色々食べてみたいですねえ。駅の改札出て1分もかからないところにこんな店があるとは、やっぱり天満はオモロイですな。


{お店データ}
住所:大阪市北区天神橋4-4-20 電話:06-6353-2229
営業時間 :[ランチタイム] 11時半~15時
[ディナータイム]17時半~23時 ※金・土・祝前日は〜24時
定休日:月曜(祝日の場合翌火曜)


超久しぶりにプティポワでランチ(神戸・JR兵庫駅北側)

20141216プティポワ
ブログを始めたばかりの10年前にネタにして以来、何度も食べに行ってたご近所のフレンチビストロ・プティポワに、超久しぶりに行って来ました。エントリを検索してみるとなんと4年ぶり。そんなに行ってなかったかなあ、自宅からすぐなのでいつでも行けるって思うからでしょうかねえ。


20141216プティポワ
店内に入ると、下町とは思えない落ちついた雰囲気。開店して13年目に入られたそうです。ランチタイムのラストオーダー直前に行ったので、当初は妻と僕の2人、その直後に女性3人客が入ってこられました。


20141216プティポワ
ランチタイムは7種のコースあり。これまでに何度も来ていますが、1200円のサービスランチしか食べたことがありません、というのもこれで充分過ぎるほどなので。


20141216プティポワ
下町ビストロには珍しくパンも自家製。みっちり目の生地でややもっそりしていますが、スープやソースとの相性はいいと思います。


20141216プティポワ
この日のスープはごぼう。こちらのお店の特徴の一つは、すべてにおいて量がたっぷりめなこと。パンもスープも、これからでてくるサラダもメインもぜーんぶ。かなり以前ですが、ここでディナーをいただいた時は全くもって完敗でした。(是非リンク先をご覧下さい)


20141216プティポワ
申し訳程度の量ではなく、たっぷりで品目豊富なサラダに続いて…


20141216プティポワ
肉か魚から選べるサービスランチのメインディッシュ登場。今回は妻も僕も肉をチョイス、チキンとカキのソテー・トマトソース。ソースに隠れてわかりにくいですが、カキとボリュームたっぷりなチキン以外に、芽キャベツ・ブロッコリー・蕪・人参・オクラなど各種野菜が盛り込まれていて、いつものプティポワスタイル。トマトソースの味がバッチリ決まっていて、久しぶりだけど変わらずうまい!なんぼ下町だとは言え、これで1200円だなんて価値あり過ぎ。ご近所にこんないい店があって、ほんとに恵まれてるなあと毎回思います。三宮あたりでオシャレに決めるのもいいですが、たまには実質本位を求めて是非ともこのお店を訪ねていただきたいものです。自信を持っておすすめ。


{お店データ}
住所:神戸市兵庫区塚本通5-1-26 電話:078-578-3287
営業時間:11時半~14時、17時~21時(L.O.)
定休日:月曜(祭日の場合は営業・火曜代休)