「フレンチ」カテゴリーアーカイブ

アン プランタンで二度目のテイクアウト(神戸・上沢)

IMG_7550
つい最近お店の存在を知り、初めてテイクアウトしてみたらめっちゃよかったアン プランタン。どうやら近々営業再開しそうな様子で、ここんとこたまにやってるテイクアウトは「これで最後」という話を聞き、ギリギリセーフで「前菜セット」の予約がとれました。

それがこちら。
 

IMG_7676
 

IMG_7684
 

IMG_7673
最初の写真のだけかと思わせといて、上の写真3枚分で1セット。僕が盛りつけしたのでヘタッピですが、品数と言い内容と言い、予想をはるかに超えてて驚きました。
 

IMG_7695
で、なんとこれが1500円!
メニューがなかったので詳しい内容は不明ですが、調理法色々で野菜・魚介類・肉類各種揃ってて大満足。例によってレコルトさんのバゲットとスパークリングワインと一緒に、存分に楽しませていただきました。
お店の再開は来月かなあ。始まったら必ず予約せねば。
 

アン プランタン/un・・・printempsのアラカルトをテイクアウト(神戸・上沢)

IMG_7464
なんだかんだ調べていたら、我が家から徒歩圏内の上沢にビストロ「アン プランタン」なるお店があることを知りました。え?そのあたりはしょっちゅう歩いてるけど知らんぞ?しかも2018年の暮れにすぐ近くから移転してきたってそんな前から?と思いつつ行ってみたら、上沢通に面してちゃんとありました(そりゃそうやろ)。

IMG_7550
(この写真は後日追加しました)現時点では営業自粛中ながら、5月中は原則土曜日のみ「お総菜屋さん」をコンセプトにテイクアウトを実施中。必ずしもフレンチっぽいのばかりじゃなく、サバ味噌煮とか小芋饅頭とイカの煮たのとかハンバーグもあったようです。予約で結構売れてしまうと聞いていたので、とりあえず場所確認のつもりで先週土曜日に行ってみたら、運良く少しだけ残っていたので買って帰りました、
 

IMG_7483
それがこちら、あまりにきれいな盛りつけなので注意して持ち帰り、容器に入ったままで写真を撮りました。もうね、見ただけでおいしさを確信できるじゃないですかの「フランス産豚バラ肉のスパークリングワインブレゼ」。ブレゼって調理法は蒸し煮の一種だそうで、難易度が高いのだとか。
とにかく豚肉がむちゃくちゃうまい。見事に層をなす豚バラブロックがたっぷり厚めにカットされており、何もつけずにそのままでもウマー、素材の良さ技術でじんわり引き出したって感じ。そしてソースはこれまたなんと言えば良いか、割りと粘度があって旨味と酸味が前に出てきます。見た目チーズっぽく見えますが、クリームチーズとかヨーグルトでも使ってるんでしょうかねえ。豚肉と一緒に食べるも良し、途中で買って帰ったレコルトのバゲットとの組み合わせも抜群でした。

で、このお惣菜がいくらかというと…、なんと500円!その上最後の1個だったからか400円に値引してくれたんです!すごいでしょ!
家からも近いし、通常営業が再開したら是非とも行ってみたいです。それまでは土曜日のお惣菜を楽しみにしておくことにします。

{お店データ} ※平常時の情報です
住所:神戸市兵庫区下沢通5-4-12
電話:078-575-1625
営業時間:12時〜14時 18時〜22時
定休日:木曜日
 

紅白ルクア大阪店で昼飲み(大阪・梅田)

IMG_2491
妻と梅田で映画を見た後、平日の中途半端な時間だったら大丈夫だろうと紅白ルクア大阪店に行ってみたところ、そんな時間でも何人か待ち列がありましたが10分ほどで席につくことができました。平日なのに相変わらずすごいな。
 

IMG_2470

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

食べ物メニューの数々。ルクアの紅白以外にも、今はなきHEPファイブの店とかホワイティうめだの店とか何度か行ったことがあるんだけど、写真が撮りにくい状況だったりして、ブログネタにはできてませんでした。
 

IMG_2459

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

IMG_2458
ありがたいことに、平日だとボトルワインが20%オフ。お手軽なワインもあるけど、20%オフならちょっといいのを選んでもいいかって思ってしまいます。
 

IMG_2473
ということで、元値3500円・スペインのスパークリングロゼDAMIAを選択。紅白デビューの妻のために、看板メニューのフレンチおでん・大根ポルチーニ茸クリームソース掛け(180円)でスタート。大根もだけど、ソースがおいしいんですよね、これ。バゲット頼んできれいさっぱりいただきました。
 

IMG_2477
フレンチおでん続きで、冷やしトマト一個のコンソメジュレ(340円)。いわゆる冷製の一種かと思いきや、これが一種のおでんという解釈が面白いですねえ。
 

IMG_2481
妻リクエストのモンゴイカ 三種類の豆ペースト レモンの香り(290円)。凝ってますねえ〜夏らしいですねえ〜面白いですねえ〜豆ペーストだけで充分飲めますねえ〜
 

IMG_2484
ガッツリ肉が喰いたくて、仔羊のヘルシーステーキブルーチーズ風味(730円)。仔羊とブルーチーズがロゼに合ってて、ポテトたっぷりで食べ応えもあり、これは値打ちものでした。
 

IMG_2487
〆は、かぼちゃのリゾットフォアグラソテーのせ(890円)。料理名聞くとすごく高そうなメニューに思えるけど、とてもリーズナブル。色合いも美しく「ちゃんとした料理食った感」もあって、満足度の高い一皿でした。

この他にも食べてみたいメニューがいっぱいで、できたら4人ぐらいで来たいんだけど4人用テーブル席って確かなかったはず。色々食べるなら回数重ねるしかないわけで、でもいつも混んでるからなあ、これだけおいしくてリーズナブルだからしょうがないんだけど。

(お店データ}
住所:大阪市北区梅田3-1-3 ルクア 大阪 B2F
電話:06-6341-5089
営業時間:11時〜~24時
定休日:不定休(ルクア大阪に準ずる)
 

神戸 中央市場の料理教室 近藤亭のキッシュとワインの話に参加してきました(追記あり)


中央市場の料理教室はこれが4回目。今回は残念ながら講義と試食だけで、実習なしでした。近藤亭(きっしゅや)には行ったことがないけれど、ずい分前からマークしていたいたお店です。


キッシュはロレーヌスモークサーモンの二種。色んな料理に使える「炒め玉ねぎ」の作り方がとても参考になりました。
 


海老とキノコ(しめじ)・フスィリ(ネジネジショートパスタ)のグラタンは、ホワイトソースの作り方とその保存法・キノコをおいしく炒めるコツ・海老をおいしく茹でるコツがこれまたすごく参考になりました。試食のグラタンがすごい量で、満足度高し。
 


もう一品は鶏もも肉の南仏風(ラタトゥイユ)。ここでも鶏ソテーのコツ・野菜の切り方など、基本的なことが改めて参考になりました。

当初はワインなしコースにしてたんだけど、講義見てる間にこりゃあ無理だと気が変わり、試食前にワインありに変えてもらいました。料理のボリュームがすごくて、昼間っからおなかいっぱい〜
最近の調理学校の生徒さんは、講義を聴かないとか実習中に寝るとか、この料理教室も実習なしにしたほうが人が集まりやすい場合があるとか、講義以外にも色々興味深い話が聞けました。個人的には、調理ありのほうがいいんだけどなあ。またなんかあったら参加したいです。
 

ANAクラウンプラザホテル神戸でグランシェフチャリティーランチ(新神戸駅)

GWに家族でランチに行くことになり希望をつのったところ「景色がいいところ」とのリクエスト。「おいしければいい」主義な我が家にしては意外なりクエストに面食らいつつ、なんだかんだ調べてみたら、おっ、これって面白そうってのに行き当たりました。
結論を先に書いておきますが、この企画、めっちゃお得です。

screenshot_01
それがこちら「神戸6ホテルグランシェフチャリティーランチ」。

KOBEホテル6社会は、2017年3月1日(水)~5月7日(日)の68日間にわたり、「あしなが育英会」 を通して親を亡くした子どもたちを支援するチャリティー企画「グランシェフ チャリティーランチ」を開催いたします。
第16回目を迎える今回は、「神戸開港 150 年」を記念して“世界の文化が花開く神戸の美味”をテーマに、KOBEホテル 6 社会加盟ホテルの6人の総料理長が、地元食材を取り入れたり、港町らしい食文化 を思わせるエッセンスを加えたりするなど、趣向を凝らした特別ランチをご用意いたします。 なお、本チャリティーランチでは、全売上金額からサービス料分の 10%を「あしなが育英会」に寄付し、 親を亡くした子どもたちのケア活動に役立てていただきます。

DSC02187
KOBEホテル6社会は、ANAクラウンプラザホテル神戸・オリエンタルホテル・神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ・神戸 ポートピアホテル・神戸メリケンパークオリエンタルホテル・ホテルオークラ神戸。今回の企画は、それぞれのホテルで3,000円コースなら前菜・スープ・メイン1品(魚または肉料理)・デザート・パン・コーヒーまたは紅茶、4,500円コースならメインが魚料理と肉料理の2品で、ランチを提供しようとするもの。リーフレットを見て悩んだ結果、唯一山側に位置するANAクラウンプラザホテル神戸の36階にあるレストラン&バー「Level 36」を選んでみました。

DSC02125
まずはパンが3種(写真は4人前)。オリーブやらトマトやら使って頑張ってくれてますが、そこまでやらんでもバゲットでもええんやないかと思うくらいの力の入りようです。

DSC02131
前菜が出てきて、ますますその力の入り方にびっくり。これで一人前(以下同様)、盛りつけがアーティスティック。

DSC02132
「パンチェッタを纏ったバナナのソテーに小海老を添えて マイクロハーブとラディッシュ、サフランクリームチーズとレモネードドレッシングとともに」
肉類と果物の組み合わせがダメって方もいますが、僕はオッケー。お皿に点々と散りばめられている黄色いサフランクリームチーズが特によく合っていました。

DSC02135
続いてスープ:「グリーンピースのスープ 竹炭ウエハースに鶉玉子と糸唐辛子をのせて」
何だかわからない甘味が加えられていたので、竹炭ウエハースを崩し糸唐辛子とともにスープに混ぜていただきました。面白かったけど、これは甘味がない方が良かったかな。

DSC02156
メインはお肉料理を選択:「神戸ビーフのラビオリ、アーティーチョークとクリームチーズのピューレ、神戸ワインソース そら豆、ベビーにんじん、エシャロットのロースト、シイタケを散りばめて」
ラビオリの中身がすね肉(多分)をホロホロに煮込んだものが入っていました。がっつり肉気ってわけじゃなくても、手間がかかっていて満足度高し。

DSC02164-2
〆のデザート:「コーヒー風味のスポンジ、マスカルポーネクリーム、フランジェリコアイスクリーム チョコレートクランブル 温かいエスプレッソをかけて」
手の込んだアフォガートスタイルでボリュームもたっぷり。街中で食べたらこれだけでも軽く1000円オーバーするでしょうね。

DSC02182
最後にコーヒーか紅茶が選べて、これで3000円(税サ別)。眺望もいいしゆったりくつろげるし、かなりのヒットでした。6ホテルとも同価格・同コース構成だから、競争意識が働くってこともあるのでしょうか、とにかく手のかかり具合が半端じゃなくって、いい意味で目でも味わえるコース内容でした。
残念なことにこのコースをいただけるのもあと一週間。もっと早く知ってりゃ他のホテルにも行ってたんだけどなあ。とにかくまだ間に合います、GWに行けそうなら是非おすすめします!