「おやつ系」カテゴリーアーカイブ

冨月で雨宿り(神戸・新開地)


予想通り激しい雨なので、冨月でしばし雨宿り。プレーンチューハイ(300円)のお供は、ところてん(200円)。神戸っ子ならもちろん酢醤油に練り辛子でいただきます。ここのところてん、糸こんみたいに細いのが珍しいなあ。
 


長崎に行って来ました(1)〜オリンピックでトルコライス

2018-03-10 12.21.07
珍しく土日に休みが取れることになったと思ったら、タイミングよくピーチ航空がバーゲンやってたので、妻と長崎に行って来ました。

2018-03-10 13.53.43
長崎空港に着いたらJリーグサポーター歓迎看板が。V・ファーレン長崎がJ1昇格になり地元では大盛り上がりの様子です。この日は対浦和レッズ戦で、街中あちこちでレッズサポーターさん達をお見かけしました。

DSC02839
空港からバスに乗って長崎市内へ。僕も妻も20年ぶりくらいじゃないでしょうか。

2018-03-10 14.33.49
長崎市内の路面電車乗り放題のきっぷを探していたら、スマホから直接買えるモバイル乗車券を発見。1日500円か24時間600円が選べて(大人)、複数で使用可能・残り時間カウントダウン表示・降車時に車掌さんに見せるだけ。わざわざ売り場を探して買いに行かなくていいしすごく便利です。

DSC02857
宿は楽天でビクトリアイン長崎を予約しておきました。設備はちょっと古めでも、ツインルーム11400円(しかもダブルベッド2つ!)で広々だったし、繁華街のど真ん中にあってすごく便利でした。

DSC02863
チェックイン時で15時を過ぎていたので、荷物だけ放り込んで遅めの昼ご飯。ホテル近くの商店街は規模が大きく、土曜の午後ということもあってすごく賑わっていました。
 

DSC02865
なにはともあれ長崎に来たらトルコライス。大阪や神戸でも食べたことはありますが、ずっと前から本場で食べてみたかったんです。

DSC02890
事前に調べていた店の中から、ホテルから近くて通し営業の「カフェ オリンピック」を選択。

DSC02884
一言で言うとめっちゃメニューが豊富な喫茶店で、パフェ類が有名だそう。地元の方々以外にも、観光客や修学旅行生で賑わっています。

DSC02916
こちらの名物・高さ1.2mのパフェ。分け合って食べてもいいし、一人で食べてもいいし。

DSC02914
都道府県ごと国ごとにこの1.2mパフェを完食した本数が掲示されています。中には一人で完食後、ハンバーグとライスを平らげた女性もいらっしゃるとか…
 

DSC02877
本題に戻って、トルコライス。メニューを見ると種類も多いし、ボリュームも様々(上の写真はマウスオーバーでスライドショーになっています)、レギュラーサイズの3倍のメガトルコライスを何人かで分け合っているテーブルもありました。

DSC02900
当然の如くベーシックにトルコライス(999円)を選択。正直なところ余りにイベント乗りなお店だったので失敗したかなと思いましたが、見た目も食べてもまともでした(失礼)。バター風味のサフランライスに載っかったトンカツはそこそこの厚みがあり肉質良し、ドミグラスソースは可もなく不可もなく。トマトソースが絡まった細めのスパゲティはまとめて作ったものではなく、ちゃんとした茹で加減でした。
長崎のトルコライスにも店によって個性があるようですが、ピラフ・スパゲティ・トンカツの組み合わせが基本のようです。付け合わせの野菜も含め、一皿で完結するのが人気の元なのでしょうね。妻とワケワケしましたが、僕一人ならこの一品で満腹になるボリュームでした。

DSC02905
同じ料理を取るのも面白くないので、もう一品は魔法使いのドリアってのを頼んだら、かぼちゃ入りのかなりな量のが出てきました。あっさり味だったけれど、余りの多さに撃沈、食べきることができませんでした…

洋食好きなもんで、トルコライスにはとても親近感があります。もっといろんな店のを食べ比べてみたいなあ。

参考リンク:画像付トルコライス一覧(長崎市内版)/トルコライス マニアックス
 


こっぺぱんとフレッシュサンドの店 ウイングベーカリー (神戸・湊川)

2018-02-13 14.44.43
湊川近辺をうろついていたら、ハートフルみなとがわのB1F(地上にあるけどね)で記憶にない店に遭遇。隣のパン屋さんは憶えてるけど、こんなんあったっけ?

2018-02-13 14.54.13
あとで調べてみたら、一昨年の7月に隣のパン屋さんウイングが、喫茶コーナーをこっぺぱんとフレッシュサンドの店に改装したそうな。
 

2018-02-13 14.44.49
種類は30種類ちょっと、作り置きせずオーダーがあってから作ってくれます。こちらはあんことかジャムとかのスイーツ系。

2018-02-13 14.44.57
こちらは玉子とかカツとかサラダとかの惣菜系。中身の揚げ物・焼き物も注文があってから作るので、アツアツがいただけます。一番高いのでも320円、安いなあ。

2018-02-13 14.47.31
メニューに載ってない「たまごカツ」なんてのもあるそうで、どんなんかなあ。ここに来るまでに色々食べてたあとだったので、お店でも食べられるけど持って帰ることにしました。
 

2018-02-13 17.45.49
選んだのはハムカツ(230円)。カツの下には刻みキャベツとトンカツソース、ハムはそこそこ厚みがありでっかいコッペパンに負けません。長さ20cmほどはあったので、ボリュームたっぷり。量的にはこれ1個で大概は満足出来るっちゅうか、小食の方ならもてあますでしょう。チェーンのハンバーガー屋なんかより、種類は多い・安い・作りたて・ボリュームたっぷりで、これはいい。

今の学校給食は米飯も多いようですが、僕らの世代はほとんどがこのコッペパンでした。なので馴染みがあるとも言えるし、充分食べたからもうたくさんって感じもある。でも久しぶりにこうして食べてみると、単体で食べるにはちょっとアレだけれど、甘い辛いを問わず中身と一緒に食べるには向いてるなあと再認識しました。今度はサラダ系のを買ってビール飲みながらガブッといきたいです。

【参考サイト】
ICHIBA♡KOBEプロジェクト /ウイングベーカリー ハートフルみなとがわ
動画付きで内容も面白いです。そしてこのサイト、インタビューを文字おこししてるのがすごい。文字で見る神戸弁?と音声の両方でお楽しみ下さい。

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区荒田町4-29-24 ハートフルみなとがわ B1F
電話:090-8534-3763
営業時間:10時~売切次第終了
定休日:木曜
 


「松川」で蒸しきんつば(神戸・JR神戸駅北)

2018-01-31 13.55.16
楠公さん(湊川神社)あたりをふらついていたら、「松川」が店を開けてるじゃありませんか。3年半前に東京から移転、普段あんまり通らない場所だし商品が品切れになると閉店してしまうので、こうして入り口の扉が開いているのを見るのは、本当に久しぶりでした。
 

2018-01-31 13.54.58
日替わりのあんころ餅と、大人気の豆大福は売り切れ。暖簾に染め抜かれているように、こちらは丹波小豆を使った和菓子処、豆大福じゃなくってもおいしいものがまだまだあります。
 

2018-01-31 22.16.38
今回は蒸しきんつばを購入。きんつばって小麦粉を溶いたのを纏わせて焼いたのってイメージなので、蒸しは珍しいんじゃないでしょうか。
 

2018-01-31 22.23.53
材料はほとんど丹波大納言小豆、その他は砂糖・小麦粉・塩・吉野本葛。食べてみればわかるとおり、砂糖控えめでほぼ小豆だけの味。小豆の香り・風味をできるだけ純粋に味わって欲しいとの想いから、薄皮付きの焼きではなく、蒸しにしてるんでしょうね。よほど自信がなければこんなことはできません。糖質を控えないといけない身としては、甘さ控えめなのがいろんな意味でありがたい。でもしょっちゅう食べるわけにはいかんしなあ。

僕の父は酒飲みだったくせにあんこが大好きで、最中とかきんつばとかをしょっちゅう買ってました。戦争体験から甘いものに飢えてたそうです。父がこれ食べたらどう思っただろうかなあ。
 

*参考ブログ
Amusons-nous!:神戸のおいしい和菓子屋さん!苦手な人こそ食べて欲しい【松川】の最中
 
{お店データ}
住所:神戸市中央区多聞通2-1-5
電話:078-361-0525
営業時間:10時〜16時(商品が売切れ次第閉店)
定休日:月曜、第1・3・5火曜
 
 

(追記)2年半ほど前の写真が出てきたので、参考までにあげておきます。

R4001745
R4001742
R4001744
R4001760
R4001765
 


バンコク旅行記(6)〜最終日は振り幅大きく駆け足で

年内に上げるとのノルマを果たすべく、「昨年の」バンコク旅行記の最終日分を写真多めでアップします。
 

P9131593
ホテルで朝食を食べたあと、お土産買ったりなんやかんやで街に出て、ちょっと気になってたおやつを。ビルが建ち並ぶ街並みに、屋台もまた延々並んでるのが「ならでは」の光景。

P9131596
右の女性が、ポコポコ丸くへっこんだ鉄板にコナを注いで焼いていきます。左の女性は焼き上がったそれを切り離し、容器に入れて売る係。

P9131601
今回の旅ですごく役に立ったガイドブック「タイ行ったらこれ食べよう!」に載っていた、見た目ほとんどたこ焼きなカノムクロックというおやつ。ココナツミルクと米粉がベースで、お店によって味が違うらしいです。これは少し甘くてコーンが入ってて、外は少し香ばしいけど中は火が通りきってないような柔らかさでした。タコ焼き器があれば簡単に作れそうです。
 

P9131621
次いで遅めの昼ご飯を食べるべく、インド人街へ電車で移動。街の雰囲気が独特で最初はちょっと緊張しましたが、歩いているうちに徐々に慣れてきました。

P9131605
目的の店は、またもや「タイ行ったらこれ食べよう!」に載っていたレストラン・クルアアロイアロイ。多少街の雰囲気には慣れたものの、いざ店の前まで来たらそのあまりのローカルさに一瞬躊躇しました。

P9131614
でも入ってみたらどうってことなく、一目で観光客とわかる僕らに店の人も常連客っぽい人?も親切で、英語メニューを持ってきてくれました。

P9131606P9131608

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

2016-09-13 14.04.59
オーダーしたのはゲーンマッサマンというカレーとライス。量がようわからんかったので一人前で勘弁してもらいましたが、けっこうたっぷり入ってて結果的にはこれで正解でした。

P9131611
辛さは大したことなく、ココナツミルクやパームシュガーが入っているのでやや甘め。自分の中の概念としてはカレー食ったって感じではなかったけど、香り良くコクがあっておいしくいただきました。っちゅうか、店の雰囲気とか回りの人の様子を見てるだけでとっても興味深かったです。

 

P9131625
インド人街から再び電車に乗って移動。妻の希望により、「もったいなくて泊まれないけど行ってみたい」とマンダリンオリエンタルバンコクを見学に。

P9131636
地下鉄の駅から少し歩いて、川の桟橋から船に乗って行くんですね。ホテルまで数分・無料・風情あり。

P9131648
うーむ、いかにもな雰囲気ですなあ。

P9131697
窓が大きくて開放感があってゆったりした雰囲気のロビー。

P9131659
赤い椅子が華やかです。

P9131677
せっかくなので、しばらくゆったりすることに。妻はケーキセット、僕はモヒート。

P9131685
負け惜しみじゃなく、泊まれなくても構わない。ロビーでこうしてしばらくくつろいで、雰囲気を味わうだけでも充分でした。

P9131723
再び船に乗ってどんぶらこ。楽しかったバンコク旅行ももう終わり、夜の便に乗らねばなりません。

 
R4002671
実際に行ってみると、思ってた以上にバンコクは大都会でした。まだまだ食べたいものの課題積み残しがいっぱい、特に辛い系の食べ物は宿題山積。いつか必ず再訪します。