「おやつ系」カテゴリーアーカイブ

「松川」で蒸しきんつば(神戸・JR神戸駅北)

2018-01-31 13.55.16
楠公さん(湊川神社)あたりをふらついていたら、「松川」が店を開けてるじゃありませんか。3年半前に東京から移転、普段あんまり通らない場所だし商品が品切れになると閉店してしまうので、こうして入り口の扉が開いているのを見るのは、本当に久しぶりでした。
 

2018-01-31 13.54.58
日替わりのあんころ餅と、大人気の豆大福は売り切れ。暖簾に染め抜かれているように、こちらは丹波小豆を使った和菓子処、豆大福じゃなくってもおいしいものがまだまだあります。
 

2018-01-31 22.16.38
今回は蒸しきんつばを購入。きんつばって小麦粉を溶いたのを纏わせて焼いたのってイメージなので、蒸しは珍しいんじゃないでしょうか。
 

2018-01-31 22.23.53
材料はほとんど丹波大納言小豆、その他は砂糖・小麦粉・塩・吉野本葛。食べてみればわかるとおり、砂糖控えめでほぼ小豆だけの味。小豆の香り・風味をできるだけ純粋に味わって欲しいとの想いから、薄皮付きの焼きではなく、蒸しにしてるんでしょうね。よほど自信がなければこんなことはできません。糖質を控えないといけない身としては、甘さ控えめなのがいろんな意味でありがたい。でもしょっちゅう食べるわけにはいかんしなあ。

僕の父は酒飲みだったくせにあんこが大好きで、最中とかきんつばとかをしょっちゅう買ってました。戦争体験から甘いものに飢えてたそうです。父がこれ食べたらどう思っただろうかなあ。
 

*参考ブログ
Amusons-nous!:神戸のおいしい和菓子屋さん!苦手な人こそ食べて欲しい【松川】の最中
 
{お店データ}
住所:神戸市中央区多聞通2-1-5
電話:078-361-0525
営業時間:10時〜16時(商品が売切れ次第閉店)
定休日:月曜、第1・3・5火曜
 


バンコク旅行記(6)〜最終日は振り幅大きく駆け足で

年内に上げるとのノルマを果たすべく、「昨年の」バンコク旅行記の最終日分を写真多めでアップします。
 

P9131593
ホテルで朝食を食べたあと、お土産買ったりなんやかんやで街に出て、ちょっと気になってたおやつを。ビルが建ち並ぶ街並みに、屋台もまた延々並んでるのが「ならでは」の光景。

P9131596
右の女性が、ポコポコ丸くへっこんだ鉄板にコナを注いで焼いていきます。左の女性は焼き上がったそれを切り離し、容器に入れて売る係。

P9131601
今回の旅ですごく役に立ったガイドブック「タイ行ったらこれ食べよう!」に載っていた、見た目ほとんどたこ焼きなカノムクロックというおやつ。ココナツミルクと米粉がベースで、お店によって味が違うらしいです。これは少し甘くてコーンが入ってて、外は少し香ばしいけど中は火が通りきってないような柔らかさでした。タコ焼き器があれば簡単に作れそうです。
 

P9131621
次いで遅めの昼ご飯を食べるべく、インド人街へ電車で移動。街の雰囲気が独特で最初はちょっと緊張しましたが、歩いているうちに徐々に慣れてきました。

P9131605
目的の店は、またもや「タイ行ったらこれ食べよう!」に載っていたレストラン・クルアアロイアロイ。多少街の雰囲気には慣れたものの、いざ店の前まで来たらそのあまりのローカルさに一瞬躊躇しました。

P9131614
でも入ってみたらどうってことなく、一目で観光客とわかる僕らに店の人も常連客っぽい人?も親切で、英語メニューを持ってきてくれました。

P9131606P9131608

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

2016-09-13 14.04.59
オーダーしたのはゲーンマッサマンというカレーとライス。量がようわからんかったので一人前で勘弁してもらいましたが、けっこうたっぷり入ってて結果的にはこれで正解でした。

P9131611
辛さは大したことなく、ココナツミルクやパームシュガーが入っているのでやや甘め。自分の中の概念としてはカレー食ったって感じではなかったけど、香り良くコクがあっておいしくいただきました。っちゅうか、店の雰囲気とか回りの人の様子を見てるだけでとっても興味深かったです。

 

P9131625
インド人街から再び電車に乗って移動。妻の希望により、「もったいなくて泊まれないけど行ってみたい」とマンダリンオリエンタルバンコクを見学に。

P9131636
地下鉄の駅から少し歩いて、川の桟橋から船に乗って行くんですね。ホテルまで数分・無料・風情あり。

P9131648
うーむ、いかにもな雰囲気ですなあ。

P9131697
窓が大きくて開放感があってゆったりした雰囲気のロビー。

P9131659
赤い椅子が華やかです。

P9131677
せっかくなので、しばらくゆったりすることに。妻はケーキセット、僕はモヒート。

P9131685
負け惜しみじゃなく、泊まれなくても構わない。ロビーでこうしてしばらくくつろいで、雰囲気を味わうだけでも充分でした。

P9131723
再び船に乗ってどんぶらこ。楽しかったバンコク旅行ももう終わり、夜の便に乗らねばなりません。

 
R4002671
実際に行ってみると、思ってた以上にバンコクは大都会でした。まだまだ食べたいものの課題積み残しがいっぱい、特に辛い系の食べ物は宿題山積。いつか必ず再訪します。

 


青春18きっぷで冬のトミーツアー/後編(福井市)

トミー赤
前編からの続きで、この辺からは赤ワインにチェンジ。トミーではいつもワインはおまかせで、左の前回に続いて登場、右のはラベルが汚れたからということでフランス産を出して下さいました。左ので充分おいしいので、ワインの違いがわからない僕にはちょっともったいなかったかも…
 

X70F2346
いつの季節であろうとも、トミーに来たならこれは必須のタンシチュー(左)とビーフシチュー(右)。どちらもホロホロと崩れる柔らかさ、黒くて深くてビターでどっしりとしたドミグラスソースは唯一無二。残すのはもったいので、別途パンを注文してお皿がきれいになるまで食べ尽くしました。何度食べてもやっぱりこれはほんとにすごいというかなんというか、ただ感服としか言いようがありません。

 
X70F2352
〆のデンプン質系にハヤシライスとの意見もありましたが、持ち帰り用メニューのカツサンドにしてみました。参加メンバーのほとんどが経験済みのトミーのポークカツはコストパフォーマンスがすごくいいんだけど、カツサンド用のじゃなくってそのポークカツをそのまま挟んでいるので、迫力満点。一人1ピースずつでも充分な満足感がありました。

 
トミーデザート
デザートは、ベイクドチーズケーキ・ババロア・プリンにそれぞれフルーツ添え。ここでデザートは何度も食べているのに、今回はチーズケーキがことのほかおいしく感じました。三代目に訊いたところ、チーズケーキだけホールで売って欲しいというお客さんもいるほどの人気だそうで、でもすごい値段になってしまうのでお断りしているんだそうです。

前半はシーフード中心で白ワイン、後半は肉料理中心で赤ワイン、まるで一度で豪華な食事を二度したような感じでした。この1年間で神戸から福井まで来ること5回。アホちゃうかと思われるかも知りませんが、できることなら月1回でも来たいです。地元にあったら毎週来てるだろうなあ。

 


京都小ネタ集

妻と一緒に京都へ一泊二日で行った時の小ネタ集です。
 
寺町「西むら」のお昼のお弁当(寺町二条)

2017-10-28 13.06.15
小ネタにするにはもったいないのですが、写真がうまく撮れなかったものでやむなく。
1日目のお昼に京都に着いて、どこでお昼ご飯を食べるか事前に検索していて、こちらを見つけました。予約する間もなく一か八かで13時過ぎに行ってみたら、幸い僕らで終わりのギリギリセーフ。
 
DSC02741
お造り・炊き物・焼き物・だし巻きなどが盛り込まれたお弁当の下の段には白ご飯の二重弁当。胡麻豆腐・筑前炊き(本来は茶碗蒸しのところ品切れに付き替わり)・赤だしと揃って、一日限定20食のこれでなんと1600円。話し上手なご主人の仕事っぷりを拝見させていただきながら、カウンター席で堪能させていただきました。素晴らしくお値打ち。
 
 

◎「ヌーベルバーグKYOTO」で一服(寺町押小路)

DSC02759
西村さんを出て、ちょっとデザートっぽいものが欲しい・コーヒーも飲みたいということで、雨が降っていたこともありちょっと南へ下がってこちらのお店に。土曜の昼下がりの店内は、マダムのグループとか若い女性同士とかでけっこうな入り、男性は僕だけでした。

DSC02765
僕はコーヒーのみ、妻のデザート3種セットは。フルーツ・リンゴのシャーベット・そしてこちらのお店のウリのタルトタタンでした。少し分けてもらったけど、タルトおいしかったです。

DSC02770
食事メニューも色々揃ってて、この日のお客さんの大半がランチセットのグラタンをオーダーされているようでした。牛フィレのロッシーニ風なんかもあるし、アラカルトも色々、アルコール類もOK。けっこう間口が広いお店ですね。
 
 

◎「アマゾン」で朝食(京阪七条)

DSC02796
今回泊まった激安宿(土曜泊・二人で7600円!)のお店・アマゾンへ朝ご飯を食べに行ったところ、えらく繁盛しててギリギリで座れました。

DSC02789
ガイドブックに載っているのか、様々な国からの外国人観光客の皆さんも多し。僕はミニサンドセット・コーヒー付きで500円。

DSC02794
妻はホットケーキセット・こちらはコーヒー付きで500円。
サンドイッチの種類が豊富なのが人気の原因のようです。最近話題になってる厚焼き玉子のサンドイッチとか、えびかつサンドもおいしそう。

 
 
イノダコーヒ・ポルタ支店でカツサンド

DSC02815
妻は昼から用事があったので、京都駅で解散。その前にコーヒーが飲みたくなったのでイノダに行ったら、朝のアマゾンで食べ逃したカツサンドが頭から離れなかったもんで、サンドイッチをハシゴすることになってしまいました。ビーフは高くてよう注文せんので、ポークヒレカツサンドセット(1200円)。充分過ぎるほどおいしくいただきました。
 
ちなみに今回の京都行きの主目的は、国立博物館での「国宝展」。あくまでも飲み食いがメインではありませんのでw
 


2泊3日で新潟・松本(6)〜松本から中津川まで

X70F2251
一夜明けて旅の最終日の朝ご飯は、またしても駅前のそば。イイダヤ軒って何軒かあって、駅弁も作ってるようです。

X70F2254
僕はかけそば(300円)に山菜(100円)をトッピング。可もなく不可もなく旅先での朝ご飯にふさわしい駅そばでした。

 
X70F2270
最終日とはいえ高速ですぐに帰るほどは急いでいないので、途中までは国道19号線をメインに地道で。道路脇の風景が延々ぶどうの売店かと思えば、ワインの試飲になったりおやきになったりジンギスカンになったり漆器になったり。こういう面白さは高速じゃなくて地道を走ってこそ。道の駅にもたくさん遭遇したので、けっこうな率で立ち寄りました。
 

X70F2274
昼ご飯は3日間で4食目のそばを「」で。そばが好きだからってこともあるし、ヘタな食べ物だと飲みたくなるから運転してくれているえて吉さんに悪いですしねw

2017-10-18 11.48.36X70F2280
ちょっと贅沢させていただいて、ざるそば(800円)に桜海老のかき揚げ(300円)を追加。3日で4食でもそのうち2食は駅そばで十割はここだけだったし、全然飽きませんでした、というかまだそばを食べ足らない感じでした。

 
X70F2282
どこから高速に乗るか決めてなかったんだけど、中津川からということになったので、せっかくならいつかは行ってみたいと思っていた和菓子屋「すや」に寄ってもらうことにしました。

X70F2287
今はなくなってしまった大阪三越で、秋になると入荷する「恵那寿や」の栗きんとんをちょくちょく買っていました。こちら中津川の「すや」はその直系にあたるらしく、まあどっちゃでもいいからお店に行ってみたかったんです。

X70F2286
すやの栗きんとんの販売期間は9月から1月、原材料は栗と砂糖のみ。中津川でも恵那でも、栗きんとんを扱ってるお店が一杯あるんですねえ。

X70F2297
中津川から高速に乗って、えて吉さんの自宅の最寄り駅から電車に乗ってサクッと帰宅。お土産に持って帰った栗きんとんを久しぶりにいただきました。季節限定・日持ちせず・砂糖はほんの少し・ほとんど栗そのもののシンプルさで、これ好きなんです。食べられて良かった、お店を訪ねられて良かった、今回もいい旅でした。(が、長年治まっていたいた信州熱がまた出始めてしまった模様)