「おやつ系」カテゴリーアーカイブ

応援しますペルドマーニ(神戸・北野)

R0003729
初めて行ったのが15年前。そのころは大開駅の近くにお店があり、家族でも何度も食べに行きました。その後北野に移転されてからは以前ほど伺えていませんが、それでもペルドマーニはうちの家族にとって思い出が多い、大切なお店のうちの一つです。

R0003731
このところのコロナウイルスの影響で、飲食店はどこもしんどい思いをされています。大したことはできませんが、できることからコツコツとってことで、3ヶ月ぶりに妻と二人で行ってきました。
 

R0003740

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

R0003737
二人だったのでカウンター席を選び、シェフとなんだかんだ話しながらメニューを決めていきます。まず前菜5種の盛り合わせを、僕はカンパリソーダをやりながら。かぼちゃとリコッタチーズのサラダ・キビナゴのエスカベッシュ・田舎風マリネ、あとはなんやったっけ。いつも通りここの前菜は手が込んでておいしいので、是非モノ。
 

R0003742
この日のいけすの中の魚はこんな感じで、選んでから食べ方を相談するスタイル。いけす以外にこの日は珍くもアンコウがあったので、それをイってみることにしました。

R0003747
ワインは白で。シェフお勧めの中からなんとなく真ん中のを選んだんだけど、なんか見覚えあるなあと思ったら、前々回に同じのを飲んでました
 

R0003746
こちらアンコウとアサリとブロッコリーのソテー。ペルドマーニでは明石の魚屋さんからお任せで魚を仕入れてるんですが、アンコウが入ったのは初めてだと。必ずしも深海にいるのばかりではないらしいにしても、明石で揚がることもあるんですねえ。食感はどちらかと言えばオマール海老に似てるんだけど、噛み締めてみると味は別物で淡白ながらしっかり。何も言わずに出されたら「ん?これは何?」ってなるでしょうね。しっかりめのバターソースと合わせて、なかなか珍しい味わいでした。
 

R0003733
ちょっと見にくいですが、この日のメニュー。ここしばらくここで食べ逃していたものがあったので、是非そいつを食べたかったんです。

R0003755
それがこれ、美作産鹿肉ラグーソースのペンネ。ラグーソースってのを実際に食べたのは、ペルドマーニが初めてやったんやないかなあ。大開にお店があった頃からラグーソースのパスタがメニューにあって、娘たちも大好きなんです、これ。
 

R0003758
締めのドルチェは3種盛り×2の6種盛りで、りんごのパウンドケーキ・安納芋とモカのシブースト・苺のミルフィーユ・ココアのビスキュイとガナッシュのケーキ・洋梨のタルト・ティラミスと、パティシエなしでケーキ屋さん顔負けのバリエーション。いつも思うけど、ほんまにシェフようやるわ。

前菜・パスタ・メイン・デザートと、いつ来ても何食べても外さないのがすごい。やっぱり僕らにとって大切なお店です。かなり長い間ランチタイムにはご無沙汰なので、今度はサクッとお昼時に来てみましょうかね。
 

急な休みに「みつは」で(神戸・元町)


出社するつもりだったのに例の大阪兵庫往来自粛勧告が出たおかげ?で、急遽休みに。映画観て、ちょっと小腹が空いていたので久しぶりに「みつは」へ。
 


通し営業なので便利なんです。明石焼が食べたかったので、ちょうど良かった〜 ゆっくりさせてもらいました。
 

バレンタインチョコいただきました

IMG_5837
身内に女性が多いもんで、いくつかバレンタインデーのプレゼントをいただきました。そのうち半数以上がアルコール類(ビール・焼酎・日本酒)でしたがw、いただいたチョコレートを備忘録がてらあげておきます。
右上の細長いのはオレンジピール入りでセミスイートとミルクチョコの2種、左の三角のはグレープフルーツピール入り。オレンジピールのチョコレートが好きなので、以前レモンピールのをもらったことがありますが、グレープフルーツは初めて。柑橘系とチョコレートの組み合わせはいいですね。夏みかんとかはっさくなんかもいいかも。右下の緑色のは、見たまんまのミントチョコで、ミントクリームとビターチョコの2層になってます。この組み合わせも大好き。
好みを良くわかってくれてる家族からのプレゼント、ありがたくいただきます。お返しは何にしようかなあ。
 

大したことないだろうと思って写真を撮らずに食べてしまったけどおいしかったポテチ2題

◎その1 カルビー 極(きわ)じゃが 焼きしお味

IMG_5409
マツキヨでおつまみを探していたら見たことないのが目についたので、反射的に購入。まあ厚めのポテチだろうと何気に食べ始めてみたら、こりゃ予想以上に分厚い。カリッとというよりガリっとな食感で、厚めポテチとじゃがりこの間の位置付け。一瞬成形品かと思うほどですが、こだわりの3.5ミリカットだそうでこりゃアタリでした。
 

◎その2 華元 波的多 蚵仔煎(オアチェン)

IMG_5414
先日台湾に行った時にあちこちで見かけて気になっていたポテチ。そこはかとなくカルビー感が漂うパッケージで、波的多=ポテトという意味とは知らんかったが 蚵仔煎=台湾風牡蠣のオムレツということは知ってたし食べたこともありました。ポテチと牡蠣オムレツの組み合わせっちゅうのはどうなんやろ〜微妙やなあ〜と思ってたんですが、食べ始めてみたら予想以上においしくて、妻と二人であっという間に空けてしまいました。牡蠣の味っちゅうか、牡蠣オムレツにかかってるソースの味って感じですかね。成分見たらいろんなものが使われていて、ようわからんけどまあおいしかったらいいか。カルディとかでも売ってるそうなので、また買いに行こうっと。
 

外さない店「ペルドマーニ」でイタリアン堪能宴会/後編(神戸・北野)

⭐️このエントリは「外さない店「ペルドマーニ」でイタリアン堪能宴会/前編(神戸・北野)」の続きです。
 

R0002368

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

ここにきて、やっとこさこの日のメニューのご紹介。魚料理はメニューがなくシェフとの相談、前菜は盛り合わせ以外にも色々あります。前編で出てきたカルパッチョのサラダは前菜として記載されていますね。基本的に肉料理やパスタはここから選ぶことになりますが、可能な限りアレンジもしてくれます。さてどないしよか。
 

R0002391
続いての料理を選んで赤ワインの検討。ご存知の通り僕はワインは全然わからんので、myblackmamaさんご夫妻にほぼおまかせです。
 

R0002395
写真ピンボケですんませんが、選ばれたのはアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ・カピテル・デ・ロアリ前回来た時にもこれを飲んでたってことはちゃんと覚えてませんでした(^◇^;) (すんごくおいしかったことは覚えてたんだけどなあ)
 ◎参考サイト:イタリア最高級ワイン 「アマローネ」とは?/メディアロケット
 

R0002393
パスタが食べたいということで、次なる料理は「リングイネ 活けワタリガニのトマトソース」。料理名そのまんま、それがすごくおいしいのは、ベースのリングイネとトマトソースがしっかりしているからでしょう。なんだかんだやらなくても「これでどやねん!」みたいな潔さを感じました。これ、個人的にはこの日の一番。
 

R0002403
赤ワイン2本目は、ロッカ・グイッチャルダ・キャンティクラシコ・リゼルヴァ・バローネ・リカーゾリ。到底名前は覚えられないし、噛まずに読める自信もなしw
 

R0002398
続いては、前回僕が食べてたのを見て美味しそうだったのでとリクエストがあった「栗とゴルゴンゾーラのリゾット」に、今回は丹波黒枝豆(だったと思う)入り。濃厚で・深く・アテになり、旬を感じさせてくれるリゾット。
 

R0002401
料理のトリは、「ポルチーヌ茸とモッツアレラチーズを詰めた仔牛のロースト」。うーん、やっぱり凝り性やなあ、なんかじわっとうまいなあ。
 

R0002386
ここまでで大満足の満腹だったけれど、甘いものもOKなメンバーはドルチェタイムに突入。さて何にしましょうかねえ。(これも全部シェフが作ってます)

ペルドマドルチェ
(左上)紅はるかとモカのシブースト(右上)ティラミス(左下)柿のパンナコッタ/巨峰のスパークリングワインゼリー/ココアのビスキュイとガナッシュのケーキ(右下)柿/シブースト/洋梨のタルト。

写真と文章でこの日の充実度がどれくらい伝わるかわかりませんが、食べたいものを食べ・飲みたいものを飲み(入るものならまだ食べたかったけれど)、この内容で一人当たりの会費は約8500円。一度の食事代としてはけっこうな金額かもしれません。でも飲み食いした内容からすればめっちゃリーズナブル。初めて行くなら、まずはランチに行ってみてください。ペルドマーニの魅力がきっと分かっていただけるはずです。
マダム&シェフ、美味しい料理とワインをどうもありがとう、ごちそうさまでした!