「おやつ系」カテゴリーアーカイブ

東京テケトー旅(6)〜人形町・水天宮前・浜町界隈小ネタ集

今回泊まったホテルの最寄り駅(人形町・水天宮前・浜町)界隈には、ジャンル様々な飲食店が数多くありました。飲食店以外にも色々興味深いものがあったので、個人的には一週間くらい滞在してても飽きないんじゃないかと思うくらい気に入りました。それなりに活気があるのに騒がしすぎることがなく、妻なんか「しばらく住みたい」って言い出すほどでしたw
以下、周辺のあれこれ。
 

IMG_0233
人形町界隈には歴史ある洋食屋が何軒もあることは以前から知ってました。そのうちの一軒「キラク」は相当年季入ってました。なんか色々あるそうで…

R0000540
次はシュッとした感じの「小春軒」は、創業以来100年超。

R0000541

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

価格的にはリーズナブルなほうですね。バックのステンドグラスが素敵。

R0000848
そして、昨年末に移転したばかりの「芳味亭」は、店名フォント見るだけで重厚。

R0000847
お値段も重厚。ビーフ「スチュー」ですぞ。
 

R0000846
続いて何が言いたいのかようわからん写真でスンマセンが、本来は写真左端にある行列をちゃんと撮っておきたかったんです。かの有名な「玉ひで」(創業1760年・本来は鶏料理)のランチタイム限定”とく”親子丼(1500円)はテレビでも時々取りあげられてますよね。列は店の前を往復しているだけでなく、角を曲がって伸びていました。もちろんこんな列に加わるつもりは毛頭なし。
 

R0000536
明治28年創業・すき焼きしゃぶしゃぶなどが食べられる精肉店系の「今半」は神戸での「大井肉店」みたいな存在でしょうか。その本店の隣にあるこの惣菜店がかなり良さげ。ご近所の方や仕事帰りの方が買って買えるだけでなく、おやつ代わりに立ち食いするおっちゃんもいてはりました。特に閉店間際のセール時は大賑わい。
写真は撮り忘れたけど、鶏肉屋さんで焼鳥も売ってて、でっかいだし巻き玉子の実演販売してるお店もありました。あれ、食べたかったなあ。

R0000646
すぐ近くに同じように牛肉を扱う大正元年創業「日山」というグループの本店も。東京って牛肉より豚肉優位ってイメージがあったんですが、そうとも言えないんですねえ。だからこの界隈の洋食屋には東京には珍しくビフカツがあるのかなあ。
 

R0000865
やきとん屋「筑前屋」の本店もありました。最近は神戸や大阪でもやきとん屋ができてきましたが、次回東京に来たら是非どこかで食べてみたいです。

R0000645
この「富士㐂(ふじき)」もチェーン店だけど、豚カツもどこかで食べたかったなあ。ホテルの近くに良さげな鰻屋があったんだけど、そこもいけず終いでした。
 

R0000648
路地に入っても良さげな店が次々目に入ります。こちらには柳原良平さんの直筆イラストが。

R0000613
甘酒横丁には京樽がやってるこの「関山」とか「志乃多寿司」とか、持ち帰り用のお寿司屋さんを何軒か見かけました。近所に明治座があるからかなあ。
 

R0000850
まるで京都の店?みたいな竹・藤・木製品を扱う戸田家商店。品揃え豊富そうでした。
 

R0000853
以前友人達と来たことをまるっきり忘れていた居酒屋「山葵」。いい店やったことだけ憶えてたけど、そういや人形町やった。
 

R0000810
おみやげには定番の人形焼き

R0000860
にんぎょう町 草加屋」でせんべいを買って帰りました。

今回の一連のエントリを見てるとほとんど人形町界隈(と五反田)にしかいなかったように見えますが、実際はそうでもなかったんですよ。でも飲食に関してはそうだったかも知れませんw 寿司屋も蕎麦屋も行きたかったし、2泊3日じゃ全然日数足らなかったなあ。
 

にしむら珈琲でセセシオンのケーキ(神戸・中山手)

IMG_9270
にしむら珈琲の本店でケーキセットをいただきました。にしむらに置いてるケーキは直営のセセシオンので、僕が選んだのは「パラチンケシュニッテン」というなかなか注文しにくい名前の代物。パラチンケンはドイツ語でクレープのようなもののことだそうで、シュニッテンは切り菓子。
この日はパイ系とかの気分ではなかったので、しっとりとした薄めのスポンジとクレープが層をなして甘さもくどくないこの選択は正解でした。レギュラーメニューのようなので、また食べに来ようっと。
 

あまりお正月らしくありませんが

大晦日も元旦も仕事だったので、個人的には2日からがお正月って感じでした。この日は妻と映画を観に行って、あんまり重すぎるものは食べたくないというご要望(僕は中華でもビフカツでも良かったんだけど)により、イタリアンならオッケーということでサクッと三宮のサイゼリヤに入りました。
 

201901サイゼリヤ
赤ワインの500mlデカンタ(399円)を頼んで、フレッシュチーズとトマトのサラダ(299円)・ミラノサラミ(299円)・季節限定魚介クリームソースのトロフィエ(399円)・柔らか青豆の温サラダ(199円)をアテにグビグビと。いつもながら安いですなあ。トロフィエというのは笛や杖に似た螺旋型のショートパスタだそうで、初めて知りました。
 

IMG_9003
デザートは、プリンとこれまた季節限定のメリンガータ(メレンゲを使ったアイスケーキ)というお菓子の盛り合わせ(399円)。どっちもおいしかったです。
 

IMG_9007
その後は生田神社まで行って初詣。19時頃で食事どきだったせいか、適度な混み具合でゆっくりお参りできました。人出が多すぎるのも面倒だし、少なすぎるとなんか寂しいですもんね。
 

IMG_9012
そして毎年恒例の清荒神名物・鹿野のたこやき。これを食べないと新年を迎えた気がしないんですよ。
 
昨日はお昼は友人達と豆乃畑に行って、夜は家族でてっちり。お陰で体重はエラいことになっておりますが、まあこの後ちょっとずつ控えめにして戻していかんとしゃあないですな。
 

ちょい飲み手帖でパーラークニヲ(神戸・元町)

IMG_8631
今回の「パーラークニヲ」、元町のエビアン金時食堂の間にあってよく通るところなので、以前からなんか面白い店やなあと気になっていました。でもオサレーな感じなので、まさかおっさん一人では入れないし。
 

IMG_8633

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

と思ってたら、なんと今回のちょい飲み手帖に掲載されました。え、ここって飲めるんと?と思ったら、ビール・ハイボール・チューハイなんかもあるそうな。

IMG_8636
いくらちょい飲み手帖に載っているとはいえ、やはりおっさん一人では入りにくい。そこで、例の京都在住時々神戸に帰ってくる友人(彼もちょい飲み手帖を持っている)を誘って、おっさん二人で行ってみることにしました。二人なら多少恥ずかしさは薄れるんとちゃうか、でも周りから見たら場違いさは倍増以上でしょうなあ(爆)
 

IMG_8637
恐る恐る入ってみると、どうやら1階は雑貨屋さんのみで、声をかけても誰も出てこず。なかなか面白い品ぞろいなのはいいけど、ええんかいなこんな不用心で。しょうがないので階段で2階へ上がってみると…
 

IMG_8644
そこには予想を超えるオッサンには似合わないスペースが広がっていました。市松模様の床がレトロでモダン、調度にももちろん色々こだわりが感じられ、そこここに飾られたオブジェがいい感じでアートしてます。似合わんのは承知ながら、個人的にはこういう空間好きやなあ。
 

IMG_8643
ちょい飲み手帖のドリンクは、3種のビールから1種類をチョイス。

IMG_8657
そしてそれにこちらオリジナル・ビターなココアビスケットクラッシュが載っかった2トーンチーズケーキがつくという組み合わせ。多くの飲み助にとっては「えー、ケーキでビール!!」って感じでしょうが(僕も多少)、甘さ控えめでけっこうかっちりしたチーズケーキだったので、重みのあるビールとの組み合わせはそんなに変じゃなかったですよ。
 

IMG_8660
お店の人にメニューを見せて下さいとお願いしたら、タブロイド判の新聞みたいなのを持ってきてくれました。面白いですねえ、こういうところも。できればスイーツでビールっちゅうのは遠慮したいので、喫茶orアテとアルコールのどっちかはっきりさせて是非また来てみたいです。近くの森谷商店のメンチカツ/コロッケ・トアロードデリカテッセンのソーセージ・和田岬メゾン・ムラタのパンなど、メイドイン神戸の材料を使っておられるところも好印象。なんか知らんけどここ気に入りました。オッサンじゃなかったらもっと行きやすいのになあ。

こういうお店と出会えるのが、ちょい飲み手帖の面白さの一つでしょうなあ。

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通1-7-2 ニューもとビル 1・2F
電話:050-5338-3145
営業時間:7時半(土日は9時)〜L.O.21時
定休日:不定休
 

今年も青春18きっぷで冬のトミーツアー(福井市)

IMG_8691
この数年恒例になっている冬のトミーツアーに今年も行って来ました。メンバーは*あきこさん*・だいこんさん・こばやしさん・しげるさん・えて吉さんと僕の総勢6名。今年の夏のツアーから青春18きっぷを各自で手配してもらっているので自由がきくようになり、だいこんさんは前日入り・しげるさんとえて吉さんは福井の後金沢まで脚を伸ばして一泊されていました。福井駅からはこれも恒例となった100円バスに乗ってトミーに向かいます。
 

IMG_8693
この時期、天候が悪くなると電車のダイヤが乱れるのが心配だったのですが、無事予定どおり到着。三宮あたりからでも乗換1回だけで福井まで来れるんだからすごいもんですなあ。
 

DSC05189
お店の皆さんにご挨拶して、席についてとりあえずはおまかせでオードブルの盛り合わせを。出てきたのは定番のスモークサーモン・鴨の燻製に加えて、なんともものすごい中トロ、そして小さなイカのミミの甘辛煮が載っかったママカリのエスカベッシュ。ママカリは岡山のものってイメージなんですが、福井でもたくさん採れるそうです。どれもおいしかったんですが、特に中トロは「なんやねんこれは!」というような代物で、メンバーの皆さんも驚いてはりました。出だしからすごいもん食べさせてくれます。
 

DSC05192
いつもワインは赤をお願いするところ、今回は人数が多いこともあり、まずは白でスタートしその後赤にチェンジすることに。このワイン、個人的にはとても好みでした。
 

DSC05196
続いて、以前お願いして印象に残っていたオニオングラタンスープを、各自少なめで一つずつ。手間がかかるので事前にお願いしておいた甲斐がありました。やっぱりこれいいなあ。
 

DSC05198
そしてツアーの目的であるセイコガニコロッケが登場。セイコガニが解禁される時期のうち、11月の半ばから12月の末頃までしか味わえないこちらのスペシャリテのうちの一つです。

IMG_8702
カットすると、カニの身・内子・外子がみっちり。カニミソやらカニ殻から取ったフォンもたっぷり使われており、ソースはアメリケーヌとまさにカニだらけというかカニ以上にカニ。自分でセ(イ)コガニを剥いたことがあるならおわかりの通り、これ一個作るのにどれだけ手間がかかることか。今回で僕は5度目ですが、食べる度に感心し濃厚な旨味にドップリ飲み込まれてしまいます。今回は白ワインが格別に合ってたような気がするなあ。
 

DSC05201
以降はそれぞれのリクエストにお応えしてということで、こちらはbyエビフライ好きの小林さん。でっかくてブリッブリッのが2尾、もちろん頭もしっぽも全部いただきましたよ。何気に添えてあるタルタルソースも真っ当においしい。
 

DSC05211
これは誰のリクエストってこともなく、ここに来たら外せないビーフ&タンシチューの相盛り。唯一無二のドミグラスソースが黒光りし、相変わらずの旨さ。これが相変わらずってのは、本当にすごいことで稀なことなんだけどなあ。
 

DSC05215
続いてのリクエストは、未食のポークチャップをドミグラスソースで。トミーのポークカツが安くておいしいのでこれも食べてみようってことだったんですが、肉質の良さをストレートに感じることが出来ました。
 

DSC05219
そしてたまたま週替わりメニューだったタンのクリームコロッケ、売り切れ前のを、2個だけ確保しておいてくれました。人数が多いと色々食べられて嬉しいなあ。
それにしてもここの付け合わせのじゃがいも、なんでこんなにおいしいんだろ。今度シェフに訊いてみよっと。
 

DSC05226
〆のデザートは、盛り合わせ以外に僕リクエストでチーズケースを。プリンもチーズケーキもどっちも食べられて良かった〜

さすが6人ともなればかなりな品数食べることができて、いつも以上に満足度が高かったです。この他にもマル秘の一品やお酒が出たりして、いやほんとにそれはそれは凄かったのでした(^^)

で、いつもなら今度はいつ来れるんだろう、春の青春18きっぷのころかなあなんて書くんだけど、今回はそうではありません。なんとアホなことに、この翌週また妻と来たのでした!(近日公開)