ドンクは神戸生まれです(神戸・三宮)

ドンクのあゆみ(上記画像は、勝手ながらドンクHP>会社情報>ドンクのあゆみ から一部使用させていただきました)
全国各地、そして海外にも店舗をもつベーカリー・「ドンク」の発祥・本社が神戸だということは、今となってはあまり知られていないように思います。そんなことを意識することもなく、当たり前のようにいろんな街に存在しているせいなのかも知れません。神戸発祥であることは物心ついた時から僕は知っていましたが、ドンク創業100周年を機に発刊された「ドンクが語る美味しいパン100の誕生物語」を読むまでは、発祥がなんと我が家の近所・神戸市兵庫区柳原であることは知りませんでした。何故ドンクが柳原で生まれたのか等々、この本の中には興味深いエピソードがいっぱい詰まっています。

2017-03-20 17.04.08-2
ずっと前から神戸三宮センター街の西端にあるこのドンクが「本店」であることも、今やあまり知られていないのではないでしょうか。かつてはこの北向かいにファミリア、その並びにトンカツの「む蔵」、オールドファンには懐かしい「ミッチャン」など、神戸らしいお店が集まるゾーンでした。
そのドンク本店の2階3階には喫茶室があって、子供の頃、何かのお祝い事なんかの時に、ここででっかいいちごショートケーキをごくたまに食べさせてもらってました。メニューの中にはサンドイッチなんかもあって、実は子供の頃からずーっと食べてみたいと思っていたものがあったんです。

2017-03-20 16.37.01
それがこれ、ドンク本店喫茶室のビーフカツサンド1500円也。恥ずかしながら数十年生きてきて、今回初めてのご対面です。妻と一緒に遅めの昼食を取ることになり、開いてる店が限られる中ふとここを思い出し、おねだりした甲斐がありました。飲みに行ったりすることに比べればビビる金額ではないものの、サンドイッチでこの価格だと勇気が要る僕は、そう小心者なのさ〜

2017-03-20 16.37.07
さすが神戸・さすがドンク。ビフカツの肉質よくそれなりの厚みも旨味も存在感もあり、変な言い方ですがすごくまともなビーフを使ってるなあと。ちょっと珍しかったのは、フィリングに玉子がプラスされていること。妻がオーダーしたえびかつサンドも同様だったので、なんかポリシーがあるんでしょうね。カツに玉子の味がプラスされておいしいんだけど(パンと玉子は合う)、食べる時にこぼれそうになるのが難点。トーストされた食パンでこれら具材を挟み、こんなに綺麗にカットするなんて、まさにプロの技。
念願叶った初めてのビフカツサンドは、やっぱりさすがドンクな代物でした。どうやらハーフサイズでも注文できるようなので、これからはもう少し気軽に来て注文できそうです。やっぱりビフカツサンドはうまい!

{お店データ}
住所:神戸市中央区三宮町2-10-19
電話:078-391-5481
営業時間 :
[1F:ベーカリー 2F:喫茶室]9時半~20時
[3F:喫茶室]11時~20時
不定休


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.