高田屋京店で昼飲み(神戸・新開地)

20160502高田屋京店
平日休みのほうが多いので、家族や友人と一緒にどこかに行く機会があまりありません。なので休みの日は必然的に一人行動が多くなる訳ですが、寂しい時もないではないけれど、どう過ごそうがどこに行こうが自由なので快適。この日もぷらぷらと新開地方面へ歩いて行き、「高田屋京店」で昼ご飯がてら昼飲みすることにしました。

20160502高田屋京店

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

昭和6年創業・安い・ウマい・メニュー豊富(上の写真はごく一部です)・格安600円定食も各種あり・超駅近・11時から21時半まで通し営業・地下スペースあり。和食系飲食店としては最強部類ではないかと思う今日このごろです。昼に行っても夜に行ってもいつもカウンター席のはしっこで店内に目を配っているお女将さんの姿を見るのも、密かな楽しみです。

20160502高田屋京店
まずは瓶ビール(600円)にここ名物の味噌がかかったおでん大根。ここのおでん、どれもネタがでかいんですよね。しかもこの大根なんてこのデカさと厚みで100円。これだけでビール1本飲めます。

20160502高田屋京店
…が僕は昼ご飯兼用なので、アテを次々でポテサラ(250円)。ポテサラ好きなんでここでも初めてじゃないはずなんだけど、あれっと思うほどおいしかったです。じゃがいもの崩れ具合、マヨネーズと塩の加減がすごく僕好み。

20160502高田屋京店
魚っ気が欲しかったので、鯖塩焼き350円。注文してから焼き始めるので時間がかかりますが、それも承知の上。どってことなんだけど、真っ当な焼きたてがうまし。

20160502高田屋京店
瓶ビールから酎ハイプレーンにスイッチ。揚げ物も食べたかったので野菜のかき揚げ(300円)をたのんだら、こんなてんこ盛りなのが出てきてちょっとびっくりしました。タマネギたっぷりで自然な甘さがウマし。

20160502高田屋京店
〆には前回学習したおでんそば(150円)を。これ、ほんとに安くて〆にちょうど良くって都合がいいメニューです。これを生み出した常連さんはエラい。

20160502高田屋京店
かき揚げをオーダーしたのは、半分はこういう風にしたかったから。何も入ってないのもシンプルでいいんだけど、天ぷら入れたら出汁に適度に油が加わってこれまた良かったんです。

今回は飲み屋っていうかほとんどめし屋使いでしたが、こんだけアテ食べて締めて2110円のお腹ポンポコリン。大満足。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.