ゴメンネJIRO・2回目(大阪・天満)

20140828ごめんねジロー
前回行ってすごーく良かったので、メンバー同じくこばやしさんえて吉さんとで「ゴメンネJIRO」に再訪してきました。予約が取れて良かった〜
なお、前回のエントリタイトルは店名が「ごめんねジロー」になっていましたが、お店の暖簾や看板どおりの店名表記に修正しました。(食べログでそうなってるのでつられてしまいました)

20140828ごめんねジロー
お店に入って席に通されたら、前回と全く同じテーブル。前回行ったのは3月末、この間消費税増税がありましたが、メニューを拝見したところ価格は据え置きのようです。オーダーは基本的に未食のものにしようということになりましたが、前菜の盛り合わせ(520円)はかぶってもいいからとりあえずいっときました。ガーリックトースト・かつおのたたきわさびソース・スモークサーモンとオニオンと内容は変わりませんでしたが、全く不満なし。一人だったらこれで腹五分目くらいにはなるんじゃないでしょうか。

20140828ごめんねジロー
ゴボウのフライ(350円)は何もソースが掛かっていません。そのまま食べてみると、ゴボウに醤油系?の下味が付けられていてなんにもなしで正解(追記:こばやしさんによるとビネガーで煮てから揚げてるそうです)。まずはビールを飲ってたんで、これはとても合いました。

20140828ごめんねジロー
茄子のミンチ詰めフライ380円。テニスボールを卵形に変形させたようなのがドカッと2個に、今度はドミグラスがたっぷり掛かって出てきました。内容は料理名どおり、フライにしてるところがミソなんでしょうが、食べ応えのある一品でした。この辺から赤ワインに替えたと記憶しています。

20140828ごめんねジロー
牛ヘレちょっとステーキ(700円)は、軽めのソースで。個人的にはもう少しレア目で食べたかったところでしたが、噛みしめると旨味が出て来るいい感じ。

20140828ごめんねジロー
白身魚のピカタ(480円)は、いい意味で期待を裏切られました。まず、想像してたよりボリュームがあったし、こんな黄色いソースが掛かってくるとは思わなかった。一瞬見た目でカレーソースかなと思ったんですが、食べてみたらバターソース。これが白身魚にすごくマッチしていて(まあ定番といえばそれまでですが)、僕としてはこれとゴボウのフライが今回一番印象に残っています。

20140828ごめんねジロー
〆にこばやしさんのリクエストで、具のないカレーライス(500円)。シャバシャバ系・少し甘味あり・ちょっと学校のカレーを思い出すみたいな感じでした。

3人でこれだけ食べて、確かビール3本と赤ワイン1本開けて、一人頭2000円くらいだったかと。料理だけの合計金額がこれで2930円とは、ほんとにコストパフォーマンスが高いです。それぞれの料理がおいしい・面白い・安い・ポーションたっぷりで大満足。こりゃあ是非とも全メニューを制覇してみたいものです。(といいつつ、この後2軒目に流れたんですが…)


「ゴメンネJIRO・2回目(大阪・天満)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.