「デュシャン」で念願のアレを(神戸・三宮)

デュシャン
以前から知ってたけど、なかなか行く機会がなかった「デュシャン」。洋食屋とは名乗りながらもご覧のようなお洒落な外観なので、なかなか思いついた時におっさん一人でふらっとは入りにくかったんですよね。

デュシャン

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

メニュー看板に書かれたランチメニューの内容は、市役所と磯上公園に挟まれたこの辺りの立地からすれば、価格的にこんなところなんでしょうかね。ウィークリーランチがスープとソフトドリンク付きで1000円ちょいってのはお得なような気もするし、日常的にはちょっとしんどい価格だとも思うし。

デュシャン
店内に入るとカウンター席を案内されました。13時過ぎて空き始めてたし、できれば光の状態がいいテーブル席に着きたかったんだけど、一人だからしゃあないか。店頭メニュー以外のコースメニューはこんな感じで、あえてメニュー写真は載せませんが今回僕の狙いはここに載ってないランチコース。

デュシャン
まずは、スープかサラダを選べるので、後者を。それなりにボリュームあって彩り鮮やか、水茄子のスライスが入ってたのが珍しかったです。
パンかライスが選べるので後者をチョイスし、いよいよ出てきたのが…

デュシャン
毎度お馴染みのビフカツ。こちらでのちゃんとしたメニュー名は「国産牛フィレ肉のカツレツランチ」で、食後のソフトドリンク付き・なんと税別3800円!!
「お金持ってるなあ〜」と思われてもしゃあないですが、実は、ここで使える2000円クーポンが某ネットサービスから送られてきたんです。1オーダーで2000円以上みたいなしばりがあったのでサービスランチ等には使えず、それなら僕の食べてみたいビフカツリストに長年入ってはいたけれど、価格的にはおいそれとはよう食べなかったここのを経験する千載一遇のチャンスと捉えようというわけで。まあでもクーポンがあってもけっこうな出費ではありましたけどね(^_^;)

デュシャン
ちょっとぞくっと寒気がしそうなほどの断面、厚みたっぷりの当然レア。見ただけですごく上質なビーフなのがわかります。まず一切れ、さあ食べてみましょう。
ぐぐっと噛み応えがあるのではなく、サクッと歯が通るのでもなく、なんちゅうかごく自然にスッスッと素直に噛みきれる肉質。そして噛むほどにあふれ出す甘くて雑味のない肉汁。塩はしっかり目、ドミグラスソースは甘くもなくビターでもなくのさらっと系。ボキャブラリー貧困で申し訳ありませんが、「今まで記憶にないほど上質な肉質の、ピュアなビフカツ」でした、としかいいようがないですねえ、これは。
ただしですねえ、僕のイメージするビフカツからは逸脱してるように思うんです。ここまでの質と価格なら、別のカテゴリーの食べ物じゃないのかって感じ。確かにものすごく美味しかったんだけど、「洋食」としてこれをリピートしたいかと問われれば、(値段のことを含めて)ちょっとどうなんかなあ。もちろん、ごちそうしてくれるんなら、今回よりもっとオシャレして、喜んではせ参じますけどねw

いやはや、クーポンのおかげで貴重な体験をさせていただきました。今度はフツーにランチを食べに来たいものです。神戸外からのお客さんをお連れしても喜ばれるでしょうね。

{お店データ}
住所:神戸市中央区八幡通4-1-27 D’グラフォート神戸三宮タワー1F
電話:078-272-2720 営業時間:11時半~15時半、17時半~23時
定休日:不定休


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.