弾丸日帰り博多旅(1)〜「とり田博多本店」で水炊き

IMG_9149
新幹線・新神戸から(新大阪でも)博多まで往復(ただし時刻は選べない)に、福岡地下鉄一日乗り放題きっぷがついて5550円という旅行プランを妻が見つけてきたもんで、速攻で予約。なにはともあれ水炊きを食べたいと大好きな「長野」を予約しようとしたらあいにく休み。4年前に行った「水月」とは違う店に行きたかったもんで、色々調べた結果「とり田博多本店」を選択しました。
 

IMG_9153

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

IMG_9156
開店時刻の11時半に予約。お昼限定水炊きセットもありましたが、梅コース(前菜2種・とりわさ・水炊き・雑炊orラーメン)にしてみました。
 

IMG_9157
お店は1,2階あり、モダンな感じ。祝日の昼時ということもあるのか客層は若めで、少なくとも2階席でおっさんは僕だけでしたw
 

とり田2
前菜2種は蕪の炊いたのと、こちらの名物・とり田たまごで、ゆで卵の上に山椒の醤油煮・下には肉味噌。とりわさはサラダっぽい仕立てでした。個人的にはこのあたりは、あってもなくてもどちらでもいいかなあという感じでした。
 

とり田1
前菜に続いてメインの鍋は、例によって最初からスープの中に鶏肉が入っている状態からコンロの火がつけられます。あったまったらまずはスープ、やや白濁していて脂分のモロモロもあり。まずそのまま飲んでみて若干塩を足したところ、濃厚な鶏の旨味がドーンと来ます。関西で鶏の水炊きを食べても、ここまでヘヴィなのにはなかなかお目にかかれません。やはり現地ならではのスープですなあ。
 

IMG_9184
こちらのお店でも鍋の世話はすべてお店の人がやってくれます。まずは胸・もも・骨付きの3種に野菜載せ、ポン酢をちょろっとかけていただきます。鶏身がスープを取り込んでいて、ふわっと柔らか・旨味たっぷり。ボリューム的にはややもの足らんが、やっぱりうまいなあ。
 

とり田3
鶏身に続いてつくね投入。少し火が通ったらキャベツ・人参・ほうれん草・エノキ・豆腐・葛切りが追加されます。

IMG_9192
つくねには砂ずりも混ざっていてコリコリ感があり、鶏身とはまた別のおいしさ。また、鶏身やつくねに負けず劣らずスープで炊き込まれた野菜がおいしく、お替わり無料なのでキャベツを追加してもらいました(お腹がいっぱいになりかけてなかったら全種追加したかった)。
 

IMG_9196
〆は軽めにしたかったので、ラーメンで。当たり前のことですが、やっぱり水炊きはスープありきやなあ、出来れば持って帰りたいなあと思いました。

何を求めるかによるでしょうが、僕が次回この店に来たなら鍋だけでいいです。前菜がイマイチとかそういうのではなく、ここに求めるのはやっぱり鍋だしスープだし、これだけおいしいのならそれを存分に楽しみたいから。そして、もう永らくご無沙汰している「長野」でもまた是非食べてみたいなあと、ますます水炊き欲をかき立ててくれました。

{お店データ}
電話:092-272-0920
住所:福岡市博多区下川端町10-5
営業時間:11時半~23時
定休日:不定休
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.