豊後牛で牛丼

20140918豊後牛丼
自宅にあった豊後牛の薄切りを使って、ちゃちゃっと牛丼を作ってみました。
上質な牛肉だったのでシンプルに味わうべく、玉ネギとトマトのみお供にして、火を通しすぎないよう手早く炒めました。味付けは、塩胡椒以外に赤ワイン・九州の甘い醤油・めんつゆ。温かいご飯にドバッと盛り、刻んだネギを載せてできあがり。もともと脂身が少ない上にトマトの酸味が加わって、あっさり仕上がりました。やっぱりいい肉はおいしいなあ。

BRUGGE/ブルージェでランチ(神戸・阪急三宮西口)

20140917BRUGGE
阪急三宮駅の西口すぐのところに、この店・BEER CAFE de BRUGGEがあるのは数年前から知ってましたが、今まで入る機会がありませんでした。ひょんなことからここのランチに良さげな物があるのを発見、試してみようと思い立った次第です。

20140917BRUGGE
BRUGGEとはベルギーの都市名だそうで、本来的にここは各種ベルギービールが楽しめるビアレストラン。昼間っから飲めるので是非そうしたいところでしたが、この日はこの後仕事なのでお楽しみは泣く泣く次回以降に持ち越し。

20140917BRUGGE
ランチメニューは上の写真の日替わり以外に、こちらのレギュラーメニューもあり。さて今回の僕の目的はどれかおわかりでしょうか。

20140917BRUGGE
開店直後に一人で入店したこともあり、バーカウンターに案内されました。目の前はボトルだらけで目に毒。後ろを振り返るとパブっぽい光景が広がっていて、こりゃ夜でもけっこう使い勝手が良さそうな感じです。

20140917BRUGGE

(写真クリックで、より大きなサイズで見られるflickrにジャンプします)

フードメニュー見てたら、ますます夜に来たくなりました。それなりの人数でわいわいやるのに良さそうやなあ。…って思ってたら、オーダーしていたランチが運ばれてきました。

20140917BRUGGE
やってきたのは、この店オリジナルのハンバーガーセット、ミニサラダ・オニオンリング・フライドポテト付きで1050円(ドリンク別)。ここんとこしばらく、ちゃんとしたハンバーガーを食べたいとずっと思ってたんです。オーダーしてから10分少し掛かって出てきたこのセット、バーガーはもちろんのことオニオンもポテトも出来たて熱々で、ボリュームもバッチリ。

20140917BRUGGE
写真ではわかりにくいですが、パティはかなりな厚みで2cm弱程でしょうか。バンズも大きく厚みがあり、ふわふわし過ぎていないのでしっかり中身を受け止めてくれます。ケチャップではなくトマトソースなので、あっさり目。かつてこの店にあったYOKOZUNAバーガーのパティは鴨・豚・和牛・フォワグラだったという情報がありましたが、ほぼ同じ価格のこのバーガーがそれと同じなのかどうか確認は取れませんでした。(お腹空いてたし時間なかったし)
いずれにせよ、ガブッと食いつける本格的ハンバーガーにありつけて大満足。セット内容もボリュームがあり(好物のオニオンリングもついてるし)、コストパフォーマンスもいいんじゃないでしょうか。セットにドリンクが付いてないので追加しましたが、食後ゆっくりするのでなければ不要かなと思いました。次回は是非ともビールビール!

{お店データ}
電話:078-333-0887 住所:神戸市中央区北長狭通1-1-3
営業時間:11時半~23時 年中無休

突然京都へ3〜島原巡ってトマトさん

R0029704-2
今回の京都行きでは、今まで来たことがない島原地区を訪れました。

「京都島原案内」より引用〜
江戸時代以来の公許の花街で、江戸中期には和歌俳諧等の文芸も盛んなところでした。一時期は島原俳壇が形成され、与謝野蕪村等によって文化サロンの場となり賑わいました。吉野太夫はあまりにも有名で、幕末には新選組等がよく利用し、維新胎動の地の一つとなりました。

DSC06325
いくつかあった目的の一つは、特別公開されていた置屋・「輪違(わちがい)屋」を見学すること。…と偉そうに書いていますが、実際は古い建物好きな妻の希望で、僕はそのお供。

DSC06330
普段は非公開ですが、9月末まで期間限定で1,2階ともボランティアの方による解説付きで見学させていただけます。1階は写真撮影可ですが、2階は不可。上の輪違屋のリンク先で見られる2階の傘の間の襖にはほんものの傘紙が貼ってあるそうで、デザイン的にもポップですごく興味深い物でした。
  *参考リンク:京都島原の花街が遊郭と間違われてしまう訳

20140907トマトさん
はてさて。当然の如く、僕は花より団子。昨夜は祇園でちゃんとした和食をいただいたので、一夜明けての昼食は洋食気分。検索してみると、旨い具合に嶋原(島原ではなくこうとも書くそうです)商店街にデカくて素敵な暖簾を掲げた洋食屋さん「トマトさん」があ〜るじゃないですか。

20140907トマトさん
きっと細身のオーガニック好き若オーナーかなんかがやってるに違いないと暖簾をくぐってみると、全く予想がはずれて、ドカンと陽気なご夫婦でやってる地元密着系。カウンター席4席、テーブル席が3卓ほどの店内はアットホームな雰囲気で、僕らが入店した後には地元のおっちゃんが一人でやってきて、奥さんと地元話で盛り上がってはりましたw

20140907トマトさん
ランチメニューは単品系かあるいはそれらを組み合わせたセット系か。一見するとハンバーグがウリのようで、注文してからペタペタと空気抜きをする音が聞こえていました。オムレツの中からチーズハンバーグが出てくるのがなんでスピルバーグランチなのか、聞いときゃよかったな。

20140907トマトさん
ビール飲みながら待つことしばし、まずは妻チョイスの「るんるんランチ・1200円」がド〜ンと登場。生野菜を中心に、ハンバーグ・マカロニサラダ・玉子焼き・茄子の煮物(だったと思う)・海老フライ3尾・ケチャップスパがぐるりと取り囲む迫力盛りに、こりゃすごいわとちょっとビビりました。

20140907トマトさん
るんるんと来たら「らんらんランチ・1200円」をイっとかないといかんでしょうで、こちらは鶏胸肉の片身丸々唐揚げとハンバーグの組み合わせ。うーむ、どっちかは単品系ランチにすべきだったなとは思ったけれど、出された物は全部食べるのが流儀。妻の分もちょっと助けながら、おいしく完食しました。
場所柄からすると少し高めかなと事前に思いましたが、出てきたものとそのボリュームからすれば納得。入店前に勝手に想像したのとはかなりイメージが違っていましたがw、地元の方々の会話を聞きながらモリモリ洋食いただくのもある意味京都らしく、楽しくおいしくゆったり過ごせるお店でした。セット系はかなりヘヴィなので、ビフカツ単品ランチがあったら良かったのになあ。

{お店データ}
電話:075-351-4341 住所:京都市下京区二人司町2
営業時間:11時半~15時 17時~21時 定休日:無休

今日の昼ごはん


生野菜が食べたかったこともあって、何年ぶりかのサブウェイ。7種から選べるサンド+ドリンク+ポテトのCセットで620円。ポテトは大したことないから、次回からはポテトなしのAセット500円にしよう。
サンドはローストチキン・ハニーマスタードソースにしたんだけど、ちょっと甘過ぎ。パンもセサミは柔らか過ぎたかな。でもなんだかんだ言いながら、けっこう美味しくて満足しました。

残り物でカレーチャーハン

カレーチャーハン
冷やご飯・チャーシュー・玉ネギ・人参・ピーマン、全て有りもの。これまたちょこっとだけ残っていたカレーに、カレー粉とウスターソースを加えて味付けしました。ちゃちゃっと作った割りにはいい出来だったっす。