「高田屋京店」タグアーカイブ

今年初めての高田屋京店(神戸・新開地)

IMG_5766
いつまで「今年初めて」とか言うとんねんって感じですが、まだ高田屋京店に行ってなかったとは自分でも意外でした。この日も妻と、まずは大根(100円)・厚揚げ(130円)・たこ(300円)のおでんでスタート。たこは下ゆでしてあるのをちょっとあっためるだけで、硬くならずいい出汁の滲み加減。この日はいつも以上に大根が美味しく感じました。
 

高田屋京店
好きなものを次々と。ポテサラ(250円)・カキフライ(500円)・おでん追加のじゃがいも(100円)と玉子(100円)・あじ南蛮漬け(250円)。相変わらずボリュームあるし(特にじゃがいもとあじ)おいしいし、店の様子を眺めてるのが楽しいし、何度来ても飽きないです。
 

IMG_5775
この季節の楽しみの一つが、好物の茶碗蒸し(500円)。あったまるし具沢山でアテにもなるし汁物要素もあるし、これ一つで完璧じゃないかと最近思います。今回は半分以上を妻に食べられてしまいましたがw
 

IMG_5781
締めはいつものおでんそば(150円)に、おでんのすじ(220円)をトッピング、これで完璧。

今年も何度もお世話になることでしょう。冬の間にかきのおでんを食べておかねば。
 

「高田屋京店」で冬ならではのメニューを(神戸・新開地)

IMG_4812
妻と新開地で映画を観た帰り、久しぶりに(でもないか)高田屋京店に寄って帰ることにしました。
 

IMG_4791
夏でも冬でも、ここでまず頼みたくなるのがおでん。妻リクエストにより、大根と玉子(各100円)からスタート。二人で分けやすいように、カットしてくれていました。

IMG_4793
お次は冬限定おでんメニューから小芋(150円)。注文を受けてから下茹でしたのを鍋に入れるので、少し時間がかかります。ねっとりした舌触りがいいですなあ。

IMG_4796
これまた冬限定おでんメニューのかき(500円)も、注文を受けてから鍋に入れるので時間がかかります。ちょうどいい火の通り加減のかきに、ここ特製の白味噌おでんダレがマッチしてるスペシャリテ。日本酒飲みたいところだけれど、ビールから麦焼酎にスイッチしました。
 

IMG_4802
今年の冬はどういうわけか例年以上に茶碗蒸しを食べたくなる傾向にあり、メニューで見かけたら必ず注文するし、家でもレンジで温めるタイプのをちょくちょく食べてます。でもレンジで温めるのは中まできっちり温まらないし、当然ちゃんと蒸したのをお店で食べるのにはかないません。具も色々入ってて、これで500円ってすごくいいアテだと思いませんか?
 

IMG_4809
〆は粕汁(小300円)。今シーズンはひょっとしてこれが初粕汁? まだそれほど寒くないので気分が盛り上がらず、家でも作ってません。年内に一度は作ろうかなあ。
 

IMG_4804
この日はやたらと若目の女性客が多く、いきなり一人でおでん5品ぐらい頼んだりしてて、食べきれるんかなあといらぬ心配をしていたのですが、気持ちいいほどよう食べはりますなあ。心置きなく好きなものを飲み食いできて羨ましく思うと同時に、なんだか知らんが最近この店に若い人を見かけることが多くなってきてて、ちゃんと次の世代に引き継がれていってるなあと嬉しく思いました。いい店は続いていってもらわないとね、やっぱり。
 

茶碗蒸しが食べたくて高田屋京店(神戸・新開地)

IMG_3975
寒くなってきたからか、茶碗蒸しが食べたくなりました(好きなんです)。どこで食べようかと思いを巡らし、思いついたのが高田屋京店。ここに来たら最初に飲むキリン一番搾りの瓶ビールが「とれたてホップ」とかいうのになってて、なんかいつもよりおいしく感じたのは気のせいかなあ。

IMG_3977
この日は地下で宴会が入っている上、1階も次から次へのお客さんで大流行り。調理場は今までに見たことがないほどてんてこ舞いで、いつもはカウンター席に座ってにらみを利かしているレジェンド(大女将)も、焼き場に立っていました。ここで大女将(おばあちゃん)と三代目(お孫さん)が一緒に仕事をしているのを見るのは初めて。
 

IMG_3979
どうせ茶碗蒸しは時間がかかるし急いでもいないので、おでんのスジとゴボ天だけ入れてもらってゆったり待ちます。お店のメンバーはベテラン揃いなんだけど、本当にこの日はめちゃくちゃ忙しそうで、見てて気の毒なくらいでした。
 

IMG_3986
ビールとおでんでのんびりしてるうちに、茶碗蒸し(500円)登場。忙しいのに面倒なもの頼んで悪かったかな。

IMG_3987
一つの器に煮物(具)も玉子料理も汁物も入ってて、豪華というかバラエティに富んでて、お子様ランチみたいなところが好きな理由なのかもしれません。本当なら日本酒と一緒にいただきたいところ、糖質を制限するため麦焼酎で我慢、だしが美味しくて体もあったまりました。
 

IMG_3990
隣のお客さんが頼んでいたので便乗してカキフライ(500円)。ぼちぼち本格的シーズン到来ですなあ。
 

IMG_3992
締めはいつものおでんそば(150円)に、今日は玉子をトッピングしてもらいました。卵を足すだけで一段ルックスがアップしますね。

希望どおり茶碗蒸し欲が満たされて満足。これから寒くなってくると、ここの牡蠣のおでんとか粕汁とかも欲しくなるなあ。その時は日本酒解禁としますか。
 

「KOBE CINEMA PORT フェス」チケットで「高田屋京店」(神戸・新開地)

IMG_2654
妻とエデンでランチしてからCinema KOBEで映画2本観終わったら20時頃だったので、すぐ近くの高田屋京店に向かいました。夜に来るのは久しぶりかな。
 

IMG_2660
KOBE CINEMA PORT フェス」チケット1枚使っての高田屋セットは、おでんのすじ・大根・ロールキャベツの3品。何も言わなければすじと大根には味噌ダレ。ロールキャベツにはケチャップダレがかかってきますが、僕の好みでタレなし。正価ならこの3つで570円なので、お得です。
 

IMG_2666
飲み物はキリンのラガー、僕は途中で麦焼酎ロックにチェンジ。最近ここに来ると注文率が高い串カツは400円で6本入ってます。
 

IMG_2667
野菜が欲しくなってトマト(250円)は、立派なサイズでカチッと締まってました。
 

高田屋おでん
おでん追加はじゃがいも(100円・デカい)、あげ(130円)、たこ(300円)。このうち特に良かったのはたこ。おでんだしとたこそのものの旨味が合わさり、火の通り加減もジャスト。
 

IMG_2674
〆はいつもどおりのおでんそば(150円)。いつもプレーンなんだけど、今度は玉子をトッピングしようかな。

飲み物は瓶ビール1本と麦ロック2杯、お勘定は2人で2700円なので、チケット代加えると3200円。紅一点じゃなくて白一点の跡継ぎさんが他のお客さんと喋ってて、「パートのおばちゃんよりも、僕が一番下っ端ですわ」と言ってたのが笑えました。そりゃああの店のおばちゃんズには敵わんやろなあw
 

あいも変わらず高田屋京店にて(神戸・新開地)

G20のお陰で本日はお休み。梅雨なのでいまいち外出する気分になれず、自宅でダラダラしております。
時間に余裕があるので、毎度ネタにはなりますが、ある日の高田屋京店での飲み食いをちょっくらあげておきます。
 

IMG_1275
この日も妻と一緒で、一番搾りの瓶(650円)でスタート。メニューにハモの湯引き(500円)があったので迷うことなく注文。季節ですなあ。
 

IMG_1269
おでんはいつも通り味噌ダレ抜きで、大根(100円)とスジ(220円)。あとで玉子(100円)と厚揚げ(130円)も追加しました。
 

IMG_1272
ワンパターンですみませんが、好きなんだからしょうがないポテサラ(250円)。この辺で芋焼酎のロック(360円)にチェンジしました。
 

IMG_1274
この店は何を頼んでも安いんだけど、その中でもよりお得感がある串かつ盛り合わせ400円。6本も入ってるので、一人飲みならこれだけそこそこ飲めます。
 

IMG_1280
そして〆は安定のおでんそば(300円)。ほんとにいつも同じで申し訳ありませんw

まあしかしこれだけいつも同じようなもの頼んでてもしょっちゅう来れるってことは、よっぽど僕に合ってるんでしょう。おいしいし・安いし・気楽だし・店の雰囲気好きだし・家から適度に近いし。幸せだと思わんとあきませんなあ。