「肉」タグアーカイブ

「肉の松山」でランチ(滋賀県東近江市)

IMG_3842
信楽のミホミュージアムまで妻と行くことになり、じゃあ昼ごはん食べてからにするべということで色々調べた結果、東近江市に肉系のお店が色々あると判明。ちょっとコースからは外れるけど時間もあるし、その中から「肉の松山(しょうざん)」を選んでみました。あたり一面田んぼや畑の中、ここと隣の建物だけポツーンとある感じ。開店11時半のところ15分くらい前に着いたら、駐車場はすでに残り2枠ほどしか空いてなくて危ない危ない。
 

松山1

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

入口には牛の固体番号や野菜・果物の産地、店内には全て無添加の調味料の産地が記載されている、意識高い系。都会じゃなくてもむしろ産地でこういうところが増えつつあるんでしょうかね。
 ◎参考:近江牛の定義
僕らがついた頃には入口に順番待ちの名前を書くボードがありましたが、開店少し前に下げられました。入店の順番は、予約あり→ボードに記名あり→早いもん順。
 

松山4
お店のサイトを見ると、焼肉・ステーキ・すき焼きなど様々な食べ方で牛肉を頂けるお店ですが、ランチタイムは焼肉抜きなメニュー構成。まあでも言えば焼肉も食べられんことはないでしょう。皆さんの注文を見ているとエビフライ付きが人気のようで、常連らしきサラリーマンさんは牛ではなくとんかつとエビフライの合い盛りを食べてはりました。もう牛肉は食べ飽きたんかなあ。
 

IMG_3852
通された席が厨房丸見えのカウンターなので、調理の様子をじっくり見ることができました。写真中央のグリルで次々とステーキが焼かれ、保温用の鉄板に乗せられて写真右側でサラダなどがセットされ、客席に運ばれていきます。プロなんだから当然なんだけどめっちゃ手慣れていて、大量の注文を次々さばいていく姿がカッコいい。
 

松山2
こちらが妻の和牛A5やわらかステーキ(2060円)で

松山3
こちらが僕の和牛A5がっつり赤身ステーキ(2700円・ソフトドリンク付き)。肉質と量の違いだけなのであんまり見た目変わらん写真ですが、共通して言えることは結構しっかり噛みごたえがあったこと。僕のほうは赤身なので当然だけど、妻のほうはメニューに書いてあるほど柔らかとは感じませんでした(悪い意味で書いているのではないです)。どう感じるか個人差はあるにしても、妙に柔らかい肉は好きじゃないので、この手のしっかり噛んで味が濃い肉質は大歓迎。特に赤身のほうはサクッと感もあって食べ応えがありました。この肉でビフカツにしたらうまいやろなあ。あと、野菜サラダが美味しかったです。無農薬どうこうに関係なく、野菜そのものもドレッシングも良かったです。
 

IMG_3873
平日の昼間でも予約がいっぱい入ってて、結構席数あるのに速攻で満席。日替わりランチにドライエイジングビーフが出ることもあるそうで、この価格と内容ならそりゃ人気あって当然ですわな。車だったので飲めなくて残念だったけど、いい店に巡り合えてラッキーでした。やっぱり滋賀は牛肉レベル高いなあ。

{お店データ}
住所:滋賀県東近江市木村町50
電話:0748-26-2988
営業時間:11時半~14時、17時半~21時半 土・日の夜は17時~21時半
不定休
 

肉喰いたいモードで「ほるもんBarおかだ」(大阪・大正)

2017-07-30 18.34.06
記憶にある限り冷房負けは数度あるものの、夏バテしません。むしろ暑くなると食欲が増して、ガッツリしたものが食べたくなるタイプ。ということで、この日は「ほるもんBarおかだ」へ。

2017-07-30 18.35.27
大概最初はビールなんだけど、この日はシャンパン・スパークリングワイン飲み比べセットなんて企画ものがあったので、せっかくなのでそれをいっときました。

2017-07-30 18.36.18
アワもの、けっこう好きなんです。でも、ワイン系は全然詳しくないです。(ワインに限らないけど)

2017-07-30 18.40.36
この店に来たら必ずと言っていいほど注文してるホルモン串@140円を2本。いろんな部位が刺さってて変化が楽しめて、これだけでけっこう飲めてしまいます。

2017-07-30 18.56.15
めったに出会えないはずのハラミカツサンドと僕は遭遇率が高く、この日もメニューにありました。でも肉だけを喰いたいモードだったので、ハラミを焼きで(900円くらいだったかな)。コロッとした切り方なので、噛むと余計に肉汁がジュワーッと感じられます。思わず赤ワインにスィッチ。

2017-07-30 19.31.46
もうちょっと何かお腹に入れておきたかったので、パテのクロックムッシュ(400円)を追加。ここのパテも美味しいんですよ。思っていたよりもボリュームがあって、最終的にはお腹パンパン。パテ単品にしときゃ良かったかな。

この数日後、焼肉食べ放題に行ったので、当分肉喰いたいモードにはならないと思います。でもこの程度ならいつでも食べたくなりますな。

熊本ウマい旅(7)〜〆は肉々しく「グリル五車堂」

2泊3日熊本の旅もいよいよ最終日。けっこう強力な雨雲が来ていたので、民宿「川原」を出発して早めに車で熊本市内に戻ることにしました。途中川が氾濫しかけてるところもあったりして、ちょっとヒヤヒヤ。

20160627熊本
市内に戻ってレンタカーを返し、さて昼メシ。向かった先は初日に「駅前 花屋」に行ったときにすごく気になっていたこの看板の店。(上の写真は初日に撮ったもの)

20160627熊本
熊本駅からすぐの「グリル五車堂」は、お弁当で有名だそうな昭和21年創業・五車堂本店2階のレストラン。建物が新しくてえらくしゃれてるなあと思ったら、以前は別の場所にあったようです。ひょっとして震災の影響なんですかね。

20160627熊本
2階に上がると、おしゃれなオープンキッチンと客席で広々。熊本駅付近ってそんなに繁華街ではないので、そのモダンさにちょっとびっくりしました。

20160627熊本

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

以前の店はいわゆる洋食屋っぽかったようですが、こちらは熊本ブランド牛・「和王」がウリのビーフ中心メニューです。

20160627熊本
オープンキッチンの冷蔵ケースには、立派な肉がどっしり。遠目でもサシの入り加減が伺えて、肉質に期待できそうな感じ。

20160627熊本
車も返却したので、ビールを飲みながら焼き上がりを待ちます。

20160627熊本
何を注文したのかもはや忘れてしまったのですが、恐らく和王ステーキ定食の180g(2800円)じゃなかったかと。ランチ価格として3000円弱はかなりな贅沢ですが、これも旅先ならでは。ビールから赤ワインにチェンジして、えて吉さんとワケワケしていただきました。
期待通りかなりな肉質、(それがいいかどうかは別にして)柔らかく、肉汁甘く脂も品がいい。ソースなんて不要、塩だけで充分。神戸や大阪だったら5000円くらいでもしょうがないかなと思うレベルで、かなりなお値打ちに感じました。

20160627熊本
こちらは和王ハンバーグステーキ定食の180g(1380円)だったかと思います。肉汁たっぷり・ドミグラスソースはキッチリした造りで、こちらも大変おいしくいただきました。レベル高いなあ。
僕らの後に来られた隣のお客さんのオーダーを見ていると、ランチ限定ハンバーグとステーキのコンビ定食(1800円)が人気な様子。確かに日常的にはその選択が良さげ、追加メニューのビーフシチュー(680円)も気になるところです。オシャレできれいな現店舗もいいけれど、移転前のいかにも老舗っぽいお店にも行ってみたかったなあ。

{オマケ}
P6290392
その後おみやげを買いに熊本のデパート「鶴屋」(品揃え良かったです)に寄った際に、「ライス焼」に遭遇、ビール飲みながらおやつ代わりにいただきました。

P6270028
今回をもって熊本旅行エントリも大団円。事前に決まっていたのはBar:Colonと民宿 川原だけでしたが、幸いどこもアタリでいいところだらけでした。復興までにはまだまだ時間がかかるのに、つい最近も余震があったり大雨が降ったりで、被災された皆さんは大変だと思います。その一方、風評被害でしんどい思いをされている方々もたくさんいらっしゃると思います。
そんななか、こんな気楽なエントリばかりで申し訳ない気もしますが、妙に意気込むことなく「熊本はいいところだったよ!」ということが少しでも伝われば幸いです。
がまだすばい!熊本!