「友人」タグアーカイブ

友人と「大力」でランチ兼昼飲み(神戸・新開地)

2018-04-23 12.39.59
「京都在住ながらしばらく地元に帰ってきている友人に神戸の店を紹介するシリーズ」の第8弾は、「大力」のランチ。ほんとはこのあと第9弾でシリーズ最終だったのですが、そこでは写真を撮らなかったのでネタとしては今回でおしまいです。
 

2018-04-23 12.39.22
2年前に比べて値段は変わらず、ラストオーダーが30分繰り上がっていました。といってもランチは20食限定なので、それまでに売り切れになっている場合が多いかも。
 

2018-04-23 12.07.54
夜の割烹タイムに来てみたいと思ってるんだけど、今のところランチばっかり。カウンターから見える食器からも食器棚からも背後のタイル壁からも、歴史を感じることができます。こういう味わいはちょっとやそっとで出すことができないので、貴重ですねえ。
 

2018-04-23 12.13.27
お昼は定食(880円)のみ。この日の内容は、わけぎと大豆もやしごま味噌炒め・竹の子里芋大根田舎煮・だし巻き・名物そば寿司・お漬け物・和風トマト煮込み・和風つくねバーグに、お味噌汁とご飯で、相変わらずの盛りだくさん。

2018-04-23 12.13.59
品目数多くて定食としてレベル高いのはもちろん、昼飲みのアテとしても好都合。僕はここのそば寿司のファンなので、久しぶりに食べられて嬉しかったです。どの料理もきっちりていねいに作られていて、これでこの価格とこの風情はほんとに値打ちがあると思います。友人も大喜びで良かった良かった。

これで彼も京都中心の生活に戻りますが、たまに神戸に帰ってくるしこちらから京都に遊びに行くこともあるし、まだまだ付き合いは続きます。ひょんなことから地元のお店をいくつか一緒に巡ることになり、彼も喜んでくれたし僕も楽しかったし、自分の好きなお店を再確認できるいい機会でした。まだまだ連れて行きたいお店はあるんだけど、それはまた今後おいおいと。
 


友人と高田屋京店で昼飲み(神戸・新開地)

2017-07-31 16.42.12

「京都在住ながらしばらく地元に帰ってきている友人に神戸の店を紹介するシリーズ」の第5弾は高田屋京店。神戸の店を紹介するといいつつ、二人ともの自宅から適度に近いもんで新開地率が高いです。(写真は以前の使い回し)
 

2018-04-09 14.00.16
座った席の目の前の短冊に書いてあった「竹の子とふきの炊き合わせ」(400円)からスタート。日本酒なアテなんだけど、生ビール飲んでたにもかかわらず季節ものなので思わず注文してしまいました。色合いがきれい。
 

2018-04-09 14.12.10
焼鳥好きな友人が「ねぎ身・ズリ・皮」と全種注文しようとしたら、店のおばちゃんに「盛り合わせ(720円)やね」とかえされました。そうか、見逃してたわ。全て塩で、ボリュームたっぷり。この辺からチューハイプレーンにチェンジ。
 

2018-04-09 14.22.37
おでんは友人リクエストのたまごに加えて大根(各100円)、そしてすじ(220円)。大根やすじはディフォルトだと白味噌ベースのタレがかかってくるんですが、僕の好みでタレなしでお願いしました。友人のためにはタレあれを経験してもらってもよかったかな。
 

2018-04-09 15.13.04
いい歳していまだに二人ともよく食べるので、串かつ(400円)をば。これだけの本数でこの価格はかなりお得、友人も感心。
 

2018-04-09 15.15.23
この辺からは芋焼酎のロックに移って、たこぶつ(350円)。日本酒飲みたいんだけど、糖質抑えてるもんで。
 

2018-04-09 16.06.56
そして好物のタラコ(300円)をちょい焼きで。プリン体がどうのこうのと気にせず食べられるような体でずっといたいものですなあ。
 

2018-04-09 16.22.13
仕上げは毎度のおでんそば(150円)。当然友人は初めてで、ものが出てくるまではどんなものかわからず、そりゃそうや。食べてもらって僕が勧めた理由をわかってくれました。おでんだしに中華そばなんで、そこから姫路の「えきそば」の話に飛んで、今は元町駅でも食べられるよ、なんて話したり。

友人は来月上旬には京都に戻るので、それまでの間は色々と引っ張り回そうと思っています。といっても、その後もちょくちょく神戸に帰ってくるそうだけど。
 


友人に「いち」を紹介(神戸・JR兵庫駅南側)

2018-03-26 17.29.19
京都在住ながらしばらく地元に帰ってきている友人に神戸の店を紹介するシリーズ」の第2弾として、大好きな「立ち呑み厨房いち」に連れて行きました。
 

2018-03-26 17.32.262018-03-26 17.35.31
今回もワンコインセットからスタート、アテは枝豆・油淋鶏・えびマヨ。友人はこれで500円に驚くと同時に、「ここの生ビールうまい」とその後ガンガンお替わりしていました。
 

いち
おつまみパクチーサラダ(280円)・海老とトロトロ玉子のチリソース(320円)・麻婆豆腐(290円)・水餃子四川ソース(290円)と怒濤の注文。友人もよく食べるし、単価が安いので2人いるとどんどんオーダーできます。
 

2018-03-26 18.20.33
ひね鶏の胸一枚網焼き(320円)は、ボリュームたっぷりで噛むほどに鶏のおいしい肉汁が湧いてくるジューシーさ。ひね鶏って好きなんです。
 

2018-03-26 17.57.58
で、この日の一番・豚足の四川揚げネギフレークがけ(290円)。素揚げした豚足にかかってる特製ピリ辛フレークがすごくよくって、豚足との組合せが抜群でした。友人にたくさん食べられてしまったけど、喜んでくれたんだからまあいいか。
 

2018-03-26 18.50.12
で、〆はこれも大好きな台湾ミンチと焦がしラー油の油そば(390円)。結果的に辛目の料理を多めに注文しましたが、辛さに弱い友人は当初警戒してたもののそれ程でもないことがわかり、食べまくってくれました。

他にも食べて欲しい(食べてみたい)ものがあったんだけど、さすがにもう無理。また日を改めて来ましょうかね。