「写真」タグアーカイブ

シンガポール旅行の写真をたんたんとアゲるよ(6)〜ホーカーでバッチョンミー

年を越してしまいおととしの旅行記になってしまいましたが、くじけずに続けます。
 

sig1213
今回の宿のHOTEL BOSSの近くにミシュランで星をとった麺屋があるということで、朝ご飯として食べに行くことにしました。

sig1214
グーグルマップの案内に従ってホテルから歩くこと10分ちょっと。ほんまにこんなとこにあるんかいなと思わざるを得ない公団住宅の1階に、目指す店が入っているホーカーがありました。

sig1223
繁華街ではないのでいかにもローカルなのんびりムード。

sig1224
目指す店以外にも営業していましたが、この時間帯はあまり利用している人を見かけませんでした。

sig1217-2
こちらが目的のヒルストリート・タイホア・ポークヌードル(Hill Street Tai Hwa Pork Noodle)。なんてことない外観ですが、看板左端にミシュランマークが。

sig1219
お昼時はかなり混むとのことで9時半開店を目指してやって来たのですが、どうも注文方法がよくわからないし、まだ注文を受け付けている風でもない。妻が店頭で番号札を見つけてきたので、とりあえず待つことにしました。

sig1220
僕らと同じく観光客らしき人達はやはりどうしたらいいのかわからない様子でした。

sig1221
そのうち番号で呼ばれるんとちゃうかとのんびり構えていたら、なにやら徐々に行列が出来はじめました。番号札があるのになんで行列?「1番から○番まで並んで」みたいなコールがあったんか?

sig1225
とりあえず並んでみたものの、どんなルールで並んでいるのか全く不明w

sig1235
並んでいるうちにお互いの番号札を見せ合いっこして、なんとなく順番どおりになって、窓口まで到達したらそこでオーダーするシステムのようだということが徐々に判明してきました。

sig1236-2
改めて写真を見返してみたら窓口に注文の仕方が書いてありましたが、レンゲやお箸で隠れて見えないし、どうやら番号札の件は書いてないみたいだし。

sig1241
調理場の中は合計3人ほどで、サッカーの長友選手似のこの方がメインでほぼ一人で作ってはる感じです。

sig1242
26番目でしたが、大量に持ち帰る人がチラホラいたりして、店に着いてからありつくまでなんと2時間もかかってしまいました。麺の量は6・8・10SGドルの三段階、麺は細麺平麺を選べます。

sig1246
こちらは平麺のドライタイプで、スープは別添え。具は肉団子・レバー・豚ひき肉・豚スライス・ワンタンなど色々で、黒酢が効いたタレがおいしいです。タレがより絡むのでこれは平麺が正解ですね。

sig1247
スープタイプも平麺。ドライの別添えのスープが使われており、これがあっさりしていて朝食として汁物欲しい欲を満たしてくれました。

結果的に2時間もかかってしまったけれど、急いでもなかったし、ホーカーの雰囲気やワケ分からん注文の仕方も面白かったし、ホテルが近くでなければ行けてない場所だけに行って良かったと思いました。
 
[参考リンク]
TRIPPING!〜世界初!ミシュラン1つ星屋台でシンガポールのローカルフードを食べよう
アジアトラベルノート〜シンガポールでミシュラン1つ星を獲得したバクチョーミーを食べてきました
 
以降、いつになるかわかりませんが、「シンガポール旅行の写真をたんたんとアゲるよ(7)」に続きます。
 


シンガポール旅行の写真をたんたんとアゲるよ(5)〜ブギスからクラーク・キーへ

sig1007
朝から歩き回って少し疲れたので、リトルインディアでのうろうろから一旦ホテルに戻って遅めの昼寝をしてから、再び行動開始。イスラムの人達が多いブギス地区へ徒歩で向かいます。
 

sig1008

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

歩いているうちに徐々にこれまでの街とは雰囲気が変わって、ちょっとアートなオブジェが組み込まれていたりして面白い。
 

sig1019
そうこうするうちに、シンガポール最大のモスクであるサルタン・モスクが見えてきました。
 

sig1058
目的地はこのモスクの道を挟んだ向かい側で、同様のお店が2軒並んでいます。

sig1050
そのうちの一軒・向かって左側の1908年創業ZAMZAM(ザムザム)に入ってみることにしました。

sig1052
隣の1910年創業VICTORY(ビクトリー)もほとんど違いがないそうですが、まあなんとなくこっちに。

sig1033
お店に入ったら2階に上がってと案内されました。システムもなんもようわからんがまあええわ。

sig1048
ガイドブックにもよく載ってる有名なお店なので、僕らみたいな観光客の姿もチラホラ見られます。

sig1036sig1034
こちらの2大ウリは、リトルインディアで食べたビリヤニとムルタバという料理。
 

sig1042
お昼に食べたビリヤニがすごい量だったのでまだお腹がそんなに減っておらず、チキン・ムルタバを妻と二人でシェア。パイのような層になったパンケーキのようなもの(ロティ・プラタ)で具を巻いたもので、今から思えばマトンにすりゃ良かったかな。写真右のカレーソースをちょっとつけて、お好み焼っぽくもありパイっぽくもあり軽めでおいしかったです。ソフトドリンクしか見当たらなかったけどビール飲みたかったなあ。
 

sig1078

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

食後は周囲をぷらぷらと散策。普段見かけないような光景が多くアートっぽかったりカラフルだったりで、ただ歩いてるだけで楽しい街並みでした。
 

sig1133
そのうち空が暗くなってきて遠くからゴロゴロ音が聞こえてきたので、こりゃヤバそうと思いテケトーにカフェに入りました。案の定しばらくしたらスコール。避難して正解。

sig1145sig1147
エスニックなインテリアで、なかなかワケ分からん系でいい感じのお店でした。
 

sig1150
雨が止んで店の外へ出るとすっかり夜。暗くなると街の雰囲気が変わっていました。

sig1158sig1167sig1162-2
あざといとも言えんことないが、どちらを向いてもいわゆるインスタ映えする光景。妻はキャオキャオ喜んでおりました。

 

sig1172
その後ブギスを後にして、クラーク・キーへ移動。

sig1177

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

マーライオンの近くを流れる川の少し上流に位置し、川沿いにはいろんな商業施設があったりリバークルーズがあったりの人気スポットだそうです。なんとなく神戸のハーバーランドのモザイクあたりを連想しました。まあこっちのほうが断然ハデですけど。

その後ホテルの最寄り駅まで戻り、虫押さえにちょこっと食べてこの日はおしまい。食べ物系のネタが少なかったのは、如何にお昼のビリヤニが多かったかの表れだと思って下さいw

以降、いつになるかわかりませんが、「シンガポール旅行の写真をたんたんとアゲるよ(6)」に続きます。
 


シンガポール旅行の写真をたんたんとアゲるよ(4)〜リトルインディアでビリヤニなど

sig0883
朝ご飯にちょっと遠出して麺を食べた後は、一旦宿近くの駅まで戻り、そこからぶらぶら歩いてリトルインディアまで来ました。

sig0887

sig0898
いい意味でゴチャゴチャしていてメリハリくっきりしてて、活気を感じる街ですねえ。
 

sig0921
朝からけっこう歩いていたので、休憩がてらティッカ・センターへ

sig0905
食材や衣料も売ってるし、でっかいホーカーズがあります。

sig0913

sig0916
この写真のスペースでもごく一部。充分でかい(広い)と思うんだけど、この程度ではそれほどの規模でもないそうで。

sig0906
インド料理だらけで興味津々なれど、他に目的の場所があったのでチャイをいただきながら一休み。

sig0929
マトン・ラム・山羊肉の専門店とか

sig0933
海鮮の店とか色々あって、眺めながら歩いてるだけでも楽しいです。
 

sig0937
外に出て、なんとなく目的地方向に向かってぶらぶら歩き再開。この日は昨年の10月6日。全然知らなかったのですが、この年の10月18日がディーパバリというヒンズー教関連の祝日にあたるそうで、それで街中が色々と飾り付けられてたんですね。

sig0941
期間限定っぽい「ディーパバリ・フェスティバル・ビレッジ」があったので入ってみました。

sig0945
狭い通路の両サイドに、飾り物や衣類や装飾品などの店がいっぱい。

sig0949

sig0954
ギンギラギンで目がくらみそうでした(+_+) でも、偶然とは言え貴重な時期に来られてラッキー。
 

sig0959
この時点で14時頃、ぼちぼち遅めのランチに移動。

sig0965
この時間でもまだ店外に待ち列ができているビスミラー・ビリヤニが目的地です。

sig0977

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

別にミシュランに載ったからというわけではなく、こばやしさんが作ったのとかを何度か食べたことがあったので、こっちでもビリヤニを食べてみたかったもので。

sig0975
この時間でも店内満員。現地の方に混じって僕らのような観光客の姿もチラホラ見かけます。セルフサービスとの情報もありましたが、テーブルまで持ってきてくれました。

sig0971
チキンとマトンと2種類頼んでみました。運ばれてきてとにかくその量の多さと、一見ライスしか見えないのでドギマギしましたが、中に玉子と具が埋もれていました。

sig0968
経験値が低いもんでどう表現したらいいのかわからないのですが、おいしかったしとにかく量が多く食べきれなかったです。近くの日本人観光客の方は2人で1人前をシェアしてたんだけど、そいうのもアリなんでしょうか。
 

sig0986
お腹ぱんぱんで店を出てまた移動。

sig0993
リトルインディア駅からMRTに乗って、次の場所に移動します。
以降、いつになるかわかりませんが、「シンガポール旅行の写真をたんたんとアゲるよ(5)」に続きます。
 


シンガポール旅行の写真をたんたんとアゲるよ(3)〜Jalan Sultan Prawn Mee

sig0799
3日目は朝食抜きでホテル最寄りのラベンダー駅からMRTに乗ってカラン駅へ。こちらはシンガポールナショナルスタジアムの最寄り駅にあたります。

sig0832sig0835
駅の南側に出てすぐにスタジアムが見えます。世界最大級の開閉式ドームスタジアムなんだとか。でもここが目的地ではなく…
 

sig0830
ここ、ジャラン・サルタン・プロウン・ミーが目的地。Prawnは海老・Meeは麺で、シンガポールを代表するローカルフードのうちの一つなんだそうです。

sig0827
店内はこんな感じでローカル色いっぱい。この時点で午前10時頃、ピーク時ともなればこの店内だけでなく、写真右手側の店外スペースも埋まるとか。

sig0812

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

メニューは基本の海老麺をベースに、各種豚肉を加えたものとか大きな海老を使ったものとかのバリエーションがあり、それぞれスープかドライ(後述)を選ぶことができます。

sig0808
メニューを決めたら、その番号とスープかドライ、テーブルナンバーをレジに伝えればOK。テーブルにあるメニューで指差し注文することもできます。
 

sig0813
プロウンミーのドライとスープ(いずれも6S$)。ここのは海老が少ないほうなんてことをネット上で見かけましたが、僕らにとっては充分たっぷり。

sig0816
しっぽのほうを除き、身はほぼ殻から外されているので食べるの簡単。茶色いスープは、豚も使ってるらしいけど感じるのはほぼ海老。殻とか頭とかミソとかからの出汁なんでしょう、旨味たっぷりでめちゃウマ。

sig0820
ドライのほうはスープ別添えなので、より純粋にこの濃いエビ味を堪能することができます。麺にはチリソースが添えてありますが、途中でちょっと唐辛子を加えたらより締まった感じになりました。
スープもドライもどっちも旨かったけれど、敢えてどっちかといわれればドライですかねえ。
 

sig0806
で、店のドン突きになんかようわからんのですが屋台みたいなのがあって、ここは別会計。五香蝦餅というのは揚げ物屋さんらしく、どういう訳かプロウンミーがあるところではこれがセットになってることが多いそうです。

sig0824
適当に指差しして買ってみました。揚げたて、あるいは二度揚げだとよりおいしくいただけるのにね。

sig0828
まあ温かくなくてもこれはこれで充分楽しめました。そういやこの手の屋台、台北とかバンコクとかでも似たようなの売ってたなあ。

前日までの2日間はあまりローカルっぽい食事が出来なかったけれど、3日目は出だしから快調。この調子で行きたいもんです。
以降、いつになるかわかりませんが、「シンガポール旅行の写真をたんたんとアゲるよ(4)」に続きます。
 


シンガポール旅行の写真をたんたんとアゲるよ(2)

sig0240
2日目の朝食は、ホテルの1階にあるフードコート・FoodCliqueにて。前夜からここ良さげやなあと思ってたんです。

sig0242
ホテルの1階にレストランもあったけど、こっちのほうが気軽にいろんな店からから選べますしね。

sig0250
こちらは僕が選んだ成記(Seng kee)というお店の、潮州魚圓麺/魚のすり身の団子・フィッシュボール入りの汁麺3.8S$。

sig0245
妻チョイスのお粥と焼売。
このフードコートには天天海南鶏飯という有名なチキンライスの店の支店が入ってることがわかってたんですが、結局滞在中に食べる機会がなかったのがとても心残りです。ホテルの1階なのに(T-T)
 

 

sig0277
この日どこに行くかは妻に任せていたのですが、食事の後でホテルのコンシェルジェに相談に行った結果、急遽乗り降り自由なツアーバスで移動することになりました。
 参考リンク:Duck & Hippo Hop-on Hop-off Singapore Tours

sig0257
ホテルのすぐそばにバスストップがあったので便利、利用者はほぼ欧米系(に見える方々)。

sig0281
座席の横にイヤホンジャックがあり、無料でくれるイヤホンを差し込んで言語を選べば各種案内が聞けます。
 

sig0261

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

MRTは便利で早いけど、残念ながら外の景色が見られない。ループ運転するバスだと乗ってるだけでいろんなところへ連れて行ってくれるので、ざっくり街の感じを掴むのに最適。ゾーンによって街の感じがコロコロ変わっていくのがとても面白いです。

sig0338
なんでかわからんが一つのスライドショーで全部表示できないので、後半はこちら↑から。
 

 

sig0427
一旦バスとはお別れして、ミーハーにもマリーナベイサンズへ。

sig0523
館内をウロウロしてあちこち見学、泊まるでもなくチケットを買って展望デッキに上がるわけでもなく。

sig0453sig0464
でも57階にあるレストランバーCÉ LA VIセラヴィに行けば、展望デッキとほぼ同様の景色が見られるんです。バウチャーは金券として使用可能なので展望料金は無料。

sig0470

sig0492
めっちゃ暑かったので、ロングカクテルとピザで昼ご飯がてらパラソルの下でゆったり。

sig0481sig0484sig0485
 

sig0529
景色を楽しみながらゆったり過ごした後は、マリーナベイサンズ南に位置するガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ。

sig0531

sig0544

sig0549

sig0571
まあ一言でいうなら、でっかい温室ですな。

sig0595
よろしければスライドショーでどうぞ。
 

sig0662
その後はあちこちをタラタラと散策。さて晩ご飯は何にしょうかなと思っていたら…
 

 

sig0693
暑い中、歩き疲れたのか、妻から鼎泰豐(ディンタイフォン)のリクエスト。台湾でも行ったのでなんでまたとも思いましたが、おいしいのはわかってるのでまあいいかと。

sig0708

小籠包

sig0716

チリクラブ饅

sig0706

焼飯・青菜炒め・黄金海老のパンケーキ

sig0713

デザートにマンゴープリン

シンガポールっぽくはないけれど、やはりおいしかったです。小籠包、もうちょっと食べたかったなあ。
 

 

sig0730
食後はタクシーに乗って移動。

sig0763

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

お馴染みのめっちゃシンガポールっぽい場所へ移動。マリーナベイサンズのレーザーショーなんかも楽しんだりして、ハデな時間を過ごして2日目終了。

以降、いつになるかわかりませんが、「シンガポール旅行の写真をたんたんとアゲるよ(3)」に続きます。