「元町」タグアーカイブ

ちょい飲み手帖で「えびす大黒・元町店」(神戸・元町)

IMG_8041
ちょい飲み手帖vol.8の2店目は「えびす大黒・元町店」。しばらく前に新開地店に行ったけれどこちらは初めて、昼飲みがしたかったので、13時から20時までちょい飲みセットが使えるこちらを選択してみました。
 

IMG_8044
ちょい飲みセットではないけれど、ランチメニューはこんなの。500円代からあって、安くてボリュームもありそう。
 

IMG_8046
ちょい飲みセットのドリンクはチューハイプレーンを選び、料理を待っていると…

IMG_8049
予め写真は見ていたものの、実物はかなりなボリューム。まずいただいた鯛・マグロ・ハマチのお造り三種は、いずれも活かっていいネタ。チューハイだけではもの足りず、焼酎ロックを頼んでしまいました。お造りのあとは、ナムル・ポテサラ・唐揚げでゆっくり飲み食い。このセットは食べごたえあって、質的にも満足度高かったですねえ。

たまたまかもしれませんが、個人的には新開地店よりこちらのほうがおいしく感じました。200席もある大バコなんで、宴会とかにもいいかもしれません。それよかあのランチ食べに来てみたいなあ。
 

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町高架通1-119
電話:078-335-1889
営業時間:11時~23時
定休日:年中無休
 


久しぶりにおがちゃんとハシゴ(神戸・新開地/元町/三宮)

◎一軒目

IMG_7925
なかなかスケジュールが合わなかったおがちゃんと、2月以来のハシゴをすることになりました。まずは新開地の「冨月」で14時に現地集合。

IMG_7927
ビールとこちらでの定番・ハモ皮煮こごりで乾杯〜
お互いに近況報告などしながら、おがちゃんは芋焼酎、僕は麦焼酎に移行。

おがちゃん3
ゆで豚頼んだあと、お昼を食べてなかったのでおがちゃんも僕もお気に入りの焼飯を。
ところが後になって、前回のハシゴの際にも冨月で全く同じもの3品を頼んでいたことが発覚。ワンパターンですなあ…
 

◎二軒目

2018-04-02 14.00.56
(写真は以前撮ったのの使い回しです)

日曜日の中途半端な時間だったのでなかなか飲める店がなかったこともあり、運動がてら新開地から元町まで歩いて金時食堂へ。日曜でもやってるし通し営業なんで使い勝手がいいです。
 

おがちゃん1
ここではまたビールに戻って、ポテサラと砂ずりなどで軽めに。

IMG_7934
…と思っていたら、おがちゃんリクエストでイカフライ。以前食べたトンカツが結構良かったって話をしたもんで、今回はイカにしてみたところ、こちらも当たり。これで550円なんだからすごいなあ。
 

◎三軒目

IMG_7939
三宮方向へちょこっと移動して、以前ちょい飲み手帖で行った「スタンド コロモ」へ。

IMG_7936
すでにお腹は膨らんでいるので、軽めにドライフルーツやはちみつもついてるチーズの盛り合わせを。何を飲んだか憶えてないんだけど、このアテならさすがにワインを飲んだんでしょうなあ。
 

◎四軒目

IMG_7940
続いては、三軒目のすぐ近くにあってこれもちょい飲み手帖で知ったHOPSTAND。こちらは地ビールがおいしくて初めて来てすぐに気に入ったんだけど、雰囲気的におっさん一人だと来にくいんです。おっさん二人だとますます店内で浮くのはわかっていながら、厚かましくも入店。
 

おがちゃん2
場違いだとわかりつつ行ったのは、おがちゃんが焼鳥好きだから。外観はおしゃれなビアパブ、でも実はここの焼鳥がすごくおいしいんです。けっこうな腹加減にもかかわらず12本盛り(2160円)をオーダーしたら、2本ずつなんこつ・ヒップ・ズリ・せせり・きも・つくねの6種類出してくれました。
ここ、おっさんでももう少し入りやすくて昼飲みとかもできたらいいのになあと思っていたら、今年の夏にモザイク店ができたそうで、そっちだと昼夜通し営業だしまたそのうち行ってみます。

おがちゃんとのハシゴは5軒行くことが多いんだけど、お互いいい年こいて無理するのもナニなので、今回はこれにて終了。なんだかんだで1万歩ちょっと歩いたし、これだけ飲み食いしてもまあヨシとしましょう。
 


ご要望にお応えして佳景ツアー(神戸・元町)

IMG_7747
いつもの飲み食いメンバーから要望があり(というか僕自身も行きたかった)、佳景ツアーに行って来ました。メンバーは*あきこ*さん・だいこんさん・myblackmamaさん・えて吉さんと僕の5名。えて吉さんと僕は何度か来ていてその他の皆さんは初めてですが、おかみさんとはカキ宴会で顔合わせ済み。お店までみんなを案内したら「こりゃここまで来てもなかなか入りにくいなあ」との声が上がっていました。
 

佳景1

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

店内はカウンター8席しかなくそこへ5人で寄せてもらったので、気楽に飲み食いできるようこちらにしては遅めの時間帯の13時スタートにさせてもらいました。まずは、紫花豆の煮物・いつも通りの自家製胡麻豆腐・ちっちゃな鰺の煮干し。このうち、特に話題になったのが鰺の煮干しで、カラッと炒ってあってつまみにちょうどいいだけでなく、後で出てくるお味噌汁でも上品な出汁が出てました。
 

IMG_7754
八寸はクリーム/味噌漬けチーズ・鶏/ちくわスモーク・つくね・赤コンニャク・かぼちゃ・小芋・姫路蓮根・高野豆腐。いつもながら煮物は全部別々に作られています。お店に入って最初はビール、そのあとは当然の如く日本酒。
 

佳景2
続いて、鴨・厚揚げ・ネギの炊いたんとカマスの干物。メンバーの皆さんは料理好き&上手なので、あらかじめおかみさんに解説多めにお願いしておいて正解でした。
 

佳景3
ぼちぼち仕上げへ。玉子焼き・お漬けもの(古漬け+生のキュウリ・かぶら・沢庵)・先ほどの小さな鰺も使った豆味噌の味噌汁。
 

IMG_7768IMG_7772
大トリを飾る玉子かけご飯は、黄味のみの生玉子と超半熟目玉焼きの2種イってしまいました。どっちもおいしいもんなあ。
 
なんだかんだと楽しく話ながら、おいしいもの尽くしの1時間半を堪能させていただきました。当然メンバーの皆さんも大満足(のはず)。おかみさんにはほんとうにお世話になりました。僕は一人で行くことが多いんだけど、こうして多人数で(といっても最大8名だけど)行くのもいいもんですな。
 


丹色(にいろ)でランチ(神戸・元町)

2018-08-06 12.50.33
娘と二人で平日ランチすることになり、場所選びを任せたら元町駅南側の「丹色」の予約が取れたと。この前をちょくちょく通るので以前から僕も気になっており、たまたまとは言えちょうどいい選択をしてくれました。
 

2018-08-06 12.51.12
見にくい写真で申し訳ありませんが、基本的に昼は丹色御膳(1800円)。夜は丹色会席(6000円)のおまかせ一択で、予約をしておけば昼はミニ会席(3500円)夜は特別会席(応相談)も可能。御膳・会席の内容は、一ヶ月おきに変わるようです。
13時予約で店内に入ると、カウンター・テーブル席(別途個室もあり)ともほぼ満員で、男性は多分僕一人。料理の感じは予めわかっていたので女性が多いだろうとは思っていましたが、店内内装きれいでコスト的にもお手軽だし、こりゃ流行るわなあって感じでした。
 

2018-08-06 13.01.47
この日は8月メニューで、先付けは枝豆豆腐。出汁が張ってあって上にはわさびとクコの実。涼やかな一品からスタートで、まずはビールで乾杯。
 

2018-08-06 13.10.46
続いて、いかにも見栄えがする八寸が登場。内容はお造り・野菜煮合わせ・モロヘイヤおひたし・とうもろこし白和え・トマトだし巻き・豆鰺南蛮漬け。ちまちまと色々盛り付けてあって、見た目も味わいも楽しく盛り付けられています。こんなのが出てきたら、娘は日本酒、僕は焼酎ロックに必然的にチェンジ。

2018-08-06 13.11.22
価格が価格なので、ぶっちゃけ高級素材が使われているわけではありません。とはいえ、野菜類を中心に構成されており、見た目の工夫も色々。器にも心配りがされていて、モロヘイヤが盛られているこの小皿は、娘のとは違っていました。おっさん的にはちと気恥ずかしいものを感じるとは言え、こういうのはいかにも女性が喜びそう、いい意味で商売上手。
 

2018-08-06 13.34.46
揚げ物は高原キャベツのかき揚げ。ここも野菜を押し出してくるところは一本スジが通ってるなあと。
 

2018-08-06 13.43.29
〆は麦とろご飯にレタス赤出汁と香の物。

2018-08-06 13.57.15
デザートに桃ゼリーまでついて、コストパフォーマンス的にかなりなもんじゃあないでしょうか。イメージ的には三宮の「ひとりひとり」のランチ(残念ながら今はやってない)を思い出したんだけど、雰囲気的にはこちらの方が高級感があるし、夜のコースも是非試してみたいと思いました。神戸ってお手頃な和食の店があんまりないので、こういうお店は心強いなあ。

{お店データ)
住所:神戸市中央区元町通3-13-1
電話:078-599-8956
営業時間:11時半~14時半 18時~22時
定休日:月末の月曜、不定休有
 


夏の佳景(神戸・元町)

2018-07-10 10.05.45
先週佳景に行ってきました。随分久しぶりのような気がしてたんだけど、4月の末に行ってたとあとで気づきました。
 

2018-07-10 10.12.34
まずはビールをお願いして、定番の胡麻豆腐でグビッ。季節が春から夏に変わっても、この出だしはいつも通り。
 

2018-07-10 10.15.42
この日の一週間ほど前の半夏生が関係あるのかないのかわからないけれど、二番目には蛸と胡瓜の酢の物。器も夏らしく涼しげでいいですなあ。
 

2018-07-10 10.22.47
そして次に出てきたのが、鱧寿司。ちゃんと調べてませんがここでお寿司をいただくのは初めてじゃないでしょうか。訊けば、7月の祇園祭の頃に二週間だけ出されるそうで、鱧は早朝から女将さんが自分で焼くのだそうです。お父さんがお寿司屋さんだったので、酢飯もお手の物。生意気な言い方をさせていただきますが、トータルで塩梅抜群。こりゃあ日本酒と一緒にいただくしかないでしょう。この鱧寿司、この日の一番。できるものなら追加でいただきたかった…
 

2018-07-10 10.26.26
前回来た時から器が変わった八寸にも夏の工夫が。ゴーヤーにチーズを射こんで焼いたのが入っています。こんにゃくの味噌焼もお酒が進む進む。
 

2018-07-10 10.33.00
煮物はひろうすと初めて食べるオカヒジキ。丘にはえるひじきでオカヒジキというそうで、雑に言うならより歯応えのある水菜って感じでしょうか。初めての食感でひろうすとの組み合わせが面白かったです。
 

201807佳景
そしてフィナーレは、鰯の粕漬けだったかにお漬け物、この日は白味噌時立てのお味噌汁に玉子焼き。

2018-07-10 11.03.03
そしていつも通りの玉子かけご飯で大団円。

定番ものはいつ食べてもおいしいし、季節ごとの料理もまた面白い。女将さんや他の客さんとの会話も含め、気持ちよくおいしくくつろげる大好きなお店です。できることなら月一回くらいのペースで来たいなあ。