「京都」タグアーカイブ

久々に三木半(京都・裏寺町)

IMG_5279
妻と京都の展覧会に行くことになり、それならしばらくご無沙汰な「三木半」に行っとかなあかんやろと言うことで、京都在住の友人にも声をかけ、開店時刻の16時半に予約して行ってきました。上の写真は開店直前に撮ったので、店内薄暗く暖簾もかかっていません。前回も開店即飛び込みやったんや。
 

三木半
おひたしと揚げたてレンコン天ぷらの突出しでスタートして、てっぴ(550円)ポテサラ(350円)などいただきながら、ビール飲んで三人でなんやかんやわいわい。

IMG_5287
ここにきたら是非ものの造り盛り合わせ(1150円)は3人前お願いして、これが1人前。ヒラメうに載せ・ヨコワ・イタヤ貝柱など、5種2切れずつの盛り合わせでお得。

IMG_5292
光り物が好きなので、きずし(800円)も。浅めに浸かっていて身がピカピカ、魚の自然な甘みたっぷり。

IMG_5299
当初はてっちりセットを食べる案もあったんだけど、いろいろ食べたいからと言うことで、てっちり小鍋(1850円)を。僕は年末にたっぷりいただいたので、控え目にしました。

IMG_5301
妻の強いリクエストにより、ふぐ唐揚げ(1500円)は2人前。さすがにかなり食べ応えがありました。
 

IMG_5303
何年か前に食べておいしかったのを覚えていたかカニ甲羅グラタン((750円)、甲羅が焼けて香りが香ばしい。

IMG_5306
メニューを見たときから頼もうと思っていたかす汁(350円)は3人前。豚肉がはいってるのってちょっと珍しい気がするんですけど、京都では魚介類じゃないのかなあ。
 

IMG_5308
最後にうだうだ飲みたくて、生ハムサラダとチーズ盛り合わせ(800円)。ワインが飲みたくなってしまいました…

こんな店が阪急河原町の改札を出てから5分以内にあるとはなあと、毎回思います。気軽においしいものが食べられて大のお気に入り。これからも通いますぞ。
 

開店即飛び込みで三木半へ(京都・裏寺町)

IMG_1614
妻のたっての希望で、大好きな三木半に行ってきました。調べてみたら、去年の5月以来とは。そんなに行ってなかったかなあ。せっかくなので京都在住の友人も誘い、わざわざ京都まで来て満員で入れなかったらいやなので、開店即飛び込みの16時半で予約しておきました。
 

IMG_1625
まずはビールでスタート、ここに来たら是非ものの造り盛り合わせ(1100円)は、鯛・縞あじ・鮪トロ・ホタテ貝柱など、相変わらずいいネタ。
 

IMG_1630
そして夏の京都のお約束・ハモ落とし(1200円)を梅肉で。今年はなんだかんだでもう4,5回食べてますが。やっぱりメニューにあると選んでしまいます。
 

三木半1
順不同で、お通し・マカロニサラダ玉子サラダ(350円)・京の揚げ出し3種(賀茂茄子/満願寺/生麩 700円)・何故かウインナー盛り合わせ(550円)。僕はこの辺でビールからキリン・ビターズにチェンジしました。
 

IMG_1647
酒のあて4種盛り(500円)は明太子・生湯葉・イカうに塩辛・しらす釜揚げ。この辺からは芋焼酎(三岳)にチェンジ。
 

IMG_1633
ネーミングが面白いトマトのトマトソース煮(350円)。冷たく冷やされていてほの甘酸っぱく、リセット効果?があって良かったです。
 

IMG_1636
縞あじカマ幽庵焼は、なんぼカマだからといってもちゃんと手間がかかっているのに、これで350円はとてもお値打ち。個人的には鱧と並んでこの日の一番でした。
 

IMG_1641
焼肉おろしポン酢(750円)は、旨味・甘味があって柔らかいいい牛肉使ってて、これも値打ちものやったなあ。
 

三木半2
上は牛肉入りコロッケ(300円)・下はカニクリームコロッケ(350円)。こういうのを両方オーダー出来るのも3人いればこそですな。
 

IMG_1651
3人で3時間かけてたらふく食べて飲んで、これで12,000円ほど。やっぱり旨いし安いしええ店やなあ。ワンパターンと言われようが、また行きたくなってきた…
 

移転後初のブラウニー (京都・神宮丸太町)

IMG_1604
10年以上前に初めて行って以来、機会があれば寄っていたベーグルの種類が豊富なパン屋さん・ブラウニー ブレッド&ベーグルズが、烏丸北大路から神宮丸太町に移転したことをつい最近知りました。
 

IMG_1593
平安神宮の西側なので、美術館に行った時に寄ることもできるから、個人的には以前より少し行きやすくなったかな。
 

IMG_1594

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

お店に入ると、以前よりこぢんまりとしてて品数が絞られていました。とはいえベーグルの種類の豊富さは相変わらずで、入り口入って正面のスペースの8割方がベーグル。色んなのがあって嬉しいけど、どれにしようかすごく迷う〜

IMG_1595
右手のテーブルにはバゲット・明太フランス・カレーパンなどもありましたが、全体的に以前に比べてベーグル率が高まっています。

IMG_1596
迷った末に、ベーグル5個と「たまり醤油漬けクリームチーズとドライトマトとジャガイモのフランスパン」を買って帰りました。
 

IMG_1664
買って帰ったベーグルの一部。一番手前のは醤油餅チーズで、醤油味がついた小さなサイコロ状のお餅が散りばめられており、温めて食べるとモチッとした食感が加わって面白かったです。冷凍保存して大事に食べてるんですが、5個くらいだとすぐになくなってしまうので、また補充のために買い出しに行かねばなりません。自宅近くのレコルトさんの味噌チーズもおいしいんだけど、ベーグル好きとしてはこれだけ種類豊富なのはやっぱりうらやましいです。

{お店データ}
住所:京都市左京区聖護院山王町28-30
電話:075-761-9305
営業時間:10時〜18時
定休日:日曜
 

[小ネタ]松茸ご飯食べ放題・ 直會 撰(京都・寺町三条)

2018-09-28 13.07.10
京都の寺町三条を少し上がったところに「とり市」というお店があって、秋になると店頭ですごく立派な松茸が・すごく立派な値段で売られているのは随分以前から認識していました。でもまあ自分にはご縁のない食べ物なので、前を通る時にちらっと見る程度でお店が何屋さんかもちゃんと知らないほどでした。今回調べてみたら、竹の子・賀茂茄子/つくね芋・松茸・千枚漬けなど、季節ごとの野菜と京漬物を扱っているお店だったんですね。
で、先日京都に行った時にこの前を通りかかったら、ひょんなことから道を挟んで向かい側のお店がこのとり市さんの直営店であることを知りました。
 

2018-09-28 13.06.56
こちらがその直営店・直會 撰(なおらい せん)。お漬け物や佃煮、炊き込みご飯の素などに混じって、ふと見ると松茸ご飯も売っていました。興味深げに見ていたら、横にいたおばあちゃんが「これおいしいで〜」と声をかけてきてくれ、お店の方によるとこのおばあちゃん、松茸の時期には毎日買いに来て、1時間ほどお店で喋って帰るそうです。
 

2018-09-28 13.07.31

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

せっかくなので1パック買って、ふと横を見たら「松茸ごはん食べ放題」の文字が目に入りました。11時〜14時のランチタイムに、松茸ご飯・小鉢2品・赤だし・香の物で1000円。値段が値段だからそんなにすごいものが出てくるはずもないでしょうが、なにしろ向かい側のお店のレベルが只者じゃないので、ひょっとしたらと期待を抱きつつ、今回はそれなりの腹加減だったのでお預け。
 

2018-09-28 13.07.36
食べ放題メニューだけじゃなく丼物・コース料理もあり、夜は一品も各種あって鍋もできるそう。今の時期は松茸メイン、季節が変わればメイン食材が変わるらしく、なんとも気になるなあ。(コースよりも単品、それもとり市で買った素材で作ってもらうのがいいとの情報もありますが…)

※未訪ながら気になったので小ネタとしてアゲさせていただきました。

{お店データ}
住所:京都市中京区寺町通三条上ル
電話:075-231-7010
営業時間:11時~14時 17時~21時(入店)
 ※季節により、営業時間が変わることあり
不定休
 

上海家庭料理 七福屋(京都・神宮丸太町)

2018-09-28 12.18.00
京都の岡崎あたりの美術館にちょくちょく行っているので、その近辺でランチってことがよくあります。何軒かブログネタに上げているし新規も色々探しているのですが、今回の「七福屋」も少し前から狙っていたお店でした。
 

2018-09-28 11.46.26
丸太町通り側に黄色い看板が出ていて、そこから路地をちょっと入ったところがお店。隣のジャズスポット「YAMATOYA」って、何十年か前に行ったことあるかも。
 

2018-09-28 11.49.31
派手さがなくフツーの家っぽい店内はカウンター席と小上がりがあり、友人と二人だった僕らは小上がり席を案内されました。
 

2018-09-28 11.49.59
ランチメニューはこんな感じで、目新しいものは無くいかにも「家庭料理」って感じ。夜メニューも高級食材を使わず、リーズナブルな構成でコースがお得なようです。

2018-09-28 11.50.35
近代美術館から歩いてきて腹ペコだったし喉が乾いていたので、当然の如くランチでビールしましたよ。
 

2018-09-28 11.57.34
こちらは友人が選んだ海老入り五目野菜の旨煮セットで、ご飯・玉子スープ・お漬け物付き750円。正直なところ派手さには欠けますが、毎日食べても飽きない系で野菜たっぷり&安いので、常連さんには人気があるに違いありません。
 

2018-09-28 11.54.53
僕が選んだのは、豚肉細切りと高菜のあんかけ汁麺(780円)。

2018-09-28 11.55.33
麺類とご飯系を一緒に食べるのはあまり好きではないし、このあとハシゴで飲みに行くことになるだろうから単品にしました。味付けは高菜の塩気がベースの薄味で、あっさりズルズルいけてします。麺の量もたっぷりめだったので。これにご飯系をつけてたらお腹パンパンになってたでしょうね。

この2品だけで判断するのは早計なんでしょうが、ハレの中華というよりは日常的に気軽に通うお店のような感じです(もちろん悪い意味でなく)。京都の中華といえば餃子の王将が圧倒的に有名ですが、それ以外にもいろんな中華料理のお店があって奥が深いんですよね。もっと他にも行ってみたいけど、中華以外に食べたい物も一杯あるからホンマに困ってしまうんやなあ。

{お店データ}
住所:京都市左京区聖護院山王町25-11
電話:075-771-3833
営業時間:11時半~15時 17時~22時
定休日:水曜