「三宮」タグアーカイブ

「もん」で洋食三昧(神戸・三宮)

R0003690
今のようなコロナ自粛がまだ始まってない頃、姉兄との三人で久しぶりに「もん」に行こうということになりました。
 

R0003726
版画家・川西英さんの作品を使ったメニューはお店の顔の一つ。マッチも持ち帰りの包装紙も同じ作家さんによるものです。

R0003702

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

このメニュー、値段以外は以前から全然変わってないんじゃないでしょうか。「バター焼」じゃなくて「バタ焼」、「スパゲティ」じゃなく「スパゲッチ」、「ヒレ」じゃなく」ヘレ」なんです、あくまで。
 

R0003707
まずは野菜サラダ。ぶっといアスパラガスが人数分3本あってうれしいw
さあこれで準備完了、ガンガン行くぞ〜
 

もん
カキバタ焼は分厚いベーコンとタルタルソースとの組み合わせが抜群・ビーフカツレツはもちろんビター系ドミグラスソースではずせないメニュー・エビマカロニグラタンは優しい味わい・タンシチューはボリュームたっぷりで重厚。
 

R0003721
〆にはビーフカツサンドをって、みんないい歳なのにどんだけ食べるねん。まあこれだけガンガン食べられるのも、健康であればこそ。父が好きだった店のうちの今も残っている一つなので、コロナショックに負けずこれからもずっと在り続けて欲しいものです。
 

{お店データ} ※臨時休業の場合あり
電話:078-331-0372
住所:神戸市中央区北長狭通2-12-12
営業時間:11時~21時
定休日:第3月曜
 

IMG_6132
ちなみに、妻にもおみやげにビーフカツサンドを買って帰りました。包み紙が素敵でしょ?
 

「元祖ぶっちぎり寿司魚心」でちょいとのつもりが(神戸・三宮)

IMG_6784

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

先日妻と三宮まで歩いて行った時、お昼ご飯をまだ食べていなかったので、15時くらいに急激にお腹が空いてきました。とにかくなんか食べねばということで、近くにあった「元祖ぶっちぎり寿司魚心」に飛び込み。
もう何十年も前に梅田の本店に行ったことがあるので、ネタでかい系なのはかすかに記憶あり。一貫当たり安いのは80円からで、一貫ずつでも注文できます。
 

IMG_6780
中途半端な時間だったのでランチはなく、こちらは魚心盛り合わせ。ネタが分厚くでかくて、妻びっくり。マグロ・ハマチ・サーモン・鯛・玉子・甘エビ・穴子の計7貫、これで1500円なら上出来でしょう。
 

IMG_6783
僕は単品でヒラメ・鯛・はまち・いわし(2貫)・穴子。6貫だけだったけど、これでビール飲んでお腹パンパン。ちょっとつまむ程度のつもりだったのに、えらく満足してしまいました。ネタでかい系はあんまり行かないんだけど、たまにはいいもんですな。特にいわしが良かったなあ。
お寿司屋さんなので、もちろん持ち帰りもオッケー。お得なちらし寿司とかも売ってはりましたよ。

{お店データ}
住所:神戸市中央区北長狭通1-4-2
電話:078-392-5455
営業時間:11時半~23時
年中無休
 

応援します 三宮一貫楼(神戸・三宮) ※追記あり

IMG_6799
神戸にはおいしい豚饅を売ってる店が色々あるので、神戸っ子にはそれぞれ自分のひいきの豚まんがあります。三宮一貫楼のは僕のひいきの豚まんの一つで、物心ついた時からの馴染みの味。自分の体の中に擦り込まれている食べ物の一つと言いきれるでしょうね。
お店でアツアツを食べるのが当然一番なんだけど、うちで温め直す時は軽く水をかけてから豚まん蒸し器に入れて電子レンジでチンします。アンの玉ねぎの甘味が効いてるので、辛子をつけてあんぐり。ノーマルサイズで一個210円は価値ありますなあ。

今さらながら、ふと思いついてこの店の歴史を検索してみたら、すごく興味深いサイトが引っかかってきました。

◎食と農の楽しさを伝えるウェブマガジン Mog-lab(モグラボ)
 〜店ものがたり「三宮一貫楼」編 (第1章から最終の第4章まであります)

昭和29年創業から現在に至るまでのこの店の歩みに関するインタビューなんですが、ものすごく面白く、そしてものすごく壮絶な内容で、第4章まで一気読みしてしまいました。語り手である常務さんのお話しは基本的にはユーモラスではあるものの、意外な話やら息を呑みような話やら、驚きの連続。551蓬莱との関係とか知らなかったし、そりゃ神戸なんだから震災の被害も受けてるだろうけど、こんなにもやったんかとか、考えられないほどの危機を何度も乗り越えられてきたことがよくわかります。ぜひご一読を。
 

IMG_6769
そして世界全体が新型コロナウイルスと闘っている今、三宮一貫楼もレストランの営業を休止し、豚まん以外にも様々な料理がテイクアウトできるようになっています。これまでの経験を活かし、今回の難局も必ず乗り切ってくれるに違いありません。微力ながら、応援しますよ、当然!
 

(以下4/25追記)

三宮一貫楼の常務さんが、下記ツイートされていました。
神戸を離れている神戸っ子さん、ぜひ!

応援します 串かつ「まこと」(神戸・三宮)

IMG_6602
たまたま夕方早い目の時間に三宮に居ることになったので、少し時間を潰してから17時開店直後の「まこと」に飛び込みました。
 

IMG_6605

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

ひょっとしたらとは思っていたけれど、やはり客は僕一人。その後時間が経つにつれお客さんが入って来られましたが、大将に訊いたところ、以前に比べてけっこうお客さんが減ったとのこと。とはいうものの、以前から持ち帰りをやっているので、経営的には少しは助かっているかもしれないのだそうです。(←急に持ち帰りをやろうとしても、商売的に色々難しい)
 

IMG_6609
この日のスタートはたけのこ・さかな(この日はカサゴ)・トマト。たけのこは下味がついているのでそのままで、トマトとさかなは塩で食べるのを勧められました。たけのこもトマトもこの時期限定で、すこぶるうまいんですよねえ。
第2ラウンドは、げそ・いも・しいたけ。げそといもはレギュラーメンバーで僕は毎回頼むんですが、この日のげそは今までになく塩で食べるよう勧められました。メニュー下段に書かれているように、この日のげそは剣先。いつものげそも好きなんだけど、これはもう2段階くらい上のおいしさ。ようこんなん100円で出すわ。結局第3ラウンドはたけのこ・トマト・げそをリピートして、妻へのお土産に7、8本持ち帰り用に揚げてもらいました。

今ならsocil distanceも十分取れるし、ネタ切れの心配も少なくなったし、ある意味おすすめ。もちろん持ち帰りもオッケーですよ〜!
 

娘とサシで「さけやしろ」(神戸・三宮)

IMG_6363
娘と二人で飲もうとなって、希望を聞いたらまだ行ったことがない「さけやしろ」がいいと。で、予約なしで行ったら結構混み合っていて、カウンター席を案内してくれました。

IMG_6361

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

メニューをみたら、ラッキーなことにこの日は日本酒半額デーでした。普段は日本酒を控えてる僕もこの店に来たのなら解禁するつもりだったので、渡りに船。
 

IMG_6369
アテはまずお造り3種盛り(1600円)からで、伝助穴子・さわら・イカ。どこかしら春を感じさせる盛り付けが美しいです。
 

sake1
僕の父も妻の父も日本酒が好きだった血筋を受け継いだのか、娘も日本酒が一番好き。せっかくの半額デーなので、普段は飲めないようなやや高めのをいっとこうかということで、にいだしぜんしゅ 生しぼり/仙介 純米大吟醸原酒袋吊り斗瓶囲い

sake2
美人蔵部 純米大吟醸 島美人/磯自慢 特別純米山田錦58と、ガンガンいきます。
しかし昨今の日本酒はバリエーションがいっぱいあって、とてもじゃないけど覚えきれませんな。
 

ate
料理は左上・山菜天ぷら盛合せ(780円)/右上・和風だし水餃子(680円)
左下・ポテトサラダ(420円)/右下・からすみチャーハン(880円)
どれもおいしいし、盛付けきれいだし、日本酒によく合います。
 

IMG_6373
この日飲んだ日本酒のうちで一番気に入ったのが、百黙 純米大吟醸 無濾過原酒。家に帰って調べて知ったんですが、百黙って菊正宗の別ブランドなんですね。菊正宗とは全然違った方向性で華やか甘めなんだけど、本来僕は辛口好きなのにすごくおいしく感じました。通販はなく兵庫県内でしか売ってないそうなので、そのうち入手したいと思っています。

娘とサシでこんなに飲んだのは初めてかもしれません。たまたま隣のお客さんも楽しい方で、いい時間を過ごさせて貰いました。ちなみにこの数日後に、娘は会社の同僚とまたこの店に行ったそうです…