「三宮」タグアーカイブ

京鼎樓(ジンディンロウ)ミント神戸店(神戸・三宮)

2017-12-18 13.55.56
ミント神戸で妻と映画を見終わって14時頃。腹ペコだったのですぐになんか食べたくって、下の階の初めての「京鼎樓」へ。基本的に東京資本の中華のお店に入ることはほとんどないんだけど、背に腹は変えられず。本店は恵比寿そのルーツは台北だそうで。
 

2017-12-18 14.20.26
同じものを頼んでも面白くないので、セットを2種類取って半分こ。まずは小籠包3個と杏仁豆腐付きで1500円の海鮮五目焼きそばセットを。神戸では豚饅はあちこち店があるけど、小籠包はそれほどないので久しぶりな感じ。まあごくフツーってとこでしょうか。
 
2017-12-18 14.29.45
セット価格からすると、この海鮮焼きそばは、アンの味付けはやや濃いめながら具だくさんでなかなかお値打ちでした。キクラゲがでっかくてたっぷり。
 
2017-12-18 14.45.32
この杏仁豆腐は、この後のセットにも登場。可もなく不可もなく。
 

 
yamutya
もう1種のランチセットは、関西地区限定・桃花ランチコース(1980円)。コストパフォーマンスに厳しい関西人対策?商品なのでしょうか、けっこうお得でした。上の写真は前菜2種(蒸し鶏・茹で海老)・江戸菜炒め生姜風味・特製焼売2種(肉・トマト)・フカヒレスープ。
 
2017-12-18 14.20.31
小籠包は3個で、ノーマル・烏龍・辛辣の3種。それぞれ味が違ってて面白いんだけど、個人的にはノーマルが好みでした。
 
2017-12-18 14.34.05
山査子(サンザシ)風味の黒酢酢豚。黒酢の酢豚ってもともと好きなんだけど、そこに初めてのサンザシ風味(フルーティーというか花っぽいというか)が加えられて、面白い一皿でした。コースなので量少なめだったけど、これはもうちょっとしっかりしたボリュームで食べてみたかったです。
 
2017-12-18 14.34.20
〆は蟹肉とカリカリ干し貝柱入り中華粥。味付けハッキリ目のおかゆに、細く切られたカリカリ干し貝柱トッピングでけっこうリッチな中華粥でした。〆ならもっとあっさり目の方がイイかもしれませんが、個人的にはこれはこれでアリ。

東京本店だからか全体的に濃いめの味付けに感じましたが、思ってたよりはリーズナブルで、小籠包ウリの店というよりは「それもある中華の店」って感じでした。今度は小籠包・焼売・蒸し餃子オンリーで攻めてみようかなあ。

{お店データ}
住所:神戸市中央区雲井通7-1-1 ミント神戸 7F
電話:078-414-8622
営業時間:11時〜23時
定休日:ミント神戸の営業日に準ずる
 


Rvalentinoで食事会(神戸・三宮)

2017-10-21 12.58.58
久しぶりに家族が揃ったので、義母と一緒に5人でRvalentinoでランチすることになりました。少なくとも20年以上前からたまに行ってるお店で、特に休みの日は予約が取りにくいのに、今回はすんなりいけてラッキー。(お昼時は実質的には11時半からと13時からの2交代制です)
 
 
2017-10-21 11.40.28
2種類あるランチの安いほうのAでも充分満足できるんだけど、今回はAを3つ・Bを2つにして、色々選んで5人でシェアすることにしました。まずは前菜のサラダ。
 
ファイル 2017-10-31 9 26 25

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

いくつかの選択肢からピッツァかパスタを選べるので、ピッツァもパスタも2種類選び、パスタはそれぞれ1.5人前にしてもらうことにしました。
 

2017-10-21 11.46.11
ピッツァその1は、やっぱりこれは選んでしまうでしょうのマルゲリータ。この写真ではサイズ感がよくわかりませんが、直径30cmくらいはあるんじゃないでしょうか。これで1人前。
 
2017-10-21 12.01.09
1人前ずつ取り分けてくれるパスタその1は、釜揚げしらすとフレッシュトマトのスパゲティ。しらすとトマトの旨味と塩味だけのものすご〜くシンプルなパスタだったけど、これとっても良かったなあ。
 
2017-10-21 12.08.30
ピッツァその2は、イタリア産ハムと舞茸。最近きのこが好きなんです。ドゥがおいしいから、何を載せたっておいしい。
 
2017-10-21 12.09.39
パスタその2は、茶美豚とキャベツの白ワイン煮込みのフェットチーネ。豚だしフェットチーネだったし、それなりに重みがあるのでメリハリがきかせられました。
個人的には、パスタをもっと食べたかったです(店側の盛りが悪いという意味ではなく)。
 
 
2017-10-21 12.29.33
Bのメインその1は鮮魚の香草焼き。この流れのこの価格のランチのメインとして上出来。
 
2017-10-21 12.26.24
Bのメインその2は、霧島高原豚ロース肉のロースト ローズマリー風味 かぼちゃとフォンドヴォーのソース。800円追加して子羊のローストにしようかなと思っていたんだけど、これで充分でした。ちょっとサクッとした肉質で、ボリューム的にも満足度高し。
 

2017-10-21 12.40.42
デザートは可愛いサイズのパンナコッタで、コーヒーか紅茶が付いててこれで〆。
 
2ランク・5人分のランチをまとめてご紹介したのでわかりにくいかも知れませんが、1人分ずつの組み合わせを想像していただくと、コストパフォーマンスの良さがおわかりいただけると思います。例えば2人でランチなら、安い方のAを2つとって、ピッツアとパスタをシェアすればそれでも充分。量だけじゃなくってちゃんとおいしいし、オーナー始めイタリア人スタッフが多くて店内の雰囲気も明るく楽しく現地っぽいし(行ったことないけど)、大好きなお店なんです。グループでもカップルでも、超おすすめ。
 
{お店データ}
住所:神戸市中央区加納町4-5-13
電話:078-332-1268
営業時間:11時半~14時,17時半~21時
定休日なし
 


姉兄とハシゴ(後編)〜日々→唐子(神戸・三宮)

2017-10-11 17.34.59
二軒目は、こちらも以前ちょい飲み手帖で行った「日々」。前回食べたものを再確認したくて。

Collage_Fotor

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

左は季節メニュー、右は前回撮り忘れてたメニュー。そのうち焼鳥オンリーで色々な串ものを食べに来たいと思っています。

2017-10-11 17.42.53
突きだしは、胸肉だったかのたたき。

2017-10-11 17.46.23
ポテサラ(480円)は、おいしいけど量的にはちょっと不満が残りました。

2017-10-11 17.53.05
一番食べたかったのは、この宮崎日向地鶏のたたき(1280円)。黄味ががった皮がいかにも旨そう。やっぱりこれは値打ちがあるなあと再確認。

2017-10-11 17.56.12
これも前回食べた皮(@100円)。三宮・元町界隈でもこの手の焼鳥の皮が食べられるところをちょくちょく見かけますね。僕が好きなかわ庵のに比べ、こちらの方がやや焼きが浅めのような気がします。これはこれでうまかったっす。

20170125唐子
二軒目で終わっても良かったんだけど、軽めでお勘定してもらって、三軒目の「唐子」へ。姉兄にここの餃子を食べてみて欲しかったんです。

2017-10-11 18.52.54
満席覚悟で行ったら、初めての2階席に通してくれました。ここの2階がどんなのか興味があったので、嬉しい〜 席についてとりあえずビール、大将がサービスで胡瓜のお漬物を出してくれました。

2017-10-11 18.57.122017-10-11 18.53.32

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

壁メニューじゃないので、一覧しやすいです。いまだに豚天注文したことないんだけど、さすがに3軒目では注文する気になれず。

2017-10-11 18.57.33
水餃子(@350円)を3人前。ここまでそんなに食べてないこともあって、みるみるうちににお腹に入っていきます。やっぱりここの餃子はどっちか選べと言われたら焼きより水のほうが好きかなあ。

2017-10-11 19.14.36
焼きビーフン(600円)で〆。最後にこんなの食べられるだけ、3人とも健康な証拠だと思いましょう。

おがちゃんとハシゴするよりは軒数少なかったけれど、それぞれカラーが違う3軒で楽しかったです。最後の唐子の水餃子がえらくおいしそうに撮れてる気がして、また食べたくなってきた…


姉兄とハシゴ(前編)〜さけやしろ(神戸・三宮)

2017-10-11 17.30.42
最近おがちゃんが忙しくて付き合ってくれないので(ウソ)、姉兄とハシゴしてきました。この日はあっさり目でとのリクエスト、早めの夕刻だったので店の選択が難しい中、うまい具合にちょい飲み手帖で行った「さけやしろ」のことを思い出しました。

2017-10-11 17.16.58
一人でちょい飲みセットをアテに飲んだだけだったので、何人かで来てちゃんと飲み食いしたいと思っていたこともあり、好都合。日本酒だけでなく、焼酎だってワインだって色々取りそろえられています。

2017-10-11 16.28.22
まず突きだしは、菜っ葉の玉子とじ・煮かぼちゃ・刺身こんにゃく・牛肉たたきだったかと。これだけでもそれなりに飲めます。

2017-10-11 16.36.22
お造りその一は、ぴかぴかのさんま(1000円)。

2017-10-11 16.36.28
お造りその二は、しまあじ(1200円)。料亭のプロデュースとあって、盛りつけに季節感がありますねえ。

2017-10-11 16.43.57
秋なす煮浸し(500円)は薄味のいいお出汁。最初はビールでスタートしましたが、やはりこういうの頼むと必然的に日本酒にスイッチとなります。

2017-10-11 16.50.23
3人とも焼穴子好きなもんで、生から焼いてくれてる焼穴子(1000円)は味がグッと濃くて格別でした。

2017-10-11 17.02.38
揚げ物は、鱧と松茸のかき揚げ(980円)。定番の出合いものは確実なおいしさ。

お粥コロッケ (rice paste croket)
ここまでは直球、ここで変化球。こちらの一番人気メニューだそう、なんと「おかゆコロッケ」(750円)。おかゆって言葉とコロッケという言葉がなんとも繋がらないのですが…

2017-10-11 17.09.29
割ってみて食べてみて納得、そうか、おかゆをベシャメル代わりに使ってるのか。サクッとした衣の中からトロッと出てくるおかゆの組み合わせが面白いだけでなく、ちゃんとおいしいオリジナル料理でした。さすが一番人気なのもわかります。

2017-10-11 17.21.452017-10-11 17.24.32
定番に戻って、蓮根饅頭蟹餡かけ(780円)。蓮根饅頭って好きなんだけど、手間がかかって難しそうだから自分で作ろうなんて思ったことがありません。こういうのがお手軽に食べられて値打ち。

兄からは「今日は上品やなあ」という言葉が何度か聞かれました。確かにいつも行ってる居酒屋チックなお店に比べればジョートー、でもそんなにかしこまるほどではない程良いレベル。こういうポジショニングの和食のお店、三宮界隈ではあんまりないのではないでしょうか。

(オマケ)雑にしか撮れていませんが、参考までにメニューをスライドショーであげておきます。カーソル載せれば矢印が現れ、クリック二回で拡大されます。
2017-10-11 16.21.16


鶏の鍋が食べたくて「ひとりひとり」(神戸・三宮)

かつて福岡に何度も出張していた時期に「長野」という店で博多風・鶏の水炊きに出会い、以来大ファンになってしまいました。3年前の福岡旅行では「水月」ってお店で食べたんだけど、やはり大阪など他の地域で食べる鶏の水炊きと本場では全然違うのを再確認。といってもそれだけのために博多まで行くわけにはいかないし、なんとか近場でないものかと、毎年涼しくなってくるとそわそわしてくるんです。

2017-03-09 18.27.32
既に何軒か目星をつけている候補店のうち、ちょい飲み手帖メニューランチもすごく充実してた「ひとりひとり」に妻と行ってみることにしました。コースは多分多いだろうと思い席だけ電話予約したら、本店が入ってるビルの2軒南隣の「離れ」が取れました。

2017-09-15 19.15.09
店内は4人掛けテーブル1卓にカウンター8席とこぢんまりで、元はスナックかなんかだったんでしょうか。まずはお代わり自由の、もやしの浅漬け大葉とごま(450円)で野菜類を確保して出だしの一杯。

2017-09-15 19.15.17
続いて僕は以前食べたことがある、もも肉のたたき・淡路島産玉ねぎとポン酢(900円)。器がドーンと押しが効いてるし料理もおいしいと、妻にも好評でした。

2017-09-15 19.54.27
最初はビール、続いて僕は焼酎・妻は日本酒を頼んだら、なかなか粋な酒器で出てきました。

2017-09-15 19.08.23

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

鍋の単品メニューはこんなの。水炊きとは書いておらず鶏ガラスープだそうで、さてどんなもんか。

2017-09-15 19.49.20
こちらが二人前(ももとつくね)に、オプションでつくね追加。ももは骨付きではなく、つくねは竹べらで鍋に落としていきます。

2017-09-15 19.53.22
鍋が来た段階で既に野菜は入っており、ここにももとつくねを追加していくスタイル。期待のスープはやや黄味ががった白濁系。博多風の水炊きは、昆布だしベースの透明スープでポン酢をつけていただくのが基本なので、それとは違います。
まずスープを飲んでみたら、やや強めのとろみあり・塩系の味付け・濃厚な旨味のポタージュ系でした。もも肉は火を通しすぎないように早めに引き上げ、つくねはそれよりもややじっくり。どちらも鶏ガラポタージュがまったり絡みついてきて、鶏の味をブーストしてくれます。そして、肉類よりもむしろ気に入ったのが野菜。パワフルなスープと、熱が加わって甘味が出た野菜との組み合わせがとてもいい。次回これを食べるなら、オプションは追加野菜にしたいです。

2017-09-15 19.55.18
鍋を食べ始めた頃に鶏天(600円)もやって来たけれど、鍋の〆に雑炊食べたら全部食べきれずに超満腹。やっぱりコースにしなくて正解でした。

博多風の水炊きではなかったけれど、これはこれですごくおいしい鶏鍋で、やはり「ひとりひとり」は夜もいいなあと大満足。値段も安いしボリュームあるし、予約取るのが難しくってもこりゃ当然ですわなあ。