「グリル一平」タグアーカイブ

久しぶりにアレが食べたくなってグリル一平(神戸・三宮)

IMG_7701
ここんとこしばらくアレを食べていなかったので、いくつもある選択肢のうちからグリル一平三宮店を選択。ヘタな時間に行ったら混んでるだろうとゆっくり目に行ったら、平日14時前なのに店外に行列ができててびっくりしました。観光客の皆さんかなあと思いきや、割りと地元の方が多かったみたい。
 

IMG_7699
魅力的なランチメニューもあったけれど、初志貫徹。回転がいいし一人だったので、数分待つだけでカウンター席に案内してくれました。
 

IMG_7703
カウンター5席のうち、男性は僕だけ。店内を見渡すと圧倒的に若めの女性の方が多く、8割くらいだったんじゃないでしょうか。洋食ファンとしてはこういう若い世代の方が足を運んでくれるのは、とても嬉しいことです(変な意味じゃなく)。
 

IMG_7709
食べたかったアレとはもちろんビフカツ。ここでは何度食べてるんだけど、多分食べたことがないオールドスタイルを食べてみたかったんです。

IMG_7713
ヘレビーフカツ(100g1600円)は分厚めで中はレア、それに対してこのオールドスタイル(1300円)は薄くたたき伸ばされており、揚げ加減はウエルダン。イメージ的には、お肉屋さんで売ってるビフカツっぽいっとでもいいましょうか。
相変わらずのビター目なドミグラスソースは一級品、このソースがかかった薄めのビフカツとご飯がすごく合ってて、一つのザ・洋食って感じです。願わくばこのオールドスタイルに限ってはもっとソースが欲しい、そのほうがよりご飯に合うと思います。反対にビフカツにウエイトを置くなら、薄くないヘレタイプを選べばいいなと。
いずれにせよ、相変わらず活気があってレベルが高いおいしい洋食を食べさせてくれるいいお店ですなあ。
 


振られて正解 グリル一平(神戸・三宮)

2018-06-11 19.39.55
この日は妻と一緒に唐子へ水餃子を食べに行ったら、あいにく定休日。しょうがないので他の店に餃子を食べに行こうとしたら、すぐ向かい側にある一平でもいいよとのこと。なんと妻は三宮店は行ったことないそうで、僕に異論あるはずもなく即変更となりました。
 

2018-06-11 19.40.08

2018-06-11 19.49.55
まずはの一品は、当然のごとくのビフカツ・ノーマルサイズ(ライス付1600円)。

2018-06-11 19.51.28
この価格でこの肉質、この厚さはすばらしい。揚げ加減は完璧だし、ドミグラスソースもビター系で好みだし、今神戸で僕が一番好きなビフカツがここ三宮店のかもしれません。
隣のお客さんがビフカツのオールドスタイルのを注文してて、そうそういつかあれにしようと思いながらいつもノーマル選んでしまうので、次回こそ忘れないようにしないといけません。
 

2018-06-11 19.50.48
そしてもう一品はオムライス(800円)。洋食屋でビフカツとオムライスって、あまりにもベタな組み合わせやなあとは思ったけれど、食べたかったんだからしょうがない。

2018-06-11 19.52.54
プレーンオムレツ載っけてトローンと開くタンポポスタイルよりも、この手の薄焼き包みタイプのほうが好きなんです。一平では一つのオムイスに使われる玉子は、LLサイズ半個分なんだとか。薄いがゆえの口当たりを生むためのその技術、半端ないですねえ。
 

平日夜のそれなりの時間にも関わらず、店内はほぼ満席。客層は一人客からグループ客まで、年齢層も性別も様々でした。三宮店のシェフは、本店のシェフの息子さん。本店の味を引き継ぐお店は一平支店以外にも複数あります。大勢の若い人たちが三宮店で楽しそうに美味しそうに食べている光景を見て、お客さんもお店も、次の世代にしっかりと受け継がれているんやなあと実感、洋食好きの一人としてとても嬉しかったです。