東京一人旅(3)〜大当たりの「鍵屋」(東京・鶯谷)

ぷるみえさんと会った後は、高校時代の友人3人との飲み会。当初はなんとなく上野で待ち合わせてテケトーに店を選ぶつもりだったんですが、直前になって調べてみたらもひとつピンと来る店がなかったので、ちょっと範囲を広げてみたら良さげな店が引っかかってきました。
待ち合わせたのは山手線の鶯谷駅。関東在住歴が長い友人3人とも「こんな駅で降りたことない」と言ってましたが、僕はこの近所のせんべい屋・寿々喜に何十年前かに2,3度来たことがありました。(今回もお土産用に買って帰りました)
 

2018-06-18 18.47.51
目的のお店は「鍵屋」。この写真は店を出てから撮ったもので、実際は開店時刻前に場所を確認に来て、一旦離れて寿々喜にせんべいを買いに行き、17時少し前に戻って来たら行列ができていたので焦りましたが、なんとか滑り込むことが出来ました。
 

2018-06-18 17.09.43
検索しててたまたま良さげだと思って選んだんだけど、あとで調べてみたらかなり有名なお店のようで(^_^; 1856年に酒屋として創業・1949年に居酒屋へ業態変更、外観も店内も風情があります。メニューはこれだけ、ビールはサッポロの赤星・日本酒は桜正宗/大関/菊正宗の3種のみ(いずれも神戸/西宮の酒)・冷酒あり・焼酎やサワーはなし、と超シンプル。
 

2018-06-18 17.13.34
まずはうなぎのくりからやき。こういう串に刺した鰻は関西では見掛けないので、以前から興味がありました。「くりから」は「倶利伽羅」と書き、不動明王が持つ竜が巻き付き炎に包まれた剣の見立てだそうで。きりっと辛目のタレが絡んで香ばしく焼き上がっていて、元々鰻好きだし出だしからご機嫌。
 

2018-06-18 17.20.55
味噌おでん。冷めないように・型が崩れないように、板が敷かれていて、心配りが感じられます。
 

2018-06-18 17.25.40
とり皮やき

2018-06-18 18.01.58
とりもつやき

2018-06-18 17.42.36
合鴨塩やき
最初のくりから焼・とり・合鴨は一人一本ずつでそれなりの値段ですが、サイズが大きく、どれもきっちり作られていて、なんちゅうかとにかくとてもいいとしかいいようがない。飲み物は最初だけビールで、すぐに日本酒にスイッチ。
 

2018-06-18 17.47.17
撮影ミスで見にくいですが、たたみいわしを炙ったの。熱で丸まっていて、指で押すとパリパリと崩れます。適度な塩気がよくって、これもまたどうあがいても日本酒。
カウンター席ながら久しぶりに会う4人だったので、なんだかんだ話しながら飲むわ喰うわ。喋るのに遠慮しないといけないような雰囲気ではなかったのもありがたかったです。
 

2018-06-18 17.50.31
6月半ばでそこそこ暑かったけれど、誰かがリクエストしたのでとりもつ鍋を注文したら、これがかなりのヒット。一人で来たらこれだけで充分飲めそうなボリュームで、具材の種類が豊富。これ食べたら、秋冬限定の湯豆腐がどんなのかとても気になりました。
 

2018-06-18 18.05.59
酸っぱいものが欲しくなったので、ところてん。東京ではありえないでしょうが、黒蜜のが出てこなくて良かった。
 

2018-06-18 18.25.54
お腹はかなり膨らんでいたけど、まだ飲みたかったのでかまぼこ。それなりの値段ですが、食べたらわかる高級品。小田原あたりの有名店のものかなあ。

なんとなく選んでみたけれど、ここに来られて大正解。食べ物もお酒もおいしく、店に風情があるし、お店の方も昔からの東京の良さが感じられる人柄で親切でした。やっぱり僕は、こういう古くからの東京を感じさせてくれる街や店が大好きです。いいなあ、ここ。是非また来たい。

…ちなみにこの後僕一人だけ離脱して新宿へ移動、娘と飲みに行きました。それなりに出来上がっていたし時間もなかったのであまり話せず、もったいないことしたなあ。
 

{お店データ}
住所:東京都台東区根岸3-6-23-18
電話:03-3872-2227
営業時間:17時~21時
定休日:日曜・祝日