キング軒広島式汁なし担担麺


娘がハマって7個買いだめしたうちの一つを分けてくれたキング軒広島式汁なし担担麺、けっこうレアものだとか。広島には汁なし担担麺のお店が多いのは知ってたけど、現地でもカップ麺でもこれまで食べたことがありません。
 


麺は細め、けっこう具だくさん。お湯を捨てたらタレをかけてかき混ぜて、仕上げに粉末スープを加えます。辛さは思っていたほどではありませんが、花椒が効いていてピリピリ。麺に絡んだタレにコクがあっておいしいです。個人的には辛味も花椒ももうちょっと効いてたほうが面白いと思うんだけど、悪趣味ですかねえ。実際にキング軒で食べてみたいなあ、でも広島にもおいしいものが一杯あるから、たまにしか行けない者にとってはどれを取るか選択に迷いますねえ。
 


越後屋を偲んで「さのや」(大阪・大正)

しょっちゅう一緒に飲み食いしてるえて吉さんとこのネコ・越後屋が先日亡くなってしまいました。人んちのネコなんだけど、僕が初めてえて吉さんに会った日、いきなり家に泊めてもらう展開になり、その時が越後屋との初対面でもあるんですよねえ。それ以来14年、自宅に伺った時に会ったりえて吉さんのブログで拝見したりで、とても親しみを感じていただけに本当に残念でなりません。
 

2018-09-20 16.12.50
でももうけっこういい歳だったし、最後はそれほど苦しまなかったそうなので、これでヨシとするべきなんでしょう。早いうちに越後屋の弔い酒をしたいなあと思っていたら、たまたま仕事が早めに片付くことがわかったので、えて吉さんに声をかけて二人ともお気に入りの「さのや」に開店即飛び込みしてきました。
最初はいつものバリキングでスタート。一足先に到着したえて吉さんがオーダーしていたへちまと豚のチャンプル(240円)はいい塩梅の塩味、ポテサラ(120円)は玉子たっぷりで、いつおどおりちょっとしたアテでも魅力が一杯です。
 

2018-09-20 16.29.21
僕はペットを飼ったことがないんだけど、過去に色々経験してるえて吉さんからして、越後屋はかなり個性が強くて頭がいいヤツだったそうです。買い主に似て?食い意地が張っているので晩年は超巨大ネコと化しており、病院に連れて行くのも一騒動だったようですが、それもまた傍観者からすればちょっと笑かしてくれるネタでした(ゴメン)
色々思い出話をしながら飲んでたら、お願いしていた刺身の盛り合わせが登場。とらふぐのぶつ切り・ボタン海老・鯛の肝・カンパチ・シマアジ・ハマチ・まぐろ・炙った貝柱にウニを挟んだものと、これまでの中でも一番の豪華さ。盛り合わせ価格が書いてないのでいくらかわかりませんが、ものすごい満足感でした。
 

2018-09-20 16.31.25
豪華なものが出てきたので、ちょっと中休み的にゆりねチップ塩昆布和え(280円)を頼んでみたら、なかなか面白い組み合わせ。塩昆布で味付けするってのは簡単で色々応用きくなあと改めて思いました。
 

2018-09-20 16.32.04
最近日本酒は控えているんだけど、今日はせっかくの弔い酒なんで解禁。金澤屋の夢の香秋あがりなんちゅうのをいただきました。
 

2018-09-20 16.55.58
メニューには食べてみたいものが一杯あるので、よくよく考えて注文せねばなりません。鰻好きとしては見逃せない国産鰻炙り串焼きと揚げ山芋と野菜天(380円)は狙いどおりの大ヒット。これで380円はほんとに素晴らしいです。

2018-09-20 17.05.49
えて吉さんリクエストで鯨のさえずり生姜醤油(380円)、かに味噌クリームチーズ(240円)とミョウガスライス(200円)はリセット的に。
 

さのや
もともとしんみりしたのは好きじゃないし、盛大に越後屋を送り出すためにも食べたいものをバンバン注文しました。ラストを飾る揚げ物3連発はローストポークのブリトー(350円)・ブルーチーズとジャガイモのピュレ春巻き(300円)・エビフライ(350円)。和食だけでなくこの手のメキシカン・スパニッシュ系みたいなのがあるのもこの店の魅力で、一人ではなかなか注文しにくいものも食べられて、大満足でした。弔いの会なのに、なんでかえて吉さんにごちそうになってしまいなんか申し訳なかったけど、明るく送れたからヨシとさせて下さい。
 
 


この世で出会えたら来世でもまた出会えると、どういう訳か僕は信じています。
越後屋、先に行って元気で待っててな〜(=^..^=)
 


「KOBE CINEMA PORT フェス」チケットでエデン(神戸・新開地)


「KOBE CINEMA PORT フェス」チケットがまだあったので、自宅からちょっくら歩いて新開地の「エデン」までやってきました。
 


11時過ぎに来たら店内ほぼ満席で危ない危ない。カメラのレンズが汚れていたのが幸いして、なかなか雰囲気ある写真になってますな。
 


薄焼き玉子が焼きたてのまだあったかいミックスサンドとコーヒーで、チケット一枚=500円はおいしくてお得。気さくだけど落ち着く店内は相変わらずの雰囲気で、やっぱり「ザ・喫茶店」でした。
 


南インド料理食事会グルコバに参加してきました

グルコバ1

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

ちょくちょく一緒に飲み食いしているこばやしさんが随分前から主催されている南インド料理食事会グルコバに参加してきました。一度だけ食事会の最後のほうにちょろっと寄せてもらったことがあるけれど、最初の料理の部からの参加は初めて。僕みたいなモンが手伝っても役に立つはずもなく、元々料理する気はありませんでしたが、少し遅れて会場に入ってみると皆さんものすごいやる気モードで、ビビりました(@@;) 後で訊いたら、この日は今までにないくらいのスタートダッシュな調理スピードだったとか。
 

グルコバ2
ここまで2枚のコラージュ写真は本番前の持ち込みアテ&酒で、調理が一山超えたらちょこちょこつまみ始めるという寸法。僕は初めてだったので勝手がわからず手ぶらできて申し訳なかったんですが、主役のインド料理を前にこれだけでもけっこう楽しめてしまいました。
 

 

グルコバ3
調理開始前の前説を聞いていなかったのでどういう段取りなのかようわからんのですが、配布されたレシピを元に各自手分けして調理されている模様。こばやしさんを筆頭に何人かの常連メンバーが時折アドバイザーになって調理が進められていきます。
 

グルコバ4
13時に開始して、食事が始まるのが17時半頃。休憩を挟みながら・多少飲み食いしながらとはいえ、4時間半の調理はさぞやお疲れでしょう(←まるで傍観者)
 

2018-09-23 17.39.55
これがこの日の完成形。わかってない僕が説明するのもナニなので、詳細はこばやしさんのエントリをご参照下さい。
 *B級的・大阪グルメ生活:グルコバ62はスリランカ!

僕は日曜が仕事の場合が多いので、今回はたまたま参加できてラッキーでした。調理しなくても皆さんの様子を見ているだけで色々と楽しめましたが、参加希望者が多くすぐに満席になるくらいなんで、僕なんかより、インド料理に興味があって調理もしてみたいという人に席を譲るべきやなあと思いました。まあ参加したくてもなかなか日程合わないでしょうけど。
こばやしさんを始めちょくちょくご一緒するみなさんとだけでなく、何人か初対面の方ともお話ができて楽しかったです。役には立ちませんが、またいつか機会があれば参加させていただきたいと思っています。
 


「KOBE CINEMA PORT フェス」チケットで飲み食い歩き・後編(神戸・湊川/新開地)

2018-09-22 13.23.31
稲荷市場から新開地・湊川公園・荒田公園近くのロケハンとだいぶ歩いたお陰でようやくお腹もこなれてきたので、この日3軒目の湊川にあるCOZY COFFEEへ。

2018-09-22 13.30.07
ここではフェスの共通チケット1枚でコーヒーとチュロス3本のセットが出てきます。チュロスは作り置きだと思っていたら、揚げたてアツアツ。休憩がてら3人でゆったりダベらせてもらいました。
 

2018-09-22 15.24.10
そしてラストの4軒目は、妻の強い要望により新開地のボートピア内にあるレストラン・ピア。諸事情により僕は経験あるけど、ボートレースの舟券売場は妻も友人も初めてなんでキョロキョロしてました。

2018-09-22 15.28.55
ここでは一般では800円のタンポポセット(オムカレー・サラダ・ソフトドリンク)が、共通チケット1枚=500円でいただけるんです。さすがに一人一つずつは多かったので、妻と僕は1つを半分こしましたが。

2018-09-22 15.30.41
ご飯の上のプレーンオムレツを開いた図。トロトロでないとこうできないので、当然焼きたてが載っかっています。これで500円は価値ありましたねえ。
レストラン内を見渡すと、舟券購入の間に食事をしている人以外に、どう見てもここで食事をしてダベるのが目的だろうと思われるおばちゃん集団がいてはりました。通し営業だしピーク時を外せば混んでないし、ゆっくり粘れてなるほどこういう使い方もあるんやなあと思いました。

レストラン・ピア内ではアルコール類を売ってなかったので、すぐ近くにある冨月でアテは申し訳程度にしてちょい飲みで〆。この日の万歩計は14,000步、よく歩いて食べて飲んでしゃべった一日でした。