「ラーメン」カテゴリーアーカイブ

蛤ダシ中華そば 四つ葉


麺はどうってことなし、スープは確かに蛤っぽい魚介風味たっぷりでうまいが、個人的にはちょっと醤油が勝ち過ぎ。薄口醤油のほうが合うと思うんだけど、埼玉のラーメン屋さんがベースだからしゃあないですね。
お店で食べてみたい感じ。
 


福山SA(下り)で尾道ラーメン(広島県福山市)

2018-05-23 12.20.31
もう2ヶ月も前になるのですが、えて吉さんと一緒に島根の温泉宿に泊まりがけで行って来ました。その宿(めっちゃ良かった!)のことは次回にたっぷりご紹介するとして、宿に向かう途中に寄った山陽自動車道福山サービスエリア(下り)での昼ご飯についてちょいとネタをあげておきます。
 

2018-05-23 12.23.46
宿に向かうまでにどこかのSAで食事をすることになるとはわかっていたものの、腹具合との兼ね合いでどこに入るか事前に決められるはずもなく、でもなんとなく福山かなと思っていたらその通りになりました。

2018-05-23 12.23.56
場所にもよりますが、最近のサービスエリアは独自色を出そうとがんばってはりますなあ。

2018-05-23 13.37.28
尾道と砂ズリと何の関係があるのかと思ったら、砂ずりは尾道のお好み焼ネタの一つだとは知らなんだ。とはいえ、ここは福山(市)であって尾道(市)ではない。まあ尾道のほうが知名度高いし〜ってことなんでしょうね。
 

2018-05-23 12.24.32
フードコートのメニューはありきたりなものからちょっとひねったものまで各種あり。

2018-05-23 12.28.01
その中でもダントツの人気を誇るのが、尾道ラーメン。持ち帰りを含め、年間売上28万食なんだそうです。できたら福山SAに寄ってこのラーメンを食べたいなと思っていたので、願ったり叶ったり。

2018-05-23 12.33.35
尾道ラーメン(650円)、チャーシューもメンマもそれなりに入ってて良心的な価格。背脂たっぷり濃いめ醤油味スープに平打ち麺。かなり前に尾道の朱華園で食べたことがあるけど、なんとなくこんな風だったような。ともかくサービスエリアでの食事としては上出来で、人気ナンバーワンなのも納得できました。

先の大雨で山陽自動車道も大変な被害に見舞われましたが、機会があればぜひまた福山SAにも寄りたいと思っています。食べて応援山陽地方ツアー、そのうちやります!
 


テケトー冷やしラーメン

2018-07-18 16.29.49
茹で鶏を作った時のスープを冷蔵庫で冷やしてあったので、手元にあった材料でテケトーに作ってみました。麺は最近よく食べている餃子の王将の生ラーメンを使用、その他は茹で鶏・ブロッコリーの芯を茹でたの・トマト・茹でもやし・半熟玉子・刻みネギ。食べ終わってからメンマを入れ忘れたのに気づきました。
麺を茹でたの以外は事前にもやしを茹でただけで、あとは有りものばっかり。軽くショウガ風味の塩味スープがさっぱり上品で、テケトーに作った割りには上出来でした。
 


サラダ冷麺


餃子の王将の生ラーメンがあったので、焼豚・トマト・玉ねぎ・胡瓜・レタスを添えて野菜たっぷりのサラダ冷麺を作りブランチにしました。この生麺、細めで茹で時間2分程度と短いので夏場でもありがたいです。
今日からまた一段と暑くなるそうですが、がんばって参りましょう。
 


東から西へうどんツアー(後)〜讃岐うどん巡礼2018-2

*諸事情によりしばらくブログをお休みしていましたが、またぼちぼちと再開します。
 以下、いきなり長いです(^^ゞ
 

◎三軒目:松下製麺所

X70F2552
車はさらに西へ進み、高松市内の松下製麺所へ。けっこう昔からあるポピュラーな店で、Wakkyさんは二回目、僕が三回目。驚いたのは、なんとえて吉さんが初めてだったことで、街中だと車が停めにくいのでついつい後回しになってしまったんだとか。

X70F2553
香川のうどん屋さんでもそばを扱っているところがちょくちょくありますが、ここは珍しくも中華麺もやってるので、迷わずそれを。一玉(200円)が多い…

X70F2554
麺の種類と大きさをを言えばどんぶりに入れてくれるので、あとはどう食べようがお好みで。

X70F2556
さっと温めてうどん出汁をかけてネギと天かすを追加。中華麺を扱ってるので、卓上にコショウもあり。これを振りかけるとうどん出汁なのに、一気に中華そばっぽくなります。姫路の駅そばなど、中華麺にうどん(そば)だしという組み合わせは昔から馴染みがあるので、違和感なしにツルツルッと。けど、一玉デカいのでけっこうお腹に応えましたな。
 

◎四軒目:いなもく

X70F2586
こちらのお店は事前のコース資料には載ってたけど下調べしておらず、「まだできてから間もない店」くらいの予備知識しかありませんでした。道中、「えらい山の中らしい」とか「材木屋がやってるらしい」とか「切れっ端燃やして釜炊いてるんやろか」とか、ようわからん会話が車内で聞こえてきます。(その他各種妄想はWakkyさんとこをご参照下さい)

X70F2583
ここまで2枚の写真は帰りに撮ったもの。香川では、「ようこんなとこでうどん屋始める気になったなあ〜マーケティングはどうなっとるんや、周辺競合店とか人口分布とか調べたんかいな」みたいなうどん屋があちこちにあるんだけど、それでもこの環境はたいがい。キツネやタヌキを客にする気かいw

X70F2558
どんどん細くなっていく道を恐る恐る進んでいったその先に、かの有名な山内うどんクラスの秘境系が、忽然と姿を現しました。ほんまに何考えとんねん。

X70F2560
上の写真の反対側もこんなん。人家がないとは言えませんが、それにしても…

X70F2578
確かにうどん屋ののれんが掛かっている。しかしその横には「天然木の隠れ家」という文字も。

X70F2562
どんなヘンコツな木こり爺イがやってるのかと、とにかく店に入ってみると…

X70F2571
意外にも「ぃらっしゃい!」という明るく威勢のいい若者の声。いずれも若くてシュッとした男性2人と女性1人のメンバーのようでした。

X70F2573
熊の手の天ぷらとかあるのかと思いきや、地物を中心とした魅力的な揚げ物各種あり。幾重にも予想を覆してくれて、こりゃオモロイ。

X70F2563
どう食べるべきか迷った末、正攻法でひやあつにして、ここで天ぷらカードを切りました。野菜の串刺し(100円)の内容は、玉ねぎ・ピーマン・ウインナー・ちくわと色々楽しめて良心的。

X70F2567
さてどんなもんかと食べてみたら、またもや予想を覆してくれました。まず出汁の香りが良く力強くてめちゃしっかりしてる。そして麺はこれまたがっしり骨太系、かといってカチンコではなく勢いがあるとでもいいましょうか、だしとの相性もすごくいい。他の皆さんのもちょっと味見させてもらいましたが、個人的にはこのひやあつがダントツ一番。こんな(クソ)山ん中でまさかこんなうどんに出会うとは。これだから讃岐うどん巡りはやめられませんねえ。

X70F2574X70F2575X70F2577
うどんを食べ終わって二階に行ったら、でっかい天板とか家具とかまな板とか色々売ってました。うどん食べついでに家具も是非!ただし軽トラ程度で抑えておかれることをおすすめしますw
 

(以下追記)
下記リンク先を知って、なんであんな山の中に材木屋兼うどん屋があって、なんであんなにしゅっとした若い人がいるのかわかりました。どうぞご一読下さい。
テレビ朝日「人生の楽園」香川・綾川町~父の想い継ぐ山里の店~
 

◎五軒目:山神うどん

X70F2588
僕の好きな讃岐のうどん屋さんベスト3のうちの一つ、ひょっとしたらここが一番好きかも知れません。

X70F2592
8回目めにして初めて見る光景。店の前の麦畑が黄金色に色づいていました。

X70F2599
前回2年前と値段は変わらず、わかめうどんが新たに加わっただけ。

X70F2598
でもどんなメニューが加わろうと、ここでは醤油うどんしか食べたことがないし、醤油うどんしか食べません。こんな遅めの時間に来てもいつもと変わらず完璧。敢えてなんだかんだと書く必要なし。
(既に書き過ぎて疲れたからとも言う…)
 

ということで、今回は5軒。種物が天ぷら一個だけだったのが幸いしたのか、割りと無理なく回れました。毎度ながらの店が良かったのはもちろん、久しぶりの新規秘境系・四軒目のいなもくは掘り出し物でした。ああいうワケ分からん系な店が減ってきているので、今のうちに回っておきたいですねえ。