「そば」カテゴリーアーカイブ

今日の晩ご飯


職場でいつも注文してる出前弁当屋の「チキンカツカレーそば」。もともとはメニューになくて、カレーのご飯をうどんやそばに替えてもらうのが最近流行ってます。ルーを出汁で伸ばしてくれてるのはいいんだけど、なんか知らんが濃さが安定せんのよなあ。今日はけっこうシャバシャバ、でもチキンカツはかなりデカ目で食べ応えありました。これで600円は値打ちあり。




1泊2日北陸の旅(3)〜メガネとそば「亀蔵」(鯖江市)

DSCF6941
2日目は行ったことがない加賀市をうろつきたかったのですが、そっち方面に向かうとドカ雨に遭いそうだったのでとりあえず南下。石川県から福井県に戻って、今まで通過のみだったメガネの街・鯖江市へ。以前から来てみたかっためがねミュージアムに立ち寄りました。

DSCF6944
自慢にもなりませんが、僕は小学校5年の頃から眼鏡をかけています。必需品でもあり道具でもあり、いい格好言えばファッションアイテムでもあり。福井県内のメーカーが製造した3,000本以上のフレームを展示販売しているアンテナショップは誘惑の固まりで、ものすごく危険な場所でしたが、なんとか誘惑を振り切りました。いいなあと思ったのの値段を見たら13万円だったもんで(@@;) (これだけ飛び抜けて高かった)

DSCF6963
ミュージアム内の至る所にメガネモチーフが散りばめられていて、メガネ好きなら必ず楽しめます。誘惑多いけどおすすめ。



DSCF6924
お昼ご飯はそばを食べたいと思っていたので、検索した結果「亀蔵」へ。お店に着いたのは日曜の13時で順番待ちが何組かあり、たまたま2人席は空いていたのですぐに座れてラッキーでした。

2017-07-02 12.51.082017-07-02 12.51.31

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
メニューの一部。そばは福井県産を自家製粉した完全手打ちの十割。そば以外にもいかにも旨そうな酒のアテが各種揃っています。いい店。


2017-07-02 13.12.09
隣の席の人のを見て思わず注文してしまったかき揚げおろし(1480円)。すごいかき揚げマウンテンの中身は、小海老と貝柱。

DSCF6936
添えられた大根おろし入りのつゆをかけていただきます。卓上に花鰹があるのを食後に気づきましたが、個人的にはなくても一向に構いませんでした。そばはやや太め、十割らしくしっかりぼそぼそ。かき揚げはかき揚げで旨かったんだけど、次回来ることがあったらシンプルにおろしそば系2種で行ってみたいですね。


DSCF6929
妻は冷たいすだちそば(1080円)。柑橘系の酸味とすだちの香りが爽やかで、湿気の多い時期にぴったりな一杯でした。

予備知識なしに選んだ割りには大ヒット。アテで飲んで〆にそばってのが理想ですが、ここに車なしで来ることは難しいから泊まりじゃないと難しいでしょうかねえ。


{お店データ}
住所:福井県鯖江市東鯖江1-1-3 MM6ビル1F
電話:0778-42-8199
営業時間:11時~14時半、17時半~22時
定休日:火曜(祝日を除く)


高田屋京店に寄り道(神戸・新開地)

2017-01-23 20.29.14
ここんとこ、ややハードな仕事が続いていました。連日早起きしないといけなかったので、早めにうちに帰って少しでも睡眠時間を取るよう心がけてたんだけど、めっちゃ寒かったし食べたいモノがあったので、またかと言われるであろう高田屋京店に寄り道しました。


2017-01-23 20.30.59
まずはポテサラ(250円)をアテに、芋焼酎お湯割りで体を温めて。ここのポテサラ、好みだし量もたっぷりで安いので、ワンパターンやなあと思いつつしょっちゅう頼んでしまいます。


2017-01-23 20.37.57
この日食べたかったのは、カキのおでん(500円)。何度もこの店に来てるのに、これ食べたことなかったんです。ここのおでんはものによって味噌とかケチャップとかかかってくるんですが、僕は場合によっては「味噌なし」とかでオーダーすることもあるんです。でもこのおでん鍋の中であったまったカキと、白味噌ベースのタレは抜群のコンビネーション。カキの旨味をブーストしてくれる、是非モノの組み合わせやなあと思いました。ほんとなら日本酒飲りたいところなんだけど、糖質制限中でガマンしないといけなかったのが残念。


2017-01-23 20.52.52
カキおでん食べたい以外に、ハード気味なスケジュールだったからでしょうか、唐揚げ(450円)モードでもありました。パワーつけなあかんと思ったときに食べたくなるのは、僕の場合は唐揚げか餃子。親戚のおっちゃんは玉子焼きやって言ってたなあ。


2017-01-23 21.05.03
〆はおでんそば(150円)。黄そば(中華そば)半玉分をおでん鍋の中でしばらくシャバシャバってしたもので、最後は汁物でしめたい僕にはうってつけなんです。ワンパターンですんませんねえ。でも、この店にはこれからも何回も来ることになると思います。


どん兵衛 旨辛 鶏だし太そば


一言で言うなら、「どん兵衛シリーズの名作の一つ(だと思っている)「鴨だしそば」を出汁もつくねも鶏に替えて、スープを辛く、そばを太くしたもの」と言えばいいでしょうか。←乱暴
そばが太いってんで期待してたんだけど、それほどでもなくってかなり肩すかし。うどんほどとまでは言わんが、もっと大胆に太くして欲しかったですね。出汁はそんなに辛くはなく、あったかいそばと辛さで食後はさわやかに汗ばみます。鴨だしそばの出汁が甘くてダメという方にはいいかもです。


熊本ウマい旅(4)〜夜のラーメン「赤のれん」、朝のそば「ウエスト」

20160627熊本
Bar:Colonを出た後、小腹が空いていたのでマスターおすすめのラーメン屋「赤のれん」に行ってみることにしました。大きなアーケード街にあってこの外観、失礼ながら地元の方の推薦がなければフリの観光客としては入らなかったんじゃないでしょうかw


20160627熊本

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
メニューは各種ラーメンのバリエーションの他、餃子もあり。マスターの指示に従い、ベーシックなラーメン(650円)を2人揃ってオーダー。


20160627熊本
出てきていきなりこのルックスと香りに「お、ウマそう!」と思いました。トッピングはチャーシュー・海苔・煮卵・キクラゲ・ネギ、白濁した豚骨スープはにんにく入りで熊本らしくマー油(焦がしにんにく油)ちょろっと、麺は中太ストレート。飲んだ後だったので余計にかも知れませんが、これがウマかったんですね〜。
もともとトンコツラーメン好きでえげつないほど濃いのもオッケーなんですが、ここのはあっさり目。マー油とのマッチングを含め全体的にバランスが取れてるんでしょうか、ラーメン経験値大したことないけど、僕的にはここしばらくのうちでダントツに好みに合いました。ひょっとしたら今回の熊本旅行で一番だったかも知れません。

{お店データ}
住所:熊本市中央区新市街8-1
電話:096-322-9662
営業時間:11時〜27時
定休日:日曜


20160627熊本
一夜明けての朝ご飯は、年中無休・24時間営業の「ウエスト熊本下通店」へ。福岡市に本社がある飲食業ウエストの業態の一つで、そば以外にもうどん・焼肉・中華料理・カフェなど色々やってはるそうです。


20160627熊本
こちらの店ではそば以外に午前8時まで居酒屋メニューがあり、そんなわけで閉店時間が遅いBar:Colonのマスターもご愛用だとか。またそばの店では珍しく、3玉まで同一価格。


20160627熊本
店内はカウンター・テーブル・小上がりなど各種席あり。こちらのアングルでは居酒屋メニューばっかりなので、そば屋には見えないですけどね。


20160627熊本
えて吉さんは九州らしくごぼうかき揚げそば2玉のあったかいの。かき揚げでっかくてちょっとびっくりしました。


20160627熊本
僕は阿蘇産高菜使用のあったかい高菜そば(500円・2玉)。特別ウマいってもんではなかったけれど、飲んだ翌朝の温かいだしが喉に染みていい朝食でした。

この後ホテルに戻ってチェックアウト、この日からはレンタカーを借りて熊本県内の別の宿を目指します。