「麺類」カテゴリーアーカイブ

新規開拓しっぽくツアー(後)〜讃岐うどん巡礼2019-1

◎四軒目:梅木

DSC05338DSC05326
幸い好天に恵まれ、スイスイと四軒目。うどん巡りに来て悪天候だったって記憶があんまりないのは、たまたまでしょうか。

DSC05329

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

メニューを見ると醤油うどんが100円とほぼ製麺所価格、でも釜かけ・釜玉が500円というのは茹でたてだからということでしょうか。名物の肉うどんは800円とけっこうな値段ですが、かなりな迫力のようです。

DSC05333-2
博多のラーメン屋では当たり前でも、香川のうどん屋で替え玉は珍しいんじゃないでしょうか。単純にもの足らない時に追加するためなのか、あるいは看板の肉うどんの肉が多すぎた時用なのか。どっちにしても親切なシステムではあります。

DSC05331
サイドメニューも色々。この中で一番気になったのは、おはぎ(写真左・80円)。パック入りもあったので買って帰れば良かったなあと、今となってはちょっと後悔しています。
 

DSC05335
たまたま茹でたてのタイミングだったので、麺はビキビキでウマウマ。甘味控えめのだしに、昆布風味をやや強めに感じたのは気のせいか。鶏肉・大根・人参・うす揚げ・しめじ・小芋と具だくさんで、これで小400円はお値打ち。
なおテーブル上に一味・七味はなく、受取カウンターに種ごと挽いた粗挽き一味が置いてありますが、激辛なので要注意!

てなことで今回は4軒で終了。しっぽくだと具だくさんなので、これくらいが適量なんですよね。お気に入りのしっぽくもいいけれど、新規開拓もまたよし。松岡ロスに浸っとらんと前向きに行かんといけませんな!
 


新規開拓しっぽくツアー(前)〜讃岐うどん巡礼2019-1

この時期恒例のしっぽくツアーにWakkyさんご夫妻・えて吉さんと一緒に行って来ました。これまで何度も行っていますが、ほぼレギュラーであった「松岡」が昨年突如閉店してしまい、冬場のしっぽくのみならず年間通して大好きな店だったのに、本当に残念なことです。結局1年前に行ったのが最後になってしまいました。
で今回のしっぽくツアー、あの松岡がなくなったんなら、いっそのこと気分一新して新規の店を開拓してみようということになりました。原則的に冬の食べ物であるしっぽくうどんは、どの店でもやってるわけではないのでただでさえ店選びに苦労するのですが、新規ばかりとなるとコース作り担当・えて吉さんは相当大変だったようです。本当にご苦労様でした。
 

◎一軒目:上野製麺所

DSC05288
到着したのは開店時刻10時半の数分前。あたりの風景など写真を撮っていると、程なくお店の方が出てこられて暖簾を出されたので、さっそく入店しました。

DSC05294

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

メニューはさほど多くなく、意識的に絞ってる感じ。ちゃんとしっぽくがあって良かった良かった。

DSC05295
開店直後とはいえ、サイドメニューも準備万端。名物のでっかいチキンカツ(中段左)や舞茸天(左下)にそそられますが、今回はしっぽく縛りなので我慢せざるを得ません。

DSC05302
開店即飛び込みだったので、麺の出来上がりを待ちます。店内の雰囲気がなかなかいいですなあ。
 

IMG_9455
メニューには大きく一玉二玉と書いてありますが、よくよく見ると半玉・1.5玉の表示もあり、具だくさんでお腹が張り気味なしっぽく縛りツアーゆえ、ありがたく半玉(340円)を選ばせてもらいました。

IMG_9458
麺はやや太めでしっかり、だしは甘さ控えめでキレがあり、親鶏の旨味がしっかり感じられます。根菜の風味が豊かで、具は親鶏・大根・人参・椎茸・小芋・ごぼう・うす揚げなど。基本的な麺とだしが好みだったので、ここはしっぽく以外でも再訪したいです。(その時は天ぷらもぜひ)
 

◎二軒目:優作

DSC05308
優作といえば松田なんですが(←関係ない)、こちらにも開店時刻11時の少し前に到着。店名に併記してあるとおり、ここは卸し中心の宮西製麺所の麺が食べられるセルフのお店なんだそうです。屋根の上の釜オブジェがかわいい〜

IMG_9460
今や珍しくなった、食べたい玉数に合わせて自分でどんぶりを選ぶシステムが健在。特大4〜6玉って書いてあるけど、そんなにどんぶりに入るんやろか。

DSC05313
もちろんだしもセルフ。店主は4代目だそうで、さすが歴史を感じさせてくれます。

IMG_9462
ここでもサイドオーダーに惹かれます。アジフライ、ちくわ天、おいしそう〜

DSC05312-2
こちらもメニューはシンプル、かけ小130円はいくら製麺所由来とはいえ安ぅ〜 ネコがお好きなんですねえ。

DSC05311
そしてしっぽく小も、なんと255円と激安。一軒目と一転してだしは甘め、でもこれはこれでよし。大根ほか野菜がよく煮込まれていてここからの甘味がだしに溶け込んでいるんですね。麺の太さは標準的、表面から中心に向かうほどに噛み応えを感じる面白い食感でした。これを冷たいので食べたらどんな感じになるんかなあ。
 

◎三軒目:柏原

DSC05315
こちらのお店だけは全員初めてではなく二度目。でもしっぽくは食べたことがありません。変わった立地なので、ええ加減な僕もここの店構えはとても記憶に残っています。

DSC05316
店頭に本日のおすすめって書いてあるんだけど、どうみてもいつもこれみたいなんやけどなあ、それとも中身だけ入れ替えてはるんやろか。

DSC05318
こちらのお店はご主人一人でやってはります。メニューには書いてないけどしっぽくうどんを頼んだら、しばらく前にやめてしまったとのこと(+_+)

DSC05322
えて吉さんはえらく申し訳ないって言ってたけど、えて吉さんのせいじゃないし、ここは再訪したかったので全然問題なし。うどんの善し悪しに関係なく、こういう風情の店は今のうちに訪ねておかないとね。Wakkyさんご夫妻が注文したかやくそばをちょこっと味見させてもらったところ、確かにこの日はこれがおすすめだったかも知れません。どちらもこれで300円、なんかちょっと申し訳ない気分になってくるくらいの安さです。
 


弾丸日帰り博多旅(2)〜伝説のラーメン屋「博多元気一杯!!」

今回の弾丸日帰り旅、往復5550円のチケットを見つけて思い浮かんだことは、とにかく水炊きを食べに行こうというのが一番。これを昼ご飯にして、じゃあ夜は何にするかにめちゃ迷いました。海鮮・焼鳥・鉄板餃子・なんでもありそうな居酒屋・屋台・もつ鍋…検索していたら食べたいものだらけできりがない。結局出発前には決めることが出来ず、まあ昼を食べてからの腹具合と気分で決めりゃいいやとその間あちこち散策。頃合いの腹具合になって妻に提案してみたら同意を得ることができたので、鶏水炊きに続いてのこれは濃いなあと思いつつ。ラーメン(もちろんとんこつ!)を食べに行くことにしました。
 

IMG_9220
一番食べたかったのは薬院の八ちゃんラーメンなんだけど、営業開始21時なので無理だから事前に色々調べてみたところ、おいしそうだったしオモロそうだったのがこちら「博多元気一杯!!」。店名表示もなく暖簾もなく、知らなければ飲食店とはわからない店構えで、営業してるかどうかの目安は店頭に青いバケツが出てるかどうかだけという、まるで怪しい讃岐うどん屋みたいなラーメン屋です。
 

IMG_9223

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

かつては様々な伝説があったらしく、写真撮影・携帯操作・着信音が鳴る・子供連れ・地図を眺めながらの入店・店内を過度にキョロキョロ・メニューを聞く・大盛り注文・高菜を先に食べる・麺を先に食べる、以上すべて退場処分対象だったとか。(ホンマかいな)
参考サイト:
ushigyu.net・「元気一杯」写真撮影・携帯禁止、のれんも看板も無し、高菜や麺を先に食べたら退場のラーメン店。でもうまい。

IMG_9222
しかし時が流れ、今は上記のような厳しいルールがなくなったばかりでなく、「店内写真撮影OK」のサインが出るほどまでにソフトな方針に変わったらしいです。
参考サイト:
ushigyu.net・撮影OKになった伝説の店「元気一杯」究極の豚骨スープがここにある
お店に入って店内を見回して、事前情報になかったのが「高菜が消えました」の表示。世の中ではなくなったわけではないけれど、納得できるものが出せないからやめましたというのは、半端ないこだわりを感じせられます。
 

IMG_9226
バリエーションこそあれどメニューはほぼラーメンのみ。どんな頑固親父かと思いきや店主はまだお若くハンサム。もう一人若い衆との二人でお店を切り盛りされていて、かつての伝説が信じられないほど柔和で愛想のいい接客に、ちょっともの足らなさを感じるほどでしたw

IMG_9225-2
僕らが神戸から来たというと、入れ違いに店を出て行った若い女性4人組も神戸からでしたよ、とのこと。その子達と一緒に記念撮影をしていた店主、僕が写真を撮っているとわざわざカメラ目線をくれました。なんでこんなに変わったんやろなあ。
 

IMG_9230
さてネタ話はここまでで、本題のラーメン(ノーマル・700円)登場。話に聞いていたとおりスープの見た目はほぼコーンポタージュで、トッピングはネギ・キクラゲ・沈んで半分隠れているチャーシュー。見るからに濃そうなスープながらケモノ臭はほとんどなく、あの匂いに弱い人でも食べやすそうです。

IMG_9233
麺は当然細めのストレート、カタメンでお願いしておきました。まずスープをすすってみて、思わずあ゛ぁ〜と低く声が出てしまいました。めっちゃクリーミーでめっちゃ濃厚でめっちゃ豚骨。かといって、繰り返しますが臭みはほぼなし。めっちゃ乱暴に表現するなら、天一のこってりを少し味付け薄めにして臭みを抑えた感じでしょうか。
卓上の調味料は一味のみで、最後のほうに少しだけ振りかけてみましたが、個人的にはスープをそのまま味わったほうがいいので不要。出来ることなら替え玉したかったけど、お昼がたっぷりだったので断念、その替わりスープは飲み干しました。

かつてしょっちゅう博多に来ていた頃に行っていた八ちゃんラーメンのワイルドさに慣れているので(といっても長い間ご無沙汰だけど)、それに比べればまだ大人しい。恐らく妻は八ちゃんのは臭くて濃くて無理だろうから、そういう意味ではバリバリ豚骨のこちらのラーメンを食べられて良かったです。
やっぱり博多のラーメンはおいしいし面白い。もっといろんな店に行ってみたいものです。
 
参考サイト:
ラーメンだけでなく、今回の博多への旅に関して下記サイトがとても参考になりました。博多に行かれる際はぜひご一読をお勧めします。
ushigyu.net・福岡市民の私がガチで選んだ、福岡・博多グルメのおすすめ店まとめ
 

{お店データ}
住所:福岡市博多区下呉服町4-31
電話:非公開
営業時間:11時~22時[土日祝]~20時
定休日:不定休
 


シンガポール旅行の写真をたんたんとアゲるよ(6)〜ホーカーでバッチョンミー

年を越してしまいおととしの旅行記になってしまいましたが、くじけずに続けます。
 

sig1213
今回の宿のHOTEL BOSSの近くにミシュランで星をとった麺屋があるということで、朝ご飯として食べに行くことにしました。

sig1214
グーグルマップの案内に従ってホテルから歩くこと10分ちょっと。ほんまにこんなとこにあるんかいなと思わざるを得ない公団住宅の1階に、目指す店が入っているホーカーがありました。

sig1223
繁華街ではないのでいかにもローカルなのんびりムード。

sig1224
目指す店以外にも営業していましたが、この時間帯はあまり利用している人を見かけませんでした。

sig1217-2
こちらが目的のヒルストリート・タイホア・ポークヌードル(Hill Street Tai Hwa Pork Noodle)。なんてことない外観ですが、看板左端にミシュランマークが。

sig1219
お昼時はかなり混むとのことで9時半開店を目指してやって来たのですが、どうも注文方法がよくわからないし、まだ注文を受け付けている風でもない。妻が店頭で番号札を見つけてきたので、とりあえず待つことにしました。

sig1220
僕らと同じく観光客らしき人達はやはりどうしたらいいのかわからない様子でした。

sig1221
そのうち番号で呼ばれるんとちゃうかとのんびり構えていたら、なにやら徐々に行列が出来はじめました。番号札があるのになんで行列?「1番から○番まで並んで」みたいなコールがあったんか?

sig1225
とりあえず並んでみたものの、どんなルールで並んでいるのか全く不明w

sig1235
並んでいるうちにお互いの番号札を見せ合いっこして、なんとなく順番どおりになって、窓口まで到達したらそこでオーダーするシステムのようだということが徐々に判明してきました。

sig1236-2
改めて写真を見返してみたら窓口に注文の仕方が書いてありましたが、レンゲやお箸で隠れて見えないし、どうやら番号札の件は書いてないみたいだし。

sig1241
調理場の中は合計3人ほどで、サッカーの長友選手似のこの方がメインでほぼ一人で作ってはる感じです。

sig1242
26番目でしたが、大量に持ち帰る人がチラホラいたりして、店に着いてからありつくまでなんと2時間もかかってしまいました。麺の量は6・8・10SGドルの三段階、麺は細麺平麺を選べます。

sig1246
こちらは平麺のドライタイプで、スープは別添え。具は肉団子・レバー・豚ひき肉・豚スライス・ワンタンなど色々で、黒酢が効いたタレがおいしいです。タレがより絡むのでこれは平麺が正解ですね。

sig1247
スープタイプも平麺。ドライの別添えのスープが使われており、これがあっさりしていて朝食として汁物欲しい欲を満たしてくれました。

結果的に2時間もかかってしまったけれど、急いでもなかったし、ホーカーの雰囲気やワケ分からん注文の仕方も面白かったし、ホテルが近くでなければ行けてない場所だけに行って良かったと思いました。
 
[参考リンク]
TRIPPING!〜世界初!ミシュラン1つ星屋台でシンガポールのローカルフードを食べよう
アジアトラベルノート〜シンガポールでミシュラン1つ星を獲得したバクチョーミーを食べてきました
 
以降、いつになるかわかりませんが、「シンガポール旅行の写真をたんたんとアゲるよ(7)」に続きます。
 


丸亀製麺で満福かに玉あんかけうどん

IMG_8879
けっこう高いなあと思っていたのに、スマホアプリの50円引きクーポンに釣られてやって来ましたさんプラザ地下の丸亀製麺。お昼時だとめちゃ混むだろうから14時前に行ったら、並ばずサクッとありつけました。
 

IMG_8881
注文して丼に入ったうどんのみを受け取り、レジの手前でアンをドバッとかけてくれるという流れで、これがディフォルトにおろし生姜だけを載せた状態。仕上げのかに味噌ダレはイマイチ目だたないものの、三つ葉の緑が効いてて見た目も麗しいです。
 

IMG_8885
まずはそのままでいただいてみました。ここんところ濃厚なカニ風味に慣れ親しんでいるのでw、正直なところカニカニ度はそれほど感じず。でもなんちゅうか料理としてちゃんとおいしいです。食べ進むうちにジアスターゼが効いてきてトロみが弱まるので、出来れば早めにズズッといきたいところ。途中からネギや天かすを足して変化させて楽しんでみましたが、理想としては三つ葉・生姜多めがベストかなと思いました。50円引きでも並690円は丸亀製麺としてはかなり高めなので、個人的にはとりあえず一度食べたら充分かなあ。