「麺類」カテゴリーアーカイブ

青春18きっぷで日帰り岐阜一人旅(2)〜思い出の味を求めてあちこち

IMG_8569
洋食おかだを出て、まずはすぐ近くの「道の駅パレットピアおおの」へバスの時刻を確認しに行きました。

IMG_8570
おお、ラッキー!30分ほど道の駅でウロウロしてたらちょうどバスがあるじゃないですか!これなら予定してなかった某所に行ってみよ〜🎶
…ところが、あとで気付いたのですが、この写真の上にあるように、このバスはJR岐阜駅行き。来るときは大垣駅から来たのと、土地勘無いのでまさかここから岐阜駅行きのバスがあるとは思ってなかったので、全く気付いていませんでした。まあ結果的には却って都合良かったんですけど(^◇^;)

IMG_8576
そんな事とは知らず、道の駅をウロウロ。

IMG_8577
飲食コーナーもあるし、お土産や物産コーナーも充実していて、かなり見応えありました。

時刻が来たのでバスに乗り、なんかおかしいなあと思いつつ、なんとホームに上がってから岐阜にいるという事態に気づくという体たらく。大垣・岐阜から東に移動するつもりだったし、青春18きっぷだからどうとでもなるという意識だったからこそのすごい勘違いでした。(ははは)
 

IMG_8592
で、やってきたのは僕も初めての鵜沼駅。岐阜駅から東へ6つ目のこの駅に来た目的は…
 

IMG_8584
駅から10分ほど歩いたところにある大正11年創業の和菓子屋さん・艸花庵(そうかあん) 養老軒。なんでこんなとこ知ってるかというと、以前は名古屋にあって、かつて名古屋にしょっちゅう出張してた時のお馴染みの店なんです。平成26年に突如店を閉め残念に思っていたら、翌年場所と一部店名を変えて復活したってことまでは知ってました。

IMG_8588

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

場所はわかってても余りにも遠く行きにくい。でもいつか機会があればとずっと思っていました。お店に入って、ここの一押しの手作りういろにやっとご対面。僕にとってのういろのスタンダードは神戸の長田神社のういろやのなんだけど、ここのはそれに次ぐ大好物なんです。
 

IMG_8669
挽き茶のういろを一本おみやげに買って帰って、帰宅してからいただきました。何年ぶりかなあ、ういろやのよりはややしっかりしてて、でも舌触りはあくまでむっちりスムースで甘さ控えめ。記憶の中で膨らんでいるのではないかと思いましたが、やっぱりここのういろはおいしい。いつの日かまたこれを食べられる日が来るんだろうか…
 

IMG_8615
艸花庵養老軒に寄った後、30分以上時間待ちをして鵜沼駅から帰路に。ぼちぼち晩ご飯時が近づいてきたので途中京都駅で下車し、前から行ってみたかった「京都拉麺小路」に寄ってみることにしました。

IMG_8595
単純に拉麺小路に寄ってみたかったこともあるし、ここには十数年前に一度だけ北海道で食べた「白樺山荘」が入ってるのを知ってたんです。

IMG_8607
本店と同じく食べ放題のゆで卵を割り入れた味噌ラーメンは、予想していたとおりまあこんなもんかなという感じ。味の記憶が膨らんでいたのではなく、チェーン化が理由だと思いたいですなあ。いつか札幌の本店にまた行ってみたいもんです。

というわけで、東へ西へ、予想以上に充実した一日となりました。青春18きっぷはやっぱり面白いです!
 


龍上海 赤湯からみそラーメン

IMG_8498
セブンイレブン限定の辛味噌を加えて食べる味噌ラーメン。龍上海の店の味と全然違うとか、以前の丼タイプの時のほうがおいしかったとか、ネット上の評価を見るとけっこう辛口みたいですね。でもお店のラーメンを食べたことがない僕にとっては比較のしようもなく、辛味が加わったハッキリ濃いめの味噌味に太めの麺がよく合ってて、これはこれでけっこう好みでした。レベル低いんかなあ、僕って。
 


晩秋の長野旅行(3)〜小ネタ集

IMG_8253
今回の宿は「あずまの湯」。銭湯屋さんが宿もやってるというちょっと変わったところで、銭湯へと繋がっている廊下突き当たりの扉を開けたら、いきなり脱衣所だったのには驚きました。15時から22時までしか入浴できないのがちょっと残念、でも部屋はめっちゃ広かったし駐車料金込みで一人一泊4000円ポッキリはありがたかったです。 
 

IMG_8279
宿をチェックアウトしてから善光寺へ。予報に反してとてもいい天気でまだ人出も少なく、清々しい気分でお参りできました。
 

IMG_8286
長野に来たら朝ご飯は当然駅そばでしょう。長野駅はすごくモダンだったので立食いはないかと一瞬思いましたが、長野駅の駅ビルMIDORIで無事ナカジマ会館を発見。

IMG_8291
なめことしめじがたっぷり入ったきのこそばは430円。具も麺も上出来、七味も善光寺前に本店がある八幡屋礒五郎のが置いてあって、長野度高かったです。
 

IMG_8296
朝食の後お土産探しでMIDORI内をぶらぶらしていたら、なかなか良さげなバーがあるじゃないですか。

IMG_8295IMG_8293
えて吉さんには申し訳無かったんだけど、軽井沢高原ビールの生を一杯イってしまいました。
 

IMG_8297
おやきの店が色々並んでたので、一個だけいただきました。後で調べたら隣の店が珍しい揚げタイプのおやきだったので、そっちにすりゃ良かったとちょっと後悔しています。
 

IMG_8312
長野駅を出発して南下、帰路の途中にえて吉さんが以前行って良かったという道の駅・長野市大岡特産センターへ立ち寄り。

IMG_8300
ここでの目的はおやき。チェーン店ではなくこの場所で生地も具も作って焼いています。お土産に6個買って自宅で冷凍中。これで食べたくなったらいつでも食べられます。

IMG_8392
これは中身がおから。居酒屋のアテみたいなのがたっぷり入ってて、とてもおいしかったです。おやきが好きなんだけど、関西ではなかなか手に入らないんですよね。ちゃんと知られたら売れると思うんだけどなあ。
 

IMG_8310
ここではおやきを買うだけのつもりだったんだけど、隣のそば屋がえらく繁盛してるし変わったメニューがあったもんで。朝ごはんに続いてここでも食べることにしました。

IMG_8309
おしぼりそば(680円)一人前を二人で半分こ。そばつゆではなく大根の絞り汁に味噌を溶き入れたもので食べるんです。大根の辛味が効いてておろしそばみたいな感じでさっぱり美味しかったし、何よりそばが良くって量もたっぷりで半分ずつにして正解でした。
こうみえて実はそば好きなもんで、1泊2日の旅行でいろんなタイプなのを3度も食べられて嬉しかったです。
 

IMG_8332
自宅に戻ってお土産を並べてみたら、わさび漬けは冷蔵庫に入れていたので仲間はずれでしたが、こんなに買ってましたw 帰ってからも当分信州気分を味わえる、ほんとに中身の濃い旅でした。毎度ながらえて吉さんに感謝します。
 


晩秋の長野旅行(1)〜「時香忘」

えて吉さんと1泊2日で長野まで行って来ました。主な目的は僕が数年前から行ってみたかったレストランに行くことだったんですが、それについてはまた後ほど。
 

IMG_8251
長野に入る前に中津川に立ち寄り、「すや」で栗きんとんなど買って北上。昼ご飯に以前えて吉さんが行ったそば屋に行こうと思ったら定休日だったので、検索の結果ちょっとルートから外れていたけれど「時香忘」というお店に行くことにしました。
 

IMG_8195
ネット上での人気も高く、店名からしていかにも意識高い系だろうなあと思っていたら、駐車場からのアプローチでいきなりなおっさん2人にはやや敷居が高いオサレ感。

IMG_8200
ドン突きを右に曲がってさらに左に曲がると…

IMG_8245
やっとお店の入口が現れます。ここまで歩く間に気分をチェンジしてもらおうという意図なんでしょうか。
 

IMG_8243
店内に入るとさらなるオサレ感。木を多用し外光を取り入れアーチ状のテーブルなど、至る所にこだわりを感じます。もう15年以上営業されているそうですが、オーナーは独学で種を蒔き石臼まで開発されたそうで、どういう方なんだろうととても興味を感じました。
 

IMG_8218

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

ちょっと見にくいですが、この日の蕎麦は4種類。このページの上の夜明け蕎麦と

IMG_8217
このページの極粗挽き寒ざらし熟成もり・おろし・イカスミ蕎麦。この他メニューにはたくさんの記述があり、ただならぬこだわりが感じられます。
 

IMG_8222
注文後、わさびと鮫皮おろしが出てきて、セルフでシュカシュカおろします。結局二人でこのわさび一本を使い切りました。
 

IMG_8227
まず夜明け蕎麦(1500円)登場。1日限定10食程度、しかも毎日あるとは限らないそうで、予想よりボリュームたっぷり、見たことがない白黒ツートンの蕎麦のルックスにちょっと驚き。

IMG_8238
黒は田舎・白は更科で、これを水だけでこねて小麦粉を使わずわずかに山菜の葉脈をつなぎに使って作ってるんだとか。どんな風にしたっらこんな蕎麦が打てるのか想像も出来ませんが、大変手間がかかっているのだけは容易にわかります。つゆは濃いめできりっとしてて、蕎麦は力強くそして自然な甘味を感じました。蕎麦経験値が低いのでちゃんと表現できませんが、とてもおいしく感じました。(←子供かよ)
 

IMG_8241
車を運転してくれているえて吉さんには申し訳なかったんだけど、蕎麦がおいしかったのでたまらず日本酒を注文してしまいました。銘柄は地元の中乗さん、量はたっぷり・酒器が凝ってて・お手製のタラの芽入り味噌がついて500円は良心的。
 

IMG_8235
二品目の蕎麦は、こちらのお店の基本であろう極粗挽き寒ざらし熟成もりを大盛りで(1500円)。もともと量が多めなので大盛りにするとかなりなボリューム、二人で二品を分け合って充分過ぎるほどの量でした。こちらもわずかな葉脈をつなぎとして使用するだけの、ほぼ100%極粗挽き蕎麦粉製。コシが強く野性味があって、なんちゅうか「蕎麦の実喰ってる感」を強く感じるとても魅力的な蕎麦でした。(変な表現ですみません)

最後の仕上げの蕎麦湯もすごく粘度が高く、湯というかほぼポタージュ、これもまた「蕎麦を飲んでる感」満載で満足度高し。一見高めな値段設定に思えても、トータルで見て実はすごくお値打ちなんだなあ、思いつきだったけど来てみて良かったなあと感じました。旅の出だしが当たりで気分上々。

{お店データ}
住所:長野県木曽郡木曽町新開芝原8990
電話:0264-27-6428
営業時間:[平日] 11時〜15時 [土日祝] 10時半〜17時
いずれも無くなり次第終了
※直近2ヶ月分の定休日が食べログに掲載されています。
 


日清リッチカップヌードル贅沢濃厚うにクリーム


11月19日に日清リッチカップヌードル贅沢濃厚うにクリームが発売されたと知り、何はともあれとりあえず買ってみました。さてどれほどのウニ風味なんだろか。
 


蓋の上の贅沢仕上げペーストをはがし、蓋をあけるとこんなの。柿の種みたいなのが「ほぼウニ」で、ちょっとお麩のような感じでもあります。
スープはクリーミーで、かすかなウニ感。一方ほぼウニは口に含むとそこそこのウニ風味があって、これはまずまず健闘してるなあという感じ。アクセントつけるために具として食べるべきなんでしょうが、いっそのこと潰してスープに混ぜ込んでみてもいいんやないかと思いました。
リピートするかと問われれば、値段もアレだし積極的にはないかなあ。おいしかったんですけどね。