「居酒屋・立ち呑み」カテゴリーアーカイブ

かす汁でクールダウン

写真 2015-02-04 20 32 27
一年で一番大変な仕事を控え、珍しく?真面目に仕事に励んでます。考えまくった後には、クールダウンは必須。久しぶりの大好きな店で頭の中を空っぽにして、また明日もうひと頑張り。


ミュンヘンでから揚げちう(神戸・三宮)

image
貴重な休日を、ミュンヘン大使館でのんびり過ごしました。ランチタイムのピークを過ぎたお昼と夕方の間の中途半端な時間を、名物唐揚げ食べながらビール飲んで過ごすのは至福。…なんだけど、一人で食べるにはここの唐揚げ多すぎるなあっていつも思うんですよ。小サイズとかあればええねんけどなあ。


三木半でふぐコース(京都・裏寺町)

20150103三木半
去年のお正月にたまたま見つけて気に入った「三木半」。その時のてっさがうまかったので、そのうちふぐコースを食べたいと思っていたんですが、たまたま安くていいホテルが取れたもんで、妻と京都在住の友人との3人で1月3日に食べに行って来ました。

20150103三木半
こちらのお店、定休月曜の他は元旦と大晦日のみ休業、四条河原町からすぐの立地にもかかわらずお正月料金なし・予約可能。その上、国産とらふぐ使用のコースが1人前からでも注文可能の@5500円!同行の友人は初三木半なので、ふぐコースを2人前取ってあとはその他メニューをちょこちょこ行くことにしました。

20150103三木半
まず湯引きは2人前を3つに分けて出してくれました。コリコリ噛んでるとじんわり染み出す旨味。京都は61年ぶりの大雪、燗酒が余計に合うように感じられます。

20150103三木半
続いててっさはこれで1人前。去年たまたまこれを単品で頼んだ時に期待を裏切る?おいしさだったことが思い出されます。ネギを巻いてポン酢をちょっとつけて。いいですねえ、薄造りって好きなんですよ。

20150103三木半
唐揚げは2人前一気にドーンと盛られてきました。写真ではわかりにくいですが、けっこうなボリュームがあって3人で分けても足りないなんてことは全然なし。あつあつにガブッとかぶりついて骨をしゃぶって。鶏の唐揚げもおいしいけれど、脂は少なくてしつこくないのに旨味が濃いふぐもやっぱりうまいっす。

20150103三木半
そしていよいよてっちり登場。皮・てっさ・唐揚げは初回に食べていますが、てっちりは初めて。ここから先はワタクシが鍋奉行を買って出たのと、話しがはずんだのと、酔いが回ってきたのとで、完成品の写真はなし。ふぐ料理ってどれもおいしんですがやっぱりてっちりは王道ですねえ。(と月並みな文章ですんません)

20150103三木半
てっちりを食べ終わったら鍋は一旦下げられ、お楽しみの雑炊はお店で作って出してくれます。3人でコース2人前にしましたが、食べ足らなかった感はなく軽めの満腹感、この内容で5500円(しかも今回はお正月)はものすご〜く満足度が高かったです。1年前に来た時以来ずーっとふぐコース食べたいと思ってきましたが、予想通りアタリの大正解でした。

20150103三木半
ここはふぐ屋だったっけなような気がしますが、あくまで居酒屋。他のメニューもどれにしようか迷ってしまうほど魅力的なのが一杯なんです。コース2人前で控えめにしておいたので、まだ少し余裕あり。さあどれをイきましょうかねえ。

20150103三木半 20150103三木半

20150103三木半 20150103三木半

(エントリ内の写真はクリックで大きくなります)

コースを食べ終わってからではなく、実際にはその合間で注文していきました。左上・お造り盛り合わせはこれで1000円のお得品。右上・カキフライ(750円)は昨年にも注文してるんですが、やっぱりこの季節、メニューにあると外せませんねえ。左下は、以前食べた笹鰈がおいしかったもんで、今回も鰈塩焼(500円)。右上は、魅力的な揚げ物が揃う中から選んだ海老の柿の種揚げ(650円)。
単品料理もやっぱりどれもおいしい。きっちり作られていて量もたっぷり値段もリーズナブル、ここしばらく京都に来たらここばっかり来てるくらいお気に入りになってしまってます。ふぐコースが予想通りいいことが判明したので、冬場はますます外せない店になってしまったなあ。

{お店データ}
住所:京都市中京区新京極四条上ル中ノ町574 電話:075-255-3358
営業時間:16時半〜23時 定休日:月曜・1月1日・12月31日


一富士にてあれこれ(大阪・天満)

20141221一富士

<カキ・海老パン>

こないだ久しぶりにやってきたと思ったら、またもやぷるみえさんが関西にやってきた(笑)ので、*あきこ*さん・えて吉さんともども少しの時間ながら大阪で飲むことになりました。時間的にどうなるかわからなかったので、店選びは先発のえて吉さんに任せてたところ、8年前にぷるみえさんと3人で行った天満の一富士にいるとの連絡あり。僕も大好きな店なんで、喜んで駆けつけました。

20141221一富士

<きす・うに小餅>

こちらの店は串カツではなく串焼きがメイン。衣がないので軽いし、一見普通に見えても実際は色々仕込みがこっててすごくおいしいんです。本来は鉄板前でその技を拝見しながら、色んなネタが出来上がるのを見るのが楽しいんですが、今回は4人なので2階のテーブル席。鉄板前で4人横並びだと話しにくし、これはこれでよし。

20141221一富士

<再びカキ・蓮根>

ここでの僕のパターンは、最初適当に10種類ほどおまかせで出してもらって、その後好みで追加します。好き嫌いがないし、何を食べてもおいしいから面倒じゃなくって都合がいいんです。定番メニュー以外に季節ごとのネタがあって、鉄板前だと他のお客さんのオーダー見てるとそれが何かわかるんですが、今回は2階だったので店員さんに尋ねました。上の写真の「カキ」は季節ネタの一つ。いい感じに水分が飛んで旨味が凝縮されたカキに、ここのタレが絡んでいてすこぶるウマし。

20141221一富士

<黒毛A5和牛(だったと思う)>

串に刺してないのもあります。これもメニューにないネタ。以前食べた、春先の、擦り潰したエンドウ豆をホイルで包んで軽く固めて焼いたのもおいしかったなあ。

20141221一富士
串焼き以外にも、お好み焼き・焼きそば・焼き飯なんかもあります。壁にメニューが貼ってあった、城川自然牧場のベーコンステーキは、肉厚で食べ応えあり。えて吉さんはベーコンはあまり好きじゃないそうですが、これはうまかったって言ってました。

20141221一富士

こういう何気ないシンプルに見えるネタも、じんわり奥が深い。玉ネギ焼いただけなのにこんなにおいしいのは、ネタと技術の成せる技でしょうね。

20141221一富士何度か来たことがある僕もこんなメニューがあるとは気づいてなかった「とんこ焼き」で〆。何だろうと思ったら、分厚い豚肉を焼いたのを玉子でくるむ「とんぺい焼き」に小麦粉を重ねてボリュームアップしたものでした。肉厚目・キャベツ抜きのお好み焼きとでも言えば分かりやすいでしょうか。

時間遅めだったので皆さんそれ程食べてないし、バラバラ集合だったので1人あたりの金額はようわかりませんが、今までの経験からすれば満足度の割りにはかなり安いはずです。この店で久しぶりに(でもないか)ぷるみえさんと飲み食いできて嬉しかったと同時に、今度はまた鉄板前で食べてみたいぞ欲がむくむくわき上がってきています。

{お店データ}(天四店)
住所:大阪市北区天神橋4-4-11 電話:06-6351-9641
営業時間:11時半~15時、17時~23時(日・祝は22時まで)
定休日:第一日曜

※南森町の天二店にも何度か行ったことがあるけど、福島店が出来てるとは知らなんだ。


立ち呑み・匿名希望(大阪・難波)

20141217ナニワ
こばやしさんとこでみかけて気になって仕方がなかった立ち呑みに行って来ました。かなり狭くてぎゅうぎゅう詰めでも恐らく10人程度しか入れないので、知れ渡り過ぎるのを防ぐため食べログにも載らないようにされています。よって、このブログでも店に関する文字情報はなしでいくことにします。まあ今のこのブログのヒット数なら大した影響力はないんですがw

20141217ナニワ
まず飲み物は「濃いハイボール」を頼んでみました。ジョッキでドーンと出てきて、明らかに濃い。隣のお客さんは別途オーダーしたソーダをチェイサーにして飲んではりました。これなんと250円。

20141217ナニワ
アテは、なにはともあれ噂の「三種以上盛り」を。手前お造りは鮪・カンパチ・鯛かなんかの焼霜で、既にこれで三種。真ん中はすじ肉煮込み、奥はえびと小魚の唐揚げ+ポテサラで、この計7種がなに考えとんねん!な300円。揚げ物はちゃんと揚げたてだし、それぞれきちんとおいしいし、やはり話に聞いていたとおり凄まじいコストパフォーマンス、立ち呑みだから安いという理屈をはるかに超えてしまっています。

20141217ナニワ
三種以上盛りとハイボールだけでもけっこう満足感あるんですが、せっかくなので日本酒にチェンジしてカキフライ350円。いい感じのぽってりサイズがカラッと揚がっていて、当然の如くうまいです。

20141217ナニワ
続いて、店内メニュー見た時から気になっていた「白キスとすり身のふた身あげ」350円。手前は蓮根にすり身詰め、奥はすり身と身を合わせたしんじょみたいのだったっけな(酔っぱらってたのと隣のお客さん達と話していたのでよく憶えてない)。品のいいキスの味を活かしたシンプルな仕上がり、何もつけずにそのままでハイレベルなおいしさ。うーん、やっぱりこりゃすごいや。

20141217ナニワ
自分の目の前の小皿にあらかじめお金を入れておく、キャッオンデリバリーシステム。「開店5時以降」となっていますが、仕込みが間に合わないと遅れることもあるそうです。ちょっと調べてもらえば場所はすぐわかるはずですが、意外とわかりやすい場所にあります。すごく狭いので大人数は無理、1人か2人で行って周りのオーダーの様子を伺いながら色々飲み食べしてみて下さい。