「居酒屋・立ち呑み」カテゴリーアーカイブ

娘とサシで「さけやしろ」(神戸・三宮)

IMG_6363
娘と二人で飲もうとなって、希望を聞いたらまだ行ったことがない「さけやしろ」がいいと。で、予約なしで行ったら結構混み合っていて、カウンター席を案内してくれました。

IMG_6361

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

メニューをみたら、ラッキーなことにこの日は日本酒半額デーでした。普段は日本酒を控えてる僕もこの店に来たのなら解禁するつもりだったので、渡りに船。
 

IMG_6369
アテはまずお造り3種盛り(1600円)からで、伝助穴子・さわら・イカ。どこかしら春を感じさせる盛り付けが美しいです。
 

sake1
僕の父も妻の父も日本酒が好きだった血筋を受け継いだのか、娘も日本酒が一番好き。せっかくの半額デーなので、普段は飲めないようなやや高めのをいっとこうかということで、にいだしぜんしゅ 生しぼり/仙介 純米大吟醸原酒袋吊り斗瓶囲い

sake2
美人蔵部 純米大吟醸 島美人/磯自慢 特別純米山田錦58と、ガンガンいきます。
しかし昨今の日本酒はバリエーションがいっぱいあって、とてもじゃないけど覚えきれませんな。
 

ate
料理は左上・山菜天ぷら盛合せ(780円)/右上・和風だし水餃子(680円)
左下・ポテトサラダ(420円)/右下・からすみチャーハン(880円)
どれもおいしいし、盛付けきれいだし、日本酒によく合います。
 

IMG_6373
この日飲んだ日本酒のうちで一番気に入ったのが、百黙 純米大吟醸 無濾過原酒。家に帰って調べて知ったんですが、百黙って菊正宗の別ブランドなんですね。菊正宗とは全然違った方向性で華やか甘めなんだけど、本来僕は辛口好きなのにすごくおいしく感じました。通販はなく兵庫県内でしか売ってないそうなので、そのうち入手したいと思っています。

娘とサシでこんなに飲んだのは初めてかもしれません。たまたま隣のお客さんも楽しい方で、いい時間を過ごさせて貰いました。ちなみにこの数日後に、娘は会社の同僚とまたこの店に行ったそうです…
 

「いち」で10連発(神戸・JR兵庫駅南側)

IMG_3908
Wakkyさんお願いしていたブツを引き取らせてもらうために、「どこかで会いましょう」というということになりました。「それならぜひ「立呑み厨房いち」に行ってみたい」とのご要望があり、お安い御用とばかりにWakky&ish夫妻計4人で行ってきました。
コロナショック真っ最中にも関わらず三連休前ということもあるのか店内満員で、しばらく外で待ちました。当然多い少ないの波はあるんでしょうが、相変わらずの繁盛でちょっと安心しました。
 

いち1

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

お二人は初めてなので、当初は僕がお勧めをチョイスし、程なくご希望に沿ってというスタイルで注文することにしました。4人いたら色々食べられるので、僕らとしても嬉しい。
順に海老サクサク衣揚げ(320円)・激辛四川麻婆豆腐(320円)・ネギ炒飯(290円)・油淋鶏(330円)・ひね鷄胸一枚網焼き(420円)・台湾ミンチ中華オムレツ(390円)。
Wakkyさんご夫妻とはうどん巡りで何度もご一緒してるので、ある程度好みはわかってたつもりだったんだけど、奥さんが海老嫌いやとは知らんかった(・・; まあその分は(辛いもの好きなので)麻婆豆腐で取り返してもらったと思っておこう。
 

いち2
まだまだ食べます。和風ツナポテトサラダマカロニ(280円)・とろとろ卵焼チーズあんかけ(390円)・辛辛ガーリック中華焼そば(320円)、ここまでで結構お腹いっぱいだったけど、トドメに僕の愛する名作・台湾ミンチと焦がしラー油の油そば黄身のっけ(390円)でシメ。

妻と二人だとついついお気に入りの中から選んでしまうところ、他の人と一緒だと普段選ばないようなものを頼んでくれるので新鮮でした。Wakkyさんご夫妻はあんまり飲まないはずなのに、この日は3杯ずつほど飲まれていてびっくり。妻に、僕の飲み食いのペースが速すぎるからやっ!って、後でちょっと叱られてしまいましたがw、だっておいしかったし楽しかったんやもん。

大好きな店なので都合つくならいつでもオッケー、Wakkyさんご夫妻、また一緒に行きましょう!(うどん巡りもまたね)
 

応援します高田屋京店(神戸・新開地)

IMG_6196
いろんなところでコロナウイルスの影響が出ていますが、歴史ある名店・高田屋京店が営業時間を短縮していると聞きつけ、昨日妻と行ってきました。
 

IMG_6199
一体どないなってるんやろうとビビりながら扉を開けたら、17時前にも関わらず8割がたの入りで、ぱっと見はいつも通りで一安心。茶碗蒸しを注文したらもう冬メニューのいくつかは消えていて、筍と蕗の炊き合わせ(400円)などの春を感じるメニューに入れ替わっていました。色々あっても季節は着実に巡ってるんやなあと、妙に納得してしまいました。
 

高田屋京店
大女将を始めお店の皆さんの顔ぶれもほぼいつも通り、通常より月〜木曜を1時間短縮しただけだからそりゃそうか。でもたまたまこの時がいつも通りだっただけかもしれず、とにかくしんどい状態なのは間違いないでしょう。
 

IMG_6206
この日はプライベートな課題を片付けたこともあって、プチご苦労さん会的気分でもありました。瓶ビールで始めて、その後芋ロックにチェンジ。せっかくなので、普段は控えてる日本酒にしても良かったんやけどなあ。
 

IMG_6215
ここに来ると、限られた範囲のメニューの中からおんなじようなものばかり選んでいますが、お気に入りな店だからこそ。それでも飽きないから、何度でも来られるんです。

IMG_6195
多くの常連さんと同様、僕にとっても大事な店のうちの一つ。微力ながらこれからも応援し続けます!
 

昨夜 金時食堂で(神戸・元町)


このところのコロナウイルス騒ぎで誰もがしんどい思いをしてますが、飲食店にも大きな影響が出始めています。自分にできる限り個人商店を利用するようにしているのですが、その一環として昨夜は「金時食堂」に行ってきました。
 


どうなってるだろうと恐る恐る店に入ってみたら、拍子抜けするほどほぼいつもどおり。金曜の夜としてはまだ余裕があるほうなのかもしれませんが、9割近くの埋まり具合で、二階からは宴会やってる風の声も聞こえていたし、おかずコーナーもそのままでした。
 


何らかの影響はきっとあるのでしょうが、とにかく元気で営業してて何より。いつもの炊き合わせとかす汁、瓶ビールと芋焼酎ロックで1650円はありがたや。食堂として、居酒屋として、どうぞこのまま変わりませんように、可能な限り応援し続けます。
 


金時食堂の前に三宮のほうの赤萬に行ったら、店外に10人ほど待ち列ができていました。時間がなかったので見送りましたが、入れなくても繁盛してるのを確認できただけでも良かったです。でも油断禁物。

しんどい状況はまだ当分続くでしょうけど、お店も僕らもなんとか持ち堪えていきたいものです。
 

禁煙立吞み ゼファー食堂(神戸・JR神戸駅 海側)

IMG_6065
昨年8月にオープンした禁煙立吞み ゼファー食堂、そのうち行こうと思っていたら半年以上も間が空いてしまいました。2号線東川崎の交差点にあって、車で走っていても赤地にパンダの暖簾がよく目に入ります。
 

IMG_6081

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

禁煙以外にもいくつかルールがあることは事前に知っていました。特に厳しいわけではなくごくごく常識的なマナーばかりで、強いて珍しいものと言えば、トイレでは座って用を足すことが義務付けられていることくらいでしょうか。まあこの方が清潔ですもんね。
 

IMG_6074
入り口入ってすぐのショーケースの中のものは自己申告制のセルフサービスで、お箸やおしぼりなど必要なものを自席へ持っていく合理的なシステム。手間をかけずコストを抑える工夫がみられます。
 

IMG_6068IMG_6072
12席とコンパクトながら、食べ物メニューは豊富。趣味の釣り関係ルートを生かして仕入れたものや、スパイスカレー、韓国料理、かと思えば駄菓子アレンジものがあったりとジャンルが広いです。
 

IMG_6071IMG_6073
ドリンクも色々ありますが、特に力を入れておられるのはホット・アイスともある各種お茶割り。レギューラー10種類以外に日替わりお茶割りもあり、過去のお茶割りリストを見ると、ようこれだけ色々と(いい意味で)遊べるもんやなあと思いました。
 

ゼファー亭
最初のアテ、ショーケースの中から選んだ玉子サラダ(ロールパン付)は写真撮り忘れ。飲み物はまず始めに以前から飲んでみたかった「茶筅で点てた緑茶割り」をば。注文してから一杯ずつ作ってくれる凝りようで、お茶の風味がリッチです。もう一杯のお茶割りは桂花茶割り、こちらもすいすい飲めてしまうのでアブナイ。途中からお腹が膨らんできたので、江井ヶ島ホワイトオークゴールドのロックにチェンジしました。
 

IMG_6076
アテ2品目は、お揚げさん一枚のちりめん山椒チーズ焼。揚げがパリパリ香ばしくておいしい、アイデア料理。これ家でもやってみよ。
 

IMG_6080
店主のゼファーさんはブロガーとしても有名です。10年程前に一度某所での飲み会で同席してるはずなんですが、ぶっちゃけ顔も覚えておらずどうしたもんかと思っていたんですが、ゼファーさんのほうは同席したことがあったことさえ覚えておられず、ああよかったと妙に安心してしまいましたw
 

IMG_6082
もう一つのアテは、こちらに伺ったらぜひ食べてみたいと以前から思っていた鹹豆漿(シェントウジャン)。これ、台湾に行った時に何度か食べたことがあって、すごく好きなんです。中華風の揚げパン・油条と一緒に食べるのが定番なんですが、ゼファー亭では合理的にアレンジしてバゲットをお供に。載っかってるラー油はもちろん、干し海老がいい仕事してるなあと思いました。台湾で食べるのとはちょっと違うけど、鹹豆漿を食べられるところがなかなかないので、食べたくなったらまた来ようっと。
 

ゼファーさんとはほぼ初対面でしたが、楽しい時間を過ごさせていただきました。けっこう飲んだはずなのにリーズナブルだったしおいしかったし、ここからだったら歩いて帰れるし、また寄らせてもらいます。

{お店データ}
住所:神戸市中央区相生町5-1-15 エムビル 1F
電話:080-6753-8062
営業時間:16時~23時
定休日:日曜・祝日