「居酒屋・立ち呑み」カテゴリーアーカイブ

京都でハシゴ・その1〜もみじ(四条木屋町)

20170510京都もみじ
ご無沙汰している同級生に会いがてら、京都で昼間っからハシゴしてきました。いつもと同じ店ばかりでは面白くないので事前に調べた結果、ヒットしたのが「もみじ」。12時開店・四条木屋町北側すぐと便利な立地・リーズナブルでメニュー豊富。なんぼ立ち飲みでもこんなにいい場所でなんでこんな価格でやっていけるのかと半信半疑でしたが、ネット上の感想も良さげだったので、ここからスタートしてみることにしました。


20170510京都もみじ
入店したのは13時半ごろ、さすがに平日の真っ昼間なので先客パラパラ。ぱっと見では特に魚介類が充実してそうな様子です。

20170510京都もみじ

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
20170510京都もみじ
スタンダードなアテにもちょっとひねりが加えられていて、これはどんなんだろうと興味が沸いてきます。


20170510京都もみじ
まずは春キャベツとほうれん草の白和え(180円)、胡麻がきいてて野菜たっぷり、リーズナブルでおいしい。白和えとか卯の花とか好きなんです。

20170510京都もみじ
腹減りモードの友人は、アテよりメシ。まずは海鮮太巻(ハーフ600円?)をがっついておりました。

20170510京都もみじ
アテモードの僕は、加茂茄子揚げだし(230円)を。特にひねりは無いけれど、手がかかっていていいですなあ。

20170510京都もみじ
続いてもずくとじゅんさいの酢の物(260円)。海のものと沼のものとの組み合わせ、どちらもつるっとしててこれも好物。いいですわ、この店。

20170510京都もみじ
まだ食べ足りない友人は、手巻き寿司3種をオーダー。巻き寿司は一本120円〜200円・種類豊富で、この日の19時からは1000円で2時間手巻き寿司巻放題イベントが予定されていました。

20170510京都もみじ
写真を撮ってなかった串もの・揚げ物・一品メニューから、友人オーダーの焼鳥6種。一本120円〜150円でボリュームあり。

20170510京都もみじ
ポテサラ(280円)もぬかりなし。ややクリーミータイプでした。

20170510京都もみじ
相変わらず友人はメニューを指差し「ここからここまで」と焼きとん5種。こちらも一本150円ほどでボリュームありました。(しかし良く喰う奴だ)

おいしい・安い・立地がいい・メニュー豊富・昼から夜まで通し営業。これで流行らないわけがありません。評判通りのいいお店、京都での定番が一軒増えました。

{お店データ}
住所:京都市中京区鍋屋町225
電話:075-241-6256
営業時間:12時~23時
定休日:不定休


◎2軒目
2017-05-10 15.18.57
それなりに食べて飲んで満足したので周囲を散策、ここまで立ちっぱなしだったので一休みということで、おっさん2人鍵善良房くずきり。2人とも甘辛両刀だからこその選択です。さすが平日でもよう流行ってはるにもかかわらず、急かされてる感がなくゆったり談笑できるのがさすが老舗。くずきりちゅるん、黒蜜まったりでおいしいよ。



えて吉さんと京橋でハシゴ(大阪・京橋)

えて吉さんと和歌山まで洋食を食べに行った後、車を置いてから京橋に飲みに出かけました。以下備忘録としてあげておきます。

◎一軒目:岡室酒店
2017-05-09 16.34.12
だいぶ前にこばやしさんと来たことがあるので、2回目。京橋に来ること自体あんまりないのでよく憶えています。

2017-05-09 17.20.29

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
定番メニュー、安い。セットものはさらにお得です。

2017-05-09 16.37.27
筑前煮とスパゲティサラダで、まずはビール、続いて酎ハイ。

2017-05-09 16.45.32
この串焼き盛り合わせが300円とはすごい。

2017-05-09 16.54.25
続いてこのおでん盛り合わせ300円もすごい。やっぱり大阪にはかないまへんなあと思わざるを得ません。


◎二軒目:たちのみねこ
2017-05-09 18.10.25
昨年3月にオープン、比較的新しいお店でえて吉さんが少し前から気になってたとか。店主が猫好きなのでその手のグッズは店内にありますが、猫がいるわけではありませんでした。

2017-05-09 17.26.02
ここも安い。銘柄にこだわらなければドリンクは180円、食べ物は最高でも鶏唐揚げの300円。こんな値段だったらそりゃ会社帰りに寄りますわなあ。

2017-05-09 17.27.15
個人的定点観測メニューのポテサラは200円。

2017-05-09 17.30.01
極旨ホルモン煮(280円)はその名の通りかなり旨かったです。

2017-05-09 17.44.52
カレー(250円)はバゲットつき。安くてもちゃんとそつなく心配りきいてて、好感が持てました。


◎三軒目:六華(りっか)
2017-05-09 20.23.19
こちらはさらに新しく、昨年11月にオープンとのこと。暖簾くぐったら和装のおかみさんがいて、後で伺ったところによるとカウンター内にいる料理長?の母上だとか。

2017-05-09 18.57.45
これまでの2軒に比べれば高いかも知れんが、こっちのほうがフツーじゃないかと。

2017-05-09 18.58.38
燻製チーズ豆腐(250円)はわさびと岩塩添え。けっこう凝った料理を用意してくれているなあという第一印象。

2017-05-09 19.03.25
焼き湯葉巻そぼろあんかけ(200円)は、こちらの定番メニューな様子。息子さん、ちゃんとしてきてはるなあって感じ。

2017-05-09 19.13.12
牛すじトマト煮(150円)、蕗と筍の塩きんぴら(350円)もそれぞれきちんとおいしい。この店なかなかやるなって印象でした。時間をおいて是非また来てみたいです。

常々思ってることですが、やはり大阪は幅も広いし奥行きも深い。定番から創作メニューまで安いのは当たり前で、如何においしいものを出すかの競争レベルが段違い。他にも気になる店だらけの京橋で、つくづくそう感じました。


「土佐清水ワールド 幡多バル」を様子見に(神戸・三宮)

2017-05-07 20.37.25
神戸の三宮・元町を中心に個性様々なお店を出店しているワールドワングループが、3月30日にオープンした「土佐清水ワールド 幡多バル」をちょっくら様子見にいってきました。幡多は高知県西南地域の名称で、有名なところでは四万十町がここに含まれます。

2017-05-07 21.36.35
「土佐清水ワールド」とつく店は三宮地区にすでに3店舗あり、いずれも和風テイスト。鰹のたたきが豪快にうまくて僕もちょくちょく利用させてもらってますが、今回は幡多「バル」ってくらいなので洋風に振ってるのが違い、内装もいかにもな感じです。

2017-05-07 21.16.59
従来土佐清水ワールドにあった鰹のたたき等の和風メニューに加え、カルパッチョ・アヒージョ・ブロチェッタ・フリートスなど、スペイン風メニューが多数揃っています。

2017-05-07 21.17.24
ランチもある上、僕みたいなものにはありがたい通し営業で昼飲みもOK。和風にも洋風にも使える幅の広さが便利そう。


2017-05-07 20.45.05

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
この日は2軒目で軽く偵察なので、飲み物はプレミアムモルツのテイストセット(980円)を試してみました。あんまりビールにこだわりないので、まあどれもおいしいかなあと。

2017-05-07 20.59.06
タパス3種盛りはワールドワン会員特典クーポンで無料、これだけでそこそこ飲める藁焼き鰹のサルビコン刻み野菜のサラダ仕立て・キビナゴのエスカベッチェ・鰹のポテサラ。ちなみにレギュラーメニューでは9種盛りってのが1280円。手始めに9種盛りでスタートするのもいいし、一人飲みでこれのみで完結もいけそう。

2017-05-07 21.21.17
ビールがなくなったので、なんとなくサングリア(赤)をカラフェMサイズ(890円)で頼んでみました。赤のみでなく白もあり、グラスなら480円。カラフェLなら1580円。

2017-05-07 21.42.22
一人でガンガン飲むつもりもなかったので、お店が押しているスペイン炊き込みご飯 四万十鶏&宗田節仕立て(880円)を〆にいただきました。鶏と魚とトマトの旨味をお米が吸い込んでいて、はずしようがない料理との見込み通り、やっぱりなあなおいしさ。2軒目締めとしてはボリュームありすぎでしたが、きっちり完食しました。

高知の素材でスパニッシュという新しい試みが面白い。僕みたいなオッサンでもギリギリ一人飲みオッケーそうだし(←自分でそう思ってるだけかも知らんが)、場所的にも大丸の北側と便利なところにあるので、これからちょくちょく寄せてもらうことになりそうです。


{お店データ}
住所:神戸市中央区三ノ宮町3-2-2
電話:078-392-1034
営業時間:11時半~24時
定休日:無


何食べてもおいしい「うるおす」(神戸・JR兵庫駅北側)

2017-04-02 18.32.45
この日は娘と二人でどこか和食を食べに行こうということになり、娘から「うるおす」はどうかとの提案。僕もしばらくご無沙汰で行きたいと思っていたので、速攻で予約を取りました。常連さんも多いからちゃんと席を確保しておかないとね。


2017-04-02 18.35.04

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
相変わらずミチミチに書き込まれた日替わりメニュー。毎日毎日これだけの仕込みしてこれだけ手書きのメニュー書いて、ほんとに大したもんだと思います。


2017-04-02 18.37.42
なにはともあれ五種盛り(800円)というか実際には、ちりめんおろし/玉子焼き/空豆/長芋短冊/煮たけのこ/桜海老釜揚げの六種盛り。いいですなあ、春ですなあ。


2017-04-02 19.04.51
六種盛りでゆったり助走をつけた後は、娘チョイスのつぶ貝バター(700円)。つぶ貝・しめじ・舞茸・クルトンなどをガーリック風味ののバター味でいため、お供にはバゲットが添えてあります。これ、予想していた以上においしく、この日の一番だったかも。


2017-04-02 19.05.09
続いて、味噌漬け好きの僕チョイスで、さわら味噌漬け焼(650円)。ボリュームしっかり、漬かり具合もちょうど。飲み物は最初ハートランドでスタート、このあたりから2人揃って日本酒にチェンジし、春鹿おに斬・春鹿超辛等をいただきました。


2017-04-02 19.18.40
箸休め的に選んだ詰め物ちょい盛り(300円)も、どれもきっちりおいしいです。


2017-04-02 19.48.39
揚げ物は野菜天ぷら盛り(850円)。種類豊富・ボリュームたっぷり・当然カラッと揚がってて2人で分けても満足度高し。ここは何食べてもおいしいんだけど、やはり天ぷら類は外せません。


2017-04-02 20.02.46
そろそろ〆、そのまえに「ばくだん」(650円)。まぐろ・たこ・納豆・たくわん・温泉玉子が入ってて、これをグワーッと混ぜていただきます。毎回思うんだけど、たくわんがいいアクセントになってるんですよね。


2017-04-02 20.19.41
そして〆はここではそばしかありえません。ちょっと肌寒かったので、かもなんば(950円)を頼んだら、予め2つに分けてくれました。あいかわらずそばも出汁もうまくて、これだけでも食べに来たいレベル。こんなのでしめられる居酒屋ってそうそうないと思います。

相変わらず、何食べてもおいしくて大満足。自宅近くのこんなお店があって、本当に恵まれてるなあと思います。


姉兄と「いち」(神戸・JR兵庫駅南側)

姉兄とヤボ用の後、立呑厨房「いち」に行くことになりました。兄は何度目か、姉は初めて、っちゅうか立ち飲み(喰い)の店自体が初体験。以前から行ってみたかったらしく、ボディガード二人付きでちょうど良かったようです。


いち1
とりあえずメニュー選びは僕の担当。まずはおつまみパクチーサラダ(290円)・蒸し鶏よだれソース(320円)・本格中華のエビマヨ(320円)・汁なし水餃子四川ダレ(290円)。個人的にはここで水餃子は多分初めて。手作りの皮なんでしょう、とてももっちりしていました。


2017-03-27 18.17.36
ひね鶏もも一枚ジャンキースパイシー焼(590円)はボリュームたっぷり、ひね鶏ならではの噛みごたえ・旨味あり。以前食べた「豚ナンコツ塩ペッパー網焼き」もとても良かったので、焼き物は今後特に注目しないといかんなあと思いました。


2017-03-27 18.21.39
姉兄は大丈夫かなと思いつつ、ノーマルのほうじゃなくって激辛四川麻婆豆腐(320円)を選んでみたら、割と平気な顔で食べてました。いい年してるのに達者やなあ。


2017-03-27 18.31.26
以前食べておいしかった焦がしラー油 台湾ミンチあえそばをリピートしたかったんだけど、食べたことないのにトライということで、四川香味揚げネギがけ中華焼そば(380円)にしました。ちょっと塩味強めながら、揚げネギが香ばしくこれもよし。毎度ながら思うに、立ち飲みでこんな料理がこんな値段でよく出てくるもんやなあと。


2017-03-27 18.47.18
兄がオーダーしたガーリックねぎマヨおつまみピザ(300円)のドゥは、春巻きの皮の応用じゃないでしょうか。パリッとクリスピーで軽めで、まさにおつまみ感覚でした。


いち2
ラストスパートは、中華鍋で作るふわふわ玉子焼(290円)・姉オーダーのなすびとオクラのサクサク衣揚げ(290円)・エビとトロトロ玉子のチリソース(320円)・中華味茎わかめ(190円)。茎わかめが不思議に好評でした。


2017-03-27 19.14.36
そして〆は隠れメニューの炒飯(値段不明)で、全部で13品。一皿のボリュームが少なめなので、人数揃うとかなりな品数がこなせます。もちろん少なめなだけじゃなくって、3人ともよく食べるからなんだけどw
一人あたりドリンク2〜3杯ずつ飲んで、3人分総計6000円強。相変わらず何食べてもおいしくて、初めての姉も気に入ってくれたようです。また友だちとも行ってみてね。