「居酒屋・立ち呑み」カテゴリーアーカイブ

高田屋京店で弛緩する(神戸・新開地)

IMG_9572
一年で一番めんどくさい仕事が昨日やっと終わりました。何度やっても難しいですが、何とかこなせてまた来年へのカウントダウンが始まります。
このめんどくさい仕事に備えるべく、前週には久しぶりの高田屋京店に昼間っから行って、のんべんだらりと過ごしてきました。
 

IMG_9571
ちょっと寒い日だったので麦のお湯割りに、とりあえずのおでんのスジ(220円)を味噌かけなしで。
 

IMG_9576
串カツと迷った結果、選んだカキフライが大正解。ソースがついてきたけれどとりあえずレモンとちょこっと塩だけで食べてみたら、これで充分なおいしさ。粒が大きく質も良くて、これで500円はすごく値打ちものでした。やはり今年のカキは出来がいいんですかねえ。(ちなみに翌日妻と二人で来て、またこれ食べました)
 

IMG_9581IMG_9583
麦のロックにチェンジして、今シーズンここでは多分初めての粕汁(小300円)を。小でこんなにデカかったっけ。大根・人参・うす揚げ・鮭のアラが入って、深みのある出しがさすがっす。
 

IMG_9585
〆は個人的定番のおでんそば(150円)で。今日はちょっと出しが甘めに感じたので、七味を多めに振りかけていただきました。

ここのお店の皆さんは昼と夜との二チームに分かれていますが、メンバー構成がほとんど変わりません。一番上の写真のメニューイラストに描かれている女将さんが夜チームで目を光らせるほか、ひょっとしたらこの方は娘さん?ひょっとしてお孫さん?それとも単なるパートのおばちゃん?などと、どうでもいいことを想像しながら過ごすのも居心地がいいんです。いつ来てもリラックスできるなあ、ここは。
 


めんどくさい仕事の前に

IMG_9734
今日から始まる一年で一番めんどくさい仕事の前に、昨夜は超久しぶりに大好きな串かつ屋に行ってきました。第一ラウンドは、個人的にはここでのお決まりのじゃがいも・玉ねぎ(いずれも100円)・牛(120円)。じゃがいもは塩で、キャベツが甘い。いずれもお見事、あいかわらずすごいコストパフォーマンスやなあ。
 

IMG_9736
第二ラウンドは、じゃがいもリピートのほか、若鶏(120円)・かき(200円)・半熟玉子(150円)。いずれも良かったんだけど、かき(上の写真の一番左)がものすごいサイズでびっくりしました。200円でこんなん出てくるとは。
とはいえ、昨夜の一番はダントツでじゃがいもでした。ほんとにうまい。

これでパワー注入完了、めんどくさい仕事に臨みます!
(週明けまでブログ更新出来ないと思います)
 


一ヶ月空けずに「さのや」(大阪・大正)

IMG_9547
前回は2ヶ月振り、今回は1ヶ月空けることなく「さのや」」に行ってきました。金曜日の18時半頃に行って入りは6割程度で、お気に入りのお惣菜前ポジションをゲット出来ました。その後続々とお客さんが入ってきたので。ラッキー。
 

IMG_9545
いつものように飲み物はバリキングでスタート、その後は龍乃幹トヨノカゼ(いずれも麦焼酎)へと移行。最近外ではなんとなく麦率が上がってます。
アテはほうれん草白和え(140円)とヨコワ(380円)。たまにメニューに書き忘れがあって、お惣菜コーナー後ろあたりのホワイトボードに書いてあります。このヨコワはそこに書いてあったもので、適度に活かってて旨かったっす。
 

IMG_9551
続いて、100%鯛のすり身の竹輪炙り(200円)。もうちょっと甘味控えめのほうがいいけれど、きめ細かく上品な味わいで、さすが鯛。これを天ぷらにしてかけうどんに載せたらどうかな、もったいないかな。
 

IMG_9552
揚げ物にオススメメニューのイワシ梅肉挟み揚げを頼んだら、200円なのにえらく大層なものが出てきてちょっとびっくり。昨今値上がりしているのに、そこそこサイズなイワシに一手間かけて中骨唐揚げまでしてくれて、これは値打ちものでした。
 

IMG_9559
最後に肉類は、お惣菜コーナに並んでる(最初の写真の左下)時から気になってしかたがなかった、豚肩ロース味噌漬け(350円)。存在感あってパワフルで、トヨノカゼのロックにぴったりでした。やっぱりこの手の料理はちょっとご飯が欲しくなりますね。

ようわからんが最近は木曜定休になったかも。今度行った時に確認しておきます。
 


今年初めての「さのや」(大阪・大正)

IMG_9357
年が明けて初めて「さのや」に行ってきました。去年の11月以来なんだけど、その間は神戸でちょい飲み手帖活動やってたからか、随分と久しぶりなような気がします。
 

IMG_9342
この日は早めの時間だったのでまだそれほど混み合っておらず、ゆったり過ごすことが出来ました。何はともあれバリキング(330円)にスパサラ(120円)でメニュー検討。
 

IMG_9343
一番好みの場所である、惣菜が並べてある前の場所を取れました。視覚的にどんなものがあるかわかりやすい反面、どれも食べたくなって迷うというマイナス面もありますw
 

IMG_9346

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

ドリンクメニューがちゃんとパウチされたものになってました。バリキングを半分程度飲んだところで、以前のんだ麦焼酎トヨノカゼをロックでお願いし、バリキングはチェイサーにしました。
 

IMG_9348
目の前にあったお惣菜から、セロリと豚の炒め物(280円)。あっさり塩胡椒味でスタートに良し。子供の頃はセロリってよう食べんかったのに、今は生でも炒めても好物になったんだから不思議なもんですね。
 

IMG_9351
ここのお造りはおいしいんだけど、今回は敢えて外すことにしました。で、串ものは大好きなつくね(180円)と国産豚バラ串焼き柚子胡椒添え(200円)を選択。どちらも塩でシンプルに焼いただけなので素材のタチがモロに出てしまうけど、全然大丈夫。つくねはいつも通り、今回は豚バラが特にうまく感じたなあ。
 

IMG_9352
お惣菜からもう一つ、今度はわかごぼうの炊いたん(200円)。一人だとそんなにたくさん注文できないので、こういうちょっとしたものがあれば色々楽しめて助かります。
 

IMG_9353
トヨノカゼもお替わりしていたし、最後の一品は揚げ物でと思っていました。タラ白子天ぷら・キス天ぷら・海老とアボカドの落とし揚げに競り勝ったのは、満願寺海老詰め天ぷら(350円)。塩をちょこっとだけつけて、海老のすり身のほのかな甘さと満願寺のほろ辛さ(そんな言葉があるのか知らんけど)の組み合わせを楽しみます。いつもながらこの価格にもかかわらず、ようできた一品でした。

年の割りにはよく食べるほうだと自認していますが、ここまでで気持ちよく満腹状態。食べたいものはまだまだあったけど、一人だとこの程度が限界です。やはりここではカウンターで飲み食いしたいので、3人くらいで来るのがもっと色々食べられてベストじゃないかと思います。
 


リクエストにお応えして金時食堂へ(神戸・元町)

IMG_9082
「まだ行ったことない」と妻からリクエストがあり、元町の金時食堂へ。この日は日曜だったのでひょっとしたら定休日やないかと思って行く前に調べてみたら、祝日以外は営業とのこと。昼から通しで夜まで飲めるし、使い勝手のいい店ですなあ。
 

IMG_9065
ここの揚げ物をこれまでトンカツイカフライ・チキンカツといただいてきたけど、野菜もたっぷりでどれもはずれなし。今回は妻チョイスでカキフライ(4個550円)、これもコロモサックリ・カキの火の通り加減もばっちりで上出来でした。
 

IMG_9067
これも妻チョイスの砂ずり(360円)。店に入ったのが16時頃までだったので、サービスタイムが適用され(18時まで)瓶ビール大瓶が570円のところ450円でした。
 

IMG_9069
最後にもう一品ということで、前から気になっていたオムレツ(550円)をば。これも野菜たっぷりです。

IMG_9071
中にミンチ肉とかネギとかが混ざってるタイプで、ふわとろ。ここのだし巻きとかネギ入りだし巻きを洋食寄りにした感じで、昔母が時々作っていた「味付けミンチを巻き込んだタイプ」を思い出しました。ドミグラスソースとの相性も良く、これもいいなあ。
 

様々なお客さんがいて明るい店内の様子を見て、妻は「これなら一人でも全然抵抗なく来れるわ」とのこと。既に一人デビューを済ませているうちの娘に続き、妻の一人デビューもそう遠くないようです。