「居酒屋・立ち呑み」カテゴリーアーカイブ

青春18きっぷで1泊2日但馬の旅(オマケ)〜姫路で「楽歳」

DSC02682
一番の目的がかにだったもんで、その後は特になんのプランも無く帰路へ。でも姫路まで帰り着く頃にはちょっと小腹が空いてきて、せっかくなのでサクッと飲んで帰ろうということになりました。照明を受けて輝く姫路城の手前には、間もなく閉店してしまうヤマトヤシキのネオンサインが。そんなに親しんだわけでもないけど、なんだか寂しいです。
 

DSC02698
駅からお城へと続く大手前通りから2本東側の通り(おみぞ筋っていうんだそうですね)がなんとなく好きなもんで、あたりをぶらついたあげく初めての「楽歳(がっさい)」というお店に入ることにしました。あとで調べたら駅の南側の店は20年以上前からあり、こちらの駅北店はできてから4年ほどだそうです。

DSC02685DSC02686

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

お客さんの年齢層はやや若め、食べ物飲み物ともメニュー多くお手軽価格。お酒類は姫路の地酒とか、僕の好きな兼八なんかもありました。
 

DSC02687
かにをたらふく食べた後だったもんで、あっさりしたものが欲しくてきゅうり漬け(300円)。どってことないんだけど妙においしくていい予感。

DSC02688
ちょっとベタですが、続いて姫路おでん盛り(600円)。生姜醤油でいただくのが姫路スタイル。
この程度でサクッと切りあげるつもりだったんですが、妻も僕もなんでか調子づいてしまい、もうちょっと飲んで食べていこうかと。

DSC02692
かつて博多に良く行っていた頃の味が懐かしくなって、トンコツ焼きそば(550円)。思っていたのとはちょっと違っていましたが、これはこれでよし。妻も気に入ってました。

DSC02695
カリカリ蓮根サラダ(600円)は、パリパリに揚げられたレンコンがカリカリベーコンを連想させてオツな味わい。

DSC02697
ここんとこご無沙汰だった明石焼(500円)は専門店並のふわとろ・大玉で、〆に選んで大正解。

なかなか良心的でいいお店でした。姫路には滅多に来ないんだけど、手近にあったらちょくちょく利用するでしょうね。

{お店データ}
住所:姫路市駅前町294
電話:079-288-8890
営業時間:
[月~金] 12時~24時
[土・日] 16時~24時
年中無休


突発的に丸萬・地下のほう(神戸・新開地)

2017-12-14 18.58.35
この日は仕事がサクッと片付き予定より早めの電車に乗れて、今日は真っ直ぐうちに帰ろうと思っていたら、アクシデントで鉄道ダイヤが乱れて電車の接続が悪く、最寄り駅の手前で長く待たされるハメにになってしまいました。ここまで来て待つのがアホらしくなったので、あきらめて途中下車、久々に「丸萬・地下のほう」へダイブ。
 

2017-12-14 19.14.20
焼鳥気分ながらなんかむしゃくしゃしてガッツリ喰いたくなったので、前回同様に鶏の手羽身(530円)の塩と、僕にしては珍しく麦焼酎のお湯割り(340円)。写真の出来が悪いですがボリュームたっぷりだし骨を手で持ってガツガツいけるので、ちょっとイライラが解消しました。(←割りと単純)

 
2017-12-14 19.29.59
ガッツリ飲む気はなかったので、麦お湯割りをお代わりしてニラ玉(350円)でゆっくり飲って、これにてお勘定。日本酒を我慢してエラかったと自分をほめてやりました。サクッと使うこともできて重宝するお店です。
店を出て、寒い中、自宅まで歩いて帰りました。お湯割がいい感じに効いて道中ほかほか。気分良く帰れたからヨシとしましょう。
 


なんちゅう角打ち!「北浦酒店」(大阪・天六)

カキフライがどうの仙鳳趾がどうのとツイートしていたら、こばやしさんからこんなリプライがありました。カキフライはもちろんのこと、リンク先の画像も超魅力的。

 
2017-11-14 14.15.12
こういうことには反応が早い。その1週間後に早速えて吉さんと天六駅からほど近い「北浦酒店」に馳せ参じました。地下鉄の地上出口から数分とはいえ、大通りから路地に入ったところにあるしこんな外見なので、知ってる人でないとここで飲めるなんて全くわからないでしょう。
 

2017-11-14 14.19.17

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

店内に入ると、女将さんがいらっしゃってカウンター席テーブル席とも椅子あり。表示されたメニュー以外にも、冷蔵庫には各種アテがあったり乾き物があったり訊かないとわからないメニューがあったりと、常連さんでないとようわからん仕様。いいなあ、ここの常連になりたいなあ。

 
2017-11-14 14.18.02
手始めに、冷蔵庫からポテサラを持ってきて、女将さんにおでんの大根と厚揚げをお願いしました。

2017-11-14 14.41.00
で、一見なんちゅうことないんだけど、なんだかこのおでんが無性においしい(ポテサラも)ので豆腐とすじを追加。

 
2017-11-14 14.32.52
ビールから日本酒にスイッチしたら珍しくスルメが食べたくなったので、メニューには書いてなかったけど女将さんが「これはちょっとええやつなんやで」と炙って出してくれたのが、これまたやたらおいしい。どうやらスルメイカではなく剣先イカのスルメだったようで、恥ずかしながらこんなにおいしいと思ったスルメは初めてでした。

 
2017-11-14 14.24.282017-11-14 14.53.49
白菜のぬか漬けを頼んだら、なんだか懐かしい味。気に入って胡瓜の古漬けを追加したら、これまたいい。ここまでどれもまったく珍しくないフツーのアテが、全て何故だかおいしいって、なんかすごいじゃないですか。

店に入った時は女将さんだけでしたが、程なくして料理担当の息子さんが仕入から帰ってこられたので、いよいよ目的のものを注文。予め写真では見ていたけれど…
 
 
 
beef cutlet
現物が目の前に出てきてびっくり、なんちゅう肉質とボリューム!(是非写真をクリックしてみて下さい) こんなもんが角打ちで出てくるとはどないなっとうねん。ここまで厚くてレアなビフカツは洋食屋でもなかなかお目にかかれません。見かけ倒しでなくちょっとサクッと感があって噛み心地がある肉質で、ジューシーかつ肉々しい。ソースはいろんな調味料のミックスだと思われますが、これで充分。たぶんこれで1400円なんですから驚異的です。
 

2017-11-14 15.26.13
そして、問題の超贅沢な仙鳳趾のカキフライ。メニューには書いていませんでしたが、訊いてみたら作ってくれました。写真ではボリュームがわからないんだけど、全部で3個のうち1個が半分にカットされています。1個が10cm弱ありましたかねえ。
大きさもすごいんだけど、もっとすごいのはその中身。生でも半端なくクリーミーなカキなのに、熱で活性化しているのでさらにトロトロかつ旨味アップ。こばやしさんいわく「フグの白子フライにイメージ近いかも」とのことでしたが、それも然り。僕的には「カキのスフレ」って感じでしょうか。なんかすごいもん食べたって感じです…(これで800円?聞き間違い?)

個々の値段は不明ながら、二人でほぼ満腹になるまで食べて飲んで合計6800円。角打ちにしては高いように思えても、内容的にはどれもハズレなしの「なんかおかしいんとちゃうか」と思うほどのレベルなので、満足度はめちゃ高いです。世の中にはこんな店があるんですなあ、とこばやしさんに大感謝。今度は4人くらいでもっと色々食べてみたいものです。

{お店データ}
住所:大阪市北区本庄東1-12-18
電話:06-6371-1876
営業時間:[月〜土]9時〜22時[日祝]10時〜18時
 


馴染みの店にて

2017-11-22 18.48.09
それ程穴場でもないんだけど、なんとなくブログネタにはしたくない馴染みの店で、久しぶりに一人飲み。ここのこの場所が落ち着くんです。まずは赤星におから(380円)。
 

2017-11-22 18.56.21
カキフライが食べたかったんだけど、ノーマル(800円)頼んだら他のものが入らなくなるので、お願いして(小)サイズにしてもらいました。こういうわがままを聞いてくれるお店なんです。けっこう粒が大きくてかりっとおいしい、ポテサラもたっぷりでうれしい。
 

2017-11-22 19.15.13
途中から芋焼酎のロックに替えて、お目当てのかす汁(400円)。ここの、好きなんです。この日はコロ(の切れっ端)が多めなような気がして、いつもにも増してうまかった。寒いのは嫌だけど、おいしいかす汁は楽しみ。

一人で飲めるようになって10年にもならないけど、どうでもいい付き合いで飲むよりはよっぽど気楽で自由でいいですなあ。アテも酒もうまい、久しぶりに大将やその他のお店の方々にも会えて嬉しかったです。

 


毎度ながらの三木半(京都・裏寺町)

2017-10-28 19.59.46
先月末、むっちゃ安い宿が取れたので(土曜泊・二人で7600円!)、妻と二人で京都で一泊してきました。ワンパターンやなあとは思いつつ、夕食は三木半へ。まあ二人とも大好きなんだからいいんじゃないでしょうか。
 

2017-10-28 20.04.40
ぼちぼち寒さが厳しくなってきたので、ふぐが食べたいですなあ。ここのふぐコース、すごくいいんです。
 

2017-10-28 20.03.44
まずは大好きなポテサラ(350円)をアテにしながらメニュー検討。ついつい以前食べたのと同じものを注文しそうになるので、記憶をたどりつつできるだけ食べたことないものを選ぼうと努力しました。

 
2017-10-28 20.06.07
とはいいつつ、ここではお造り盛り合わせはほぼ必須。今回はいつもにも増してすごくて、これが1000円とは…

2017-10-28 20.06.232017-10-28 20.06.32
ヨコワ・ハモ・ヒラメに生ウニ載せ・サーモン・ふぐ皮。盛りつけもカラフルで綺麗です。もちろん見た目だけじゃなくてどれもおいしい〜

 

2017-10-28 20.24.46
京の揚げ出し3種を頼みかけたけれど前回注文していたので、豚角トロロかけ揚げ出し(650円)をば。トロトロの豚角煮を揚げ出しにするとは凝ってます。

 
2017-10-28 20.32.01
次も揚げ物で特製大根の天ぷら(450円)。大根をそのまま揚げてるんじゃなくて、厚めに切ってだしで煮て味を含ませてから天ぷらにしています。天つゆ等は不要、好みでカラシをつけて。これ、いいです。

 
2017-10-28 20.54.59
最後は、以前食べたことがあるのがわかってたけど注文したカニ甲羅チーズグラタン(750円)。こういう洋風なのも上手。いつもながら何食べても安くてうまい。

いつも通り予約なしで飛び込んだら、上手い具合にカウンター席が2席空いてたので運良く入れました。土曜の夜、店内は常連さんっぽいお客さんがいっぱい。そりゃあこんな店が身近にあれば、通いたくもなるでしょう。ほんと、いい店。この日の昼ご飯がたっぷりめだったので珍しくここでは控えめだったけど、気持ちとしてはもっと食べたかったなあ。