「居酒屋・立ち呑み」カテゴリーアーカイブ

東京一人旅(3)〜大当たりの「鍵屋」(東京・鶯谷)

ぷるみえさんと会った後は、高校時代の友人3人との飲み会。当初はなんとなく上野で待ち合わせてテケトーに店を選ぶつもりだったんですが、直前になって調べてみたらもひとつピンと来る店がなかったので、ちょっと範囲を広げてみたら良さげな店が引っかかってきました。
待ち合わせたのは山手線の鶯谷駅。関東在住歴が長い友人3人とも「こんな駅で降りたことない」と言ってましたが、僕はこの近所のせんべい屋・寿々喜に何十年前かに2,3度来たことがありました。(今回もお土産用に買って帰りました)
 

2018-06-18 18.47.51
目的のお店は「鍵屋」。この写真は店を出てから撮ったもので、実際は開店時刻前に場所を確認に来て、一旦離れて寿々喜にせんべいを買いに行き、17時少し前に戻って来たら行列ができていたので焦りましたが、なんとか滑り込むことが出来ました。
 

2018-06-18 17.09.43
検索しててたまたま良さげだと思って選んだんだけど、あとで調べてみたらかなり有名なお店のようで(^_^; 1856年に酒屋として創業・1949年に居酒屋へ業態変更、外観も店内も風情があります。メニューはこれだけ、ビールはサッポロの赤星・日本酒は桜正宗/大関/菊正宗の3種のみ(いずれも神戸/西宮の酒)・冷酒あり・焼酎やサワーはなし、と超シンプル。
 

2018-06-18 17.13.34
まずはうなぎのくりからやき。こういう串に刺した鰻は関西では見掛けないので、以前から興味がありました。「くりから」は「倶利伽羅」と書き、不動明王が持つ竜が巻き付き炎に包まれた剣の見立てだそうで。きりっと辛目のタレが絡んで香ばしく焼き上がっていて、元々鰻好きだし出だしからご機嫌。
 

2018-06-18 17.20.55
味噌おでん。冷めないように・型が崩れないように、板が敷かれていて、心配りが感じられます。
 

2018-06-18 17.25.40
とり皮やき

2018-06-18 18.01.58
とりもつやき

2018-06-18 17.42.36
合鴨塩やき
最初のくりから焼・とり・合鴨は一人一本ずつでそれなりの値段ですが、サイズが大きく、どれもきっちり作られていて、なんちゅうかとにかくとてもいいとしかいいようがない。飲み物は最初だけビールで、すぐに日本酒にスイッチ。
 

2018-06-18 17.47.17
撮影ミスで見にくいですが、たたみいわしを炙ったの。熱で丸まっていて、指で押すとパリパリと崩れます。適度な塩気がよくって、これもまたどうあがいても日本酒。
カウンター席ながら久しぶりに会う4人だったので、なんだかんだ話しながら飲むわ喰うわ。喋るのに遠慮しないといけないような雰囲気ではなかったのもありがたかったです。
 

2018-06-18 17.50.31
6月半ばでそこそこ暑かったけれど、誰かがリクエストしたのでとりもつ鍋を注文したら、これがかなりのヒット。一人で来たらこれだけで充分飲めそうなボリュームで、具材の種類が豊富。これ食べたら、秋冬限定の湯豆腐がどんなのかとても気になりました。
 

2018-06-18 18.05.59
酸っぱいものが欲しくなったので、ところてん。東京ではありえないでしょうが、黒蜜のが出てこなくて良かった。
 

2018-06-18 18.25.54
お腹はかなり膨らんでいたけど、まだ飲みたかったのでかまぼこ。それなりの値段ですが、食べたらわかる高級品。小田原あたりの有名店のものかなあ。

なんとなく選んでみたけれど、ここに来られて大正解。食べ物もお酒もおいしく、店に風情があるし、お店の方も昔からの東京の良さが感じられる人柄で親切でした。やっぱり僕は、こういう古くからの東京を感じさせてくれる街や店が大好きです。いいなあ、ここ。是非また来たい。

…ちなみにこの後僕一人だけ離脱して新宿へ移動、娘と飲みに行きました。それなりに出来上がっていたし時間もなかったのであまり話せず、もったいないことしたなあ。
 

{お店データ}
住所:東京都台東区根岸3-6-23-18
電話:03-3872-2227
営業時間:17時~21時
定休日:日曜・祝日
 


東京一人旅(2)〜新橋・銀座をハシゴ

2018-06-18 12.21.07
「ビーフン東」が入ってる新橋駅前ビル1号館にはいろんな店が入ってるんだけど、2軒目はぷるみえさんに案内されてお隣の新橋駅前ビル2号館の地下へ。ここは僕も初めてで、こんな昭和な雰囲気のゾーンがあるとは知りませんでした。おもろいもんですな、これもまた東京。
 

2018-06-18 12.22.24
看板見るとスナック街のようにも見えるけど、実際には居酒屋系がほとんど。そのうちの一軒、昼間から開いている「立ち呑こひなた」へ。

2018-06-18 12.23.28
年季が入ったメニューがいいっすなあ。ようわかってなかったのですが、黄色の札の食べ物メニューは全品200円だったみたいです。あと、店主はけっこうジョーク好きらしく、「100トンの鯨を釣り上げた」なんて張り紙があったり、こそっと「今日『亦』コロッケ」なんて書いてあったり。

2018-06-18 12.25.41
ホッピーで改めてかんぱーい。最近は関西でも飲めるところが増えているとはいえ、東京に来たって感じがするんですよね。

2018-06-18 12.29.36
東で軽めに食べてきてるので、アテは珍しい鮪のぬたとかコロッケとか。ホッピーの中身を追加注文して、結局1時間半くらい立ち飲みでなんだかんだ話しました。昼飲みとは思えんな。
 

 

2018-06-18 15.41.10
続いて新橋から移動して、徒歩でぷらぷら銀座方面へ。案内された三軒目は「銀座NAGANO」という長野県のアンテナショップ。東京ってアンテナショップが多いんですよねえ。

2018-06-18 14.34.142018-06-18 14.34.24
品揃え豊富な店内を見て回ってちょっと買い物した後は、やっぱり飲み〜 長野産の日本酒やワインやアテを、…愛のカウンター席でいただくことができるんです。

2018-06-18 14.36.44
今度は赤ワインでかんぱーい。

2018-06-18 14.40.11
ぷるみえさんはフルーツ添えのブルーチーズを、僕は大好物の「おやき」をチョイス。

2018-06-18 14.42.21
店内で冷凍販売してるのをチンしてるだけだし中身が何だったのか忘れてしまったけど、それでもいいのだ。
 


その後僕の希望により秋田県のアンテナショップ・秋田ふるさと館へ移動。関西とは縁が薄いけど、東京だとあちこちで東北を感じることが出来るんですよね。こちらでは色々とお土産を物色。東京旅行なのに、職場にも秋田のお菓子を買って帰りました。
上の写真は自分用に買ったいぶりがっこ3点セットで、タルタルソース燻・生ふりかけ(まんまけぇ)・チーズケーキ風饅頭()。前者二つはもったいなくてまだ開けてないんだけど、この「(秋田弁でお食べ下さい・来て下さい・かゆい等の意味)」が予想外のおいしさ。甘いのかと思ったら塩気が適度に効いてて、お菓子というよりかはワインやウイスキーにめっちゃ合うアテでもあります。うーんしまったなあ、これもっと買ってくるんだった…

ということで、3軒ハシゴ+お土産店でぷるみえさんとはお別れ。どうもお世話になりました!
そして、銀座から次の場所へ急いで移動〜
 


映画の後で高田屋京店(神戸・新開地)

2018-07-14 15.11.40
この日は湊川のパルシネマしんこうえんで朝から妻と映画2本立てを見て、中途半端な時間だったので必然的に?いつもの高田屋京店へ。昼から夜まで通し営業なんでありがたいです。
 

2018-07-14 15.14.53
クソ暑かったので、なにはともあれ一番搾り(500円)と夏らしくおばけ(500円)。おばけってさらし鯨なんですが、関西ではこれで通じるんでしょうかね?
 

高田屋京店
お腹が減ってたのでどんどん注文。茄子のお漬け物(一本・250円)・ポテサラ(250円)・豚キムチ(350円)・おでん大根100円/ロールキャベツ250円は味噌ダレ・ケチャップダレなしで。しかし毎度ながら安いですなあ。飲み物は途中でハイボール350円にチェンジ。
 

2018-07-14 15.29.22
どれもおいしかったんだけど、この日の一番はアジフライ(400円)。ここんとこ食べたくて夢にも出てきたくらいだったし、この時期家では揚げ物をする気になれないのでアツアツがありがたかったです。

夏痩せすることはなくむしろ夏太りするタイプなんで、節制せねばならんのですがねえ…
 


助走をつけに「ゆうだん丸」(大阪・大正)

2018-07-11 18.41.11
この日はえて吉さんと某所に行くのが目的で、その前に(失礼ながら)助走をつけに数年ぶりに「ゆうだん丸」でちょい飲みすることにしました。1階は立ち呑み、2階は椅子席もあり。オープンしてからそれなりの年数経つはずで、大正駅近くではすっかり定着した感があります。
 

2018-07-11 17.56.01
口開けはチューハイプレーン(280円)に、ここの是非もの・鮪の中落ち(280円)をば。さすがウリだけあって鮪の質がいいです。
 

2018-07-11 18.10.19
だいぶ前に食べて確か美味しかったはずと記憶に残っていた鯖の炙り棒寿司(2貫350円)は、やはり記憶どおり。ちゃんと記録してなかったんだけど確かこの日はこちらのお店の寿司の日で、いつもより安かったんだか、普段はお寿司やってないんだったかのような気がします。(←そういうのはちゃんと記憶してない)
 

2018-07-11 18.34.51
僕が味噌漬けが好きなもんで、フグの味噌漬け(値段記録なし)を頼んでみたら、予想以上にサイズデカくて分厚い立派なのが出てきてびっくり。これはうまかったし食べ応えがありました。
途中から焼酎にチェンジしてたし、ヘタしたらこのままここに居着いて助走じゃなくなってしまいそうだったので、今回はこれにてお勘定。さすが年数続いてる店だけありますなあ。
 

{お店データ}
住所:大阪市大正区三軒家西1-9-1
電話:06-6554-8277
営業時間:17時~23時
定休日:日曜
 


家族で「うるおす」(神戸・JR兵庫駅北側)

2018-06-23 21.37.49
久しぶりに家族のタイミングが揃ったので、自宅近くの「うるおす」に行ってきました。妻とは少し前にちょこっと行ったんだけど、娘も一緒だったせいかご店主はちょっとハイテンションのような気がしました。いや、変な意味じゃなくって、家族で来る客ってそんなにないんだと思うんです。
 

2018-06-23 21.46.41
とにかくまずはこれということで5種盛りをお願いしたら、サービスで6種盛りに。ポテサラ・オクラポン酢・冷やしトマト・枝豆・ししゃも・アンチョビバターバゲットと色々揃って800円。一人ならこれだけで充分飲めますね。
 

2018-06-23 21.48.53
妻チョイスの鶏せせり唐揚げ南蛮(650円)。たっぷりめに野菜が敷かれているので、ちょっとサラダっぽくもあります。
 

2018-06-23 21.53.18
娘チョイスのたこぶつ(700円)。この日の僕はビールでスタート、その後久しぶりに飲みたくなった「ばくれん」にチェンジしました。珍し目の日本酒も入ってたんだけど、ばくれんって好きなんです。
 

2018-06-23 22.01.48
続いて娘も妻もご所望の和牛ステーキアボカドサラダ(900円)は、思ってたよりごっついのが出てきてちょっとびっくり。値段の割りにステーキのサイズは充分だしサラダもたっぷりだし。いやしかし家族そろってけっこうがっつりしたもん食べてますなあ。
 

2018-06-23 22.18.36
和風に行ったり洋風に行ったりバラバラですが、全員希望の揚げ小芋のかに身あんかけ(700円)。こういうちょっと手の込んだものがいただけるのも嬉しいですねえ。そういや写真撮り忘れてましたが、おでんの大根・玉子・がんも(各100円)もいただきました。
 

2018-06-23 22.30.01
なんとなくご飯が欲しくなったので、ちりめん山椒ご飯(350円)。ちりめん山椒だけでアテにもなるし、軽く〆始めにもなるし。
 

2018-06-23 22.51.34
で、ほんとの〆にもりそば(多分600円)。毎度書いてますが、このお店ではちゃんとしたそばも食べられるので、〆のためにハシゴする必要はありません。〆には汁気が欲しくなりがちなんだけど、この日は久しぶりにもりを選んでみたらやっぱりこっちも旨かったっす。

手頃な値段でおいしい和食(に加えてそばも)が食べられる店が自宅近くにあるって、ほんとに恵まれてるなあって毎回思います。また家族そろって来ようっと。