「居酒屋・立ち呑み」カテゴリーアーカイブ

酷暑の京都旅(2)〜旬ダイニングすいば

R0001792

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

夜はいつもの京都在住の友人と一緒に飲みに行くことにしていました。このパターンだとついつい大好きな三木半ってことになってしまうんだけど、先月行ったばかりなので、さすがに回避。事前に検索したら行ってみたい店がいっぱい見つかったんだけど、その中から「旬ダイニングすいば」を選んでみました。
 

R0001793
近年どんどこ店舗が増えている人気の立ち呑み「すいば」は現在5店舗あり、四条河原町店に一度行ったことがあります。で、そのすいば四条河原町店の近くにあるこちら「旬ダイニングすいば」は、立ち飲みじゃなくって椅子があるんです。四条河原町から近いんだけど、入り組んだ路地の奥のビルの2階にあって、ちょっと隠れ家チック。
 

R0001795

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

メニューは和風中心でコースもあり、酒類ともども種類豊富。四条河原町からこんなに近くてこの値段設定なら、かなりリーズナブルではないでしょうか。店内はテーブル席・カウンター席・個室もあって予約もできるので、なかなか使い勝手が良さそうです。
 

R0001805
まずはビール、アテは手始めに水ナススライス(480円)。

R0001809
一見ポテサラのように見える桃と海老の白和え(580円)、なかなかオツでした。

R0001808
お造り盛り合わせは5種で1350円、ヒラマサ・たこ・サーモン・まぐろ・スズキ。これはお値打ちに感じました。この辺から僕は大好きな兼八ロック(580円)にチェンジ。

R0001812
続いて京地鶏唐揚げ柚子胡椒(780円)。いい意味でフツーにおいしい。

R0001817
友人が海老好きなもんで、海老グラタンバゲット付き(980円)。見せ方が上手なせいもあって、これは思ってた以上に良かったです。

R0001819
またもや海老、海老カツタルタルソース(980円)で〆。

友人・妻・僕の三人でこれだけ食べてほぼ満腹、瓶ビール小瓶(450円)2本・ハートランド生ビール(480円)5杯・ライムチューハイ(450円)1杯・兼八2杯飲んで、合計1万円ちょい。できれば瓶ビールは中瓶以上を置いて欲しいけど、どの料理もおいしかったし、なんだかんだしゃべりながら2時間以上ゆっくり過ごさせてもらって、これはいい店見つけました。
しかしこのすいば以外にも、三木半・たつみ・サンチョ・静などなど、四条河原町北西のこのゾーン、いい店がひしめいてますなあ。

{お店データ)
住所:京都市中京区中之町565-23ハレの日花遊小路ビル2F
電話:075-251-0073
営業時間:17時~23時
定休日:月曜・第一火曜
 

「酒房 大関」へ様子見に(神戸・湊川)

IMG_2223
この日は妻と湊川の「パルシネマしんこうえん」へ映画を観に行った後、なんかちょっと寄り道したいということで、以前からの課題店「酒房 大関」に行ってみることにしました。あの辺りって坂になってるのでどこが何階だかわかりにくいんやけど、一応こちらは地下にあります。店構えそのものはどうってことないのに、周囲の雰囲気も相まって、扉を開けるのにちょっと勇気が要るかも知れません。
 

IMG_2225
でもお店に入ってみると全然どうってことなく、調理担当ご主人とサービス担当奥さんの二人三脚、いい感じに枯れた(失礼)常連さん中心の、ほんわかアットホームなお店でした。席はカウンターのみで、コの字だったかL字だったか、全部で10席ちょっとでしたかねえ。ビール頼んで、まずはつきだしで妻と乾杯。初めてなのが丸わかりの僕らに対して、女将さんが色々気配りしてくれているのが感じられます。
 

IMG_2226
初めてだったし、位置的にもメニューを写真に撮りづらかったので、なし。どっちかっていうと魚系がメインで、カウンター前のケースに良さげなネタが色々入ってました。この日は腹具合的にあんまり入りそうになかったので、ひとまず様子見ということで、シマアジのお造り(1000円)を。ねっとりした甘味と上質な旨味。うーむ、これはかなりネタがいいんではないかい?、ということで麦ロックにチェンジ。
 

IMG_2229
あまり量は食べられないのはわかっていたので、事前に話に聞いていた鰻(時価)もええいとばかりに注文してしまいました。出来合いではなく注文してから焼き始め・値段はようわからんがかなり立派なサイズ・身が締まっていてぶよぶよしてるとこなんて一切なし・皮側がパリッと香ばしく焼けてる・タレをつけすぎていない、とかなりな代物。失礼な言い方ですが、何も知らなかったらこの場所でこんなのに出会えるとは夢にも思いますまい。
食べ始めたら女将さんがご飯とお漬け物を用意してくれ、ご主人は白ご飯にいい塩梅でタレをかけてくれました。このあたりの連携もすごく優しい感じ。これはいい店、改めてちゃんと来ます。

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区新開地1-4-3 ミナエンタウン B1F
電話:078-577-0372
営業時間:17時〜23時
定休日:不定
 

大衆酒場「すず」(神戸・元町)

IMG_1739
金時食堂の後、しげるさん・えて吉さんとの3人でもう一軒ハシゴしようということになり、すぐ近くの以前からの課題店・大衆酒場「すず」に付き合ってもらうことにしました。

IMG_1740

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

だいぶ前からマークしてたんだけど、間口が狭い階段を降りた地下にあるので、僕にしては珍しくなかなか入りづらかったんです。
 

IMG_1745
店内に入ってみれば、ビビる必要なんて全く必要なかったことが判明。カウンター6席・テーブル席のうち1卓は8人掛けで、計22席。店の規模の割りにはメニュー数多く、安価でうれしや。入店したのが17時半くらいだったので一人飲みのお客さんがぽつぽついる程度でしたが、時間が経つにつれ女性客もチラホラ混じってどんどんお客さんが現れ、帰る頃にはほぼ満員でした。
 

IMG_1741
2軒目なのでそんなに飲み食い出来ないから、今回は軽く様子見ということで、まず最初のだし巻きは200円。安っ。
 

IMG_1747
玉子続きになりましたが、あまり見かけない組み合わせに思えた三つ葉の玉子とじは250円。
 

IMG_1748
多分鶏のヒップだと思いますは350円。

IMG_1750
固めで噛みしめるほどに旨味が出てくる腸詰めは500円。

お客さんがどんどん来始めたので、サクッと飲み食いしてお勘定してもらったら、一人1000円程度。やはり評判通り安くていいお店でした。次回は自慢メニューの豚足煮(650円)、自家製コロッケ(150円)/ポテサラ(250円)、和風焼きそば(500円)など、人気メニューからイってみましょうかね。

{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通1丁目10-7 大森ビルB1
電話:078-322-1358
営業時間:[月〜金]16時〜23時[土]11時〜23時
定休日:日曜日・祝日(祝日が土曜日ならば営業)
 

4人で昼飲み@金時食堂(神戸・元町)

IMG_1736
この日はmyblackmamaさんの呼びかけで、「平日昼間っから金時食堂で飲もう!」という予定でしたが、残念ながら体調を崩され、発起人は不在。その結果、えて吉さん・だいこんさん・しげるさん・僕の4人で13時から飲み始めました。
 

IMG_1713
まずはビールでスタート、というかだいこんさんは最後までそのまま。途中からえて吉さんはビール+日本酒、しげるさんはチューハイ、僕は焼酎ロックにチェンジしたりしながら飲み食い。今回はメニュー見て注文する料理よりも、おかずコーナー(本来は食堂なので)に置いてあるのを取ってきたのが多かったので、値段は記録していません。まずはピカピカきれいないわしの生姜煮。
 

IMG_1717
えて吉さんにしては珍しく最初から濃いのをいくなと思ったら、好物だそうなのチキンカツ。ポテサラと生野菜もついて(多分)550円はお値打ち。ここのフライもの、チキンカツ・トンカツ・イカフライ・カキフライ、いずれも洋食屋っぽくてどれもおいしいです。
 

金時食堂

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

どんどん行きます。ハモ湯引き・ゴーヤーのおひたし・炊き合わせ・らっきょ・フーヨーハイといいつつフーヨーハー(エビ使用)・筑前煮/きんぴらゴボウ/ポテサラ。よく喰うよく飲む良く喋る、平日昼間にもかかわらず店内は色んなお客さんが出入りして、相変わらずの大賑わいでした。
 

IMG_1724
こちらは僕も初めて見かけたはずのチャーシュー。ちょっとしっかりめの奴でした。

IMG_1730
壁に貼ってあったメニューのうちで気になった鶏皮炒め。出てきたのは、鶏皮を加えた野菜炒めってとこでしょうか、鶏皮から出た脂分が野菜に移って甘味が増し、なかなか無駄なく簡単に家でも真似できる一品でした。もうちょっと皮に火を通しぎみにして、今度やってみよ。

調べてみたら滞在時間は4時間。これだけ食ってけっこう飲んで、お勘定は4人で11000円程。ここで飲むこと憶えたらなかなか他には行けませんわ〜
…といいつつ、この後用事があっただいこんさん離脱後、残る3人は2軒目へと流れたのですが。(続く)
 

「糀とわたし。」(大阪・旭区清水)

IMG_1534
いつもあちこち一緒に飲み食いしているこばやしさんの奥様・ゆっきーさんには僕も何度かお目にかかったことがあります。そのゆっきーさんが以前から念願だった店をオープンされたということで、*あきこさん*・えて吉さんの3人でそのお店「糀とわたし。」に伺ってきました。場所は大阪メトロ今里線の清水駅から徒歩5分ほど。生まれて初めて降りる駅で全く土地勘ありませんでしたが、駅から行きやすい場所なので迷うことなくあっさり着くことができました。

IMG_1537
お店のサイトから引用すると

住宅街にひっそりと佇むそのお店は、糀の魅力にとりつかれた店主のつくる「魔法の糀調味料」を使ったお酒にあうお料理とおいしい日本酒に出会えるまさに隠れ家!!完全禁煙の店内で靴を脱いで日ごろの疲れをゆっくりと癒してくださいね

というのがコンセプト。

一度先に行ったえて吉さんのブログでお店について詳しく書かれているので、そちらを先に読んでいただいたほうがどんなお店なのかわかりやすいと思います。
こんなの食べたよ:知り合いが新規開店した禁煙居酒屋「糀とわたし。」@旭区清水
 

IMG_1541

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

お店のメニューは、希少な豚を使った各種料理や店主が本場四川に行くほどハマっている麻婆豆腐などの看板料理ほか色々。当然日本酒も各種揃っています。

IMG_1548
こちらは清酒と日本酒の相性表。料理の素材や味付けと、清酒の味わい・温度との関係について解説されています。
 

IMG_1560
スタートはいきなり迫力ある、希少豚を使った低温調理ハム・燻製・ローストの贅沢肉盛り(1380円)。黒のシックなお皿の上に載っかった3種の豚料理と、人参ドレッシングかかかった色鮮やかな野菜のルックスが、ドーンとストレートに訴えてきます。同じ豚ながら3種それぞれの味わい、どれもおいしかったけど、敢えてどれか一つと言われたら僕は低温調理ハムですかねえ。人参ドレッシングも良かったです。
 

IMG_1562
こちらは日替わりメニューのしめ鯖(480円)。浅めに漬かっていて見た目も美しい〜(どうぞ写真をクリックしてアップでご覧下さい)
 

IMG_1564
こちらも日替わりメニューで、豚バラネギ塩糀ダレ(580円)。豚料理は2つ目ですが、まだまだいけます。
 

IMG_1569
そしてこちらも看板メニューの一つ、鉄板麻婆豆腐(880円+辛さ1アップ50円)がバチバチと音を出しながら登場、1アップで僕でもラクラクな辛さでしたが、辛さだけではない奥深い味わいはさすがのこだわり。これ、もうちょっと辛いのでお替わりしたかったなあ。
 

IMG_1571
続いても鉄板メニューで、長芋と味噌のとろとろグラタン(680円)。麻婆とは全く別系統の優しい味でモードチェンジ。
 

IMG_1574
再び豚料理に戻って、肉好きのための極厚とんぺい焼(1280円)。とんぺい食べるの久しぶり、肉厚でウマ〜

IMG_1575
かかってるソースは大阪の地ソース・ヒシ梅のタマリソース。名前は聞いたことがあるけど、食べるのも見るのも初めてでした。
 

IMG_1578
最初はビールだったけど、せっかくなので日本酒をお願いしました。こちらは岡山県倉敷市児島の「ことのわ 特別純米無ろ過生原酒直汲み」。児島の名産品・デニム製のラベルが使用されています。

IMG_1552
それぞれのお酒にこのような説明書きがメニューに書かれています。味わいの説明・おすすめの温度・爽〜甘/軽〜重/澄〜香の指標など、選ぶ際の参考になるよう色々書いてくれてて親切。
 

IMG_1581
ちょいとしたアテが欲しくて、酒盗クリームチーズ(480円)。

IMG_1582IMG_1584
〆のココナツチキンカレー(680円)にはらっきょ付き。僕はらっきょ好きなもんで、単品でもお願いしました。

3人にゆっきーさんも交え、色々話しながら楽しくおいしくたくさん飲み食いできました。僕は地理的になかなか行きづらいのでしょっちゅう伺うのは難しいかも知れませんが、食べ逃したメニューやらリピートしたいメニューやらもあるし、是非また伺いたいです。

{お店データ}
住所:大阪市旭区清水4-12-5
営業時間:平日17時〜22時 土曜14時〜22時 日祝14時〜20時
定休日:木曜・第3日曜・その他臨時休業あり

※この場所で料理教室もなさっています。すごくタフ!