「神戸」カテゴリーアーカイブ

高田屋京店で弛緩する(神戸・新開地)

IMG_9572
一年で一番めんどくさい仕事が昨日やっと終わりました。何度やっても難しいですが、何とかこなせてまた来年へのカウントダウンが始まります。
このめんどくさい仕事に備えるべく、前週には久しぶりの高田屋京店に昼間っから行って、のんべんだらりと過ごしてきました。
 

IMG_9571
ちょっと寒い日だったので麦のお湯割りに、とりあえずのおでんのスジ(220円)を味噌かけなしで。
 

IMG_9576
串カツと迷った結果、選んだカキフライが大正解。ソースがついてきたけれどとりあえずレモンとちょこっと塩だけで食べてみたら、これで充分なおいしさ。粒が大きく質も良くて、これで500円はすごく値打ちものでした。やはり今年のカキは出来がいいんですかねえ。(ちなみに翌日妻と二人で来て、またこれ食べました)
 

IMG_9581IMG_9583
麦のロックにチェンジして、今シーズンここでは多分初めての粕汁(小300円)を。小でこんなにデカかったっけ。大根・人参・うす揚げ・鮭のアラが入って、深みのある出しがさすがっす。
 

IMG_9585
〆は個人的定番のおでんそば(150円)で。今日はちょっと出しが甘めに感じたので、七味を多めに振りかけていただきました。

ここのお店の皆さんは昼と夜との二チームに分かれていますが、メンバー構成がほとんど変わりません。一番上の写真のメニューイラストに描かれている女将さんが夜チームで目を光らせるほか、ひょっとしたらこの方は娘さん?ひょっとしてお孫さん?それとも単なるパートのおばちゃん?などと、どうでもいいことを想像しながら過ごすのも居心地がいいんです。いつ来てもリラックスできるなあ、ここは。
 


いきなりの大物登場「洋食ジャンボ」(神戸・新長田)

IMG_9476
今年の6月、新長田駅前に兵庫県と神戸市の合同庁舎が完成する予定のため、職員さんのランチや夜飲み需要で周辺のお店も期待が高まっているようです。それを見越してなのかどうかはわかりませんが、こちら「洋食ジャンボ」は1月28日にオープンしたばかり。たまたまツイッターで情報をキャッチしたので、オープン1週間後の2月4日に早速行って来ました。
 

IMG_9479
ぶっちゃけ新長田駅あたりの再開発地区は人出があまりなく、ビルの1階はまだしもその他の階はシャッターが降りたままの店舗が多数。そんななか、ビルの2階にあるこの店はオープンして1週間しか経ってないにもか関わらず、店外に椅子が並べてありました。早くもピーク時には行列ができていることがうかがわれます。
 

IMG_9481

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

ランチメニューはビフカツを除き1000円アンダー、サイドメニューをトッピングとして追加出来るのも嬉しい。敢えてポークなカレー、チキンキエフ、サイドメニューのコロッケ類とか有頭エビフライとか魚フライとかカキフライとか、気になるものだらけです。

IMG_9486
定食とセットで注文出来るソフトドリンクが、フロートものを除けば高くても150円とはこれまた安い。
 

IMG_9484
店内は2人掛けテーブルが13卓あり、人数によってくっつけて使用可能な他、8人掛けの大テーブルもありました。目だちにくい場所にあって開店1週間後にもかかわらず、平日12時前にすでに9割方埋まっているのは大したもの。僕は12時前には退店したのでその後の混み具合はわかりませんが、この分ならやはりピーク時には行列ができているものと思われます。
 

IMG_9489
メインに先駆けて出てきた味噌汁とご飯。そのご飯のお皿には、お店のロゴがプリントされていました。ありものの食器ではなくわざわざオーダーしていることで、お店をオープンさせる気合いが感じられます。
 

IMG_9492
お店に入る前からオーダーはビフカツ(ご飯・味噌汁付き1200円)と決めていました。ご飯大盛りも出来ますがこの日は敢えてノーマルサイズにしたところやや小盛りだったので、次回は大盛りかな。サラダ系はたっぷり、粒マスタードは最初から添えられていました。ビフカツのサイズはそれほど大きくないのですが…

IMG_9497
断面を見るとわかるとおり、そこそこの厚みがあるミディアムレア。デミグラスソースは苦みはそれほどなく、甘味と酸味のバランスが取れたサラッとタイプ。この今風のソースが、カツ全体ではなく半分だけかかっているのも好印象です。
食べてみて、その肉質の良さにちょっと驚きました。厚みがあることも相まってちゃんとした噛み応えがありつつも、柔らかい。肉汁が甘く、牛肉らしい牛肉の味がする。この価格でこのソースとこの肉質のビフカツが出てくるとは、予想をはるかに超えていました。

今のところネットで検索しても情報は少ないですが、オムライス等も良さげ。夜メニューはどんなのか、店内を初めとする客船モチーフは何故か、どこで修行されたのか、店名の由来はなどなど、興味津々。とにかく店名の通り、大型新規洋食店であることは間違いありません。

{お店データ}
住所:神戸市長田区大橋町5-3-1 アスタプラザイースト2F
電話:078-611-5220
営業時間:11時~15時 17時~22時
定休日:日曜
 


初めての「香港食館」は期待以上(神戸・兵庫県庁東側)

IMG_9412
ず〜っと前から行きたかったのに何故だか縁がなかった「香港食館」。急に思い出したもんで、一人で行っても良かったんだけど、京都在住で時々神戸に帰ってくる友人と一緒に行ってきました。
 

IMG_9443
店頭にでーんと置いてある焼豚他の焼き物が、いいプレゼンテーションしてますねえ。

僕はあらかじめ予習していたけれど、友人の為もあり店頭のランチメニューを再度確認。
 

IMG_9415

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

IMG_9416
IMG_9413
どうせビールを飲むつもりだったので、お得そうな生ビールセットに即決。僕は前菜3種・点心3種・揚げ物2種・香港風焼そばのAセット、友人は前菜3種・XO醤野菜炒め・麻婆豆腐・香港風焼そばのBセットを選びました。
 

01
表メニューには書いてませんでしたが、どのメニューを選んでも中華粥が食べ放題。こればっかり食べてると他が入らなくなるので実際には最後に回したところ、ほぼ無くなっててジャーの底のを何とかすくい取りました。煮詰まってたのか割りとしっかりした味付けながら、いい出汁(鶏ガラと貝柱?)出てました。
 

IMG_9418
最初はA,B共通の前菜3種。腸詰め・焼豚・蒸し鶏・クラゲと何故か4種で、これが一人一皿ずつ。値段が値段なのでちょろっと出てくるのかと思いきや、思った以上の量に二人とも「ほー」。どれも真っ当なおいしさで、特に店頭にぶら下がってた焼豚がきっちり焼き上げられていて、かなりなレベルでした。
 

02
続いてBセットのXO醤野菜炒め・麻婆豆腐。どちらも二人で取り分けて楽しめる量で、色々食べられてありがたい。麻婆豆腐は土鍋に入ってグツグツ登場、辛味もしっかり効いてて友人は汗だくになってました。
 

03
こちらはAセットの点心3種(海老餃子/フカヒレ餃子/豚肉シュウマイ)・揚げ物2種(揚げ餅餃子・春巻)を二人で適当にシェア。なんでここに来たかったかといえばこの手の点心類を食べたかったからで、充分その欲求に応えてくれました、というか他の点心をもっと食べたかったなあ。
 

IMG_9442
〆の上海風焼そばはこれが一人分で、フツーサイズの8掛けといったところでしょうか。セットのビールだけでは足るはずもなくお替わりしていたので、この焼そばと最初に出てきたお粥少しを食べ終わったらほぼ満腹。飛び抜けて旨いと言うこともないけれどどれもハズレがなく、この内容このボリュームにこの価格なら大満足。さすが評判がいいだけのことはあるなあと思いました。
 

IMG_9435

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

その他単品・コースも色々あり。変わってなければ土日のみの380円モーニング飲茶もやってるはず。繁華街の中心部からはちょっと離れた場所にあるせいか、ゆる〜い雰囲気なのも魅力です。次回は今度こそ飲茶攻めまくってみようかな。

{お店データ}
住所:神戸市中央区下山手通4-6-6
電話:078-392-8802
営業時間:
8時半〜10時半(土日のみ)/11時半〜14時半/17時半〜22時
定休日:月曜(月曜が祝日の場合、翌日)
 


妻と餃子の王将へ(神戸・兵庫駅北)

IMG_9403
この日はなんか知らんが料理をする気分にならなかったので、妻と一緒に自宅近くの餃子の王将へ。久しぶりに行ったら店員さんのメンバーが替わっていて、若い人が入っていました。移動なのか辞めたのかたまたまなのか。
 

IMG_9408
二人で餃子二人前頼むと後があんまり食べられなくなるのは学習済み。焼き手が以前と同じなのかどうかはわかりませんでしたが、以前と変わりがないような気がしました。
 

IMG_9409
妻リクエストによりカニ玉(450円)。思ってたよりボリュームがあり、その上アンは必要以上にたっぷりw ふわとろでおいしかったです。
 

IMG_9406
僕リクエストにより揚そば(580円)頼んだら、これまた破壊的なボリュームでびっくり、こんなにデカかったっけ。3品頼んで様子見て、なんなら追加しようかと思ってたのですがとんでもなかったです。
後から来たお客さんが、揚そばと餃子にてんこ盛りのご飯食べてて、とてもじゃないがアレは無理やなあと思いました。やっぱり王将は色々とすごいや。
 


めっちゃ久しぶりの「くんた」(神戸・新長田)

IMG_9305
年が明けてからちゃんとした?洋食屋にまだ行ってないのでどこにしようか考えたあげく、なんと調べてみたら3年ぶりだった「くんた」に行くことにしました。長いこと行ってないなあとは思っていたけど、そうか3年も経っていたのか…
 

IMG_9279

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

だいぶ前からやってる豚汁セットも健在。少し前から夜の営業はお休みで、お昼のみになっているのは知っていました。
 

IMG_9286
お店に入ったのが13時を過ぎていたので、店内はお客さん2組ほどでゆったり。お昼しかやってないから、ピークタイムはさぞや混み合ってるんでしょうなあ。
 

IMG_9280
メニューの写真を比べてみたら、なんと3年前その前の年も、内容・値段とも変わらないことが判明!すごいことですねえ、これは。夜営業を休まれているんだから、もうちょっと値上げして下さいよ〜でないと大丈夫?ってなんか心配になってくるじゃないですかぁ。
 

IMG_9284
瓶ビール(中瓶・550円)頼んだら出てきたのはプレミアムモルツ。どれにしようか悩んだあげく選んだ料理が出てくるまで、ゆったり楽しみながら待ちます。
 

IMG_9289
いつ来てもここでは何を食べるか迷うんですが、この日の候補はビフカツ・クリームコロッケ・Bセット(サカナフライとミンチカツ)・オムライス。その中から選んだのはのBセット(980円)。あいかわらずボリュームたっぷりで、色とりどりな盛りつけが美しい。
そそり立つのはサカナフライ。洋食屋のサカナフライ経験値はそれほどでもないですが、個人的にはここのが今のところ第一位。添えてあるレモンはかけずそのままで、後半はタルタルソースと共に楽しみました。ちょろっと醤油とかウスターソースとかでもいいかもしれんなあ。
 

IMG_9300
同じくフライものでも対称的なミンチカツはたっぷり3個。いい意味で軽めのデミグラスソースとのマッチングがよく、ということは当然ご飯とも合います。相変わらずご飯もお味噌汁も付け合わせも含めて丁寧で、どれ食べてもおいしい。個人的にはこのBセットのミンチカツ3個のうち1個だけクリームコロッケってのが理想なんだけど、ダメ元で頼んでみようかなあ。でもまだオムライスも食べたことないし。