「九州」カテゴリーアーカイブ

長崎に行って来ました(3)〜出島の後にちゃんぽんと皿うどん

DSC03161
旅先なんだから早起きして行動すりゃいいのに、夫婦そろってのんびり屋なもんで、10時前にホテルをチェックアウトして路面電車で移動。といっても行く先は3駅先(^_^;

R0035725
行き先は、かつて日本史でも学んだ出島。恥ずかしながら今も海に突き出してるもんだと思ったら、それは当時の話で、時が経ち周囲が埋め立てされて今やどこが島だったのかわからん状態になっていました。でも復元されて一般公開されてからまだ1年半しか経ってないだから、知らなくてもしょうがないか。

DSC03167
入場したら運良くボランティアさんによるガイドが始まったところだったので、ちゃっかり合流。話は面白いし、へえそうやったんか〜の連発。

DSC03166
明治期に役割を負え、埋もれていたものを60年程前から復元に着手されたのだとか。思っていたよりも見所が多くもっとゆっくりしたかったのですが、帰りの飛行機の時間とか昼ご飯のことを考えるとガイドの途中で離脱せざるを得ず、とても残念でした。
 

DSC03177
長崎市内から空港までのバスは混み合うので(しかもこの日は日曜)、確実に乗るためにはJR長崎駅付近から乗るのが堅い。そちらへ向かう途中でブランチをと思っていたら、かの有名なカステラの文明堂本店に遭遇。神戸でも買えるんだけど、オーラを放ってる建物だったのでちょこっとお土産を買いました。
 

DSC03196
今回の長崎旅行での最後の食事はぜひちゃんぽんと皿うどんでと思い、出島を出てから2軒ほどトライしてみたものの縁がなく、時間がなかったのでしょうがなく長崎駅の駅ビルへ向かい、選ぶ余裕もなく「皇上皇(こうじょうこう)」へ飛び込みました。上の写真は帰りに撮ったものですが、けっこう待ち列できてたのでもう少し入るのが遅かったらヤバいところでした。

DSC03179
この手の点心系にも惹かれたけれど、悠々とこんなの食べてる場合じゃない。

DSC03178
迷うことなくちゃんぽんと皿うどん(細麺)のギョーザセットとビールをオーダー。
 

DSC03182
ちゃんぽんの具は、キャベツ・人参・もやし・きくらげ・豚肉・げそ・牡蛎・蒲鉾二種。具だくさんで彩りきれい〜

DSC03191
太麺で白濁したスープは見た目よりあっさり。友人に訊いたところ、ちゃんぽんに牡蛎は地元では当たり前なんだとか。

DSC03187
皿うどんも具はほぼ似たような感じで、牡蛎の代わりにあさりが入ってたかと。味付けはやや甘め、最初はこのままで・途中からは地元流にウスターソースをちょっとかけていただきました。

DSC03189
細い揚げ麺が、最初はパリパリ・時間が経つにつれアンを吸ってしんなりしてくる変化も魅力の一つ。ビールのアテなら、ちゃんぽんより皿うどんですな。
歴史あるちゃんぽん皿うどんが世代交代により味が変わり、地元でもリンガーハットを勧める人がいるとか。確かにリンガーハットは美味しいけど、地元ならではのお店を大事にしたいですねえ。

この後駅からバスに乗って空港に向かい、昼過ぎの便で関空に戻りました。滞在時間ほぼ24時間、全くの駆け足だったので観光も食事も全く物足りませんでしたが、久しぶりの長崎はやはりいい街でした。是非また再訪するぞ!
 


長崎に行って来ました(2)〜寿司割烹 松ふじで地物色々

DSC02943
昼食の後はバスに乗ってグラバー園へ移動。斜行エレベーターに乗りたいという妻の希望に従って第2ゲートから入ったら、坂を登らずに済んでラクチンでした。

DSC02954
坂の上から見渡す港の風景は、神戸と似た感覚があります。港にはでっかい客船が停泊していました。

DSC03057
ウロウロしているうちに日が暮れてきて…

DSC03076
暗くなったら園内はライトアップでいい雰囲気でした。グラバー邸でプロジェクションマッピングのショーもありましたが、そっちはなんだかなあな感じ。

DSC03090
工事中の大浦天主堂のそばをとおって坂を下り、港に向かうと…

DSC03101
グラバー園から見えた客船が目の前に。マンション5棟分くらいありそうなものすごいデカさです。

DSC03107
乗客定員4180人のクァンタム・オブ・ザ・シーズという客船だそうで。豪華ですなあ〜

DSC03110
港から再びバスに乗って移動。(せっかく路面電車乗り放題のチケット持ってるのに〜)

DSC03124
長崎ロープウェイで稲佐山に登って、世界三大夜景を堪能します。ちなみに浦和レッズサポーターさんも多数いらっしゃいました。
 

DSC03152
宿に戻って荷物を置いて遅めの夕飯に出たのが22時前。友人お勧めの店・「寿司割烹 松ふじ」がたまたま宿から近く、24時までの営業なのでラッキーでした。

DSC03129
旅行客が事前知識なしにたまたま見つけることはまずないだろう路地の奥にあり、ジモティ率高そう。割りと若めのお客さんが多かったのがちょっと意外でしたが、この値付けなら確かに気軽に入れそうです。

DSC03136
ドリンクも安い。左下・焼酎のグラス売り欄に載ってる銘柄は、なんと三岳と魔王(@_@)

DSC03146
基本は寿司屋でネタ色々。キープは芋なら三岳、麦なら「壱岐」って焼酎が人気のようですね。

DSC03150
カウンター席には大皿料理の数々が。ちょうど目の前だったので、これはなんだろう、あれ食べてみたいと興味津々。

DSC03131
まずは瓶ビールをお願いして、突きだしをアテに何を食べようか検討。昼ご飯のボリュームが凄かったので、それ程お腹が空いてなくってちと残念。

DSC03133
大皿に載っかってた海老が綺麗だったので、塩焼きにしてもらいました。でっかくて身がブリブリで、盛りつけたっぷり。

DSC03135
これも大皿料理から酢の物。ちょっと寒かったので、この辺から三岳のお湯割りにチェンジ。

DSC03140
大皿料理の右端にあったデカい薩摩芋サイズの魚卵の煮物がずっと気になったので訊いてみたら、左・ヒラメ/右・ブリの子を合盛りにしてくれました。ヒラメのほうがきめが細かく、ちょっとネットリした感じ。どっちも焼酎が進む〜

DSC03143
揚げ物はカキフライと迷った結果、珍しい甘鯛フライ(650円)を最初は塩だけで、途中からちょっと醤油をつけていただきました。あっさりしていて旨味があって、贅沢な気分。

DSC03147
ぼちぼちお腹が膨れてきたので、〆に茶碗蒸し(400円)をお願いして…

DSC03149
予習してきた長崎風の鉄火巻きを。こちらでは鮪ではなく、ブリ・ハマチ・ヒラマサなどを使うのだそうで、これはこれでうまし。海苔の香りがくっきりして良かったのも印象的でした。

DSC03151
妻と二人でそれなりに飲んで7500円ほど、もっと色々食べたかったのにあんまり食べられなくて残念でした。リーズナブルで大将親切で地のものが色々味わえていいお店、長崎に来たらまた来てみたいです。教えてくれた友人に感謝。
 

DSC03154
宿への帰り道、深夜にもかかわらず持ち帰り客の列ができている長崎ぶたまん・桃太呂に遭遇。お腹一杯だったけど、せっかくなのでちょっとだけ買ってみたら、小振りで皮はやや柔らかめであん(中身)はあっさり。僕の前のお客さんは50個買ってはりました。神戸にもあちこち豚饅は売っていますが、こんな時間に売ってるのは見たことがありません。さぞや地元で親しまれてるんでしょうねえ。
 


長崎に行って来ました(1)〜オリンピックでトルコライス

2018-03-10 12.21.07
珍しく土日に休みが取れることになったと思ったら、タイミングよくピーチ航空がバーゲンやってたので、妻と長崎に行って来ました。

2018-03-10 13.53.43
長崎空港に着いたらJリーグサポーター歓迎看板が。V・ファーレン長崎がJ1昇格になり地元では大盛り上がりの様子です。この日は対浦和レッズ戦で、街中あちこちでレッズサポーターさん達をお見かけしました。

DSC02839
空港からバスに乗って長崎市内へ。僕も妻も20年ぶりくらいじゃないでしょうか。

2018-03-10 14.33.49
長崎市内の路面電車乗り放題のきっぷを探していたら、スマホから直接買えるモバイル乗車券を発見。1日500円か24時間600円が選べて(大人)、複数で使用可能・残り時間カウントダウン表示・降車時に車掌さんに見せるだけ。わざわざ売り場を探して買いに行かなくていいしすごく便利です。

DSC02857
宿は楽天でビクトリアイン長崎を予約しておきました。設備はちょっと古めでも、ツインルーム11400円(しかもダブルベッド2つ!)で広々だったし、繁華街のど真ん中にあってすごく便利でした。

DSC02863
チェックイン時で15時を過ぎていたので、荷物だけ放り込んで遅めの昼ご飯。ホテル近くの商店街は規模が大きく、土曜の午後ということもあってすごく賑わっていました。
 

DSC02865
なにはともあれ長崎に来たらトルコライス。大阪や神戸でも食べたことはありますが、ずっと前から本場で食べてみたかったんです。

DSC02890
事前に調べていた店の中から、ホテルから近くて通し営業の「カフェ オリンピック」を選択。

DSC02884
一言で言うとめっちゃメニューが豊富な喫茶店で、パフェ類が有名だそう。地元の方々以外にも、観光客や修学旅行生で賑わっています。

DSC02916
こちらの名物・高さ1.2mのパフェ。分け合って食べてもいいし、一人で食べてもいいし。

DSC02914
都道府県ごと国ごとにこの1.2mパフェを完食した本数が掲示されています。中には一人で完食後、ハンバーグとライスを平らげた女性もいらっしゃるとか…
 

DSC02877
本題に戻って、トルコライス。メニューを見ると種類も多いし、ボリュームも様々(上の写真はマウスオーバーでスライドショーになっています)、レギュラーサイズの3倍のメガトルコライスを何人かで分け合っているテーブルもありました。

DSC02900
当然の如くベーシックにトルコライス(999円)を選択。正直なところ余りにイベント乗りなお店だったので失敗したかなと思いましたが、見た目も食べてもまともでした(失礼)。バター風味のサフランライスに載っかったトンカツはそこそこの厚みがあり肉質良し、ドミグラスソースは可もなく不可もなく。トマトソースが絡まった細めのスパゲティはまとめて作ったものではなく、ちゃんとした茹で加減でした。
長崎のトルコライスにも店によって個性があるようですが、ピラフ・スパゲティ・トンカツの組み合わせが基本のようです。付け合わせの野菜も含め、一皿で完結するのが人気の元なのでしょうね。妻とワケワケしましたが、僕一人ならこの一品で満腹になるボリュームでした。

DSC02905
同じ料理を取るのも面白くないので、もう一品は魔法使いのドリアってのを頼んだら、かぼちゃ入りのかなりな量のが出てきました。あっさり味だったけれど、余りの多さに撃沈、食べきることができませんでした…

洋食好きなもんで、トルコライスにはとても親近感があります。もっといろんな店のを食べ比べてみたいなあ。

参考リンク:画像付トルコライス一覧(長崎市内版)/トルコライス マニアックス
 


熊本ウマい旅(7)〜〆は肉々しく「グリル五車堂」

2泊3日熊本の旅もいよいよ最終日。けっこう強力な雨雲が来ていたので、民宿「川原」を出発して早めに車で熊本市内に戻ることにしました。途中川が氾濫しかけてるところもあったりして、ちょっとヒヤヒヤ。

20160627熊本
市内に戻ってレンタカーを返し、さて昼メシ。向かった先は初日に「駅前 花屋」に行ったときにすごく気になっていたこの看板の店。(上の写真は初日に撮ったもの)

20160627熊本
熊本駅からすぐの「グリル五車堂」は、お弁当で有名だそうな昭和21年創業・五車堂本店2階のレストラン。建物が新しくてえらくしゃれてるなあと思ったら、以前は別の場所にあったようです。ひょっとして震災の影響なんですかね。

20160627熊本
2階に上がると、おしゃれなオープンキッチンと客席で広々。熊本駅付近ってそんなに繁華街ではないので、そのモダンさにちょっとびっくりしました。

20160627熊本

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

以前の店はいわゆる洋食屋っぽかったようですが、こちらは熊本ブランド牛・「和王」がウリのビーフ中心メニューです。

20160627熊本
オープンキッチンの冷蔵ケースには、立派な肉がどっしり。遠目でもサシの入り加減が伺えて、肉質に期待できそうな感じ。

20160627熊本
車も返却したので、ビールを飲みながら焼き上がりを待ちます。

20160627熊本
何を注文したのかもはや忘れてしまったのですが、恐らく和王ステーキ定食の180g(2800円)じゃなかったかと。ランチ価格として3000円弱はかなりな贅沢ですが、これも旅先ならでは。ビールから赤ワインにチェンジして、えて吉さんとワケワケしていただきました。
期待通りかなりな肉質、(それがいいかどうかは別にして)柔らかく、肉汁甘く脂も品がいい。ソースなんて不要、塩だけで充分。神戸や大阪だったら5000円くらいでもしょうがないかなと思うレベルで、かなりなお値打ちに感じました。

20160627熊本
こちらは和王ハンバーグステーキ定食の180g(1380円)だったかと思います。肉汁たっぷり・ドミグラスソースはキッチリした造りで、こちらも大変おいしくいただきました。レベル高いなあ。
僕らの後に来られた隣のお客さんのオーダーを見ていると、ランチ限定ハンバーグとステーキのコンビ定食(1800円)が人気な様子。確かに日常的にはその選択が良さげ、追加メニューのビーフシチュー(680円)も気になるところです。オシャレできれいな現店舗もいいけれど、移転前のいかにも老舗っぽいお店にも行ってみたかったなあ。

{オマケ}
P6290392
その後おみやげを買いに熊本のデパート「鶴屋」(品揃え良かったです)に寄った際に、「ライス焼」に遭遇、ビール飲みながらおやつ代わりにいただきました。

P6270028
今回をもって熊本旅行エントリも大団円。事前に決まっていたのはBar:Colonと民宿 川原だけでしたが、幸いどこもアタリでいいところだらけでした。復興までにはまだまだ時間がかかるのに、つい最近も余震があったり大雨が降ったりで、被災された皆さんは大変だと思います。その一方、風評被害でしんどい思いをされている方々もたくさんいらっしゃると思います。
そんななか、こんな気楽なエントリばかりで申し訳ない気もしますが、妙に意気込むことなく「熊本はいいところだったよ!」ということが少しでも伝われば幸いです。
がまだすばい!熊本!


熊本ウマい旅(6)〜民宿とは思えない「民宿 川原」(球磨郡水上村)

20160627熊本
熊本市内でレンタカー借りて、途中で道の駅に寄ったりしながら人吉で昼食のうなぎを食べ、豪雨に注意しながらこの日の宿「民宿 川原」に到着したのは15時ごろ。位置的には九州のほぼど真ん中・東側の峠を越えると宮崎県という場所で、熊本県内とはいえ震災被害は全くなかったそうです。それでも(この時点では)風評被害による影響が続いているとか。
このあたりは桜の名所だそうで、写真左側の本館前にも大きな桜の木、写真右手には別館もあります。山の中で、一言で言えば桜と温泉とダム湖以外は「な〜んもない」ところ。そこがいいんです。

20160627熊本
えて吉さんは過去2度この宿に泊まったことがあり、直近がちょうどこの1年前。僕もエントリを読んで良さげな宿やなあと思っていたので、計画中にここを提案されて即オッケーでした。案内されたのは、本館の二間続きの広々とした部屋。以前建物を改装したときに、大工さんから「ここはあまり手を入れないほうがいい」と言われたそうで、昔ながらの趣が残っていておしゃれな新館とはまた違った魅力があります。

20160627熊本
なにより広々としていたし、民宿風情がありながら時代を感じる品々に囲まれたこの部屋、個人的には超お気に入りです。

20160627熊本
到着後ほどなくお風呂にお湯が溜まりましたよと案内され、庭に面した廊下経由でお風呂場へ。お風呂は大人4人ほどが同時に使えるサイズで、掛け流しの温泉。僕は運転せずナビ役でしたが、豪雨を避けてのドライブでそれなりに神経を使っていたので、温泉でちょっとホッとしました。

20160627熊本
お風呂から上がってしばらく後、食堂へ移動。料理担当のご主人は大阪で修行中にサービス担当の奥様と知り合われたとのことで、お2人とも気さく。調理場のすぐ近くの席だったので色々話をしながら、地元産にこだわった料理がタイミング良く出てきました。
まずはジャガイモの蒸し物ヤマメ載せ・(干し?)鹿肉・野菜盛り。えて吉さんのブログを読んである程度事前知識はありましたが、現物を目の前にして、いきなり手が込んでるなあと軽く驚き。

20160627熊本
続いて炊き合わせ。真ん中に見える黄色っぽいのは干しタケノコで、途中に寄った道の駅で珍しいなあ思い買ったところでした。地元では保存食としてごく日常的に使っているのだそう。

20160627熊本
茄子とトマトが交互に積んである冷製。彩りがきれい、器にも気を配っておられます。

20160627熊本
ヤマメのお造り。間違ってもマグロやイカなんて出てきません(^^)

20160627熊本
そしてヤマメの塩焼き。いいっすねえ〜どこまでも地元産一直線で。本来はこういうのが当たり前なはずなのに、こういうところがなかなかないのはなんでなんでしょうね。

20160627熊本
野菜系→魚系と進んで、ここいらへんからは肉系で、きれいな赤身の鹿肉たたきをおろし生姜とともに。なお飲み物は最初はビール、途中から米焼酎にチェンジしています。

20160627熊本
揚げ物は細切り鹿肉とネギのかき揚げ。下味付いててネギとの相性良し、やや深めの揚げ加減で香ばしさがプラスされて個人的にツボ。

20160627熊本
お次はイノシシの塩焼きを柚子胡椒添えで。ほんとに地元産オンパレードで、楽しい楽しい。

20160627熊本
そしてジビエオンパレードの締めくくりは、素晴らしいレアな焼加減の馬肉ステーキ。ちょっと辛味が混ざった味噌が添えられていて、こりゃ上等でしたねえ。これがたっぷりの一人前、どっしりした赤ワインが欲しくなりました。

最後に写真撮り忘れのシシ汁・自家製白ご飯(これがまたウマい)・自家製梅干し(これもウマい)で締めくくり。いやあ、期待をはるかに超える大々満足の夕食でした。今回の本館宿泊プランは、酒代・入湯税別でなんと一泊二食8500円!写真だけ見てるとどこかの割烹旅館みたいですが、あくまで民宿ですからねえ、呼び名はどうあれほんとにすごいです。

食後部屋に戻って、今一度部屋の調度を楽しみに拝見しました。昔の職人さんの技術っていいなあ。

20160627熊本20160627熊本

20160627熊本

20160627熊本

そしてぐっすり眠って、爽やかに朝食。

20160627熊本20160627熊本
なんてこと無いおかずですが、品数豊富でどれもきっちりおいしい。自家製ご飯と梅干しだけで充分おいしいもんで、お替わりを我慢するのに苦労するほどでした。

20160627熊本
あいにくの天気でしたが、雨雲がゆっくり流れる山あいの景色もまた一興。温泉も良かったし、ご主人奥さんもいい人だったし、もちろん料理もおいしかったし、とてもいい宿でした。あたりの桜の木が半端ない量だったので、花見時分はすごい景色なんでしょうねえ。いつかその頃にも来てみたいなあ。超々おすすめ。

{民宿 川原へのリンク}
宿のサイト 
Facebookページ
楽天トラベル予約ページ←情報豊富です