「中部」カテゴリーアーカイブ

青春18きっぷで日帰り名古屋旅(1)〜「清月」で鰻(JR大曽根駅)

R0001922
今年の夏の青春18きっぷの旅第一弾は、妻と日帰りで名古屋に行って来ました。特に目的があったわけではなく、しばらく行ってないなあということだったんだけど、名古屋となれば鰻をはずすわけにはいきません。
定休日その他を勘案して選んだのが「清月」。JR大曽根駅から徒歩で行けるのも大きなポイントでした。上の写真はお店を出てから撮ったんですが、すでに「売切れ」の札が出されています。11時開店・12時前に入店・出たのが13時過ぎ、それで売り切れとは。出遅れてたらせっかく遠くから来たのに、えらい空振りするところでした( ̄。 ̄;)
 

R0001920
R0001919
店内ゆったり広めで、テーブル席以外に奥にお座敷もあるようでした。客層は様々で、昼ご飯食べに来た勤め人・リタイヤおじさん・家族連れなど。平日昼間ということもあり、地元の方がほとんどで、県外者は僕らだけのようでした。
 

R0001890

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

R0001893
メニューは鰻のみで、この他にう巻き(1350円)もあり。店主は名古屋の鰻の名店・うな富士(そこもいつか行ってみたい)で修行されたのだそうです。他ではあまり見かけない肝焼入りの肝入り丼にしたかったんだけど、品薄とのことで品切れ、お澄ましの具も蛤になる(上の写真参照)とのことでした。
 

R0001901
お昼時はある程度仕事済みなのでしょう、10分ほどで料理が登場。

R0001902
僕のチョイスは上鰻丼(3450円)。お吸い物の実は、蛤・手まり麩・三つ葉、丼一面に覆い重なるように蒲焼きが載っけられています。

R0001918
この日は土用の丑の日の1週少しあとだったので、相場は少しマシになっていたのではと推察します。とはいえ、昨今鰻高騰の折、この価格でこのボリュームは嬉しい。

R0001905
タレは名古屋らしく辛目で、やや濃い焼目の鰻は無駄なブヨつきがなく締まっていて、パリッとというよりサクッとという程度のややクリスピーな地焼き。香ばしい香り、濃厚な鰻独特の旨味、ご飯は固めの好みの加減で、わざわざ時間をかけてやって来た甲斐がある一杯でした、
 

R0001907
こちらは妻チョイスのひつまぶし(3650円)、おひつのご飯が蒲焼きで隙間なく覆い尽くされています。

R0001910
そのまま・薬味添え・出汁をかけて等々、僕もちょっと分けてもらって、余裕でお茶碗4杯分ありました。存分におひつまむしを楽しむことができて、満足度高し。妻によると、10数年前に食べた「あつた蓬莱軒」同様ここの鰻は気に入ったらしく、「名古屋の鰻は私好み」とのこと。蒸しが入ってとろけそうなのもいいけど、僕もこっちのほうが好きやなあ。

{お店データ}
住所:名古屋市東区徳川町2502
電話:052-932-6566
営業時間:11時~14時 17時~20時 ※鰻が無くなり次第終了
定休日:火曜 第2、3月曜
 

※時間があれば近くの日本庭園・徳川園に行ってみるのも良いでしょう。残念ながらこの日は休園日でした。
 

味噌煮込うどん食べました

IMG_2363
先日名古屋へ行った時に現地で食べられなかったので、おみやげに買って帰った山本屋総本家生みそ煮込うどんを作ってみました。「生」は乾麺ではなく生麺タイプの意。「みそ煮込」なのか「味噌煮込」のか、サイトでの表記を統一して欲しい〜
 

IMG_2366
お湯を沸かして附属のだしパックでだしをとって、味噌投入。かき混ぜたら生麺を加えてほぐし、2.3分煮込めば出来上がり。仕上げに玉子・作り置きの鶏胸肉酒蒸し・刻みネギを加えました。一刻も早く食べたかったので、雑な写真でスミマセン。
以前から何度か書いてますが、数十年前初めて味噌煮込うどんに出会った時は、「こんな火の通ってないうどんなんて喰えるかい!」と思いました。でも、これだけ地元に根づいているということはそれなりの理由があるに違いないと、ことあるごとに食べ続けた結果、今や「火の通った味噌煮込うどんなんて喰えるかい!」とまで変わりましたw
今回も麺は一応温まってはいますが、カチカチとはいわんがまるっきり芯が残った?状態。ドンと力強い八丁味噌味には、これくらいの麺の状態だから太刀打ち出来るんだと思っています。一緒に食べた妻は「硬い〜」といってましたが、当然でしょうなw 久々に好物が食べられて良かった、でも、汗だくになりました…
 

青春18きっぷで日帰り岐阜一人旅(2)〜思い出の味を求めてあちこち

IMG_8569
洋食おかだを出て、まずはすぐ近くの「道の駅パレットピアおおの」へバスの時刻を確認しに行きました。

IMG_8570
おお、ラッキー!30分ほど道の駅でウロウロしてたらちょうどバスがあるじゃないですか!これなら予定してなかった某所に行ってみよ〜🎶
…ところが、あとで気付いたのですが、この写真の上にあるように、このバスはJR岐阜駅行き。来るときは大垣駅から来たのと、土地勘無いのでまさかここから岐阜駅行きのバスがあるとは思ってなかったので、全く気付いていませんでした。まあ結果的には却って都合良かったんですけど(^◇^;)

IMG_8576
そんな事とは知らず、道の駅をウロウロ。

IMG_8577
飲食コーナーもあるし、お土産や物産コーナーも充実していて、かなり見応えありました。

時刻が来たのでバスに乗り、なんかおかしいなあと思いつつ、なんとホームに上がってから岐阜にいるという事態に気づくという体たらく。大垣・岐阜から東に移動するつもりだったし、青春18きっぷだからどうとでもなるという意識だったからこそのすごい勘違いでした。(ははは)
 

IMG_8592
で、やってきたのは僕も初めての鵜沼駅。岐阜駅から東へ6つ目のこの駅に来た目的は…
 

IMG_8584
駅から10分ほど歩いたところにある大正11年創業の和菓子屋さん・艸花庵(そうかあん) 養老軒。なんでこんなとこ知ってるかというと、以前は名古屋にあって、かつて名古屋にしょっちゅう出張してた時のお馴染みの店なんです。平成26年に突如店を閉め残念に思っていたら、翌年場所と一部店名を変えて復活したってことまでは知ってました。

IMG_8588

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

場所はわかってても余りにも遠く行きにくい。でもいつか機会があればとずっと思っていました。お店に入って、ここの一押しの手作りういろにやっとご対面。僕にとってのういろのスタンダードは神戸の長田神社のういろやのなんだけど、ここのはそれに次ぐ大好物なんです。
 

IMG_8669
挽き茶のういろを一本おみやげに買って帰って、帰宅してからいただきました。何年ぶりかなあ、ういろやのよりはややしっかりしてて、でも舌触りはあくまでむっちりスムースで甘さ控えめ。記憶の中で膨らんでいるのではないかと思いましたが、やっぱりここのういろはおいしい。いつの日かまたこれを食べられる日が来るんだろうか…
 

IMG_8615
艸花庵養老軒に寄った後、30分以上時間待ちをして鵜沼駅から帰路に。ぼちぼち晩ご飯時が近づいてきたので途中京都駅で下車し、前から行ってみたかった「京都拉麺小路」に寄ってみることにしました。

IMG_8595
単純に拉麺小路に寄ってみたかったこともあるし、ここには十数年前に一度だけ北海道で食べた「白樺山荘」が入ってるのを知ってたんです。

IMG_8607
本店と同じく食べ放題のゆで卵を割り入れた味噌ラーメンは、予想していたとおりまあこんなもんかなという感じ。味の記憶が膨らんでいたのではなく、チェーン化が理由だと思いたいですなあ。いつか札幌の本店にまた行ってみたいもんです。

というわけで、東へ西へ、予想以上に充実した一日となりました。青春18きっぷはやっぱり面白いです!
 

青春18きっぷで日帰り岐阜一人旅(1)〜洋食おかだ

IMG_8518
冬の青春18きっぷでどこに行くか考えて、5回使えるうちの1回を以前から機会を伺っていた岐阜の洋食おかだのために使うことにしました。

ネットで色々検索していた時に偶然見つけたお店で、福井のトミーに行くよりは近いけれど、電車で行くとなったら最寄り駅に着いてからその後どうやっていくかが問題な場所なのでなかなか行けなかったんです。洋食を食べるためだけにそう何度も誰かさんに車を出してもらうわけにもいきませんしねw

IMG_8509
最悪は駅から歩く覚悟もしてたところ、近くまで行くバスがあることが判明。とはいえ帰りは店の混み具合次第なので事前にプランは立てづらく、こうなったらそこは出たとこ勝負せなしゃあないなあということで実行することにしました。
 

IMG_8520
大垣駅まで行って無事バスに乗車、料金は片道600円近くかかりました。後でわかったことですが、バス停は「南保育園前」の一つ手前が正解、それでもグーグルマップに感謝。
 

IMG_8524
11時半頃お店近くに到着。
IMG_8527
看板左下に注目。
IMG_8564
あらかじめ調べていたとおり、国道沿いのおよそそれらしくないドライブインみたいな建物の中に目指す洋食おかだがあります。

IMG_8561
予備知識がなかったら、ここにこんな店があるとは全く思わないでしょうねえ。ドアを開けると、外とは異空間なモダンでオシャレな雰囲気。真正面にはカウンター席とその奥に厨房がありました。一人だったので待つことなくカウンター席の端っこに案内されてひとまず良かった良かった。
 

IMG_8534
入って右側はテーブル席スペースで、壁の絵がおっされー。お店のサイトから想像していたとおり、至る所にこだわりが感じられます。
 

IMG_8536

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

お昼時はAからEまで5種類のランチからの選択制で、どれもスタンダードな洋食アイテムの組み合わせになっており、どれを選ぶかヒジョーに迷います。一人だと一種類しか食べられないので、余計に難しい〜

IMG_8539
なお。毎週火曜(毎月最終の火曜は除く)の夜は「O火ラー(オカラー)」と題してラーメン専門の店に変身するというのも、これまた珍しい。でも、洋食食べに行くつもりだとずっこけるのでご注意下さい。
 

IMG_8541-2
難しい〜といいつつ、実はメニュー選択にはそれほど迷いませんでした。僕がこの店に興味を持ったのがサイトで見たドミグラスソース系の料理だったので、ランチの中から選ぶならA(自家挽きハンバーグ・クリームコロッケ・エビフライ・キャベツのジュリエンヌ(千切り)・ポテトサラダ・ライス・季節のお味噌汁で1000円)しかないといっていいくらいだったんです。でも今から思えばDでも良かったかな。

IMG_8556
楽しみにしていたハンバーグは、紡錘形でふっくらした外見。カットしようとするとふんわりではなく、みっちりしっかりとした反応が感じられます。ジュワーッと脂が出てくるタイプではなく、混ぜ物はほとんどなく(なしかも)がっちりした肉の旨味の固まり。
そしてドミグラスソースは、期待通りビターでヘヴィなタイプ。神戸や大阪でもここまでのはめったにお目にかかれないレベルで、わざわざ青春18きっぷでやってきた甲斐がありました。もっとソースを味わいたかったなあ。

IMG_8557
やや柔わ目ベシャメルのクリームコロッケからは、上品な海老の香りがふんわり。センターにデーンとそびえる海老フライはどっしり食べ応えある海老本来の味わい。そして特に印象に残ったのはお味噌汁で、白菜・豆腐・うす揚げ・エノキ・白葱など具だくさん、そしてなんだかわからんがすごくリッチで複合的に感じる魚介系のだしなんです。白ご飯と揃って脇役まで抜かることなく行き届いてる、店主の気合いというかすごみを感じた気がしました。これで1000円はすごくお値打ち。
 

IMG_8533
こちらはカウンター席の頭上にあった夜メニューで、駄目元で訊いてみたところやはりお昼は注文できないとのこと。サイトに写真が出ていたハヤシライスやドビーライスを是非食べてみたいなあ。でも夜だとバスで来るのは難しいし、車だと飲めないし、地元の皆さんはどうしてはるんやろ。

{お店データ}
住所:岐阜県揖斐郡大野町下磯521-2
営業時間:11時~14時 18時~21時
定休日:木曜定休、月に一度連休有り
 

IMG_8567
意外にサックリおかだで食べることが出来たので時間の余裕も出来、当初全く考えてなかった行動に出ることにしました。初めのほうにも書きましたが、バスで来るなら店の東側にある道の駅「パレットピアおおの」で降りるのが正解でした。駅に戻るバスが何時にあるのかもわからず、とにかく道の駅に向かったのですが…
(青春18きっぷで日帰り岐阜一人旅(2)に続く)
 

青春18きっぷで浜松日帰り一人旅(後編)〜小ネタ集

2018-09-03 12.40.37
この日目覚めてからまだ天丼しか食べてなかったとは言え、さすがに連発で何か食べる気にもならず、散歩がてら駅の北側ゾーンをうろついてみました。あとで調べたら有楽街とか肴町あたりのようで、飲み屋が多く昼間はそれ程賑わいを感じませんでした。そんな中、ちょっとオーラを感じる店が目に入ったもんで寄ってみたら、あの「夜のお菓子・うなぎパイ」で有名な春華堂の本店でした。うなぎパイは当然知ってるけど、店名知らなかったなあ。もちろんお土産に買って帰りましたよ。
 

2018-09-03 13.04.40
その後駅の南側に移動して、本来なら天丼のあと昼飲みに来ようと思ってたのに直前で定休日だと判明した「いりかま」をロケハン。残炎やなあ、ええ店っぽかったのになあ〜
 

2018-09-03 13.22.27
昼間開いてる店が少なく月曜定休が多いようで、開いてる店がそもそも少なく、適当に入った店でせっかくなので浜松餃子とチューハイ。茹でもやしを添えるのが定番なんでしょうかね。ま、なんちゅうか可もなく不可もなく。
 

2018-09-03 14.03.42
その後駅の北側に戻って、線路沿いにずんずん東へ。

2018-09-03 14.42.06
行ってみたかったのは、浜松市楽器博物館。浜松と言われて思い浮かぶのは、一にうなぎ二に楽器。ヤマハ・河合・ローランドなど、著名楽器メーカーが集まっているんです。

2018-09-03 14.43.022018-09-03 14.44.102018-09-03 14.44.58
弦・打・管など色々、世界各国・古いものから新しいものまで幅広く揃えて展示されています。試奏コーナーもあり、ちょっとお琴を弾いてみたり。一番面白かったのは、ピアノの構造(弦を弾く仕組み)を断面模型で歴史を追って展示してあるコーナーかなあ。(ちなみに僕はピアノは猫踏んじゃったしか弾けません)

2018-09-03 14.47.24
電子楽器も色々揃っています。こちらは一世を風靡したフェンダー・ローズ。これで思い出すのはデイブ・グルーシンとかジョー・サンプルとか。

2018-09-03 14.48.19
こちらはムーグ・シンセサイザー。これで思い出すのは、キース・エマーソンとリック・ウエイクマン。つまみが多いのだけを見ても単純に「おっ、スゲッ!」と思ったものでした。
(すんません、古くて)
 

2018-09-03 22.16.36
帰り時間が遅くなると台風の影響が心配なので、余裕を持って帰路に。浜松まで来てうなぎを食べない手はないのでどこかで持ち帰ろうとは思ってましたが、結局駅ナカにあった浜名湖養魚漁業協同組合直営店でちょっと上等な「直虎」といううなぎ弁当を購入。値段をちゃんと記録してないんですが、2500円前後だったと思います。

2018-09-03 22.17.10
家に帰って妻と半分こ。浜松では関東風と関西風と両方あるそうで、こちらは前者。温めずにそのまま食べたせいか、柔らか過ぎることがなく妙に脂が多すぎることもなく、期待以上のおいしさでした。この価格とボリュームなら値打ちものじゃないでしょうか。
こういうのを食べると、持ち帰りじゃなくてお店で食べたくなります。今度浜松に行ったら鰻屋のハシゴしたいなあ。