「中部」カテゴリーアーカイブ

青春18きっぷで浜松日帰り一人旅(後編)〜小ネタ集

2018-09-03 12.40.37
この日目覚めてからまだ天丼しか食べてなかったとは言え、さすがに連発で何か食べる気にもならず、散歩がてら駅の北側ゾーンをうろついてみました。あとで調べたら有楽街とか肴町あたりのようで、飲み屋が多く昼間はそれ程賑わいを感じませんでした。そんな中、ちょっとオーラを感じる店が目に入ったもんで寄ってみたら、あの「夜のお菓子・うなぎパイ」で有名な春華堂の本店でした。うなぎパイは当然知ってるけど、店名知らなかったなあ。もちろんお土産に買って帰りましたよ。
 

2018-09-03 13.04.40
その後駅の南側に移動して、本来なら天丼のあと昼飲みに来ようと思ってたのに直前で定休日だと判明した「いりかま」をロケハン。残炎やなあ、ええ店っぽかったのになあ〜
 

2018-09-03 13.22.27
昼間開いてる店が少なく月曜定休が多いようで、開いてる店がそもそも少なく、適当に入った店でせっかくなので浜松餃子とチューハイ。茹でもやしを添えるのが定番なんでしょうかね。ま、なんちゅうか可もなく不可もなく。
 

2018-09-03 14.03.42
その後駅の北側に戻って、線路沿いにずんずん東へ。

2018-09-03 14.42.06
行ってみたかったのは、浜松市楽器博物館。浜松と言われて思い浮かぶのは、一にうなぎ二に楽器。ヤマハ・河合・ローランドなど、著名楽器メーカーが集まっているんです。

2018-09-03 14.43.022018-09-03 14.44.102018-09-03 14.44.58
弦・打・管など色々、世界各国・古いものから新しいものまで幅広く揃えて展示されています。試奏コーナーもあり、ちょっとお琴を弾いてみたり。一番面白かったのは、ピアノの構造(弦を弾く仕組み)を断面模型で歴史を追って展示してあるコーナーかなあ。(ちなみに僕はピアノは猫踏んじゃったしか弾けません)

2018-09-03 14.47.24
電子楽器も色々揃っています。こちらは一世を風靡したフェンダー・ローズ。これで思い出すのはデイブ・グルーシンとかジョー・サンプルとか。

2018-09-03 14.48.19
こちらはムーグ・シンセサイザー。これで思い出すのは、キース・エマーソンとリック・ウエイクマン。つまみが多いのだけを見ても単純に「おっ、スゲッ!」と思ったものでした。
(すんません、古くて)
 

2018-09-03 22.16.36
帰り時間が遅くなると台風の影響が心配なので、余裕を持って帰路に。浜松まで来てうなぎを食べない手はないのでどこかで持ち帰ろうとは思ってましたが、結局駅ナカにあった浜名湖養魚漁業協同組合直営店でちょっと上等な「直虎」といううなぎ弁当を購入。値段をちゃんと記録してないんですが、2500円前後だったと思います。

2018-09-03 22.17.10
家に帰って妻と半分こ。浜松では関東風と関西風と両方あるそうで、こちらは前者。温めずにそのまま食べたせいか、柔らか過ぎることがなく妙に脂が多すぎることもなく、期待以上のおいしさでした。この価格とボリュームなら値打ちものじゃないでしょうか。
こういうのを食べると、持ち帰りじゃなくてお店で食べたくなります。今度浜松に行ったら鰻屋のハシゴしたいなあ。
 


青春18きっぷで浜松日帰り一人旅(前編)〜天錦で天丼

2018-09-03 11.35.29
台風21号が近畿に上陸する前日、青春18きっぷで浜松に行ってきました。なんで浜松かというと、行ったことがなかったのと、たまたまネットで知ったこちら「天錦」に行ってみたいと思ったもんで。大方の予想を裏切って、鰻目的ではありませんです(^^)
 

2018-09-03 11.36.49
開店時刻の11時ちょい過ぎに着くつもりが、浜松より先の大雨のため少し遅れて11時半頃着。まあちゃんとたどり着けただけまだマシ。待ち列もなくすんなり入店、カウンター席のみのところ一番奥に案内されました。ご主人以外にサービス担当の女性がお二人、いずれも気っ風がいい江戸っ子みたいで感じがいい方々でした。

2018-09-03 11.37.44
営業時間が短く、昼は11時〜13時、夜は17時〜19時の合計4時間のみ、お昼時は天丼(1000円)のみと思い切ったスタイル。注文しなくても天丼は出てくるので、何はともあれビール。箸袋に書いてある「喰べるたのしみ 生きるよろこび」っていい言葉ですねえ。
目の前にある大量の玉子は、なんと油に直接手を入れて黄味だけ揚げられます(@_@) この日はいらっしゃらなかった大将の技も、なかなか見もののようです。
 

2018-09-03 11.40.13
待つことしばしで天丼登場。ネタは海老二尾・はぜ・大葉・海苔・玉子、後で海老磯辺揚げが追加されます。天つゆはやや甘め、ご飯は少なめでしたが、希望により大盛りもできるようです。

2018-09-03 11.40.18
天丼に付いてくるあさりの味噌汁が秀逸。具だくさんで出汁が濃くて、これだけで日本酒のアテになるようなおいしさでした。

2018-09-03 11.41.14
玉子の天ぷらは丼の底のほうに潜んでいて、これは最後に潰して食べて欲しいというお店の意向かと。天ぷらの「まきの」とかもこういうスタイルですね。
 

2018-09-03 11.56.07
お勘定をしてお店を出たのが12時ちょっと前で、この待ち列。天丼だけだし回転はいいだろうと思います。お店の雰囲気もいいし、あさりの味噌汁との合わせ技でこの天丼1000円は値打ちもの。さすが地元で人気のはずだと実感しました。夜はどんな感じなのかなあ。

{お店データ}
住所:静岡県浜松市中区田町325-29
電話:053-452-9528
営業時間:11時~13時 17時~19時
定休日:水曜日(毎週でもないらしい?)
 


青春18きっぷで多治見へ日帰り旅/後編(岐阜県多治見市)

201701
予定より一本遅めのバスに乗ったので、多治見駅に戻るとまあまあの時刻。帰りの電車の時刻や雨のせいもあって、駅前で食事をするしかありません。名物の鰻に後ろ髪引かれつつ(←しつこい)、駅前ではほぼここしか興味を惹かれなかった「本町ロマンス」に否応なく入店。

201701

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

昼ご飯の時に入ろうとしたんだけど、まだ開店してなかったんです。店名がちょっとアレだけど、入ってみたら予想通りいい感じ、メニューも豊富でここええやん。漬物ステーキもあるでよ。

201701
こちらはお店の名物メニュー。多治見でなんでもんじゃなんかわかりませんが、楽しそうでええやないですか。

201701
とりあえずセロリの浅漬け(390円)。

201701
紅生姜入りちくわの磯辺揚げ(400円)。フツーの磯辺揚げじゃなく、紅生姜がいい塩梅でした。

201701
ポテサラ(460円)は温泉玉子載せ。今んとこどれもおいしく、こりゃ選んで正解のお店やったなあと。

201701
揚げ茄子ポン酢(400円)はトロロ載せ。さっきのポテサラ然り、定番メニューと思いきや、ちょっとプラスアルファされてるところがお上手ですね。

201701
そして奥美濃地方名物・鶏ちゃん焼(味噌味980円)登場。席に置いてある鉄板の上に、味噌をからめた鶏肉&キャベツや玉ねぎがドバッとてんこ盛りにされます。

201701
鶏ちゃん焼って名前は聞いたことあるけど、多分食べるのは初めて。味噌が焦げ付かないように具材を混ぜ混ぜしつつ焼いていくわけですが、この味噌味がうまーい。鶏もいいし、むしろ野菜類のほうがいいかもな感じで、お酒によく合うし恐らくそれ以上に白ご飯に合いそうです。コストパフォーマンスもいいし、こりゃかなりなヒット、自宅でも真似してやってみよう。

 ◎参考リンク:鶏ちゃん合衆国

201701
〆は多治見名物中華そば(650円)、醤油味・軽めウエーブ中太麺・チャーシュー/ナルト/わかめ/メンマ/海苔/ネギ。内容充実でこの価格は良心的。あっさりしているので〆にはちょうど良かったです。

多治見駅バスターミナル側のほぼ目の前にあってすごくわかりやすく、昼飲み出来るし地元メニューもありで旅行者にはありがたいお店でした。多治見の飲食店ゾーンって駅から少し離れた場所にあるようなので、駅近でって場合には特にオススメです。

この後電車に乗って爆睡、名古屋で1度と大垣での乗換のみで日付が変わる頃に無事帰宅。青春18きっぷではさすがに時間がかかるけど、多治見って見所多くてもっと余裕が欲しかったのです。また来たいなあ。

{お店データ}
住所:岐阜県多治見市本町2-26-3 東文堂ビル1F
電話:0572-25-6850
営業時間:月~木・日/11時半~25時 金土祝前日/~26時
年中無休


青春18きっぷで多治見へ日帰り旅/前編(岐阜県多治見市)

日帰りで福井・敦賀に行った翌々日、今度は妻と二人で多治見まで日帰りで行ってきました。我ながらようやりますわ〜 以下、写真多めの文章短めで。

20170108多治見
二人とも多治見は初めて。さすが焼き物で有名なだけあって、改札の真正面にはでっかい陶壁がウエルカム。

20170108多治見
駅周辺をサラッとロケハンして、目的地へのバスの発車時刻を確認したら、とにもかくにも昼ご飯をいただくことにしました。

20170108多治見
事前に調べたら多治見は鰻が名物だそうで、でも時間がなかったこともありご当地グルメ・たじみそ焼きそばをいただくことに。ちなみに「うながっぱ」は多治見市のマスコットキャラクターです。

20170108多治見
長時間電車で座りっぱなしだった体をほぐすべくまずはビールでプハー、程なく出てきたのはしょうゆ焼きそば。

20170108多治見
続いてこっちがたじみそ焼きそば。ぱっと見では上の写真のと変わりませんが、定義としては①ピリ辛味噌を使用した焼きそば ②半熟たまごがのって味噌と絡めていただけること、ってことだそうです。そういや味噌味の焼きそばって経験なかったけれど、日常的にこの味付けはアリやなあって思いました。さすが、いいお皿使ってはりますね。

20170108多治見
ビールと駅そばでエネルギーを注入できたので、事前に調べておいた駅前のバス停から目的地に向かいます。

20170108多治見
目的地は、多治見に行こうというきっかけになった「多治見市モザイクタイルミュージアム」。昨年6月にオープンしたばかり、タイルの原料を掘り出す採土場をモチーフにしたミュージアムそのものが、まず手始めにワクワク感を呼び起こしてくれます。

20170108多治見
20170108多治見
20170108多治見
実際に使われていたモザイクタイルのコレクションやら、タイルの製造工程やら、アーティスティックな展示やら。どれもカラフルで、かつ日常生活にも近くて、とても楽しいミュージアムです。

20170108多治見
予め予約して、モザイクタイルを作る体験もやってきました。見るだけでなく、自分で作ってみることが出来るってのは、興味が増してくるし身近に感じることが出来ていいですね。出来上がったタイルシートは、今我が家で鍋敷きとして活躍してくれています。

20170108多治見
ショップで販売されていたモザイクタイルのシンクは40,000円。もちろんこんな高いものばかりじゃなく量り売りとかもあり、この金魚も一つのタイルピースとして販売されていました。性別年齢関係なく楽しめて、こりゃいいところです。

ミュージアムを後にし、タクシーで「市之倉さかづき美術館」へ。ここは撮影禁止だったんですが、目に毒なものがいっぱい展示されていました。杯だと値段がそんなに高くないので、物欲がむくむく湧いてしまうんですよねえ。

20170108多治見
続いて徒歩で「幸兵衛窯」へ。一例として、この六代加藤卓男さん(人間国宝)作ラスター彩など見応え充分、しかも撮影可とは太っ腹。

20170108多治見
作品だけでなく、古陶磁資料館の建物そのものも興味深いんですよねえ。全然時間が足らなくて、予定していたバスより一本あとのに乗ることになりました。(ちなみに1時間に一本…)


一泊二日名古屋の旅(5)帰路は鰻の街・関の「辻屋」へ

20161007名古屋
ある日ネットで色々検索していたら、岐阜県関市が僕みたいな鰻好きにとっては夢のような地だと知りました。人口約9万人の市内で鰻丼を食べられる店がなんと20軒以上!なんでこんなに多いのかと思ったら、鵜飼で有名な長良川のすぐ近くでもあるし、それに加えて「刃物の街」でもあるんですね。(このリンククリックで関うな丼マップがダウンロードできます)
いつか行ってみたいと思い続けていたらこの度の名古屋行きが決まり、それなら帰りに寄ってみようとなった次第。ところが当日は年に一度の刃物祭りの日に当たり、街に近づくにつれ道路混み混みで大混雑。なんとか駐車場所を確保できましたが、えて吉さんにはえらくしんどい思いをさせてしまいました。

20161007名古屋
数あるうなぎ屋の中から数軒目星をつけておいたのですが、そのうちの本命である「辻屋」に行ってみると、祭りの影響もあってか待ち列ができていました。普段なら回避するところ、お祭りでよそも混んでいるし思ったより回転速そうだったのでおとなしく待っていたら、それ程時間がかからずすんなり入店できました。

20161007名古屋
事前にあまり予備知識なく、タレが甘くなさそう・歴史がありそう程度でしたが、店に入ってみてびっくり。8人掛けのテーブルが奥までズズズィ〜っと連なっており、外観からある程度察していたものの、店内は年月を感じさせる味わい深い雰囲気。僕の席が入り口そばの端っこだったので全体を見渡せたのと、満員だったので余計にいい光景なんでしょうね。

20161007名古屋
席のすぐ後ろ足元には、店内なのに池?があり、鯉や鰻が泳いでいたり、

20161007名古屋
店の一番奥には個室用の裏口があり、あたりはちょっとした庭仕様。

20161007名古屋
古いうなぎ屋さんは店内に水を流しているところをちょくちょく見かけます。ここにも苔むした水車がありました。このそばに階段があって、二階席もあることが判明。回転早いと思ったら相当キャパがあるお店でした。

20161007名古屋
お店の場所と建物は1860年頃の創業時のまま。そしてこんなエピソードが。

第二次世界大戦中、空襲による火災の類焼防止のため、辻にある弊店は取り壊しされることになりました。取り壊しの当日が昭和二十年八月十五日(一九四五年)。作業を始めて約二時間過ぎた頃、折しも正午の玉音放送で終戦を知りまして、急遽取り壊しが中止となりました。(辻屋の店頭にあった栞から引用)

まさに間一髪。運命とは不思議なものですねえ。

20161007名古屋
店の雰囲気を味わいながら、えて吉さんには申し訳ないと思いつつだいこんさんと僕はビール。お通しに出てきた肝煮はしっかり味付けされていて、本来なら辛目日本酒がいただきたいところ。

20161007名古屋
続いて鯉の刺身(620円)なんぞも。鯉の刺身の臭みを消すため味噌ダレがついてくることはよくあれど、この手の赤味噌系のが出てきたのは記憶にないです。これはこれでうまし。(やっぱり日本酒欲しい…)

20161007名古屋
そして待ちに待った鰻丼登場。小丼(三切れ入り2040円)/並丼(四切れ入り2610円)/上丼(四切れ入り3190円)・いずれも肝吸い漬物付きとあるなか、今回は並丼にしました。店名入りのいい丼鉢使ってはりますねえ、お隣のお客さんの上丼の丼鉢は金色が多用されており、見るからに豪華でした。

20161007名古屋
鰻好きの僕にしても、この並丼で充分なボリュームでした。蒸しが入らず地焼きの鰻は余分な脂分がなく、表面ややカリッとクリスピーで、僕の好きなタイプ。タレも甘過ぎることなくごはんもおいしく、かなりな理想型。うなぎ高騰の折、肝吸い付きでこの価格と内容はとても満足度が高かったです。
鰻丼はもちろんお店そのものも魅力的で、数ある中からこちらを選んで良かったと思いました。いつの日か是非再訪したいと思いつつ、関にある他のお店はどうなんだろうと気になるし、こりゃなんとも困った街です。

今回で名古屋ネタは完結。いつも通り車を運転してくれたえて吉さん、そしてあちこち案内してくれただいこんさんに大感謝です。

{お店データ}
電話:0575-22-0220
住所:岐阜県関市本町5-14
営業時間:11時~14時半 17時~20時
定休日:月曜