「海鮮」カテゴリーアーカイブ

友人と「さけやしろ」(神戸・三宮)

2016-11-16 20.42.30
在東京の高校時代の同級生が神戸に帰ってくるという連絡があり、必然的に三宮で飲むことになりました。長年の付き合いなので好みはわかってるから、迷うことなく「さけやしろ」へ。
 

IMG_9792
早い話が日本酒好きなので、それに加えておいしいアテが揃っていれば大丈夫。こういう場合の店選択は楽ですなあ。手始めにお造りを食べたかったのでしまあじ造り(1200円)を頼んだら、えらく綺麗に盛り付けられたのが出てきて、友人ややびっくり。量的にも充分、質も良くてこれは価値がありました。
 

IMG_9797
僕が選んだ一杯目は福井の「梵」のときしらずとやら。あまり銘柄は憶えないんだけど、福井には親しみがあるので梵はちょっと別格なんです。友人は岩国の「五橋」を飲んでました。
 

IMG_9794
友人希望により、おでん盛り合わせ。それなりの有名企業の偉いさんになっても、オーダーは昔と変わらず庶民的です。値段記録してないけど、この盛り合わせは見ての通りけっこうな大盛りでお得でした。
 

IMG_9798
僕の二杯目は、ミーハーだけど福寿の純米吟醸。ノーベル賞晩餐会で出される有名な神戸のお酒なので、当然友人は知ってると思いきや、知らなかったのは意外でした。
 

IMG_9800
揚げ物は、この店の名物&僕も大好きなおかゆコロッケ。友人はお粥にコロッケが入ってるのかと思ったみたいだけど、食べてみて納得。ちょっと甘めなソースも合ってて、けっこう気に入ってくれました。

この後近辺をうろついて、友人は何度も「神戸はええなあ」と繰り返していました。東京には三宮みたいなとこが一杯あるにも関わらず、神戸のこのコンパクトなスペースに質の高い店が色々あるところがいいのだそうで。それってわかるなあ。選択肢が多くてお金さえ払えばなんでもあってというのより、こっちのほうが居心地いいんですよね。
あいつも早よ神戸に帰ってきたらいいのに(^^)
 


ちょい飲み手帖でKyo(神戸・三宮)

IMG_8889
色々楽しませてもらってるちょい飲み手帖ですが、一つ残念なのは昼飲みできる店が少ないこと。まあ昼から飲む人自体が少ないだろうからしょうがないんですけどね。そんな中この「Kyo」は昼夜二部制でやってるので助かります。
 

IMG_8909

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

この日行ったのは15時頃、昼の部はカレー等のランチ類もあれば飲むのも可。後で聞いたら昼の部と夜の部とではお店をやってる人が入れ替わるそうです。
 

IMG_8906
一部値段表記があるもの以外は、昼夜ともドリンク300円均一は驚きです。芋焼酎なら三岳・赤兎馬なんかもあるし、バーボンも色々、生ビールもアサヒの熟撰だし。
 

IMG_8895
ドリンクは三岳のお湯割りをお願いしました。セットのアテその1はのれそれ。

IMG_8898
アテその2はお造り盛り合わせで、サーモン・ぶり・さわら。

IMG_8902
おでん3種盛りは大根・糸コン・玉子で、ちょい飲み手帖セット(1000円)としてはかなりなボリュームの部類に入るんじゃないでしょうか。大根むっちゃでかいしお腹一杯…
 

IMG_8910
個人的にはちょっとおでんが甘めかなあとは思いましたが、お造りも(失礼ながら)予想以上にがんばってはる感じです。昼から深夜までやってる・ドリンク(一部を除き)300円均一・料理もお手頃価格と使い勝手良さそう。このあたりなかなか面白い店が揃っているのですが、またもう一店レパートリーが増えた感じです。

{お店データ)}
住所:神戸市中央区北長狭通2-8-11
電話:(昼営業)090-5363-7313(夜営業)090-1221-1286
営業時間:11時~17時 18時~24時
定休日:火曜
 


ちょい飲み手帖で千人代官 酒居(神戸・三宮)

IMG_8468
さんちか・味ののれん街にある千人代官 酒居には、これまでに何度か入ったことがあります。宴会もできる千人代官の居酒屋バージョンで、城崎の西村屋系のお店なので、きっちりしてるなあという印象があります。
 

IMG_8463

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

IMG_8462
こちらのメニューのごくごく一部、お酒も色々あります。この他に小鍋とかもあって、これからのシーズンは特に魅力的やなあと思いました。
 

IMG_8466
店内はカウンター席のほかテーブル席もあり、比較的にゆったり落ち着いた雰囲気。カウンター席の真正面に鮭やら蛸やら色々干してるのは、なかなか珍しい光景でした。
 

IMG_8458
ここでのちょい飲み手帖セットは、普段からやってる「ほろ酔いセット」(15時〜17時限定・1200円)を、そのままの内容で時間を変え値段もお安くして提供。ドリンク1杯に手作り豆腐・お造り2種・天ぷら盛り合わせがついて1000円ポッキリととてもお得です。
 

IMG_8459
お造りは、ねっとり旨味があるサーモンと分厚い切り身のブリ。豆腐とこれとで充分一杯飲めてしまったので別途芋焼酎をオーダーしたら、これまたとてもたっぷりなな量で、軽く飲るつもりだったのに予想外にちゃんとした?飲みになってしまいました。
 

IMG_8465
食事の進み加減を気にかけてくれていたのでしょう、上記2品のアテがなくなるちょっと前に、揚げたての天ぷら盛合せ(海老・蛸・人参・蓮根・シシトウ)が登場。こういう気遣いはさすが西村屋系といいましょうか。

駅から近く昼夜通し営業、手頃な価格できっちりといろんなものが飲み食いできて、月並みな表現ですが万人におすすめできるお店って感じです。

{お店データ}
電話:078-326-7666
住所:神戸市中央区三宮町1-10-1 さんちか 味ののれん街
営業時間:11時~21時半
定休日:第3水曜
 


ちょくちょく「さのや」(大阪・大正)


相変わらずちょくちょく「さのや」に通っております。
 


この日は一人でいつもどおり最初はバリキング頼んで、好物のポテサラ(120円)。最近ディッシャーで入れてくれるんだけど、お箸でざっくり入れてくれたほうが居酒屋らしいんだけどなあ。
 


以前食べてすごく美味しかったホルモン煮込み(260円)をメニューに見つけたもんで、速攻で注文。今日はうずら卵も盛られており、ホルモンは相変わらずプルンプルンで上品なだしが激ウマ。
 


メニューをよく見たつもりだったのに見返してみたらセコガニ(580円)を見落としていたのに気づき、慌てて注文。時間をかけて身をせせりだして、今シーズン初めての味を楽しませてもらいました。
 


飲み物はバリキングをチェイサーに、最近こちらで知った麦焼酎「トヨノカゼ」ロックを追加。これ、以前から大好きな「兼八」と同じくはだか麦が原料で、例の香ばしいかおりがするんです。値段も安く近々自宅用にも購入の予定。
 


最後に揚げ物が食べたくて、でも量はそんなにいらなかったので、ハムカツ(120円)で〆。

バリキング1・トヨノカゼ2にセコガニ含めこれだけ食べて、2500円ちょっとは相変わらずのハイコストパフォーマンス。食べてみたいものは他にも色々あったんだけど、セコガニでかなり満足してしまったので、一人ではこれが限界でした。
 

 

sanjoya
で、これはまた別の日に、さのや2度目の娘と二人で来た時。ポテサラ(120円)・あんぽ柿のクリームチーズ(280円)・つくね(180円)・もう一本の串はなんだったか忘れました・焼き椎茸・じゃがいもピュレのブルーチーズ春巻き(180円)と、少しずつを色々。
 

IMG_7901

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

そしてこの日のメインはお造り盛り合わせ(二人前)、圧倒的なボリュームと質を是非大きな写真でご覧下さい。この日のネタは、活け赤貝・タコ・本マグロ赤身&キハダマグロ(だと思う)・茹で海老(だったと思う)・剣先イカうに載せ・シマアジ・茹でヤリイカとワケギの辛子酢味噌。盛り合わせメニューがないので値段がわかりませんが、一人前1000円前後じゃないでしょうか。混み合っている時はなかなかお願いしにくいので、タイミングさえあれば是非オーダーしたいです。
でもこれ食べたらかなり満足してしまうので、他のメニューが頼めなくなるのが難点。やっぱり通うしかありませんなあ。
 


スタンドアサヒ再々訪(大阪・南田辺)

IMG_7825
秋も深まってきて今年もアレを食べに行けたらいいなあと思っていたら、図ったようにこばやしさんえて吉さんから「スタンドアサヒ」へのお誘いがありました。
 

IMG_7798

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

3年前昨年に続いて今年で3回目。今回はメニューの近くの席だったので、ちゃんと写真に収めることができました。
 

IMG_7794
まずはほぼお通し的ポジションのこちらの名物・炊合せ。この手の煮物は好きなので大歓迎です。最初だけビールでしたが、やっぱりこの手のアテだと日本酒が欲しくなってすぐにチェンジ。
 

アサヒ1
続いてはわけぎぬた(250円)・刺身盛り合わせ(値段不明)・焼鳥(200円)・さばからまぶし(300円)。きずしにおからをまぶしたさばからまぶしはここ以外では見かけたことがなく、まさにもうどうしようもなく日本酒に合う一品。
 

IMG_7803
そしていよいよ本命登場。これが食べたくって来たんです。

IMG_7805
一人一つずつの松茸の土瓶蒸し、まずはだしを注いですだちをちょっと絞って。ベースのだしが美味しくって、そこに松茸の風味が加わって、ああ今年も秋が来たなあとじんわり実感。土瓶の中には松茸やら鱧やらいろいろ入っていて、でもやっぱりこの料理はだしが一番のごちそうですなあ。これで600円は超ありがたい。
 

IMG_7812
売り切れ前に本命をちゃんとゲットできたので、以降は気の向くまま・気軽に注文できます。で、メニューを見たときから注文する気まんまんだった鰻を白焼きで(1500円)。ここで鰻を何度か食べていますが、いつもどおり肉厚でボリュームがあってかといってたるみがなく、この価格とは思えない代物でした。

アサヒ2
お腹もぼちぼち膨らんできたので、軽めのアテを連発。めざし(250円)・とろろ(300円)・おでんの豆腐・ここでは食べたことがなかったげそバタ焼(300円)など、一品の値段が安いので気軽に色々頼めます。
 

IMG_7823
仕上げは松茸ご飯(400円)を一つだけ頼んで、ご飯とお漬物をアテ的にお酒を飲みながらいただきました。ご飯で日本酒を飲むって割と好きなんで、たまにやるんですよね。(ただしご飯がおいしい場合に限る)

南田辺って駅は僕からするとかなりわざわざな位置。でも、この店のためだったら喜んで足を運びます。秋の土瓶蒸しはもちろん、他の季節にも来てみたいなあ。