「海鮮」カテゴリーアーカイブ

「さのや」オンパレード(大阪・大正)

さのや
ちょくちょく通ってる「さのや」もコロナの影響でGW前後はしばらくお休みしていたそうです。僕もしばらく大阪へ出てなかったこともありご無沙汰でしたが、再開後、何度かうかがっています。ちょっと変化した点も含めて、一気にドカッと上げておきます。
 

さのや2
コロナ再開後変わったことは、カウンターと厨房の間にシートが貼られたことと、カウンタ上に可動式の仕切り板が設置されたこと。また、所々にアルコール消毒液があったり大阪コロナ追跡システムのQRコードが貼ってあったりで、色々と手を打たれているなあと感じました。

さのや3
以前はこのようにカウンター上にお惣菜が並んでいましたが、コロナ対策の一環としてこの光景はもう見られなくなりました。残念ですが仕方ないですね。想い出として、以前の写真をあげておきます。
 

以下、ジャンルごとに写真をまとめました。一つ一つの料理名まではよう書かんかったので、もし「これは何?」と気になるものがあれば、コメント入れていただければ思い出せたらお答えしますw

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

 

◎お惣菜
さのやお惣菜
 

◎お刺身・生もの・魚介
さのや生
 

◎日本酒
さのや酒
 

◎焼き物
さのや焼き物
 

◎揚げ物
さのや揚げ物
 

◎洋風
さのや洋
 

いやー、こうして並べてみると壮観ですなあ。世の中この先どうなっていくのかわからないことだらけだけど、皆さんそれぞれ自衛して、できるだけストレス溜めずに過ごしていきましょうね。
 

「酒仙房 金生」でプチ宴会(大阪・千鳥橋)

IMG_8479
都道府県をまたいでの移動もOKとなったのでぼちぼちええやろということで、*あきこさん*・こばやしさん・だいこんさん・えて吉さん・僕の5人で、何ヶ月ぶりかで集まって宴会をすることになりました。場所は「酒仙房 金生」。ここって一品の量が多いので何人か集まりたい、でもちゃんと予約しとかないと入れないかもなお店なんです。
 

IMG_8485

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

一品の量が多いだけでなく、おいしいくてしかも安い。有名なのは、板で出てくるウニといくら丼でしょうか。お酒も種類は少なくても、いいものを安く揃えています。
 

IMG_8481
ちょっと僕が遅刻して、到着した時にはすでにこのお造り盛り合わせがでてきてました。まぐろ・ホタテ貝柱・ぶり・すずき・鯖・キングサーモン・剣先イカ。多分僕は今回が4度目くらいだと思うんですが、ここってこんなにお刺身がおいしかったんやったっけ。ちゃんと寝かして旨味を引き出したお刺身を久しぶりにいただいた気がしました。
 

IMG_8483
こちらカニミソ豆腐は、変な臭みがなく小さくても旨味がぎゅっと詰まって280円、安ぅ〜
 

IMG_8493
お惣菜系のアテは、ポテサラ(230円)・ほうれん草白和え(200円)・タケノコの甘酢漬け(280円)。タケノコって甘酢漬けもできるんですね。
 

IMG_8495
ちゃんと人数分5切れにしてくれている穴子天は、伝助かと思うくらい身が厚くて、なんと380円の値打ちもの。でかいだけじゃなくって味が濃い。
 

IMG_8497
僕の好物・西京焼は銀だら(580円)。飲み物は最初はみんなビールで、すぐに日本酒にチェンジ。燗は何だか忘れたんだけど、冷やはなんと十四代、続いて多摩川アイスブレーカー。芋焼酎頼んだら「佐藤」しかありませんでした。いずれもすごくリーズナブルでびっくり。
 

IMG_8499
ちょっと舌休め的にトマトの塩麹漬け(180円)。
 

IMG_8488
小皿をもらったら、京都の都をどりの時の団子皿でした。これ、昔うちにもあったんやけどなあ。なんでこれを使ってるのか、お店の人に訊けば良かった。
 

IMG_8501
個人的にこの日一番驚いたのが、この琵琶湖産・天然稚鮎の天ぷら(5尾380円)。だいたい5尾380円ってだけですごいのに、これ全然稚鮎とちゃうやん!ってな立派なサイズ。ほろ苦甘いはらわたの香りがふわっときて、値打ちものでした。ありがたやありがたや〜
 

IMG_8502
肉系もということでステーキを頼もうとしたら売り切れだったので、牛肉レアあぶりたたき風(580円)。
 

IMG_8506
〆のご飯ものはいくら丼(880円)を2つとってワケワケ。ウニは売り切れだったけど、これで〆られたので全然オッケー。

何食べてもおいしいし安いし、お酒もいいし文句なし。人数が揃っていたので色々食べられて余計に良かったです。ちょっと交通の便が悪いところなのでなかなか行けませんが、また何人か揃って行きたいなあ。

[お店データ]
住所:大阪市此花区梅香3-26-11
電話:06-6461-0164
営業時間:[平日]17時~21時[日・祝]~20時
定休日:月曜・第3火曜
 

娘とサシで「さけやしろ」(神戸・三宮)

IMG_6363
娘と二人で飲もうとなって、希望を聞いたらまだ行ったことがない「さけやしろ」がいいと。で、予約なしで行ったら結構混み合っていて、カウンター席を案内してくれました。

IMG_6361

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

メニューをみたら、ラッキーなことにこの日は日本酒半額デーでした。普段は日本酒を控えてる僕もこの店に来たのなら解禁するつもりだったので、渡りに船。
 

IMG_6369
アテはまずお造り3種盛り(1600円)からで、伝助穴子・さわら・イカ。どこかしら春を感じさせる盛り付けが美しいです。
 

sake1
僕の父も妻の父も日本酒が好きだった血筋を受け継いだのか、娘も日本酒が一番好き。せっかくの半額デーなので、普段は飲めないようなやや高めのをいっとこうかということで、にいだしぜんしゅ 生しぼり/仙介 純米大吟醸原酒袋吊り斗瓶囲い

sake2
美人蔵部 純米大吟醸 島美人/磯自慢 特別純米山田錦58と、ガンガンいきます。
しかし昨今の日本酒はバリエーションがいっぱいあって、とてもじゃないけど覚えきれませんな。
 

ate
料理は左上・山菜天ぷら盛合せ(780円)/右上・和風だし水餃子(680円)
左下・ポテトサラダ(420円)/右下・からすみチャーハン(880円)
どれもおいしいし、盛付けきれいだし、日本酒によく合います。
 

IMG_6373
この日飲んだ日本酒のうちで一番気に入ったのが、百黙 純米大吟醸 無濾過原酒。家に帰って調べて知ったんですが、百黙って菊正宗の別ブランドなんですね。菊正宗とは全然違った方向性で華やか甘めなんだけど、本来僕は辛口好きなのにすごくおいしく感じました。通販はなく兵庫県内でしか売ってないそうなので、そのうち入手したいと思っています。

娘とサシでこんなに飲んだのは初めてかもしれません。たまたま隣のお客さんも楽しい方で、いい時間を過ごさせて貰いました。ちなみにこの数日後に、娘は会社の同僚とまたこの店に行ったそうです…
 

応援します 「わさびと魚」(神戸・鯉川筋)

IMG_6440
前回行ったのがいつだか思い出せないくらい久しぶりに「わさびと魚」へ行ってみることにしました。

IMG_6442

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

これまでに来ようとしたことは何度かありました。でもここの超お値打ちランチの人気が高くって、満席だったり売り切れだったりで振られてしまったんです。
 

IMG_6462
平日13時ごろ恐る恐る扉を開けてみたら、たまたまかもしれないけれど、ぶっちゃけ拍子抜けするほどの空き具合。やっぱりここもコロナの影響を受けてるんやなあ…まあそれでも僕らの後に何組かピークタイムを避けて入って来られたお客さんがいたので、一安心でした。
 

IMG_6449
お昼時は2段重ねのお重で出てくるこの松花堂のみ。ご飯・お造り・小鉢・サラダ・魚料理に加えて…

IMG_6459
汁物と天ぷらまでついて、これで1000円(税別)とは素晴らしいコストパフォーマンス!15年前は924円だったから、消費税分除けばなんと100円しか値上がりしてないんですよ。
 

IMG_6452
こちらのお店は70年以上も続く魚屋さんが経営しているから、いいネタをリーズナブルに仕入れることができるんでしょう。この日のお造り3種も品のいい旨味が感じられて、まずは当然ビールとともに。1種はヅケになってるし、わさびは当然本物のおろしたて、できれば日本酒にしたかったなあ。この手の上質な和食がリーズナブルにいただけるお店ってなかなかないので(特にお昼時)、とても貴重なお店だと思うんです。

IMG_6453
ボリューム十分なので、まずはアテにして飲んでその後ご飯のおかずとしていただいても、足らないなんてことはナシ。ムッチャ脂が乗ってる塩鯖半分ほどとお吸い物だけで、固めに炊き上がったご飯(おいしい)をきっちり平らげさせていただきました。久しぶりに来たけど、やっぱりおいしいし安いしレベル高いし、価値あるわぁこのお店。
 

IMG_6463
あまりにお得なものでついついランチに目がいってしまいますが、夜メニューもこんなに豊富で魅力的。さすが店名に「魚」の字を入れてるだけのことはあって、食べてみたいものだらけ。

IMG_6464
このご時世、外出はできるだけ控えるべきなんでしょうが、かといってずーっとこもりっきりなのも精神衛生上良くありません。もちろんいろんな点で注意は必要だけれど、「三つの密」を避けつつ、微力ながら大事なお店を少しでも応援できればと思っています。

{お店データ}
電話:078-321-1300
住所:神戸市中央区下山手通3-6-4
営業時間:12時~13時頃(売り切れ次第終了) 17時半~22時半
定休日:不定休
 

久々に三木半(京都・裏寺町)

IMG_5279
妻と京都の展覧会に行くことになり、それならしばらくご無沙汰な「三木半」に行っとかなあかんやろと言うことで、京都在住の友人にも声をかけ、開店時刻の16時半に予約して行ってきました。上の写真は開店直前に撮ったので、店内薄暗く暖簾もかかっていません。前回も開店即飛び込みやったんや。
 

三木半
おひたしと揚げたてレンコン天ぷらの突出しでスタートして、てっぴ(550円)ポテサラ(350円)などいただきながら、ビール飲んで三人でなんやかんやわいわい。

IMG_5287
ここにきたら是非ものの造り盛り合わせ(1150円)は3人前お願いして、これが1人前。ヒラメうに載せ・ヨコワ・イタヤ貝柱など、5種2切れずつの盛り合わせでお得。

IMG_5292
光り物が好きなので、きずし(800円)も。浅めに浸かっていて身がピカピカ、魚の自然な甘みたっぷり。

IMG_5299
当初はてっちりセットを食べる案もあったんだけど、いろいろ食べたいからと言うことで、てっちり小鍋(1850円)を。僕は年末にたっぷりいただいたので、控え目にしました。

IMG_5301
妻の強いリクエストにより、ふぐ唐揚げ(1500円)は2人前。さすがにかなり食べ応えがありました。
 

IMG_5303
何年か前に食べておいしかったのを覚えていたかカニ甲羅グラタン((750円)、甲羅が焼けて香りが香ばしい。

IMG_5306
メニューを見たときから頼もうと思っていたかす汁(350円)は3人前。豚肉がはいってるのってちょっと珍しい気がするんですけど、京都では魚介類じゃないのかなあ。
 

IMG_5308
最後にうだうだ飲みたくて、生ハムサラダとチーズ盛り合わせ(800円)。ワインが飲みたくなってしまいました…

こんな店が阪急河原町の改札を出てから5分以内にあるとはなあと、毎回思います。気軽においしいものが食べられて大のお気に入り。これからも通いますぞ。