「和食」カテゴリーアーカイブ

恒例の八戸ノ里ウロウロ(大阪・八戸ノ里)

年に数回大阪の八戸ノ里に行くヤボ用があって、その際にはえて吉さんに声をかけて付近でハシゴをするのがここ数年恒例になっています。備忘録を兼ねて以下サクッとあげておきます。
 

2018-03-14 16.12.11
(写真は前回の使い回しです)スタートは、今回が3回目のスコティッシュパブ ブリッジェンド。お酒も食べ物も品揃えが豊富で面白く、ひょうひょうとしたマスターもいい味だしてて、しかも15時開店というとても使い勝手のいい店なんです。

IMG_8472

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

ここはメニュー見てるだけでもこれなんやろと興味を惹くものが多いので、まともにいったらこの店だけで終わってしまいます。今回はサクッと切り上げたかったので、軽めのものをいくつかオーダー。先に着いてたえて吉さんに習って、飲み物はブラックアイルってとこの生の「スコッチエール」1パイント(1200円)で。

IMG_8474
聞いたこともなかったので頼んでみたコロネーションチキン(400円)は1953年に考案されたイギリスの伝統的な料理で、上に載っかっているチキンを細かく手でほぐすのが大変だそうです。意外なことに軽いカレー風味で、前菜としてとてもいい感じでした。

IMG_8478
二杯目は、ブラックアイルの瓶のロングタイムIPAってのを。

八戸ノ里1
アテの追加は燻製三種盛り(400円・特にたくあんうまし)とピーナツの燻製。他にも食べてみたいものが色々あったんだけど、今回はこれにてお勘定。
 

2017-12-13 18.08.32
(写真は前回の使い回しです)2軒目は二度目の酒肴処 うちだ前回はちょこっとだけだったので、今回はもう少しこちらのお店にウエイトを置くことに。

IMG_84811000円超メニューは一品だけのお手頃価格で、メニュー豊富。

IMG_8483アルコール類も色々と揃っています。一軒目はビールだったので、ここではいきなり燗酒からスタートしました。
 

八戸ノ里2
突き出しに続いて、蕪とセロリの甘酢漬け(380円)と三重鯖の梅煮(480円)。前者は近年酢の物好きになった僕が注文したんだったと思うんですが、甘味控えめスパッと酢が効いてて切れ味あってとっても良く、えて吉さんにも喜んでもらえました。

八戸ノ里3
続いて珍しい調理法に思えた砂ずりの酒蒸し(380円)と、レンコンの天ぷら(480円)。といいつつさつまいも・インゲン・茄子も入ってました。これでこの価格は良心的ですねえ。
前回と合わせての2回でいい店だということがわかったので、次回はいきなりここに来てじっくり腰を据えてもいいなあと思っています。
 

IMG_8495
実はこのあたりでちょっと記憶が飛び気味で、この焼そばをどこで食べたのかよく憶えていません。どうやら八戸ノ里の高架下の店だったようです。そこまで酔ってたのに、アテとしてけっこうイケてたようなことだけは憶えています。

早めにスタートしたお陰で3軒ハシゴしても早めの時間に解散でき、その後きっちりだいぶ西の方まで電社を寝過ごしましたが、余裕で自宅まで帰って来れました。阪神なんば線が出来たお陰で、神戸からでも大阪の東の方が便利になったなあとつくづく感じます。
 


もりもり寿司で欲望にお任せランチ(神戸・三宮OPA2店)

IMG_7980
この日は妻とミント神戸で映画を見た後、和食で何かということで、すぐ隣にある三宮OPA2の「もりもり寿司」にいってみることにしました。
 

IMG_8003

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

最近あちこちのショッピングモールなどに出来ているこの回転寿司チェーン、僕は1、2度行ったことがあるけれど妻は初めて。北陸・金沢が発祥ということで、お得意の3点盛りとか5点盛りとかのメニューが店頭でも色々見られます。
 

IMG_7988

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

回るけど100円じゃない系なので、一皿で一番安いのが120円、5点盛りで高級なネタの場合は1640円なんてのもあります。なので、安く抑えたければそれなりのネタで、欲望に任せるなら一般の寿司屋さんに行くのと同じくらいのお勘定を場合によって覚悟しておく必要があります。
 

IMG_7991
この日はやや欲望に任せたい気分だったので、いきなり北陸5点盛り(ノドグロ・ガス海老・バイ貝・白えび軍艦・ホタルイカ黒作り)の1350円。100円回る系ならこれで1食分くらいの価格ですが、ネタは珍しくさすがに上質で満足度高し。回ってるのを取るのではなく、パネルでオーダーしているので、気分的には一般店とほぼ同じようなもん。
 

IMG_7993
続いてはぶり5点盛りで、ぶりとろ・ぶり・ぶりてん・ぶりたたき・ぶり鉄火で880円。
 

IMG_7997
えーいイってしまえと。まぐろ5点盛り(大トロ・トロ・中トロ・赤身・ネギトロ/1350円)は、おいしかったけどちょっと重かったかな…
 

IMG_7998
これはなんだか忘れました。うちなら鯛を注文してそうだけど、そうでもないように見えるし、金目だったかなあ。
 

IMG_8001
最後はベタに海鮮カルパッチョ(180円)。思ってたのとちょっと違うかったけど、まあいいか。

光り物も食べたかったけれど、お腹一杯。今回は欲望に任せてモードだったので二人でそこそこの値段になりました。でももっと安く上げることも出来るし、ネタはそれなりに良かったし、駅から近くて通し営業なので使い勝手が良さそうです。平日昼飲みとかでもまた来ましょうかね。

{お店データ}
住所:神戸市中央区雲井通6-1-15 三宮OPA2 9F
電話:078-262-1722
営業時間:11時~23時
不定休
 


ちょい飲み手帖で千人代官 酒居(神戸・三宮)

IMG_8468
さんちか・味ののれん街にある千人代官 酒居には、これまでに何度か入ったことがあります。宴会もできる千人代官の居酒屋バージョンで、城崎の西村屋系のお店なので、きっちりしてるなあという印象があります。
 

IMG_8463

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

IMG_8462
こちらのメニューのごくごく一部、お酒も色々あります。この他に小鍋とかもあって、これからのシーズンは特に魅力的やなあと思いました。
 

IMG_8466
店内はカウンター席のほかテーブル席もあり、比較的にゆったり落ち着いた雰囲気。カウンター席の真正面に鮭やら蛸やら色々干してるのは、なかなか珍しい光景でした。
 

IMG_8458
ここでのちょい飲み手帖セットは、普段からやってる「ほろ酔いセット」(15時〜17時限定・1200円)を、そのままの内容で時間を変え値段もお安くして提供。ドリンク1杯に手作り豆腐・お造り2種・天ぷら盛り合わせがついて1000円ポッキリととてもお得です。
 

IMG_8459
お造りは、ねっとり旨味があるサーモンと分厚い切り身のブリ。豆腐とこれとで充分一杯飲めてしまったので別途芋焼酎をオーダーしたら、これまたとてもたっぷりなな量で、軽く飲るつもりだったのに予想外にちゃんとした?飲みになってしまいました。
 

IMG_8465
食事の進み加減を気にかけてくれていたのでしょう、上記2品のアテがなくなるちょっと前に、揚げたての天ぷら盛合せ(海老・蛸・人参・蓮根・シシトウ)が登場。こういう気遣いはさすが西村屋系といいましょうか。

駅から近く昼夜通し営業、手頃な価格できっちりといろんなものが飲み食いできて、月並みな表現ですが万人におすすめできるお店って感じです。

{お店データ}
電話:078-326-7666
住所:神戸市中央区三宮町1-10-1 さんちか 味ののれん街
営業時間:11時~21時半
定休日:第3水曜
 


晩秋の長野旅行(3)〜小ネタ集

IMG_8253
今回の宿は「あずまの湯」。銭湯屋さんが宿もやってるというちょっと変わったところで、銭湯へと繋がっている廊下突き当たりの扉を開けたら、いきなり脱衣所だったのには驚きました。15時から22時までしか入浴できないのがちょっと残念、でも部屋はめっちゃ広かったし駐車料金込みで一人一泊4000円ポッキリはありがたかったです。 
 

IMG_8279
宿をチェックアウトしてから善光寺へ。予報に反してとてもいい天気でまだ人出も少なく、清々しい気分でお参りできました。
 

IMG_8286
長野に来たら朝ご飯は当然駅そばでしょう。長野駅はすごくモダンだったので立食いはないかと一瞬思いましたが、長野駅の駅ビルMIDORIで無事ナカジマ会館を発見。

IMG_8291
なめことしめじがたっぷり入ったきのこそばは430円。具も麺も上出来、七味も善光寺前に本店がある八幡屋礒五郎のが置いてあって、長野度高かったです。
 

IMG_8296
朝食の後お土産探しでMIDORI内をぶらぶらしていたら、なかなか良さげなバーがあるじゃないですか。

IMG_8295IMG_8293
えて吉さんには申し訳無かったんだけど、軽井沢高原ビールの生を一杯イってしまいました。
 

IMG_8297
おやきの店が色々並んでたので、一個だけいただきました。後で調べたら隣の店が珍しい揚げタイプのおやきだったので、そっちにすりゃ良かったとちょっと後悔しています。
 

IMG_8312
長野駅を出発して南下、帰路の途中にえて吉さんが以前行って良かったという道の駅・長野市大岡特産センターへ立ち寄り。

IMG_8300
ここでの目的はおやき。チェーン店ではなくこの場所で生地も具も作って焼いています。お土産に6個買って自宅で冷凍中。これで食べたくなったらいつでも食べられます。

IMG_8392
これは中身がおから。居酒屋のアテみたいなのがたっぷり入ってて、とてもおいしかったです。おやきが好きなんだけど、関西ではなかなか手に入らないんですよね。ちゃんと知られたら売れると思うんだけどなあ。
 

IMG_8310
ここではおやきを買うだけのつもりだったんだけど、隣のそば屋がえらく繁盛してるし変わったメニューがあったもんで。朝ごはんに続いてここでも食べることにしました。

IMG_8309
おしぼりそば(680円)一人前を二人で半分こ。そばつゆではなく大根の絞り汁に味噌を溶き入れたもので食べるんです。大根の辛味が効いてておろしそばみたいな感じでさっぱり美味しかったし、何よりそばが良くって量もたっぷりで半分ずつにして正解でした。
こうみえて実はそば好きなもんで、1泊2日の旅行でいろんなタイプなのを3度も食べられて嬉しかったです。
 

IMG_8332
自宅に戻ってお土産を並べてみたら、わさび漬けは冷蔵庫に入れていたので仲間はずれでしたが、こんなに買ってましたw 帰ってからも当分信州気分を味わえる、ほんとに中身の濃い旅でした。毎度ながらえて吉さんに感謝します。
 


ちょくちょく「さのや」(大阪・大正)


相変わらずちょくちょく「さのや」に通っております。
 


この日は一人でいつもどおり最初はバリキング頼んで、好物のポテサラ(120円)。最近ディッシャーで入れてくれるんだけど、お箸でざっくり入れてくれたほうが居酒屋らしいんだけどなあ。
 


以前食べてすごく美味しかったホルモン煮込み(260円)をメニューに見つけたもんで、速攻で注文。今日はうずら卵も盛られており、ホルモンは相変わらずプルンプルンで上品なだしが激ウマ。
 


メニューをよく見たつもりだったのに見返してみたらセコガニ(580円)を見落としていたのに気づき、慌てて注文。時間をかけて身をせせりだして、今シーズン初めての味を楽しませてもらいました。
 


飲み物はバリキングをチェイサーに、最近こちらで知った麦焼酎「トヨノカゼ」ロックを追加。これ、以前から大好きな「兼八」と同じくはだか麦が原料で、例の香ばしいかおりがするんです。値段も安く近々自宅用にも購入の予定。
 


最後に揚げ物が食べたくて、でも量はそんなにいらなかったので、ハムカツ(120円)で〆。

バリキング1・トヨノカゼ2にセコガニ含めこれだけ食べて、2500円ちょっとは相変わらずのハイコストパフォーマンス。食べてみたいものは他にも色々あったんだけど、セコガニでかなり満足してしまったので、一人ではこれが限界でした。
 

 

sanjoya
で、これはまた別の日に、さのや2度目の娘と二人で来た時。ポテサラ(120円)・あんぽ柿のクリームチーズ(280円)・つくね(180円)・もう一本の串はなんだったか忘れました・焼き椎茸・じゃがいもピュレのブルーチーズ春巻き(180円)と、少しずつを色々。
 

IMG_7901

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

そしてこの日のメインはお造り盛り合わせ(二人前)、圧倒的なボリュームと質を是非大きな写真でご覧下さい。この日のネタは、活け赤貝・タコ・本マグロ赤身&キハダマグロ(だと思う)・茹で海老(だったと思う)・剣先イカうに載せ・シマアジ・茹でヤリイカとワケギの辛子酢味噌。盛り合わせメニューがないので値段がわかりませんが、一人前1000円前後じゃないでしょうか。混み合っている時はなかなかお願いしにくいので、タイミングさえあれば是非オーダーしたいです。
でもこれ食べたらかなり満足してしまうので、他のメニューが頼めなくなるのが難点。やっぱり通うしかありませんなあ。