「和食」カテゴリーアーカイブ

酷暑の京都旅(3)〜「乙羽」で京風寿司(新京極)

R0001883
2日目はホテルの朝食をたっぷり食べたので、お昼ご飯は控えめでした。18時を過ぎて神戸に戻る前に、なんか食べて帰りたいなあと選んだのが、こちらの「乙羽」。たまに京風というか、関西風の箱寿司が食べてくなるんです。こちらのお店はず〜っとず〜っと前からあるはずと思っていたら、それもそのはず創業明治35年の老舗でした。
 

R0001872

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

18時過ぎにお店に入ったら、先客はおらず。でもその後はぽつぽつとですがお客さんが次々入って来られました。特徴的なのは、日本人客は僕らだけで、それ以外は全部海外からの観光客だったこと。新京極を四条から入ってすぐの立地の寿司屋ってことで、ベタだからなんでしょうかねえ。
有名な蒸し寿司は冬場だけ(実はまだ食べたことがないんです)。メニューは握り・巻・ちらし・箱とその組み合わせで、バリエーション豊富なんだけど、ネーミングが雅(みやび)なもんでどんなものなのかがわかりにくいw お店の人に尋ねたら、もちろん親切に教えてくれました。ちなみに外人さん向けには英語メニューが用意されています。
 

R0001876
注文して程なく登場、こちらは大原(箱寿司+鯖寿司・1350円)。

R0001879
こちらは京風(箱寿司+鯖寿司+巻き寿司・1360円)で、どちらもボリュームたっぷり。なかなか興味深い値段設定やなあと思いつついただきますと、シャリはやや甘めな感じですが、この手のお寿司としては標準的かなと。有名な「いづう」だと倍以上の価格ですが、そこまで気合いを入れず気楽に食べたい時には、場所が便利・店内落ち着いた雰囲気・昼から夜まで通し営業なので、いい選択肢の一つだと思います。何よりも、この地で100年以上も商いをなさっているのが信頼の証。冬になったら蒸し寿司食べに来ないといけませんな。

{お店データ}
住所:京都市中京区新京極通四条上ル中之町565
電話:075-221-2412
営業時間:11時~21時
定休日:月曜
 

酷暑の京都旅(2)〜旬ダイニングすいば

R0001792

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

夜はいつもの京都在住の友人と一緒に飲みに行くことにしていました。このパターンだとついつい大好きな三木半ってことになってしまうんだけど、先月行ったばかりなので、さすがに回避。事前に検索したら行ってみたい店がいっぱい見つかったんだけど、その中から「旬ダイニングすいば」を選んでみました。
 

R0001793
近年どんどこ店舗が増えている人気の立ち呑み「すいば」は現在5店舗あり、四条河原町店に一度行ったことがあります。で、そのすいば四条河原町店の近くにあるこちら「旬ダイニングすいば」は、立ち飲みじゃなくって椅子があるんです。四条河原町から近いんだけど、入り組んだ路地の奥のビルの2階にあって、ちょっと隠れ家チック。
 

R0001795

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

メニューは和風中心でコースもあり、酒類ともども種類豊富。四条河原町からこんなに近くてこの値段設定なら、かなりリーズナブルではないでしょうか。店内はテーブル席・カウンター席・個室もあって予約もできるので、なかなか使い勝手が良さそうです。
 

R0001805
まずはビール、アテは手始めに水ナススライス(480円)。

R0001809
一見ポテサラのように見える桃と海老の白和え(580円)、なかなかオツでした。

R0001808
お造り盛り合わせは5種で1350円、ヒラマサ・たこ・サーモン・まぐろ・スズキ。これはお値打ちに感じました。この辺から僕は大好きな兼八ロック(580円)にチェンジ。

R0001812
続いて京地鶏唐揚げ柚子胡椒(780円)。いい意味でフツーにおいしい。

R0001817
友人が海老好きなもんで、海老グラタンバゲット付き(980円)。見せ方が上手なせいもあって、これは思ってた以上に良かったです。

R0001819
またもや海老、海老カツタルタルソース(980円)で〆。

友人・妻・僕の三人でこれだけ食べてほぼ満腹、瓶ビール小瓶(450円)2本・ハートランド生ビール(480円)5杯・ライムチューハイ(450円)1杯・兼八2杯飲んで、合計1万円ちょい。できれば瓶ビールは中瓶以上を置いて欲しいけど、どの料理もおいしかったし、なんだかんだしゃべりながら2時間以上ゆっくり過ごさせてもらって、これはいい店見つけました。
しかしこのすいば以外にも、三木半・たつみ・サンチョ・静などなど、四条河原町北西のこのゾーン、いい店がひしめいてますなあ。

{お店データ)
住所:京都市中京区中之町565-23ハレの日花遊小路ビル2F
電話:075-251-0073
営業時間:17時~23時
定休日:月曜・第一火曜
 

「酒房 大関」へ様子見に(神戸・湊川)

IMG_2223
この日は妻と湊川の「パルシネマしんこうえん」へ映画を観に行った後、なんかちょっと寄り道したいということで、以前からの課題店「酒房 大関」に行ってみることにしました。あの辺りって坂になってるのでどこが何階だかわかりにくいんやけど、一応こちらは地下にあります。店構えそのものはどうってことないのに、周囲の雰囲気も相まって、扉を開けるのにちょっと勇気が要るかも知れません。
 

IMG_2225
でもお店に入ってみると全然どうってことなく、調理担当ご主人とサービス担当奥さんの二人三脚、いい感じに枯れた(失礼)常連さん中心の、ほんわかアットホームなお店でした。席はカウンターのみで、コの字だったかL字だったか、全部で10席ちょっとでしたかねえ。ビール頼んで、まずはつきだしで妻と乾杯。初めてなのが丸わかりの僕らに対して、女将さんが色々気配りしてくれているのが感じられます。
 

IMG_2226
初めてだったし、位置的にもメニューを写真に撮りづらかったので、なし。どっちかっていうと魚系がメインで、カウンター前のケースに良さげなネタが色々入ってました。この日は腹具合的にあんまり入りそうになかったので、ひとまず様子見ということで、シマアジのお造り(1000円)を。ねっとりした甘味と上質な旨味。うーむ、これはかなりネタがいいんではないかい?、ということで麦ロックにチェンジ。
 

IMG_2229
あまり量は食べられないのはわかっていたので、事前に話に聞いていた鰻(時価)もええいとばかりに注文してしまいました。出来合いではなく注文してから焼き始め・値段はようわからんがかなり立派なサイズ・身が締まっていてぶよぶよしてるとこなんて一切なし・皮側がパリッと香ばしく焼けてる・タレをつけすぎていない、とかなりな代物。失礼な言い方ですが、何も知らなかったらこの場所でこんなのに出会えるとは夢にも思いますまい。
食べ始めたら女将さんがご飯とお漬け物を用意してくれ、ご主人は白ご飯にいい塩梅でタレをかけてくれました。このあたりの連携もすごく優しい感じ。これはいい店、改めてちゃんと来ます。

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区新開地1-4-3 ミナエンタウン B1F
電話:078-577-0372
営業時間:17時〜23時
定休日:不定
 

天丼が食べたくて「天丼てんや」に(神戸・垂水)

IMG_2056
天丼は東京風に強めの油で揚げられていて、濃いめ・辛めのつゆがかかってるのが好きなんですが、なかなか関西ではお目にかかることができません。と思ってたら、「天丼てんや」というチェーンのがけっこう良さげと知りました。探してみたら関西にはまだほとんど店舗がないのに、たまたま垂水に兵庫県1号店ができたばかりということで、先日行ってきました。
 

IMG_2053
チェーンの天丼食べに行くのに垂水まで行くのもなあとは思ったものの、天丼てんや垂水駅前店は駅に隣接するショッピングセンター内にあり、我が家からならJRであっという間に到着します。三宮方向と反対に行くだけと思えば全然どうってことないですな。
 

IMG_2039IMG_2041

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

色々向きを変えてみても光ってしまうので、見にくいメニューでスミマセン。一番食べたかったのは期間限定・大江戸天丼だったんだけど、オープン間もないためレギュラーメニューのみだったのが残念でした。
 

IMG_2051
お店に入ったのは平日13時前で、オープンして日が浅いせいもあってかけっこう繁盛してました。駅近だし同種の店が近くになさそうだし、けっこううまくいくんじゃないですかね。
 

IMG_2047
本命メニューがなかったので、基本となる天丼(並540円・みそ汁付き)+生ビール(中・430円)を、50円引きクーポン使用でいってみました。

IMG_2049
ネタは海老・いか・白身魚・かぼちゃ・おくら。ご飯は固めでちょっと少なめでしたが、丼物でビール飲むとお腹が張ってしまうので、結果的に好都合でした。つゆは濃いめだけれど甘味がやや強いので、卓上の七味を振りかければOK。ネタの質もまずまずよく、組み合わせも良くできていて、さすが定番はきっちり抑えてきてるなあって感じでした。
元々食べたかった大江戸天丼(玉子なし)だと、えび・穴子・大いか・おくらで820円なので、穴子なしでいいなら基本の天丼・並に好みの天ぷらを追加してもいいかもしれません。ビール飲まないならご飯大盛りもありかなあ。関西圏ではここ以外に奈良1・大阪3しかないのでなかなか機会がないでしょうが、コストパフォーマンスもいいし、個人的には他の用事との合わせ技でたまに垂水まで来るのも十分ありだと感じました。
(「丸亀製麺で天丼」もやってみたいんだけど、やっぱりあそこではうどん食べたいのよね…)
 

またも金時食堂に行ってしまいました(神戸・元町)

IMG_2021
昨日の13時半頃元町で妻と昼ご飯食べようとしたら、目指す店が休みだったり昼休憩に入ってたりして、結局は毎度ながらの金時食堂へ。最近ちょっと来過ぎなんで控えようと思ってるんだけど、通し営業で便利だしメニュー豊富だしおいしいし、しょうがないですなあ〜(ワンパターンでスミマセン)
 

IMG_2024
瓶ビール(この時間は450円)頼んでおかずコーナーを物色していたら、こんな盛り合わせを発見。お造りは鯛と(多分)ブリ/焼魚は鯖塩焼き/だし巻き・かぼちゃ煮・冬瓜煮・ゴーヤースライスで500円の「飲むならこれだけでOK」みたいな素晴らしい一皿、こんなん今までにもあったんかなあ。
 

IMG_2027
妻はいわしフライ定食(640円)を。ふっくら揚げたていわしフライ2尾に生野菜とスパサラ/ご飯/味噌汁/じゃこおろし/塩昆布付き。周りのお客さんの注文を見てると、いわしフライ定食と肉豆腐が人気あるようでした。
 

IMG_2029
瓶ビールから芋焼酎ロックにチェンジしていた僕は、なんか汁物が欲しくなってあさり貝汁(400円)を注文。あさりをせせりながら呑み、貝エキスたっぷりの汁を飲み。なんだかすごく体にいいことしてるような気になれましたw

ワンパターンとは思いつつ、ここには今後も通うことになるだろなあ。