「和食」カテゴリーアーカイブ

東京一人旅(3)〜大当たりの「鍵屋」(東京・鶯谷)

ぷるみえさんと会った後は、高校時代の友人3人との飲み会。当初はなんとなく上野で待ち合わせてテケトーに店を選ぶつもりだったんですが、直前になって調べてみたらもひとつピンと来る店がなかったので、ちょっと範囲を広げてみたら良さげな店が引っかかってきました。
待ち合わせたのは山手線の鶯谷駅。関東在住歴が長い友人3人とも「こんな駅で降りたことない」と言ってましたが、僕はこの近所のせんべい屋・寿々喜に何十年前かに2,3度来たことがありました。(今回もお土産用に買って帰りました)
 

2018-06-18 18.47.51
目的のお店は「鍵屋」。この写真は店を出てから撮ったもので、実際は開店時刻前に場所を確認に来て、一旦離れて寿々喜にせんべいを買いに行き、17時少し前に戻って来たら行列ができていたので焦りましたが、なんとか滑り込むことが出来ました。
 

2018-06-18 17.09.43
検索しててたまたま良さげだと思って選んだんだけど、あとで調べてみたらかなり有名なお店のようで(^_^; 1856年に酒屋として創業・1949年に居酒屋へ業態変更、外観も店内も風情があります。メニューはこれだけ、ビールはサッポロの赤星・日本酒は桜正宗/大関/菊正宗の3種のみ(いずれも神戸/西宮の酒)・冷酒あり・焼酎やサワーはなし、と超シンプル。
 

2018-06-18 17.13.34
まずはうなぎのくりからやき。こういう串に刺した鰻は関西では見掛けないので、以前から興味がありました。「くりから」は「倶利伽羅」と書き、不動明王が持つ竜が巻き付き炎に包まれた剣の見立てだそうで。きりっと辛目のタレが絡んで香ばしく焼き上がっていて、元々鰻好きだし出だしからご機嫌。
 

2018-06-18 17.20.55
味噌おでん。冷めないように・型が崩れないように、板が敷かれていて、心配りが感じられます。
 

2018-06-18 17.25.40
とり皮やき

2018-06-18 18.01.58
とりもつやき

2018-06-18 17.42.36
合鴨塩やき
最初のくりから焼・とり・合鴨は一人一本ずつでそれなりの値段ですが、サイズが大きく、どれもきっちり作られていて、なんちゅうかとにかくとてもいいとしかいいようがない。飲み物は最初だけビールで、すぐに日本酒にスイッチ。
 

2018-06-18 17.47.17
撮影ミスで見にくいですが、たたみいわしを炙ったの。熱で丸まっていて、指で押すとパリパリと崩れます。適度な塩気がよくって、これもまたどうあがいても日本酒。
カウンター席ながら久しぶりに会う4人だったので、なんだかんだ話しながら飲むわ喰うわ。喋るのに遠慮しないといけないような雰囲気ではなかったのもありがたかったです。
 

2018-06-18 17.50.31
6月半ばでそこそこ暑かったけれど、誰かがリクエストしたのでとりもつ鍋を注文したら、これがかなりのヒット。一人で来たらこれだけで充分飲めそうなボリュームで、具材の種類が豊富。これ食べたら、秋冬限定の湯豆腐がどんなのかとても気になりました。
 

2018-06-18 18.05.59
酸っぱいものが欲しくなったので、ところてん。東京ではありえないでしょうが、黒蜜のが出てこなくて良かった。
 

2018-06-18 18.25.54
お腹はかなり膨らんでいたけど、まだ飲みたかったのでかまぼこ。それなりの値段ですが、食べたらわかる高級品。小田原あたりの有名店のものかなあ。

なんとなく選んでみたけれど、ここに来られて大正解。食べ物もお酒もおいしく、店に風情があるし、お店の方も昔からの東京の良さが感じられる人柄で親切でした。やっぱり僕は、こういう古くからの東京を感じさせてくれる街や店が大好きです。いいなあ、ここ。是非また来たい。

…ちなみにこの後僕一人だけ離脱して新宿へ移動、娘と飲みに行きました。それなりに出来上がっていたし時間もなかったのであまり話せず、もったいないことしたなあ。
 

{お店データ}
住所:東京都台東区根岸3-6-23-18
電話:03-3872-2227
営業時間:17時~21時
定休日:日曜・祝日
 


奥出雲湯村温泉 湯乃上館で極上一泊二日(後編)

DSC03505
お楽しみの夕食は、部屋での食事か、宿の玄関を出てすぐ左手にある茅葺き別棟内の囲炉裏端かを選ぶことが出来ます。囲炉裏は一つしかなく宿泊客は一日二組だけなので、先客が選んだら二組目は自動的に残りのほうに決まりとなるんですが、せっかくなので若干料金が高くなる(500円!)のを承知で、囲炉裏端を予約しておきました。
 

DSC03510
通されて、思わずおおっと声が出ました。おっさん2人にはもったいなさ過ぎる風情あるスペース。囲炉裏の端っこと窓側にえて吉さんと僕の席が用意されているだけで、余裕たっぷり。確か最大で8人利用できると伺った記憶があります。
 

DSC03512
まずは、もずくの酢の物・刺身こんにゃく・鰺のたたきでビールからスタート。

DSC03513
鰺のたたきの盛りつけを見ただけで、こりゃ間違いないと確信しました。
 

DSC03520
予め軽く火を通した焼き魚が、炭火にセットされました。ひょっとしてと思いながら確認したら、のどぐろ。写真ではわかりませんが、サイズも身の厚さもすごくて、こんなの見たことありません。

2018-05-23 18.29.09
早々と日本酒を注文。焼きたての塩焼きを何もつけずにそのままいただく贅沢。これだけでも充分にメインを務めることが出来るんじゃないかと思えるほどの存在感でした。
 

DSC03535
ちょいとリズムを変えて茶碗蒸しが出てきた後は…
 

DSC03529
こちらの定番・鶏と揚げの網焼き。

DSC03541

DSC03543
炭火で焼いただけの揚げに、ちょろっと醤油をかけただけなのに、すごくうまいんです。揚げのタチの良さもあるんでしょうが、醤油もうまみとコクがあってアテになるくらい。ご主人に訊いてみたら、島根県奥出雲町の井上醤油店のものなのだとか。気に入ったので帰りに探しまくってやっと見つけて買って帰ったら、我が家の近所のスーパーのこだわりコーナーに置いてあったので、腰が砕けてしまいましたw
 

DSC03546
鶏(手羽)はこんな感じ、塩の下味だけでそのまま。皮の焼け加減見ただけで、ものすごくおいしそうですよね。
 

DSC03549
シンプルで力強い素材の旨味に充分満足していたら、三瓶牛のローストビーフが登場。丸めてお皿の上に載っているのでそう大した量には見えませんが、広げてみたらそこそこのボリューム。これも醤油をちょこっとつけるだけで充分、というか余分なことは必要なし。
 

DSC03553
〆は大粒シジミのお澄ましに、お漬け物とご飯。お腹一杯でもこういうのは簡単に胃に収まります。

DSC03555

DSC03570
最後はフルーツとお茶(柿の葉茶?)で。

こちらの宿は、山の中・川のそばなのでその手のものはもちろん、境港などの漁港からも近いので、四季折々いろんな素材が手に入るんですね。その上、十四代目のご主人は京都の料亭での修行経験もあるので、もうこりゃあ鉄板。雰囲気も抜群で大満足の炉端料理でしたが、部屋食も食べてみたい、でも季節が違えば素材もまた変わってくるしと、何度でも来たくなって困ったことですw
 

2018-05-24 07.01.58
食事の後、部屋に戻って一休みして温泉に入ってまた飲んで就寝。翌朝起きたらピーカンのいい天気。さっそく朝風呂に入って、朝食に備えます。
 

2018-05-24 08.00.53
お味噌汁の具は、玉ねぎとじゃがいも。写真一番上の鰯の醤油煮は、きりっと辛目の味付けで少量でもご飯がバクバクいけます。こういうの食べるとまた飲みたくなってしましました。

 

で、この一泊二食の料金(囲炉裏端での夕食プラン・飲み物代別途)なんですが、一人当たり12,500円にサービス料10%、入湯税150円で、合計13,900円。温泉は源泉掛け流しでいつでも入れる・宿は風情あり・料理も充実で、すごいコストパフォーマンス。季節ごとにリピートされる方もいらっしゃるとのことで、そりゃ近くにこんなとこあったら年に何回でも来たくなることでしょう。我ながらこれはめっけもんの宿でした。
 

DSC03609
僕らみたいな雪に慣れてないものが冬に車で来るのはちょっと難しいでしょうが、その時期の料理にも大いにそそられるものがあるし、寒い時期の温泉もまた格別でしょう。宍道湖側の木次駅からバスで来ることも出来るので、いつかそのルートでも来てみたいものです。どうもお世話になりました。
 

DSC03610
 


高木鮮魚店でちょい飲みランチ(大阪・梅田)

2018-07-15 14.15.47
阪急梅田駅構内にある高木鮮魚店のことは以前から気になっていました。店名看板にも「お持ち帰り鮨」って書いてはあるんですが…

2018-07-15 13.50.41
店内の左奥にイートインコーナーがあって、この写真のメニューの他、お寿司単品もここで食べることが出来るんです。この日は祇園祭に行く途中で、中途半端な時間だったのと京都に着いてからではどうせ混み合っているのがわかっていたので、乗換の前にここで食べていくことにしました。
 

2018-07-15 13.54.52
食べるだけではなく飲むのも可能。あとで調べてみたら滋賀を中心に鮮魚店・寿司店を展開している「鮮魚たかぎ」グループのお店なんだそうで。
 

2018-07-15 13.59.36
僕はベーシックににぎり八貫(吸い物付き790円)。一見九貫に見えますが左端の玉子はシャリなし、玉子がかぶるので右端の握りは別ネタにして欲しいなあ。でもけっこうネタも良くこの値段なら上出来、駅構内で食べてるってことを忘れそうになります。
 

2018-07-15 13.59.59
こちらは妻の海鮮丼(吸い物付き790円)。ネタはにぎり八貫とほぼ同様ながら、こちらはシャリの盛りを大中小から選べるのがメリットかも。妻も僕同様「ネタがいいね」との感想でした。

駅構内の食事と言えばかつては立ち食いそば程度しかなかったのに、今やそこでの食事で集客を狙うほどになってますもんね。駅構内の店ももはやあなどれない時代に入っていますなあ。

{お店データ}(阪急梅田店)
住所:大阪市北区芝田1-1-2 阪急梅田駅 2F 中央改札内
電話:06-6485-0307
営業時間:[月~金] 8時~22時半 [土・日・祝] 10時~22時半
無休
 


助走をつけに「ゆうだん丸」(大阪・大正)

2018-07-11 18.41.11
この日はえて吉さんと某所に行くのが目的で、その前に(失礼ながら)助走をつけに数年ぶりに「ゆうだん丸」でちょい飲みすることにしました。1階は立ち呑み、2階は椅子席もあり。オープンしてからそれなりの年数経つはずで、大正駅近くではすっかり定着した感があります。
 

2018-07-11 17.56.01
口開けはチューハイプレーン(280円)に、ここの是非もの・鮪の中落ち(280円)をば。さすがウリだけあって鮪の質がいいです。
 

2018-07-11 18.10.19
だいぶ前に食べて確か美味しかったはずと記憶に残っていた鯖の炙り棒寿司(2貫350円)は、やはり記憶どおり。ちゃんと記録してなかったんだけど確かこの日はこちらのお店の寿司の日で、いつもより安かったんだか、普段はお寿司やってないんだったかのような気がします。(←そういうのはちゃんと記憶してない)
 

2018-07-11 18.34.51
僕が味噌漬けが好きなもんで、フグの味噌漬け(値段記録なし)を頼んでみたら、予想以上にサイズデカくて分厚い立派なのが出てきてびっくり。これはうまかったし食べ応えがありました。
途中から焼酎にチェンジしてたし、ヘタしたらこのままここに居着いて助走じゃなくなってしまいそうだったので、今回はこれにてお勘定。さすが年数続いてる店だけありますなあ。
 

{お店データ}
住所:大阪市大正区三軒家西1-9-1
電話:06-6554-8277
営業時間:17時~23時
定休日:日曜
 


夏の佳景(神戸・元町)

2018-07-10 10.05.45
先週佳景に行ってきました。随分久しぶりのような気がしてたんだけど、4月の末に行ってたとあとで気づきました。
 

2018-07-10 10.12.34
まずはビールをお願いして、定番の胡麻豆腐でグビッ。季節が春から夏に変わっても、この出だしはいつも通り。
 

2018-07-10 10.15.42
この日の一週間ほど前の半夏生が関係あるのかないのかわからないけれど、二番目には蛸と胡瓜の酢の物。器も夏らしく涼しげでいいですなあ。
 

2018-07-10 10.22.47
そして次に出てきたのが、鱧寿司。ちゃんと調べてませんがここでお寿司をいただくのは初めてじゃないでしょうか。訊けば、7月の祇園祭の頃に二週間だけ出されるそうで、鱧は早朝から女将さんが自分で焼くのだそうです。お父さんがお寿司屋さんだったので、酢飯もお手の物。生意気な言い方をさせていただきますが、トータルで塩梅抜群。こりゃあ日本酒と一緒にいただくしかないでしょう。この鱧寿司、この日の一番。できるものなら追加でいただきたかった…
 

2018-07-10 10.26.26
前回来た時から器が変わった八寸にも夏の工夫が。ゴーヤーにチーズを射こんで焼いたのが入っています。こんにゃくの味噌焼もお酒が進む進む。
 

2018-07-10 10.33.00
煮物はひろうすと初めて食べるオカヒジキ。丘にはえるひじきでオカヒジキというそうで、雑に言うならより歯応えのある水菜って感じでしょうか。初めての食感でひろうすとの組み合わせが面白かったです。
 

201807佳景
そしてフィナーレは、鰯の粕漬けだったかにお漬け物、この日は白味噌時立てのお味噌汁に玉子焼き。

2018-07-10 11.03.03
そしていつも通りの玉子かけご飯で大団円。

定番ものはいつ食べてもおいしいし、季節ごとの料理もまた面白い。女将さんや他の客さんとの会話も含め、気持ちよくおいしくくつろげる大好きなお店です。できることなら月一回くらいのペースで来たいなあ。