「和食」カテゴリーアーカイブ

京都でハシゴ・その1〜もみじ(四条木屋町)

20170510京都もみじ
ご無沙汰している同級生に会いがてら、京都で昼間っからハシゴしてきました。いつもと同じ店ばかりでは面白くないので事前に調べた結果、ヒットしたのが「もみじ」。12時開店・四条木屋町北側すぐと便利な立地・リーズナブルでメニュー豊富。なんぼ立ち飲みでもこんなにいい場所でなんでこんな価格でやっていけるのかと半信半疑でしたが、ネット上の感想も良さげだったので、ここからスタートしてみることにしました。


20170510京都もみじ
入店したのは13時半ごろ、さすがに平日の真っ昼間なので先客パラパラ。ぱっと見では特に魚介類が充実してそうな様子です。

20170510京都もみじ

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
20170510京都もみじ
スタンダードなアテにもちょっとひねりが加えられていて、これはどんなんだろうと興味が沸いてきます。


20170510京都もみじ
まずは春キャベツとほうれん草の白和え(180円)、胡麻がきいてて野菜たっぷり、リーズナブルでおいしい。白和えとか卯の花とか好きなんです。

20170510京都もみじ
腹減りモードの友人は、アテよりメシ。まずは海鮮太巻(ハーフ600円?)をがっついておりました。

20170510京都もみじ
アテモードの僕は、加茂茄子揚げだし(230円)を。特にひねりは無いけれど、手がかかっていていいですなあ。

20170510京都もみじ
続いてもずくとじゅんさいの酢の物(260円)。海のものと沼のものとの組み合わせ、どちらもつるっとしててこれも好物。いいですわ、この店。

20170510京都もみじ
まだ食べ足りない友人は、手巻き寿司3種をオーダー。巻き寿司は一本120円〜200円・種類豊富で、この日の19時からは1000円で2時間手巻き寿司巻放題イベントが予定されていました。

20170510京都もみじ
写真を撮ってなかった串もの・揚げ物・一品メニューから、友人オーダーの焼鳥6種。一本120円〜150円でボリュームあり。

20170510京都もみじ
ポテサラ(280円)もぬかりなし。ややクリーミータイプでした。

20170510京都もみじ
相変わらず友人はメニューを指差し「ここからここまで」と焼きとん5種。こちらも一本150円ほどでボリュームありました。(しかし良く喰う奴だ)

おいしい・安い・立地がいい・メニュー豊富・昼から夜まで通し営業。これで流行らないわけがありません。評判通りのいいお店、京都での定番が一軒増えました。

{お店データ}
住所:京都市中京区鍋屋町225
電話:075-241-6256
営業時間:12時~23時
定休日:不定休


◎2軒目
2017-05-10 15.18.57
それなりに食べて飲んで満足したので周囲を散策、ここまで立ちっぱなしだったので一休みということで、おっさん2人鍵善良房くずきり。2人とも甘辛両刀だからこその選択です。さすが平日でもよう流行ってはるにもかかわらず、急かされてる感がなくゆったり談笑できるのがさすが老舗。くずきりちゅるん、黒蜜まったりでおいしいよ。



くら寿司で昼飲み

2017-05-24 12.33.11
ちょっと試してみたいものがあって、くら寿司に行って来ました。家から散歩気分で行ける神戸長田店は、間に吉野家を挟んでスシローがあるという珍しい立地。この光景見る度に、間に入った吉野家が「まあ色々あるけど仲良くやっていきましょうや」と気を使ってるような気がしますw


2017-05-24 11.38.12
口開けは回転寿司に来ると必ず食べる海鮮ユッケもの、今回はまぐろユッケ。生ビールはセルフだそうで、瓶ビール(500円)は店員さんが持ってきてくれました。

2017-05-24 11.44.53
お寿司は当初から2皿と決めていました。もう一皿は迷ったあげく肉厚とろ〆さば、ちょっとしまりすぎ気味。

2017-05-24 11.46.06
ご飯粒はもういいので、天ぷら盛り合わせ(230円)を。海老2・玉ねぎ2・イカ1で揚げたてなんだから、安いですねえ。1種類ずつだと2個で100円、トウモロコシのかき揚げも選べます。かけうどん(130円)のトッピングにする手もあり。


2017-05-24 12.02.41
本日のお目当ては、こちら「胡麻香る担々麺」(360円)。テレビでやってておいしそうだったという妻の話を聞き、そういやくら寿司のカレーとかラーメンとかもまだ食べたことないなあと思ったもんで。

2017-05-24 12.03.11
胡麻ペーストが載っかってるので運ばれてきていきなり香ります。スープは程良く辛くコクがあり、三つ葉がアクセントとして効いてます。麺はやや太めで量は少なめ、ちょっともの足らないような気もしたけど、よく考えたらここは寿司屋。あんまり多かったら他のもの食べられなくなるし、値段のことも考慮すれば妥当な量でしょう。
確かに脇役メニューとしてかなり良く出来ているとは思うものの、これだけ別種な香りを周囲にふりまくと他のお客さんの邪魔になってないかとちょっと気を使ってしまいました(小心者だもんで)。既にカレーやってるんだからまあいいか。

お寿司二皿+瓶ビール+天ぷら盛り合わせ+〆のラーメンで税込1393円。くら寿司昼飲み充分アリですね。


「土佐清水ワールド 幡多バル」を様子見に(神戸・三宮)

2017-05-07 20.37.25
神戸の三宮・元町を中心に個性様々なお店を出店しているワールドワングループが、3月30日にオープンした「土佐清水ワールド 幡多バル」をちょっくら様子見にいってきました。幡多は高知県西南地域の名称で、有名なところでは四万十町がここに含まれます。

2017-05-07 21.36.35
「土佐清水ワールド」とつく店は三宮地区にすでに3店舗あり、いずれも和風テイスト。鰹のたたきが豪快にうまくて僕もちょくちょく利用させてもらってますが、今回は幡多「バル」ってくらいなので洋風に振ってるのが違い、内装もいかにもな感じです。

2017-05-07 21.16.59
従来土佐清水ワールドにあった鰹のたたき等の和風メニューに加え、カルパッチョ・アヒージョ・ブロチェッタ・フリートスなど、スペイン風メニューが多数揃っています。

2017-05-07 21.17.24
ランチもある上、僕みたいなものにはありがたい通し営業で昼飲みもOK。和風にも洋風にも使える幅の広さが便利そう。


2017-05-07 20.45.05

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
この日は2軒目で軽く偵察なので、飲み物はプレミアムモルツのテイストセット(980円)を試してみました。あんまりビールにこだわりないので、まあどれもおいしいかなあと。

2017-05-07 20.59.06
タパス3種盛りはワールドワン会員特典クーポンで無料、これだけでそこそこ飲める藁焼き鰹のサルビコン刻み野菜のサラダ仕立て・キビナゴのエスカベッチェ・鰹のポテサラ。ちなみにレギュラーメニューでは9種盛りってのが1280円。手始めに9種盛りでスタートするのもいいし、一人飲みでこれのみで完結もいけそう。

2017-05-07 21.21.17
ビールがなくなったので、なんとなくサングリア(赤)をカラフェMサイズ(890円)で頼んでみました。赤のみでなく白もあり、グラスなら480円。カラフェLなら1580円。

2017-05-07 21.42.22
一人でガンガン飲むつもりもなかったので、お店が押しているスペイン炊き込みご飯 四万十鶏&宗田節仕立て(880円)を〆にいただきました。鶏と魚とトマトの旨味をお米が吸い込んでいて、はずしようがない料理との見込み通り、やっぱりなあなおいしさ。2軒目締めとしてはボリュームありすぎでしたが、きっちり完食しました。

高知の素材でスパニッシュという新しい試みが面白い。僕みたいなオッサンでもギリギリ一人飲みオッケーそうだし(←自分でそう思ってるだけかも知らんが)、場所的にも大丸の北側と便利なところにあるので、これからちょくちょく寄せてもらうことになりそうです。


{お店データ}
住所:神戸市中央区三ノ宮町3-2-2
電話:078-392-1034
営業時間:11時半~24時
定休日:無


「む蔵」のとんかつが食べたくて(神戸・元町)

X70F1209
子供の頃から食べ慣れていて自分の体の一部となっている食べ物の一つが、「む蔵」のとんかつ。時折発作的にたまらなく食べたくなるんです。


X70F1211
三宮センター街のお店から現在の元町に引っ越して、もうかなりの年数が経ちました。平日のランチタイムを過ぎた店内は、以前の店を憶えているお客さんもそんなこと知らないお客さんも色々の、ゆったりくつろげる雰囲気です。


X70F1213

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
メニューは、ロースかつ・ヘレかつ・えびかつ・一口かつ・ミンチかつ・えび椎茸かつの5種類。定食のご飯・赤だし・キャベツ・お漬け物のお替わりは無料です。何十年も前から通ってるけど、ロース・ヘレ・えび以外は食べた記憶ないなあ。


X70F1218
ここでの僕の定番はロースかつ定食。昨今はあっさりしたヘレが人気ともききますが、やっぱりとんかつはロースでしょう(←と、かたくな)。キャベツの他に真っ赤なラディッシュが添えられているのもお約束、ご飯も赤だしも隙なくおいしい。


X70F1227
む蔵のとんかつの特長は、この巻き寿司のような棒状のスタイル。この厚さにその旨味が封じ込められている感じが独特で、自宅ではこんな風にはできません。この日は僕の好みからすればちょっと火が通り過ぎ感ではありましたが、全然問題なし。できれば月に一度くらいは食べたいんだけど、なかなかそうもいきません。一人じゃなければ、えびカツと半分こしたいなあ。


{お店データ}
住所:神戸市中央区元町通1-7-2
電話:078-321-0634
営業時間:11時~20時/土・日・祝 〜20時半
定休日:水曜


「ひとりひとり」のスゴいランチ(神戸・三宮)

2017-03-09 17.43.37
ちょい飲み手帖でいろんな店に行った中でもベスト3に入る鶏料理の「ひとりひとり」。店に行った後、ランチがスゴいことを知りました。
その概要は、平日火曜~金曜限定・一日限定13食・日替わりプレート15種前後・こだわり卵の絶品玉子かけご飯・野菜たっぷり豚汁・デザート付きで税込み1300円。13食しかないので実質的には予約のみ、特に日替わりプレート15種前後ってのが値打ちものじゃないですか。


2017-03-28 12.07.57
早速行ってみようと思い立ちましたが、一人で行くのもナニやなあとえて吉さんを誘ってみたら「飲めるんですかねえ」との反応。もちろん昼飲み出来るし、ただでさえリーズナブルなドリンク類がランチタイムは100円引きと返答すると、即OKとなりました。

当日お店に行ってみると予約済みの先客さんが既に何人か待機されており、12時開店で入店開始。客層のほとんどが女性同志のグループで、オッサンは僕らだけ、しかも昼間っからガンガン飲んでるのも僕らだけでした。でもねえ、この料理だとこりゃあ飲まんと損でしょ…




2017-03-28 12.17.54

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
こちらが日替わりプレート。プレートといってもほとんどお盆サイズで、僕らが座ってた座卓では向かい合わせに座るとはみ出して載せられないので、はす向かいに座らないといけないほど。15種類程度ってことでしたが、軽くそれを超え、20種弱色々と盛り付けられています。



2017-03-28 12.18.45
鶏料理の店らしくチキン南蛮なんかもあるものの、主体は野菜中心のお惣菜。

2017-03-28 12.18.47
恐らく出来合いのものはなく、全部自分とこで作っておられるのでしょう、盛りつけを含めなんという手間のかけ方。

2017-03-28 12.18.49
薄味で食べ飽きず、もちろん食事として楽しむのも良し、昼飲みにも最適というか豪華すぎ。夜営業が主体なのに、このランチを13人のために作るとは、「料理好き」でないと有り得んでしょう。



2017-03-28 12.23.26
プレートの料理をアテに旨い旨いと飲んでいたら、こだわり卵の絶品玉子かけご飯登場。もうちょっと後のほうが良かったので、次回は飲むならその旨伝えようと思いました。もちろん内容的には不満あるはずもなく、ワシワシいただきました。


2017-03-28 12.26.00
豚汁も具だくさんで豪華。玉子かけご飯もいいけど、白ご飯も欲しくなります。


2017-03-28 13.18.27
〆のデザートはこだわり玉子の大きなプリン。うーん、ここまでやるかぁ…


ウダウダと感想書かなくても、スゴさは伝わると思います。これで1300円とは申し訳ないくらい。売上に貢献しようといっぱい飲んだらサービスしてくれたし、なんといいお店なんや。これは早いとこ夜の部にも行ってみなければなりません。