「和食」カテゴリーアーカイブ

大大大好きな串かつ屋「まこと」へ(神戸・三宮)

2018-02-07 17.26.27
永いこと行ってないなあとは思っていたけれど、まさか去年の7月以来とは思ってませんでした。トップメニューがカキになって冬モード。大将の話によると前日まで岩津ネギを出してたけど、高騰のため玉ねぎにチェンジ。いつも通りカウンターにはキャベツが置いてあったものの、野菜全般が高いので大変です。
 

2018-02-07 17.07.40
最初の注文は、手前からさかな(甘鯛)・いも・げそ。さかなといもは塩で、ゲソはソースで。ここの串カツはどれもおいしいんだけど、この日の甘鯛といもは特においしく、第3ラウンドでもう一度注文してしまいました。甘鯛の香りふくよかで、じゃがいもは自然な甘味が素晴らしい。これが一本100円とは。
第2ラウンドは、かき・にく(牛)・れんこん。3つのうちでは特にれんこんが秀逸、カリッと歯応え良く糸を引くのは久しぶりな感じでした。ほんとはもっと食べたかったんだけど、後の都合があったのでいつもよりは早めに切り上げました。やっぱりいつ来ても何喰ってもうまい。大将最高。
 


第5回アホほどカキを食べる宴会(カキ料理以外編)

2018-01-28 13.27.44
このところ毎年恒例・えて吉さんが朝から兵庫県の坂越まで殻付き・剥き身のカキをアホほど買い出しに行ってくれて、それをえて吉さん宅に集まって食べる「アホほどカキを食べる宴会」が先日ありました。メンバーはえて吉さん始め大人9名に子供2名、いつものメンバー以外に元町の佳景の女将さん初参加が新たな刺激で、どうなることやら楽しみ〜
この宴会、各自が自由に持ち込みをしてもいい事になっていて、本来のカキ料理以外にも楽しみなんだけど、あまりに数が多いので今年はカキ料理以外だけをまとめてまずエントリすることにしました。記憶あやふやなので間違ってるところもあるかも知れませんが、ご容赦を。
 

 

2018-01-28 13.28.21
まずは会場提供もしてくれているえて吉さんから、さいぼし3種とイタリアの生ハム・プロシュットとコッパの2種。さいぼしそのものが珍しいのに、それが3種食べ比べ出来るのは貴重です。

2018-01-28 13.35.11
続いて、お得意のすじ肉の煮込み。きちんと下準備をしたすじ肉にあっさりしたいいだしがしゅんだ一品。

2018-01-28 15.40.53
こちらはすじ肉の味噌煮込み・どて焼き。すじ肉を扱い慣れてはるので、甲乙つけ難いおいしさ。
追記:えて吉さん作かと思っていたら、あきこさん作でした。すんません。

2018-01-28 17.41.48
これは食べ逃したのでようわからんのですが、若牛蒡の炊いたんですかね。

 
2018-01-28 13.23.11
こちらは僕の差し入れ、神戸の南京町にあるパン屋さんRIKIのバジルチキンともう一種。ほかにバゲットも買ってきました。あと、大好きなラ・リュンヌの食パンも。ぶっちゃけ、自宅近くのレコルトで買って行くつもりが、日曜定休を忘れてたので、当日朝早めに出て元町に買い出しに行ったんです。
 

2018-01-28 14.08.20
こちらはだいこんさんの差し入れ。うずら玉子の燻製3種は、色の濃いのから順に醤油漬け・味噌漬け・粕漬け、その左は鶏胸肉の燻製。そのまた左はなんと玉子の黄身だけの醤油漬け・味噌漬けの燻製で、グミみたいな感じでフツーに手で持てるんです。囓ってみると最初はなんの味もせず、しばらくすると口の中でじわーっと玉子の味がしてくるとっても不思議な体験。あと、写真の一番左はわさびと粕に漬けた数の子、今回はわさびが足りなかったとのことですが、これも面白かったです。
 

2018-01-28 14.27.53
こちらは昨年に引き続き、こばやしさんが毎年クリスマス前に仕込む本格的ビーフシチュー。リンク先の通り、佐賀牛スネ肉1kgを2日がかりの手間を掛けた力作で、毎年改良が加えられています。洋食大好きなので毎年楽しみ、今年も相変わらずヘタな洋食屋なら足元にも及ばないおいしさで、さすがさすが。
 

2018-01-28 14.59.14
こちらは*あきこ*さん作、サラダとオリーブといぶりがっこ。箸休め的にこういうのがちょっとあるとありがたいです。

2018-01-28 20.26.19
こちらは最後のほうに出てきた。だいこんさん作カキの塩辛で1ヶ月くらい寝かしたとのこと、残念ながら未食。
あとLAKSAさんからはキムチなどの差し入れがありました。他にもあったかも知れないけど、記録(記憶)に残っているのは以上です。
 

2018-01-28 18.47.59
タコ焼き器でカキのアヒージョをやったあと、〆にフツーのたこ焼きも作りました。「炎たこ」は電気じゃないので、外側カリッと内側トロッと焼けておいしい〜僕も欲しい〜(と何年も前から言っている)

自分でエントリ書いていて、カキ料理以外編とカキ料理編の2つに分けて良かったとつくづく思いました。こうやってみると、食べ逃したのもあるけれど、めっちゃ色々食べてるなあ。

 


「海蓮丸・神戸店」でランチ(神戸・神戸駅北側)

2018-01-31 13.16.39
何度かコメントいただいているNAMMYさんが気に入ってリピートされている「海蓮丸・神戸店」に行ってきました。本店は明石・オーナーが現役の漁師ということで、楽しみ楽しみ〜
 

2018-01-31 13.16.15
ランチメニューはこんなの。一番安い海鮮ちらしでもかなり良さげなんだけど、どうしようかなあ〜 13時過ぎに行ったのに、カウンター席は9割方埋まっていました。12時台だったらもっと混んでるのかもしれませんが、テーブル席もあるし2階席もあるのでなんとかなりそう。

 

2018-01-31 13.21.28
なんとなく茶碗蒸しが食べたかったので、ちょっと張り込んで1620円の寿司ランチにしてみました。茶碗蒸しってなんか好きなんですよね。メニューには小鉢付きって書いてあってどんなのが出てくるのかと思ったら、けっこうなサイズの鯛のあら炊きでした。薄味でさっと煮で身がプリッとしてておいしい。思わず焼酎お湯割りをオーダー。

 

2018-01-31 13.34.02
頃合いを見計らってお寿司と赤だし登場。握り7貫はいずれもサイズがデカく、ネタブリッブリ。巻き寿司もいい海苔使ってて香りが良かったです。ちょっと驚いたのは赤だしで、魚の出汁の味がものすごく濃厚、これだけで呑めるくらい旨味たっぷりでした。

噂どおりいいランチでしたが、これは是非とも夜に来てみたいです。神戸駅から近いので、自宅からでも仕事帰りでもどっちでも行きやすいのが個人的にはありがたい。

{お店データ}
住所:神戸市中央区多聞通2-6-6 多聞ビル
電話:078-341-0141
営業時間:11時半~14時、17時~22時
年中無休
 


「茶々」に寄り道(神戸・三宮)


仕事帰りに三宮で下車し、久しぶりの茶々に寄り道。

 

やっぱり冬は海鮮系メニューが魅力的ですなあ。牡蠣にたら白子にぶりに、お、ミル貝もあるやん。
 


取り急ぎ会員クーポンで無料の生ビールをいただきながら、メニュー検討。
 


海鮮系が魅力的と思いながら、選んでしまったのは串カツ盛合せ。前回隣のお客さんが食べてて良さそうだったもんでついつい。海老・豚玉ねぎ・じゃがいも・玉ねぎ・蓮根の5本で480円は、ボリュームもあり値打ちものでした。
 


ビールの後は蕎麦焼酎ロックに切り替えて、たらたら。さっさと切り上げても良かったんだけど、週二回しか入荷しない清水さばを頼んでみました。5切れで880円の高級品、甘みたっぷりでふんわりソフトな食感でしたが、この価格なら僕はフツーの鯖のきずしのほうがいいなあ。
 

お勘定の時に、ワールドワングループで使える5000円のクーポン券を貰いました。一度に使える訳ではなく、3000円以上のお勘定で1000円ずつなので、期限の2月末までに使い切るのは無理でしょうなあ。

 


佳景で遅めのお正月(神戸・元町)

2018-01-16 12.57.26
まだぎりぎり松の内という頃に、新年のご挨拶を兼ねて「佳景」に行って来ました。
 

2018-01-16 13.02.27
行ってみてわかったんですが、お正月休みが明けて以降の何日かは、いつもと違っておせちバージョンなんだとか。こんなん出てきたら日本酒飲むしかないやん。ごまめはカリッとクリスピー、ほんのりカレー風味の捻り技。黒豆堅めで僕好み。
 

2018-01-16 13.08.51
八寸もいつもとちょっと違います。かまぼこにはかんずりをちょいと挟んで、数の子と牡蠣は味噌漬けに、焼穴子は朝から開いて女将が焼いたそうです。その他なんだかんだとこだわりと技が詰まりまくってて、ますます日本酒が進む進む。
 

2018-01-16 13.26.52
で、こちらは女将からのお年玉w 僕も食べるのは初めての高級珍味バチコ。バチコ(干しくちこ)とは、ナマコの卵巣に塩をして乾燥させたもので、その姿は三味線のバチに似た三角形になっています。
この写真の一切れが1.5cmほど、口に入れてみたら、なんじゃこれは。一切れの半分でおちょこ2杯は軽く飲めてしまえそうな、超濃厚・凝縮された旨味が強烈です。すごいなあ、無茶苦茶危険な珍味やなあ。こりゃあいい経験をさせてもらいました。
 


ここまでですでに二食分位の満足度ですが、まだまだ色々出て来ます。毎度ながらの卵かけご飯は、お正月だろうがなんだろうがやっぱりいつ食べてもうまい。
 

2018-01-16 14.24.40
数日前まで締めは白味噌仕立てのお雑煮だったそうですが、この日はぜんざい。妙に甘ったるくなく締まりがあって、小豆のいい香りがする上物でした。

僕はいつも遅めの時間に行くので、お客さんも少なめ。女将さんと何だかんだ話しながら、おいしいものをいただいて過ごす時間は、ほんとにいいリフレッシュになります。