「和食」カテゴリーアーカイブ

「一心」にやっと行けた(神戸・新開地)

IMG_9179
しばらくコロナで営業自粛されていたり、行っても休みでなかなかタイミングが合わなかった「一心」にやっと行くことが出来ました。(お店が悪いんじゃなくて、ちゃんと営業日確かめずに行ってしまう僕が悪いんです)
 

IMG_9169

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

入店したのは18時前、扉が開いて先客はテーブル席に一組。楽勝やんと思って入りかけたらビミョーな雰囲気で、何かと思ったら予約が入ってるので19時までだったら、ということでした。長居するつもりはなかったので全然オッケーだったけど、後から来たお客さんは入れず終いだったのでギリギリセーフ、危なかった〜(汗
 

IMG_9177
ここのちらし寿司がずーっと食べたかったんです。この日は張り込んで上ちらし(1500円)。ここのは並のちらし(1000円)でも充分いいんだけど、上にするとまさに「海の宝石箱や〜」状態。初めて食べた妻も大満足で、特にマグロ(トロ・赤身とも)がお気に召したようで。でんぶが入っててちょっと甘めになるので、ビールから日本酒ぬる燗にチェンジし、ゆったり楽しませていただきました。握りも食べたいんだけど、どうもここではこのちらしの魅力に惹かれてしまうんよなあ。
 

IMG_9178
誰よりも自分のために、この写真貼っときますw
 

「さのや」オンパレード(大阪・大正)

さのや
ちょくちょく通ってる「さのや」もコロナの影響でGW前後はしばらくお休みしていたそうです。僕もしばらく大阪へ出てなかったこともありご無沙汰でしたが、再開後、何度かうかがっています。ちょっと変化した点も含めて、一気にドカッと上げておきます。
 

さのや2
コロナ再開後変わったことは、カウンターと厨房の間にシートが貼られたことと、カウンタ上に可動式の仕切り板が設置されたこと。また、所々にアルコール消毒液があったり大阪コロナ追跡システムのQRコードが貼ってあったりで、色々と手を打たれているなあと感じました。

さのや3
以前はこのようにカウンター上にお惣菜が並んでいましたが、コロナ対策の一環としてこの光景はもう見られなくなりました。残念ですが仕方ないですね。想い出として、以前の写真をあげておきます。
 

以下、ジャンルごとに写真をまとめました。一つ一つの料理名まではよう書かんかったので、もし「これは何?」と気になるものがあれば、コメント入れていただければ思い出せたらお答えしますw

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

 

◎お惣菜
さのやお惣菜
 

◎お刺身・生もの・魚介
さのや生
 

◎日本酒
さのや酒
 

◎焼き物
さのや焼き物
 

◎揚げ物
さのや揚げ物
 

◎洋風
さのや洋
 

いやー、こうして並べてみると壮観ですなあ。世の中この先どうなっていくのかわからないことだらけだけど、皆さんそれぞれ自衛して、できるだけストレス溜めずに過ごしていきましょうね。
 

「鮨・酒・肴 杉玉」神戸北野坂店(神戸・三宮)

IMG_9059
お寿司以外に居酒屋風アテも安価で揃えている「鮨・酒・肴 杉玉 神戸北野坂店」をスシローがオープンしたと聞いてから早一年。各線三宮駅から5分ほどしかかからないのに、今回やっと初めて行ってくることが出来ました。この杉玉、今のところ関西地区だけでも8軒あるのだそうで。
 

IMG_9078
祝日の13時過ぎのザンザ降り大雨の合間だったせいか、客席はのんびりムード。カウンター・テーブル席・座敷席と各種揃っていて、色んな用途に使えそうです。
 

IMG_9062

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

こちらがお目当てのランチメニュー。さすがスシロー、お寿司は回っていなくてもどれもコストパフォーマンスが高く魅力的です。

IMG_9075
もちろん昼飲みオッケー。こういうかわいいらしいのもありましたが、オッサンはまずはプレーンチューハイをオーダーしました。
 

IMG_9070
メニューはサイトにも載っているので、事前にある程度決めていました。にもかかわらずなんなんでしょうねえ、直前になって気が変わって14貫入りの毘沙門(赤だしつき・1390円)を注文してしまいました…
内容は、赤身2貫/中トロ2貫/はまち/サーモン/いか/かつお/帆立/赤海老/ねぎまぐろ/いくら/うなぎ/玉子と、バラエティ豊かでボリューム満点(過ぎた…)。酢飯がわずかに茶色っぽくて赤酢じゃないしなにかなあと思っていたら、黒酢とバルサミコ酢のブレンドのようです。フツーに醤油をつけていただくと、ちょっと酢の風味が強めだったので、途中から何もつけずにいただきました。
単純に数だけで言えば回ってるのより割高にはなるけれど、質はやはりこっちの方が上。ここまで豪華なのを選ばなくても、限定20食(この日は売り切れ)の杉玉御膳とか1000円アンダーのメニューでも、充分幸せに昼飲みorランチできます。
 

IMG_9080

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

ランチ以外のメニューがこちらで(一部はランチタイムにも注文できます)、食べ物メニューの半数以上が299円、ドリンクも299円・399円メニューが大半。注文するのがちょっと恥ずかしいようなメニューもありますが、こりゃあ夜にも来てみないといけませんな。

{お店データ}(神戸北野坂店)
住所:神戸市中央区加納町4-6-11
電話:050-5597-5613
営業時間:11時半〜15時 16時〜22時 ※現状
年中無休
 

必然的に「まこと」へ(神戸・三宮)

IMG_9043
三宮へヤボ用片付けに行って、全部済ませたら19時。こりゃあ神様が「まこと」へ行けっておっしゃってるとしか思えません。
 

IMG_9045
スタートは、サッポロ瓶ビールに、なす・げそ・さかな(はも)。どれもうまいんだけど、ソースをつけずにそのまま推奨の「はも」はやはり抜群。
その後はビールから白ワインにチェンジして、にく・いも・万願寺唐辛子など追加して、おみやげに何本か持って帰りました。レギュラーネタでいつ食べても間違いない(じゃが)いもが、この日はことのほかおいしく感じました。何事も基本が大事。
 

青葉 三宮店(神戸・三宮)

IMG_8931
土用の丑の日前には鰻は食べないことにしてるんだけど、長い間食べてなかったし職場で鰻の話題で盛り上がってどうしても食べたかったので、仕事終わりに三宮で途中下車し、どうせなら行ったことない店にしようってことで、青葉 三宮店に行ってみることにしました。
 

IMG_8933
恐らく土用の丑の日直前対策?なんでしょう、メニューはこの二種だけ。昨今の鰻事情からすれば、ちゃんとした鰻でこの価格ならそれほど高くないと思われます。
 

IMG_8936
混み合っていましたが、タイミングが良かったのと1人だったので待つことなくカウンター席に座れました。焼き上がるまでビール飲んで、お漬け物をアテにちびちび飲みながら待つのも楽しや。目の前が焼き場だったので、色々拝見できて待ち時間が全く苦になりませんでした。
 

IMG_8939
メニューが2品しかないので、選んだのは迷うことなくうな重(3600円)。切り身のサイズがアンバランスなのは意識的なんでしょうかねえ。肝吸いではなくお味噌汁だったのがちょっと残念でした。でも、重に載ってる焼き色しっかりな関東風の鰻はこの価格にしてはボリュームたっぷりで、ウマウマ。やはり鰻はおいしいなあ。機会を見つけて今度は元町店にも行ってみましょうかね。

{お店データ}
住所:神戸市中央区北長狭通2-8-5
電話:078-321-0339
営業時間:11時半〜14時半 17時〜21時
定休日:水曜