「和食」カテゴリーアーカイブ

「さのや」2回分まとめて(大阪・大正)

IMG_1012
ここんとこ「さのや」に行き過ぎとの声も聞こえますが、好きなんだからしょうがない。2回分まとめて備忘録としてあげておきます。
 

IMG_1020
この日は一人で。いつものバリキングではなく赤星(430円)とスパサラ(120円)でスタート。

IMG_1023
セリと椎茸と揚げのおひたし(160円)。年食って、こういう料理も好むようになりました。特に椎茸と出汁が旨い。

IMG_1026
芋ロック(330円)にチェンジして、アテは純鶏炙り・柚子胡椒添え(350円)。純鶏という呼称がどれだけ知られているかは知らんが、僕は焼鳥の秋吉で知りました。純鶏=親鶏と解釈してるんですが、それでいいんですよね?堅いと言えば堅いが、噛むほどに出てくる旨味が抜群。ちょっとでたくさん飲める飲み助向けのアテです。

IMG_1028
揚げ物はレンコン天ぷら(220円)を選択。レンコン、好きなんです、それも堅くて噛んだら糸を引くようなヤツが。さいきんそういうのあんまりないですよね。
 

IMG_1066
日を改めて、この日はこばやしさんえて吉さんほるもんBarおかだに行ったの後の2軒目でした。

IMG_1072
まずは軽めにアリオリポテト(120円)・空豆塩茹で(180円)・かぼちゃサラダ・ドライいちじく入り(120円)。2軒目とはいえ、3人いると色々注文できて嬉しいです。

IMG_1073
鱧梅肉は430円。もうそういう季節がやって来たんですなあ。

IMG_1075
揚げ物は真フグの身の唐揚げ(380円)。食べ応えありました。

IMG_1077
ボリュームたっぷりな鶏つくね(1本180円)は、僕だけ塩で、お二方はタレで。

IMG_1080
ちょっと軽めにひじき(100円)と

IMG_1082
セリと揚げと海老のおひたし(200円)で、飲み続けながら色んな話を。

IMG_1083
最後は僕が選んだ村上の塩引き鮭(400円)。村上ってなんやねん、塩引き鮭ってなんやねんって思って注文したんですが、こういう代物でした。
 ◎塩引き鮭とは|作り方と美味しい食べ方&新潟村上と鮭の歴史/漁師直送 昭和丸
もうちょっと酔っぱらってない時に食べるべきやったなあ。

前回も思いましたが、やっぱりさのやは3人で来るのがベストですなあ。
 

駆け足で「丸萬」(神戸・湊川)

IMG_0910
この日は妻とパルシネマしんこうえんで二本立て映画を観に行ってました。見終わったあとお腹が空いていたので、ほぼ真向かいの丸萬へ行くことに。調べてみたら3年ぶりって、そんなに行ってなかったっけなあ。
 

IMG_0912
お店に入ったのが20時半頃で、「21時前でオーダーストップですけどいいですか」とお店の人に言われたけれど、もちろん承諾。食べたいものどんどんイっとかねばということで、まずはビール(大瓶580円)とポテサラ(300円)頼んで続いて若竹煮(500円)。今シーズンは割りと色んなところで若竹煮にありついているような気がします。
 

IMG_0914
お造りはまったりした旨味の鯛昆布じめ(800円)。白身の昆布じめって好きなんです。
 

IMG_0915
いかにも僕が注文しそうだけど、妻リクエストのチキンカツ(500円)。これ正解。ここは焼鳥も各種やってるので、チキンカツも安くておいしいんです。
 

IMG_0917
そして〆のご飯もの穴子箱寿司(500円)は、もちろん注文してから作ってくれます。ここんとこしばらくちゃんとした穴子箱寿司食べたかったので、嬉しかった〜

以上、在店時間30分弱の駆け足でしたが、満足度高し。とはいえ今度はゆっくりしたいです。
 

三人で「さのや」(大阪・大正)

IMG_0804
好きなもんでついつい足を運んでしまう「さのや」。今回は*あきこ*さん・えて吉さんと三人で行ってきましたが、メニューを撮り忘れたので名前テケトー・値段わからずでさくっと記録がてらアげておくことにします。
 

さのや1

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

さのやは縦に細長い立ち呑みなので、大人数には適しません。4人でも両端が離れてしまうので、3人までがベストかと。(たくさん食べられるし) 軽めメニューはかぼちゃサラダ・ポテサラ(ピンボケですんません)・若竹煮・きのこの炊いたん。
 

IMG_0812
メニューを見てぜひにとさのやデビューの*あきこ*さんが希望したのが、このホヤの造り。関西ではあまり食べる習慣がないので、この状態を目にすることは少ないと思います。というか、聞いたこともないかも。
僕は嫌いな食べ物・食べられないものがほとんどないんですが、実は数少ないダメな奴がこのホヤ。ウン十年前に福島で一度食べたきりで、それ以降一切食べていません。この日もだいぶ勧められましたが、まあ食べられないものが少しはあってもええやろというワケ分からん理屈で遠慮しておきました。えて吉さんも得意じゃないけど試してみたら、それほどでもなかったと言ってましたがね。
 

さのや3
続いて鯨のさえずり・島らっきょとゴーヤーの炒め物・冬瓜の煮物・バイ貝。ここのさえずりは何度か食べてるんですが、いつ食べても旨いですね。
 

IMG_0810
以前食べてすごくおいしかった牛すじ煮込みがあったので、速攻で注文。じっくりしっかり煮込まれていて、頃合いの歯応え。込み閉めるごとにええ出汁出てきます。
 

さのや2
串ものは鶏三種(なんだったか忘れたの2種とつくね)と牛バラ。それぞれ一本100円〜200円くらいなのに、肉質も良くボリュームもあってほんとに値打ちがあります。

3人で14品食べてなんだかんだ好きなように飲んで、一人当たり3000円ちょっと。初めての*あきこ*さんにも喜んでもらえたようで、良かった良かった。店の奥に立ち呑みテーブル席があるので5、6人でも行けないことはないけど、予約ができないので一か八かになってしまいます。どうしてもそれくらいの人数で行きたいなら、開店即飛び込みに賭けてみるしかないでしょうねえ。
 

復活したカフェキッチンことぶき(神戸・新開地)

ここんとこ神戸に関するエントリは新開地専門になっておりますが、今回もまた。

IMG_0955
行こう行こうと思っていたのに行けず終いだった「コトブキ」さんが、紆余曲折ののちすぐ近くに「カフェキッチンことぶき」(今度はひらかな)として再オープンされたということで、行ってきました。
 

IMG_0952

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

店頭メニューに再オープンの旨記述あり。以前の店はもうちょっと洋食屋っぽい雰囲気もありましたが、今回は喫茶にウエイトかけてる感じです。
IMG_0956
食事メニューは11時から。この他にオムライス小サイズ550円・エビフライ定食850円もあります。
 

IMG_0957
店内は4人掛け/2人掛けテーブル各々2卓と、カウンター6席。以前の店からのお客さんがけっこういそうな気配、今んとこ全席喫煙可なのはしゃあないんですかねえ。
 

IMG_0958
僕は珍しいことに?和風定食。じゃこの出汁がきいたお味噌汁がおいしく、おかずはそれぞれいい意味で「おかん」の味。ぱっと見ではボリューム不足かもなあと思ったけれど、食べ終わったらけっこうな満足感があり、野菜が多くて品目数稼げました。

IMG_0963
こちらは妻チョイス・ランチのおかずプレート(プレート以外は和風定食と同じ)。ちょっと味見させてもらったところ、焼肉はしっかりした味付けでご飯ススム系、サラダが多めなのでバランス良さげでした。どちらの定食も見た目カワイイですねえ。

年配の姉妹お二人でやってらっしゃることもあって、なんか知らんが妙に落ち着きます。競艇の新聞持って入ってきたおっちゃんがオムライス注文したら、どうやらご飯を炒めるところから作ってる様子。次回は是非それをイってみねば。

{お店データ)
住所:神戸市兵庫区新開地6-2-17
電話:078-578-5101
営業時間:8時〜17時
定休日:月曜
 

大繁盛の金時食堂(神戸・元町)

IMG_0698
この日は湊川の「パルシネマしんこうえん」で映画を見た後、妻リクエストにより元町の金時食堂まで歩いてきました。
 

IMG_0678
平日の15時台にもかかわらず店内はほぼ満席、まずはガラスケースに入ってたポテサラとビール。

IMG_0680
妻が選んできたカレイの煮付け。一人飲み・観光客・夫婦者・団体など、客層・性別様々。オッサンの一人昼酒は珍しくもなんともないけど、ここでは女性の一人昼酒もしょっちゅう見かけます。フロア係は全員女性だし、雰囲気的に安全安心だからでしょうね。

IMG_0684
鯛の子入り炊き合わせ。こういうのになると日本酒にチェンジせざるをえません。同窓会なのか職場繋がりなのか、年配の男性客10数名が楽しげにワイワイ飲んではりました。けっこう飲んでたようで、一人あたり3500円ずつの割り勘。ここでその金額飲み食いしたってことは、相当やったと思われます。

IMG_0686
一本からOKの鶏つくね。別途タレもついてきたけど、このままであっさりサックリいただきました。そうこうするうちに、今度はやや若めの団体客10数名が入店。二階も満席やって言うてはったし、なんでこんなに昼間っから飲む人が多いんやろ。(←人のこと言えるか)

IMG_0687
木の芽和えできましたよ〜と店内に呼びかけが響いたので、速攻で取りに行きました。このあと若竹煮コールも響き渡り、春が来たことを実感させられます。

IMG_0690
もうそんなに食べられないけどアテがちょっと欲しくて、おから。こっくりいい出汁で炊いてあって日本酒にぴったり。

ビール2本日本酒1本で、お勘定は3440円。結局この日食べたものは、すべて店内にメニューが貼り出されていないものばかり。食事というよりよりアテ感が強くなりますね。途中で竹の子が出てくるし、炊き合わせの内容も前回とはちょっと違ってたし、季節感があってこれもまたいいもんです。今まであまり気がつかなかったんだけど、肉豆腐頼んでる人が多かったので、次回はそれをイってみなければ。