「和食」カテゴリーアーカイブ

応援します 「わさびと魚」(神戸・鯉川筋)

IMG_6440
前回行ったのがいつだか思い出せないくらい久しぶりに「わさびと魚」へ行ってみることにしました。

IMG_6442

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

これまでに来ようとしたことは何度かありました。でもここの超お値打ちランチの人気が高くって、満席だったり売り切れだったりで振られてしまったんです。
 

IMG_6462
平日13時ごろ恐る恐る扉を開けてみたら、たまたまかもしれないけれど、ぶっちゃけ拍子抜けするほどの空き具合。やっぱりここもコロナの影響を受けてるんやなあ…まあそれでも僕らの後に何組かピークタイムを避けて入って来られたお客さんがいたので、一安心でした。
 

IMG_6449
お昼時は2段重ねのお重で出てくるこの松花堂のみ。ご飯・お造り・小鉢・サラダ・魚料理に加えて…

IMG_6459
汁物と天ぷらまでついて、これで1000円(税別)とは素晴らしいコストパフォーマンス!15年前は924円だったから、消費税分除けばなんと100円しか値上がりしてないんですよ。
 

IMG_6452
こちらのお店は70年以上も続く魚屋さんが経営しているから、いいネタをリーズナブルに仕入れることができるんでしょう。この日のお造り3種も品のいい旨味が感じられて、まずは当然ビールとともに。1種はヅケになってるし、わさびは当然本物のおろしたて、できれば日本酒にしたかったなあ。この手の上質な和食がリーズナブルにいただけるお店ってなかなかないので(特にお昼時)、とても貴重なお店だと思うんです。

IMG_6453
ボリューム十分なので、まずはアテにして飲んでその後ご飯のおかずとしていただいても、足らないなんてことはナシ。ムッチャ脂が乗ってる塩鯖半分ほどとお吸い物だけで、固めに炊き上がったご飯(おいしい)をきっちり平らげさせていただきました。久しぶりに来たけど、やっぱりおいしいし安いしレベル高いし、価値あるわぁこのお店。
 

IMG_6463
あまりにお得なものでついついランチに目がいってしまいますが、夜メニューもこんなに豊富で魅力的。さすが店名に「魚」の字を入れてるだけのことはあって、食べてみたいものだらけ。

IMG_6464
このご時世、外出はできるだけ控えるべきなんでしょうが、かといってずーっとこもりっきりなのも精神衛生上良くありません。もちろんいろんな点で注意は必要だけれど、「三つの密」を避けつつ、微力ながら大事なお店を少しでも応援できればと思っています。

{お店データ}
電話:078-321-1300
住所:神戸市中央区下山手通3-6-4
営業時間:12時~13時頃(売り切れ次第終了) 17時半~22時半
定休日:不定休
 

応援します高田屋京店(神戸・新開地)

IMG_6196
いろんなところでコロナウイルスの影響が出ていますが、歴史ある名店・高田屋京店が営業時間を短縮していると聞きつけ、昨日妻と行ってきました。
 

IMG_6199
一体どないなってるんやろうとビビりながら扉を開けたら、17時前にも関わらず8割がたの入りで、ぱっと見はいつも通りで一安心。茶碗蒸しを注文したらもう冬メニューのいくつかは消えていて、筍と蕗の炊き合わせ(400円)などの春を感じるメニューに入れ替わっていました。色々あっても季節は着実に巡ってるんやなあと、妙に納得してしまいました。
 

高田屋京店
大女将を始めお店の皆さんの顔ぶれもほぼいつも通り、通常より月〜木曜を1時間短縮しただけだからそりゃそうか。でもたまたまこの時がいつも通りだっただけかもしれず、とにかくしんどい状態なのは間違いないでしょう。
 

IMG_6206
この日はプライベートな課題を片付けたこともあって、プチご苦労さん会的気分でもありました。瓶ビールで始めて、その後芋ロックにチェンジ。せっかくなので、普段は控えてる日本酒にしても良かったんやけどなあ。
 

IMG_6215
ここに来ると、限られた範囲のメニューの中からおんなじようなものばかり選んでいますが、お気に入りな店だからこそ。それでも飽きないから、何度でも来られるんです。

IMG_6195
多くの常連さんと同様、僕にとっても大事な店のうちの一つ。微力ながらこれからも応援し続けます!
 

「かつや」尼崎西難波店


ここんとこ出来るだけ個人商店にいくことにしてるんですが、今月末まで有効の金券をいただいたもので、初めて「かつや」に行ってきました。金券をいただいてから調べてみたら、僕の生活圏にかつやがなく、迷ったあげく比較的行きやすいかつや 尼崎西難波店を選びました。
 


とんかつのチェーン店っていろいろありますね。1年前に元町駅の南側にできた松屋系の松のやにもまだ行けてないなあ。あ、尼崎で行ったことあるか。この食べ放題の割り干し大根、おいしい。
 


ベーシックメニューとしてはカツ丼・カツカレーもあったけど、やはり基本中の基本ロースカツ定食を選び、とん汁(大)に変更(759円+44円)。金券は1100円分あったので値段確認せずに生ビール頼んだら。小ちゃいジョッキで462円だったのにはちょっと驚きました。


大にしたとん汁は具がいろいろ入っていて、少し甘めながらだしがおいしい。もうちょっと具が多かったらもっといいんだけど、単品で176円ではこれなら御の字か。
 


肝心のとんかつはサイズも厚みもご立派で、ノーマルでこれならダブルはどんだけデカいんだろと思ったら、これが120gでダブルは80gが2枚なんですと。


ご飯はまずまず、とんかつは脂身が少なく筋張ってもおらずソフトであっさりめ。個人的にはややガツンとくる肉質のほうが好みではあるけれど、この価格なら上出来だと思います。ソースはあっさり目なので、これくらいかけてキャベツと一緒に食べたらちょうどいい感じでした。
機会があったらまた来ますと言いたいところだけど、近くにないからなあ。
 

一泊二日名古屋飲み食い旅(7)〜旅の締めくくりは「末廣屋」へ

01:30 14.43.36
朝からビール飲んで昼は洋食食べながらワイン飲んで、15時前には今回最後の店「末廣屋」へ移動。だいこんさんは何度もここに来たことがあって、15時開店なのに15時に来たら大概すでに満員なんだそうで、30分くらい前に来て外で並んで開店を待ちました。えて吉さんは以前15時ちょい過ぎに来て満員で入れなかったそうですが、今回は無事セーフ。早めに店を開けてくれて速攻で席に着いたので、店の外観写真は撮れませんでした。

01:30 14.44.32

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

基本的にはぶら下がってるお品書きから注文するんですが、書くのが間に合わないのがあるので、カウンターまで見に行ったほうが良さそうです。
 

01:30 15.11.20
気難しい店ではないですが、刺身は開店しばらくしてからでないと出てこないとか、色々とだいこんさんに教えてもらいながらぼちぼち注文していきました。まず初めに牛すじ大根煮(400円)を頼んだら、さすがの味噌煮込み。

末廣屋
赤車海老(500円)ふき竹の子(300円)/マグロ刺身(700円)/山かけ(だったと思う・500円)/鯖味噌やったけなあ。

01:30 15.35.00
「めじろかくふ」(300円)ってお品書きが途中で下がったのでなんかいなと思って聞いてみたら、愛知県ではアナゴをメジロと呼ぶのだそう。かくふ=角麩は岐阜・愛知以外の地域では食べられないローカルフードだそうで、関東の「ちくわぶ」に似てるなと思いました。こりゃメニュー見ただけでは僕ら関西人にはわかりませんわ。

いずれの料理もやや濃い目・甘めの味付けで、安価でビールとかよりも日本酒によく合います。常連さん率が高く、お店で顔馴染み同士って感じの方々も多々見受けられ、和気藹々でいい感じの居酒屋でした。こりゃ開店即満員になるのもごもっとも。地元の方にとっては当たり前でも、僕ら他所もんにとっては未知なものに出会うこともでき、いい経験をさせてもらいました。

長々続いた名古屋飲み食い旅エントリもこれにて終了。一泊二日とは思えない充実した旅をガイドしてくれただいこんさんに、心から感謝します。それにしても、よう食べてよう飲んだなあ。

◎関連エントリ:朝からしっかり飲み食い 名古屋の旅 その2/こんなの食べたよ
 

昨夜「畑分店」にて(大阪・大正)

IMG_6001
昨夜は久しぶりに「さのや」に行ったら臨時休業で、それならそれでということで「畑分店」にチェンジ。ここはここで大好きな店なので全く問題なし。芋焼酎お湯割とおからでスタート。
 

IMG_6003
このご時世にも関わらず、大繁盛。さすがやなあと思っていたら、その前数日はがら空きだったとか。何にしても満遍なくとはならんもんですなあ。体重を気にしつつ、おでんは大根とこんにゃく。特にこんにゃくうまし。
 

IMG_6004
メニューには上がってなかったけど訊いたらあるってことだったので、かす汁を。ここのかす汁、好みなんです。芋焼酎をお代わりし、某所への差し入れにおでんを6つ持ち帰りにしてもらって、全部で2000円ちょっと。やっぱりいい店です。

…これだけしか食べてないのに、今日になったら体重増えてました。納得できんが、家に帰ってからちょこっとつまんだ後で、屋台の夜鳴きそば食べてしもたからなあ。まあめったに食べられへんから後悔してないけど。