「たこ焼き」カテゴリーアーカイブ

第5回アホほどカキを食べる宴会(カキ料理以外編)

2018-01-28 13.27.44
このところ毎年恒例・えて吉さんが朝から兵庫県の坂越まで殻付き・剥き身のカキをアホほど買い出しに行ってくれて、それをえて吉さん宅に集まって食べる「アホほどカキを食べる宴会」が先日ありました。メンバーはえて吉さん始め大人9名に子供2名、いつものメンバー以外に元町の佳景の女将さん初参加が新たな刺激で、どうなることやら楽しみ〜
この宴会、各自が自由に持ち込みをしてもいい事になっていて、本来のカキ料理以外にも楽しみなんだけど、あまりに数が多いので今年はカキ料理以外だけをまとめてまずエントリすることにしました。記憶あやふやなので間違ってるところもあるかも知れませんが、ご容赦を。
 

 

2018-01-28 13.28.21
まずは会場提供もしてくれているえて吉さんから、さいぼし3種とイタリアの生ハム・プロシュットとコッパの2種。さいぼしそのものが珍しいのに、それが3種食べ比べ出来るのは貴重です。

2018-01-28 13.35.11
続いて、お得意のすじ肉の煮込み。きちんと下準備をしたすじ肉にあっさりしたいいだしがしゅんだ一品。

2018-01-28 15.40.53
こちらはすじ肉の味噌煮込み・どて焼き。すじ肉を扱い慣れてはるので、甲乙つけ難いおいしさ。
追記:えて吉さん作かと思っていたら、あきこさん作でした。すんません。

2018-01-28 17.41.48
これは食べ逃したのでようわからんのですが、若牛蒡の炊いたんですかね。

 
2018-01-28 13.23.11
こちらは僕の差し入れ、神戸の南京町にあるパン屋さんRIKIのバジルチキンともう一種。ほかにバゲットも買ってきました。あと、大好きなラ・リュンヌの食パンも。ぶっちゃけ、自宅近くのレコルトで買って行くつもりが、日曜定休を忘れてたので、当日朝早めに出て元町に買い出しに行ったんです。
 

2018-01-28 14.08.20
こちらはだいこんさんの差し入れ。うずら玉子の燻製3種は、色の濃いのから順に醤油漬け・味噌漬け・粕漬け、その左は鶏胸肉の燻製。そのまた左はなんと玉子の黄身だけの醤油漬け・味噌漬けの燻製で、グミみたいな感じでフツーに手で持てるんです。囓ってみると最初はなんの味もせず、しばらくすると口の中でじわーっと玉子の味がしてくるとっても不思議な体験。あと、写真の一番左はわさびと粕に漬けた数の子、今回はわさびが足りなかったとのことですが、これも面白かったです。
 

2018-01-28 14.27.53
こちらは昨年に引き続き、こばやしさんが毎年クリスマス前に仕込む本格的ビーフシチュー。リンク先の通り、佐賀牛スネ肉1kgを2日がかりの手間を掛けた力作で、毎年改良が加えられています。洋食大好きなので毎年楽しみ、今年も相変わらずヘタな洋食屋なら足元にも及ばないおいしさで、さすがさすが。
 

2018-01-28 14.59.14
こちらは*あきこ*さん作、サラダとオリーブといぶりがっこ。箸休め的にこういうのがちょっとあるとありがたいです。

2018-01-28 20.26.19
こちらは最後のほうに出てきた。だいこんさん作カキの塩辛で1ヶ月くらい寝かしたとのこと、残念ながら未食。
あとLAKSAさんからはキムチなどの差し入れがありました。他にもあったかも知れないけど、記録(記憶)に残っているのは以上です。
 

2018-01-28 18.47.59
タコ焼き器でカキのアヒージョをやったあと、〆にフツーのたこ焼きも作りました。「炎たこ」は電気じゃないので、外側カリッと内側トロッと焼けておいしい〜僕も欲しい〜(と何年も前から言っている)

自分でエントリ書いていて、カキ料理以外編とカキ料理編の2つに分けて良かったとつくづく思いました。こうやってみると、食べ逃したのもあるけれど、めっちゃ色々食べてるなあ。

 


宵えびすに行ってきました(神戸・JR兵庫駅南側)

2018-01-09 17.33.40
明日あさっては行けそうにないので、夕方早めの時間に自宅近くの柳原のえべっさん大黒さんにお参りしてきました。今年は3日間とも平日で、明日あさっては今日以上に寒くなる見込みだそうで、さて人出はどうなるでしょうか。
 

2018-01-09 17.25.47
お参りのあとは、年明けのノルマを順番にこなしていきます。まずは鹿野の明石焼き

2018-01-09 17.27.17
これまで何度もネタにしていますが、とにかくお正月かえべっさんでこれを食べないと、僕の場合年が明けた気がしないんです。
 

2018-01-09 17.40.03
続いて、数年前からえべっさんでのノルマに加わった「神戸ワンタン」。

2018-01-09 17.43.12
寒さ厳しいこの時期、あっさりアツアツのスープとムッチリしたワンタンがうまいんですよ。

この他に以前は加島の玉子焼もノルマだったんですが、数年前に一般店に替わってしまったので、高架北側に出店している「福玉焼」をお土産に。あと、兵庫駅北側に横断歩道を渡ったところの広島風お好み焼も買って帰りました。えべっさんの時には、どこで何を買うかほぼ固定化してるので、新顔が欲しいなとも思っています。

 


よこ井(明石・魚の棚)

20160525明石よこ井
ヤボ用で明石まできたので、明石焼(地元では玉子焼)を食べて帰ろうと「いづも」に行ったら定休日。ならば、以前行った「」でも良かったんだけど、ふと思いついて「よこ井」に変更。エントリあげてませんが、かなり前に一度だけ来たことがあります。ぱっと見ではなんてことない店に見えても、実は昭和27年創業の超老舗。

20160525明石よこ井
店内に入ると、テーブルとカウンター合わせて20席ほど。壁にはデカデカと「明石焼とタコ焼のちがい」比較表がかかげられています。こちらのお店は大正時代に存在した元祖・明石焼の屋台をルーツとするそうで、随所にこだわりあり。それが人によって合う合わないってとこはありましょうが、僕は全然オッケー。むしろそれを楽しみに、久しぶりにここに来る気になった次第です。

20160525明石よこ井
10個500円。特徴的なのはだしで、他店とは大きく違いほとんど昆布だしそのものの超薄味、なおかつ冷たいんです。焼き上がる前から右上の醤油差しにそのだしが入って出てくるんですが、初めて来たときはなんじゃこれ?ひょっとして酢?とか思いましたw 明石焼のルーツは焼き置きのバラ売り、その後焼きたてを売るようになったけれど、焼きたてアツアツを冷ましてから食べるための手段として出汁につけることが考案されたとか。そのあたりのこだわりについては、お店のサイトに詳しく書かれています
このタイプのって、ここ以外では知りません。今回は話す機会がなかったご店主ともども、久しぶりにここの明石焼に会えて良かった、ってな月並みな締めですが、それがストレートな感想。

{お店データ}
住所:兵庫県明石市本町1-1-13
電話:078-913-0068
営業時間:10時~17時半
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)


生田神社にて

20160101生田神社にて

昨年同様、今年も初詣の後に食べてきましたの清荒神名物・たこやき。なんでと聞かれても答えられないけど、年が明けたらこれ食べないといけないんです。