奥出雲湯村温泉 湯乃上館で極上一泊二日(前編)

2018-05-23 16.15.29
温泉があって・料理がおいしくて・なんにもなくてもいいからゆったり出来る宿に泊まりたいなといつも思っています。本来ならこういう旅は妻とするべきなんでしょうが、何分休みがなかなか合いにくいもんで、同じ事を思っていたえて吉さんとおっさん2人旅をすることになりました。
とはいっても、手頃な値段でそういう希望を満たしてくれる宿なんてなかなかありません。事前に相談しながらネットでなんだかんだ検索していたら、見つかったのが「奥出雲湯村温泉 湯乃上(ゆのうえ)館」。
 

位置としては、山陽自動車道経由で尾道・松江自動車道を北上、島根県の南北方向の真ん中当たりというか、宍道湖から少し山側に入ったところ。

2018-05-23 16.16.11
温泉としては1300年以上の歴史があるものの、昔ながらの温泉宿としては今やこの一軒のみ。しかも一日二組限定なんです。

DSC03476
宿に着いたのは16時過ぎ、部屋は二階。目の前の川のせせらぎと風の音、時折聞こえる鳥のさえずり以外はなーんもなしの静けさ。

DSC03467
道を隔てた向かい側が、奥出雲湯村温泉の共同浴場。利用できる時間は10時〜21時までなんですが、湯乃上館が経営しているので宿泊者は清掃時間以外はいつでも入ることが出来ます。

DSC03481
湯乃上館は江戸時代の創業、現在の建物のうち一番古い部分は140年以上経つそうで、館内はいい意味での年季を感じさせてくれます。

DSC03483

DSC03561
こういうタイル敷きの洗い場なんて、今やほとんど見掛けなくなりましたねえ。

DSC03484

DSC03486
夕食までにはまだ時間があるので、階段で1階に降りて早速ひとっ風呂浴びることにしました。

DSC03492

DSC03496

DSC03493

DSC03491
玄関から目の前の共同浴場が見えています。

2018-05-23 16.15.41

2018-05-23 16.47.35
入口外側には足湯があり、すぐそばの斐伊川を眺めながらゆっくりできます。

2018-05-23 16.30.00
加熱・冷却・循環等なしの源泉100% 掛け流し。内湯と露天風呂両方あり、こちらは露天側。お湯の温度が適度なので露天側だといくらでも入っていられそうな加減でした。滞在中三度入ったかなあ。チェックアウト後でも時間があればのんびり浸かっていたかったです。

温泉に入ってさっぱりして、いよいよお楽しみの夕食。続いてのエントリでご紹介します。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.